安産 祈願 服装 男性。 安産祈願の服装で男性は何を着る?アドバイスと行事の流れ

安産祈願の同伴者の服装

安産 祈願 服装 男性

戌の日の服装。 何を着ていけばいい?タブーは? 戌の日の安産祈願。 神社に出向いて、神前で生まれてくる赤ちゃんと母体の健康を祈願してもらうというものですが、当日の服装は気になりますよね。 当日に注意を受けても恥ずかしいですし、そもそもタブーに触れていては当日のご祈祷をご遠慮される場合もあるかもしれません。 今回はそんな戌の日に来ていくおススメの服装についてご紹介していきます。 妊婦さんはマタニティウェアで。 当たり前ですが、何よりも最優先は妊婦さんの身体です。 安産祈願のご祈祷だからといって、マタニティウェアではなくフォーマルな格好をしてお腹を締め付けてしまうなんてことの無いようにしましょう。 基本はマタニティウェアで全く問題ありません。 無ければゆったりしたワンピース・チュニックでも良いかもしれません。 ただ、色使いは気を付けるようにしましょう。 あくまで神前でご祈祷を受けますし、神聖な場所に立ち入るわけですから 過度に派手な色使いや柄などは避けましょう。 さらには、肌の露出も出来る限り避けた方が良いようです。 繰り返しになりますがあくまで神前でのご祈祷ですから、 不用心な肌の露出は真夏のご祈祷以外は避けるべきです。 男性の服装はスーツもしくはジャケット類で 意外に見落としがちなのが旦那・男性側の服装です。 ティーシャツ、ジーパン、サンダルetc…これらの服装は神前には好ましくありません。 出来る限りスーツもしくはジャケット類でフォーマルにコーディネートしましょう。 脱ぎやすい靴がおススメ 服装に加えて、当日のおすすめが出来る限り脱ぎやすい靴で参拝することです。 本殿や境内にあがる際など、意外に靴を脱ぐ場合が多いためです。 間違ってもブーツなどで参拝しないようにしましょう。 だからといってサンダルはNGですので、出来る限り脱ぎやすい靴を選んで参拝すると良いでしょう。 夏は帽子、扇子。 冬はショール、マフラーなど小物もおススメ 戌の日の安産祈願は混雑する場合が多く、待ち時間が長くなることも。 また、数十分とはいえ、神前のご祈祷中は冷房や暖房が効いていない場所で行う事が多く、意外に暑かったり寒かったりします。 そのような時の為に夏は帽子、扇子、冬はショール、マフラーなどの小物も持参するようにしましょう。 以上が戌の日の服装についてのご紹介です。 肌の露出が多い服装や、派手な柄、サンダル等々で参拝しないようにしましょうね。

次の

安産祈願に腹帯の持って行き方!箱のまま?風呂敷?戌の日以外はダメ?

安産 祈願 服装 男性

戌の日の服装はスーツじゃなきゃだめ? 戌の日の男性の服装、スーツが無難なのはわかるんだけど、普段から着ることがないからスーツなんて持ってない、という方もいらっしゃると思います。 また、ご祈祷をしてもらうのは、妻の方だし自分はどんな服装でもいいんじゃないかな、と考えている方もいますよね。 では、戌の日の祈祷には、男性は必ずしもスーツで行かなければいけないのでしょうか。 答えは、 ノーです。 ポイントさえ押さえていれば、必ずしもスーツで行かなければいけないわけではないのですよ。 そして必ず靴下も着用してくださいね。 ご祈祷をしていただく際に本殿へ上がる場合があるので、その際に 素足はNGです。 この3点を押さえていれば必ずしもスーツを着用しないといけないわけではありません。 神社という神聖な場所で、母子の健康と安産であることを御祈祷していただく大切な行事です。 もちろん、スーツや礼服があればそちらを着用するほうが無難だとは思いますが、上記のポイントを押さえた服装でも構わないと知っていれば、気負いすることもありませんよね。 戌の日の服装の春夏秋冬の着こなし では、戌の日の服装について、春夏秋冬の季節ごとにどういったものを着用すればいいのか、着こなし例を紹介しますので、是非参考にしてみてください。 戌の日の男性の服装 春の場合 まず、ご祈祷に行く時期が春の場合。 キレイめなシャツやポロシャツに、肌寒いときは薄手のジャケットを羽織りましょう。 このとき、もちろんGジャンはカジュアルになってしまうので着用しないようにしましょうね。 そして、パンツはスラックス、足元はスニーカーがおすすめです。 シャツの色は、白色や水色などのさわやかな色。 スラックスは黒や紺、ベージュもいいですね。 スポンサードリンク 靴は、派手な色ではなく、汚れがあまり目立たないような色のスニーカーを着用するといいですよ。 全体的にあまり重くならないように着用する色を白、ベージュなど明るい色を取り入れると重くない印象でおすすめです。 戌の日の男性の服装 夏の場合 次は、ご祈祷へ行かれる時期が夏の場合。 夏はカジュアルになってしまいがちですよね。 その中でも、タンクトップやサンダルなど、 露出の高いものは着用していかないほうがいいでしょう。 トップスは、白のシャツやポロシャツ。 パンツは、スラックス。 スラックスが暑い場合はカジュアルすぎない半ズボンでも可ですが、持っているものがどうしてもカジュアルになってしまいそうなときは、スラックスにしておきましょう。 足元は、スニーカーですね。 サンダルを履きたいところですが、サンダルになってしまいますとどうしても素足になるので、ここはスニーカーにしておきましょう。 戌の日の男性の服装 秋の場合 次は、秋の場合。 秋は、気候が暑かったり肌寒かったりと調節が難しい季節になるので、その時の気候をみて一緒に行かれるパートナーの方と合わせてみましょう。 例としましては、 トップスが、長袖シャツや半袖シャツに、気温に応じて着用したり脱いだりできるジャケットがあると便利ですね。 パンツは、ベージュや紺色のスラックス。 足元はスニーカーがいいですね。 太陽が出ているときは温かくても、日が陰ると気温が下がるときがありますので、薄手のジャケットやカーディガンなど、羽織れるものを1枚持っておくといいですね。 戌の日の男性の服装 冬の場合 そして、冬の場合。 冬は体を冷やさないように、しっかり防寒できる服装でいきましょう。 外で待つ時間があった場合、薄手の服で行って風邪をひいてしまい、一緒にいった方にうつしてはいけないので男性の場合もしっかり防寒して、温かいかっこうをしておきましょう。 おすすめのコーディネートは、トップスに長袖シャツにセーターやベストを着用。 パンツは、黒や紺色のスラックス。 足元は、スニーカーやブーツでも大丈夫です。 そして、シャツの上にはコートを着用しておきましょうね。 今は、厚着にならないように薄手のインナーシャツもたくさんありますので、そちらをうまく活用して行きましょう。

次の

戌の日の参拝におススメの服装は?男性は?

安産 祈願 服装 男性

ご祈祷を受ける場合は尚更でしょう。 しかし、 最低限マナーを守っていればカジュアルな服装でも問題ありません。 神社などの神聖な場所で、参拝や祈祷などを受けるのにふさわしい 最低限のマナーを守った、服装について季節ごとに紹介していきます。 ジャケットは暑ければ脱いでしまって問題ありませんし、気温が高い日は持っていかなくても良いです。 パンツは、春だけに限りませんが、清潔感があるものにしましょう。 ジーンズでも良いとは思いますが、清潔感のあるものを選び、ダメージジーンズは避けた方が良いです。 靴は革靴でも、カジュアルなシューズで良いでしょう。 スニーカーでも綺麗な物であれば問題ないと思います。 汚れなどがないように綺麗にしてからいくようにしましょう。 パンツはチノパンなどでも良いと思います。 足元は、夏は非常に暑くなるのでサンダルが良いと思うかもしれませんが、神社という神聖な場所ですので、素足で行くことはお勧めしません。 また、祈祷の際に靴を脱ぐ可能性もあります。 その際素足であがることのないようにサンダルは避けましょう。 近年の秋は夏の暑さを引きずり、暑い日も多いですのでジャケットなど羽織りものは、必要であれば持つようにするなど、その日の気温に合わせて調整しましょう。 「シャツやジャケットの方がきちんとした印象になる」という方はシャツやジャケットでも良いと思いますが、特にこだわる必要はありません。 足元は、ご祈祷を受ける際に、靴を脱ぐことになる可能性もあります。 脱ぎにくいブーツなどは避けましょう。 神社によってはホームページなどに「正装、またはそれに準じる正装にてお参りください」という案内を出している所もあります。 どのような格好で行ったら良いのか迷った場合には、事前に参拝予定先について、調べてから行かれることをおすすめします。 避けた方が良い服装 安産祈願を行う神社などは神聖な場所であるため、マナーを守った格好をする必要があります。 例えば、 素足になるサンダルや、ダメージジーンズ、ダボっとした印象のパンツは避けた方が良いでしょう。 また、服装だけでなく着こなしも大事になってきます。 腰でパンツを履いたり、シャツのボタンを空けすぎるなど、着崩すことはせず、きちんとした着こなしをするようにしましょう。 アクセサリーについてはたくさんつけていくことはせず、結婚指輪程度にしましょう。 神仏にお祈りをする場所に行く際は、目上の人のところに伺うことと同じように考え服装や着こなしを考えることをおすすめします。 スポンサーリンク 安産祈願の男性の服装で大事なポイント 安産祈願の男性の服装を考える際に、大事なのは妊婦さんとのバランスです。 安産祈願に行く妊娠5ヶ月頃の妊婦さんは、まだつわりが落ち着かない、お腹が膨らんできて締め付けられるような格好が出来ず、楽な格好でなくてはと辛い、という場合もあります。 そういった場合は、無理をせずゆったりとしたワンピースや着慣れたパンツスタイルなど、楽な格好で行くべきでしょう。 安産祈願の女性の服装も男性同様、マナーを守っていれば普段通りの服装で問題ありませんので、妊娠中は服装も体調を優先に考えることをお勧めします。 女性の服装がカジュアルなのに、男性だけきっちりとした正装というのは違和感がありますので、その場合は男性も同じようなカジュアルな服装で合わせていきましょう。 逆に妊婦さんがきっちりとした正装であれば男性もスーツなどきっちりとした服装で行けば良いでしょう。 妊娠5ヶ月目頃の妊婦さんの体調は不安定のため、風習で良いと言われている日に行くことより、大事なのは妊婦さんの体調です。 無理をしないようにしましょう。 戌の日の安産祈願は非常に混み合う可能性が高く、立ったまま行列に並ばなくてはならない場合もあります。 例えば、安産祈願で有名な水天宮では、戌の日が日曜・祝日や大安と重なると、朝の受付開始7時から多くの人が訪れ、お参りも祈祷の受付にも一日中行列が出来ます。 妊娠中の体調が不安定な時に混雑している場所に行くのは大変なことです。 当日体調が優れない場合には日を改めることをお勧めします。 また、安産祈願は代理の人が行っても大丈夫ですので、家族が代わりに祈祷を受けに行くのも良いでしょう。 男性の戌の日の、安産祈願の服装には特に「これでなくてはいけない」という決まりはありません。 スーツなど正装で行くのも、シャツにパンツというカジュアルなスタイルで行くのもどちらでも良いでしょう。 清潔感を重視した着こなしを心がけ、ダメージジーンズや派手な柄の服、素足にサンダルなどは避けるようにしましょう。 神聖な場所に行くということは、自身の上司の家に伺うのと同じようなことだと考え、最低限のマナーを守った服装をするのが良いと思います。 大切なのは一緒に行く妊婦さんの服装とのバランスが悪くならないようにすることです。 妊婦さんがどのような格好で行くつもりなのかによって合わせて行くことをおすすめします。

次の