バキ アン チェイン。 ビスケット・オリバ

【バキ道】野見宿禰は横綱・零鵬よりも強い?スクネが圧勝する5つの理由

バキ アン チェイン

大擂台賽における海王勢の不甲斐なさに憤りを感じた郭海皇によって急遽チームメンバーとして召集された人物。 日頃から郭海皇とは交流があるようで、海王の称号こそもっていないがその実力は並の海王を遥かに上回る。 15歳から19歳まで出場した全台湾擂台賽で全て優勝しその後、台湾黒社会から格闘しとしてスカウトされ、以来ルールなしの地下試合で25年間無敗を誇った。 つまり15歳以降、人前でやる試合では一度も敗れておらず事実上「生涯無敗」の使い手だと言える。 大擂台賽でのチーム戦では先鋒を努めビスケット=オリバと対戦した。 オリバと同じく「Mr. 不可拘束(ミスター・アンチェイン)」との異名を持っており、真のアンチェインを決める勝負でもあった。 基本情報• 年齢:45歳以上• 身長:170cm以上 予測• 体重:60kg以上 予測• 国籍:中国 戦闘スタイル 居合の使い手でポケットに手を入れた状態で相手と戦う。 通常居合使いであっても構えた状態からのほうが迅速に攻撃出来る為、一旦構えてしまえば再び居合の形に戻すことはないのだが龍書文のハンドポケットは少し勝手が違い、ポケットの中で攻撃動作のほとんどを終えてしまうため通常の攻撃に劣らない速度で技を繰り出す事が出来る。 生涯無敗ということもあって本人はこの技に絶対の自信を持っているようでオリバの頭突きを喰らって敗れても尚、ポケットから手を出さなかった。 人間関係 長い間、闇社会に属していたためそっち系の人とはある程度つながりがあるだろう。 また郭海皇が自分の友人として連れてくるくらいなので中国拳法界の中でもある程度知られた人間だと思われる。 ちなみに範馬勇次郎やビスケット=オリバも彼のことを知っていた。 ステータス・チャート• 身体能力 7点。 オリバや勇次郎に比べると体格面では大きく見劣りするが、実際にはかなり鍛えられた使い手である。 弾丸や日本刀でさえ傷を付けることの出来ないオリバの体に貫手でダメージを与えていた。• 経験 9点。 25年もの間ルールなしの地下試合を行ってきている。 公式の試合では考えられないようなダーティな技を使う敵を幾度も相手にしているはずだ。• 知識 7点。 20年近く中国拳法界に所属しその後裏社会へと転身した。 二つの世界を渡り歩いたことでより多くの知識を得たことだろう。• 性格 6点。 自分の姿勢を貫き姿勢は見事なもので、敗北後の姿を見たオリバも彼に対して敬意を払っていた。• 戦闘技術 9点。 ハンドポケットからの居合の技術は見事。 敗れはしたもののオリバですら初めは全く対応出来ていなかった。• 発想力 5点。 オリバとの試合を見る限り不利になっても新しい戦術に切り替えるようなことはしていなかった。 自分の技術への信頼の裏返しなのかもしれないが、発想力という点では乏しく見える。

次の

刃牙(バキ)シリーズ最強キャラランキング|刃牙史上最強は誰?

バキ アン チェイン

ビスケットオリバの筋肉は彼女「マリア」のためだった 人の骨格に詰め込めるだけ詰め込んだ、高密度の 筋肉。 見た目さながら、重量感とパワーは作中登場キャラクターの中では最強キャラクターでしょう。 東京に集まった死刑囚も、ビスケットオリバのパワーには圧倒されていました。 しかし、この筋肉は戦いのために身につけたものではなく 「彼女のマリアのため」 ビスケットオリバの彼女マリアと、マリアのために身につけた筋肉について紹介してきます。 ビスケットオリバの彼女マリアとは? ビスケットオリバの彼女である 「マリア」 マリアの詳しいプロフィールは不明ですが、 ビスケットオリバと同じ刑務所内で同棲しています。 囚人でありながら、彼女を連れ込むことができるビスケットオリバ・・・ やはり、Mr. アンチェイン! ビスケットオリバの前ではマリアはいつも不機嫌。 ビスケットオリバにタバコや花瓶、ウイスキーボトルを投げつけ、汚い言葉を浴びせます。 ビスケットオリバはこのマリアにゾッコンで、罵倒されようが、物を投げられようが マリアへの愛情で全てを許します。 この愛情の裏返しとも言える行動は、オリバの愛とマリヤの容姿が関係していました。 スポンサーリンク オリバの筋肉はマリアを抱き上げるためのものだった 彼女のマリアがビスケットオリバに物を投げたり罵倒する理由は・・・ かつて美しかった美貌が醜い姿に変わってしまったから。 マリアは 病気を患っていて、 薬の副作用でかなりの巨漢へと変貌していたのです。 しかし、ビスケットオリバのマリアへの愛は変わりません。 醜い姿に変わっても変わらぬ愛を貫くビスケットオリバに対して、 どうしようもない気持ちが葛藤しているのです。 醜い姿に変わる前のマリアは美しい姿でした。 しかし、ビスケットオリバにとっては、巨大な姿になったマリアも昔の美しい姿のマリアも変わらぬ姿。 そして、ビスケットオリバが最強とも言える筋肉を身につけたのは この変わり果てたマリアを抱き抱えるためだったのです。 どんな姿に変わっても、変わらぬ愛を貫くために。 スマートに彼女マリアを抱き上げるために身につけた筋肉だったのです。 マリアの登場前、バキと闘った死刑囚のシコルスキーを一蹴した時も 「愛以外に人を強くするものなどあるものか」 とバキに説いています。 さらには、同じ刑務所のブラックペンタゴンに収監されているゲバルト闘った際もマリアを抱き抱え 「この女性をこうするためにこしらえたんだ」 と自らの筋肉(強さ)はマリアのためだと断言していました。 オリバが噛ませで弱キャラに変貌した訳は? 死刑囚編で登場したビスケットオリバ。 死刑囚との闘い。 ゲバルトの死闘。 刃牙との決闘。 数々の名場面を見せた筋肉マンでしたが、いつの間にか咬ませ犬で弱いキャラに変貌していました。 ビスケットオリバは範馬勇次郎とゲバルと同様に衛星でから監視されるほどの重要人物。 アンチェインだったはずなのに・・・ 筋力自慢だけでは通用しなくなった・・・ ビスケットオリバの代名詞であ 「筋肉」 死刑囚編では圧倒的なパワーで、強敵を次々に倒していました。 シコルスキーは一撃。 中国擂台賽編では龍書文の技を、持ち味のパワーで圧倒。 ブラックペンタゴンのナンバー2のゲバルとは全囚人と彼女の前で勝利しています。 しかし、ピクルや宮本武蔵の登場でビスケットオリバの立ち位置は大きく変わってしまったのです。 原始の時代からタームリープしたピクル。 T・レックスをも倒したパワーの持ち主であるピクルにはかなうはずもなく、 ピクル編では戦いの機会すらありませんでした。 バキと範馬勇次郎の戦いでは、バキとの死闘を演じるも父親との死闘の前座試合となっていました。 宮本武蔵が登場したときには、 ただただ観客として闘いを見守っていただけと活躍の場面はめっきりと減っていました。 しかし、相撲が題材となるバキ道では、宿禰と相撲勝負でビスケットオリバがまわし姿で登場。 筋肉隆々の姿のビスケットオリバを目の前に宿禰が一言 「なんとも救いがたく、痩躯な力士もいたものだ」 この言葉にMr. 筋肉と相撲との闘いとなったものの・・・ ビスケットオリバの筋肉は宿禰の言葉通り全く通じず、肋骨を掴み砕かれ再起不能に。 ピクル対ジャックハンマー戦と同じように、新たに登場したキャラ際立たせる見事な 咬ませ犬に成り下がっていました。 ジャックハンマー がピクルと対戦した時点で、同じ筋肉キャラのビスケットオリバがピクルと闘うことはなかったとは思いますが。 ジャックハンマー に至っては、ピクルに保存用の餌にされ、さらには格下の本部以蔵にも敗れる始末。 範馬勇次郎と同様に世界からマークされ、行動全てが衛星で管理されるほどの超重要人物だったのに・・・ ジャックハンマーと同様に、噛ませで弱キャラに変貌してしまった、ビスケットオリバ。 今も刑務所内で彼女マリアを抱き上げるための、ハードな筋肉トレーニングに励んでいるはずです。 まとめ ビスケットオリバの彼女のマリアと、噛ませで弱くなった理由についてまとめましたがいかがだったでしょうか? 筋肉自慢オジサンだったビスケットオリバが活躍する機会はもうないのかもしれません・・・ 【関連記事】.

次の

グラップラー刃牙

バキ アン チェイン

ビスケットオリバの筋肉は彼女「マリア」のためだった 人の骨格に詰め込めるだけ詰め込んだ、高密度の 筋肉。 見た目さながら、重量感とパワーは作中登場キャラクターの中では最強キャラクターでしょう。 東京に集まった死刑囚も、ビスケットオリバのパワーには圧倒されていました。 しかし、この筋肉は戦いのために身につけたものではなく 「彼女のマリアのため」 ビスケットオリバの彼女マリアと、マリアのために身につけた筋肉について紹介してきます。 ビスケットオリバの彼女マリアとは? ビスケットオリバの彼女である 「マリア」 マリアの詳しいプロフィールは不明ですが、 ビスケットオリバと同じ刑務所内で同棲しています。 囚人でありながら、彼女を連れ込むことができるビスケットオリバ・・・ やはり、Mr. アンチェイン! ビスケットオリバの前ではマリアはいつも不機嫌。 ビスケットオリバにタバコや花瓶、ウイスキーボトルを投げつけ、汚い言葉を浴びせます。 ビスケットオリバはこのマリアにゾッコンで、罵倒されようが、物を投げられようが マリアへの愛情で全てを許します。 この愛情の裏返しとも言える行動は、オリバの愛とマリヤの容姿が関係していました。 スポンサーリンク オリバの筋肉はマリアを抱き上げるためのものだった 彼女のマリアがビスケットオリバに物を投げたり罵倒する理由は・・・ かつて美しかった美貌が醜い姿に変わってしまったから。 マリアは 病気を患っていて、 薬の副作用でかなりの巨漢へと変貌していたのです。 しかし、ビスケットオリバのマリアへの愛は変わりません。 醜い姿に変わっても変わらぬ愛を貫くビスケットオリバに対して、 どうしようもない気持ちが葛藤しているのです。 醜い姿に変わる前のマリアは美しい姿でした。 しかし、ビスケットオリバにとっては、巨大な姿になったマリアも昔の美しい姿のマリアも変わらぬ姿。 そして、ビスケットオリバが最強とも言える筋肉を身につけたのは この変わり果てたマリアを抱き抱えるためだったのです。 どんな姿に変わっても、変わらぬ愛を貫くために。 スマートに彼女マリアを抱き上げるために身につけた筋肉だったのです。 マリアの登場前、バキと闘った死刑囚のシコルスキーを一蹴した時も 「愛以外に人を強くするものなどあるものか」 とバキに説いています。 さらには、同じ刑務所のブラックペンタゴンに収監されているゲバルト闘った際もマリアを抱き抱え 「この女性をこうするためにこしらえたんだ」 と自らの筋肉(強さ)はマリアのためだと断言していました。 オリバが噛ませで弱キャラに変貌した訳は? 死刑囚編で登場したビスケットオリバ。 死刑囚との闘い。 ゲバルトの死闘。 刃牙との決闘。 数々の名場面を見せた筋肉マンでしたが、いつの間にか咬ませ犬で弱いキャラに変貌していました。 ビスケットオリバは範馬勇次郎とゲバルと同様に衛星でから監視されるほどの重要人物。 アンチェインだったはずなのに・・・ 筋力自慢だけでは通用しなくなった・・・ ビスケットオリバの代名詞であ 「筋肉」 死刑囚編では圧倒的なパワーで、強敵を次々に倒していました。 シコルスキーは一撃。 中国擂台賽編では龍書文の技を、持ち味のパワーで圧倒。 ブラックペンタゴンのナンバー2のゲバルとは全囚人と彼女の前で勝利しています。 しかし、ピクルや宮本武蔵の登場でビスケットオリバの立ち位置は大きく変わってしまったのです。 原始の時代からタームリープしたピクル。 T・レックスをも倒したパワーの持ち主であるピクルにはかなうはずもなく、 ピクル編では戦いの機会すらありませんでした。 バキと範馬勇次郎の戦いでは、バキとの死闘を演じるも父親との死闘の前座試合となっていました。 宮本武蔵が登場したときには、 ただただ観客として闘いを見守っていただけと活躍の場面はめっきりと減っていました。 しかし、相撲が題材となるバキ道では、宿禰と相撲勝負でビスケットオリバがまわし姿で登場。 筋肉隆々の姿のビスケットオリバを目の前に宿禰が一言 「なんとも救いがたく、痩躯な力士もいたものだ」 この言葉にMr. 筋肉と相撲との闘いとなったものの・・・ ビスケットオリバの筋肉は宿禰の言葉通り全く通じず、肋骨を掴み砕かれ再起不能に。 ピクル対ジャックハンマー戦と同じように、新たに登場したキャラ際立たせる見事な 咬ませ犬に成り下がっていました。 ジャックハンマー がピクルと対戦した時点で、同じ筋肉キャラのビスケットオリバがピクルと闘うことはなかったとは思いますが。 ジャックハンマー に至っては、ピクルに保存用の餌にされ、さらには格下の本部以蔵にも敗れる始末。 範馬勇次郎と同様に世界からマークされ、行動全てが衛星で管理されるほどの超重要人物だったのに・・・ ジャックハンマーと同様に、噛ませで弱キャラに変貌してしまった、ビスケットオリバ。 今も刑務所内で彼女マリアを抱き上げるための、ハードな筋肉トレーニングに励んでいるはずです。 まとめ ビスケットオリバの彼女のマリアと、噛ませで弱くなった理由についてまとめましたがいかがだったでしょうか? 筋肉自慢オジサンだったビスケットオリバが活躍する機会はもうないのかもしれません・・・ 【関連記事】.

次の