お盆 休み 2019 渋滞。 お盆のラッシュはいつから?高速道路と新幹線に分けて解説します|終活ねっとのお坊さん

【夏休み2019】Yahoo!カーナビ、お盆の渋滞予測を公開

お盆 休み 2019 渋滞

2019年8月13日 火 から15日 木 のお盆期間に加え、12日 火 と16日 金 も休みを取ることで、土日を含めると9連休の長期休暇となります。 NEXCO中日本は、子供の夏休みと合わせてクルマでのお出かけが増加する東名高速道路の渋滞攻略法を発表しました。 下り線は9日から10日がピーク。 上り線は夕方を中心に連日渋滞。 NEXCO中日本は、連日の渋滞が予測されているお盆期間を含めた最大9連休(2019年8月8日から8月1日)の東名高速道路・新東名高速道路の渋滞予測とその回避ポイントを発表しました。 高速道路での渋滞イメージ NEXCO中日本が発表した渋滞予測は、次の通りです。 東京都と神奈川県内の東名高速道路で10km以上の渋滞が34回程度発生。 ピークは8月9日(金)18時から翌8月10日(土)16時で、東名高速道路下り線の秦野中井IC付近を先頭に、最大約40kmの渋滞が予測されます。 静岡県内の新東名高速道路で10km以上の渋滞が8回程度発生。 とくに新東名高速道路下り線新清水JCT付近で最大10kmの渋滞が連日発生することが予測されます。 このお盆渋滞を回避するポイントについて、高速道路ドライブアドバイザーの山本隆氏は次のように話します。 「東名高速(下り線)は、8月9日・10日に大渋滞が予想されています。 そのため、東名高速(下り線)を利用する際は8月11日(日)以降の夕方、東名高速(上り線)は午前中の利用が狙い目です。 お盆の渋滞の24%は事故原因なので、運転にはいつも以上に気をつけてください。 また、新東名の静岡県区間は6車線化工事により路肩が狭くなっている区間があるため、走行には十分ご注意ください」 渋滞の発生地点としてもっとも多いのは、下り坂から上り坂に差し掛かる場所を指す「サグ部」で、半数以上を占めています。 たとえば渋滞の難所として知られる大和トンネル(神奈川県大和市)のように、下り坂から上り坂になる地点では、運転していても勾配の変化に気づかずにいつの間にか速度が低下してしまうことがあります。 その速度の低下により、後続車が次々とブレーキを踏んで連鎖的な渋滞につながるのです。 また、トンネルの入り口も急に暗くなるため視野が狭まり、圧迫感からブレーキを踏んだり無意識のうちに速度を低下させたりしているケースがあります。 このような場合には、知らないうちに自分が渋滞の先頭になっている可能性もあるので注意が必要です。 渋滞を発生させる一番の要因は、クルマの速度の低下。 そのため、渋滞にはまり込んでしまった場合には、車線変更をしない方が早く抜けられる可能性が高くなります。 それは、渋滞を少しでも早く抜けようと追い越し車線に割り込むと、その後続車がブレーキを踏んで速度を落とす局面が発生し、その速度低下が積み重なることでさらに渋滞を長引かせる結果になってしまうからです。 そのため、渋滞に巻き込まれてしまったら、車線をキープすることをおすすめします。

次の

【夏休み2019】Yahoo!カーナビ、お盆の渋滞予測を公開

お盆 休み 2019 渋滞

【東名道の渋滞ピーク予想】 ・下り 東京IC~泰野中井IC 伊勢原バス停付近 40㎞ 9日 金 18:00~翌16:00 ・Uターンラッシュ 東京IC~泰野中井IC 伊勢原バス停付近 8月17日 土 15:00~17:00 東北道の渋滞ピークはいつからいつまで? 東北自動車道は、主に 埼玉から東京・群馬・栃木・福島 宮城・岩手・秋田・青森県の東北地方を結ぶ 日本最長の高速道路です。 そのため、最も渋滞が起こりやすい高速道路と言えますね。 渋滞が起こった際の渋滞距離も非常に長く、お盆休みの期間だと 40㎞~50㎞の渋滞が発生することも珍しくない高速道路です。 渋滞に入ってしまうと距離が長くなかなか抜け出せないので、 なるべくピーク時間帯を避けて利用されることをおススメします。 【中央道の渋滞ピーク予想】 ・下り 高井戸IC~相模湖IC 相模湖IC付近 40㎞ 10日 土 04:00~16:00 ・Uターンラッシュ 相模湖IC付近 8月17日 土 12:00~17:00 関越道の渋滞ピークはいつからいつまで? 関越道は、 東京都から埼玉・群馬・新潟県を結ぶ高速道路で、 この道路もお盆期間中は 40㎞の渋滞が発生することが一般的です。 渋滞距離が長い高速道路ですから、出発前にトイレを済ませたり 途中で水分補給も調節しながら、余裕を持って長距離渋滞を 乗り切りましょう! また、渋滞距離がかなり長いためノロノロ進む運転が長く続きます。 そのため、ガソリン消費も結構なものになります。 サービスエリアのガソリンスタンドも列を作って並んでいますので、 高速に乗る前にガソリンを満タン補給されることをおススメします! 【関越道の渋滞ピーク予想】 ・下り 花園IC付近 8月10日 土 8:00~15:00 ・Uターンラッシュ 花園IC付近 8月17日 土 12:00~17:00 知っていれば便利なアプリ 主な高速道路の渋滞予想をお伝えしましたが、この他にも 下記のアプリからリアルタイムで渋滞情報を取得することができます。 さらに「ドラぷらアプリ」をダウンロードすれば、 上記の渋滞予報士の渋滞予測がお手持ちの スマホから確認できるようになります。 【NEXCO中日本「渋滞スイスイNAVI】 NEXCO中日本は、渋滞予測情報サイト 「渋滞スイスイNAVI」にてお盆休みの 渋滞予測を公開しています。 【NEXCO西日本「渋滞予測カレンダー】 NEXCO中日本は、「渋滞予測カレンダー」にて お盆休みの渋滞予測を公開しています。 まとめ 2019年のお盆休み渋滞予測を紹介してきましたが、 今年は例年になく分散化されているとも言われています。 しかしながら、大勢の人が大移動するのですから、 高速道路も渋滞するのが当たり前というもの。 長時間の移動で持っていると便利な物として、 眠気覚ましの ガムや 飴、 食べ物、 ノリノリ音楽などがあるといいですね。 あと、小さなお子さんや高齢の方がいらっしゃるなら、 簡易トイレがあると便利です。 また、できるだけ渋滞に巻き込まれないように、 深夜に出発するなどしてムリな運転を しないようにしましょう。

次の

2020年今年のお盆休み期間はいつからいつまで何日ある?お盆休みは最大9連休で祝日もあり

お盆 休み 2019 渋滞

今年はオリンピック閉幕がお盆直前の8月9日のこともあり、例年以上の混雑が予想されるので、お盆の予定は早めにチェックしておきたいですよね! とはいえ、 お盆 の 期間は、新暦7月または8月、旧暦の8月など、地域などによって違ってきますよね。 というわけで今回は、• 今年・ 2020年 の お盆の期間 は いつから いつまで ?• 今年の お盆休み は何連休 あるのか について調べてまとめてみました。 お盆休みは一般的な8月のお休みについて詳しくご紹介していきます! 業種別の休みの日数も一緒に調べてみましたよ~。 スポンサーリンク 2020年のお盆の期間は 前書きで軽く触れましたが、現在、お盆は8月に行う地域が多くなりましたが、7月に行う地域や旧暦の8月に行う地域などがあります。 それぞれのお盆の期間をざっと挙げていきますね。 7月に行う地域 2020年 7月13日(月)~16日(木) 8月に行う地域 2020年 8月13日(木)~16日(日) 旧暦盆 2020年 8月31日(月)~9月3日(木) 全国ネットのテレビなどで『お盆の帰省シーズンが~』と報じられるのは、8月のお盆が多いかな?と思います。 大型連休の可能性はあるのか? 一般的にお盆休みは8月13日~16日。 前後の曜日との兼ね合いで5連休だったり6連休だったり、毎年違うんですよね。 2020年は… 残念ながら大型連休とはならず、飛び石連休!! 2019年は超大型連休だったので、ついつい期待してしまいました~。 次回また超特大の連休になる可能性があるのは、 4年後の、2024年!!! (山の日が8月11日のまま変更にならなければ) 前回が2019年なので、5年に1回ですね!なおさらレア感が増します! ただし、 お仕事の業種や、その会社の方針(福利厚生が手厚いなど)によっても、お盆休みの日数は大きく変わってくるんですよね。 製造業も、比較的長い期間のお盆休みがもらえるのだそう。 2020年は一般企業と同じく、 8月8日(土)~16日(日)まで、トータル 9連休ですね。 ですが、 お盆休みではなく『夏季休暇』として、お盆をずらして何日かまとまった休みがもらえることがあるようです。 私の知人の旦那さん(銀行員)もお盆の期間(13~16日)はカレンダー通りで、夏季休暇をお盆とずらしてもらっていると言っていました。 サービス業(医療福祉・飲食)や販売業 医療・福祉関係で入院施設のある病院や、入所施設にお勤めの場合、 盆暮れ正月は関係ありません…。 よってお盆期間中の連休というのは、基本的にはないです。 (子供がいる主婦やパートさんだと、優先的にお休みをもらえたりします) その会社の方針によるのですが『夏季休暇』という名目で、順番に2、3連休をもらったりします。 飲食店、販売業の方々にとっては、 みんなが休みのシーズンはかき入れ時。 当然、お盆休みもフル回転です。 こちらも同じく、『夏季休暇』を順番にとっていく会社が多いようです。 ちなみに、我が家の場合は… 一般的なお盆休みより日にちを前倒しで休みになることが多いです。 どこか出かけるにしても渋滞のピークは避けられるかも! という淡い期待をしております。

次の