生理が一週間こない。 妊娠検査薬が陰性なのに生理こないで二週間の原因は?対処法も紹介!

「まだ生理じゃないのに出血が…」不正出血の原因は何? 症状別にチェック!

生理が一週間こない

この記事の目次• 3週間生理がこない!検査薬は陰性なのにどうして? 3週間生理が遅れていて、妊娠検査薬で検査しても陰性だった場合、正常に排卵が起きていなことが考えられます。 排卵は脳の「脳下垂体」という部分でコントロールされていて、体調の変化やストレスが影響して正しく働いていない場合があります。 正常に排卵が起きていれば、排卵後から生理までに期間は2週間前後になります。 これは、排卵後の黄体ホルモンの寿命が2週間前後と決まっているためです。 排卵が正常に起きているかどうかは、 基礎体温を付けることで知ることが出来ます。 基礎体温を毎日測って付けていれば、排卵の状況から生理予定日を予測することも可能です。 生理が3週間も来ないのであれば、それは正常ではありませんので、妊娠をしていなくても産婦人科を受診するようにしてください。 生理がこないけど検査薬は陰性!3週間遅れているのはなぜ? 生理予定日から3週間が経過しているのに生理がこないのには、排卵のズレ以外にも下記のようなことが原因として考えられます。 排卵日がズレてしまったことにより生理予定日ではない時に妊娠検査薬を使用し、生理が遅れていると感じる原因になっていることが考えられます。 毎日ストレスを抱えて生活していると、子宮の働きも鈍くなってしまうことがあります また、人間関係や会社の悩みなどで、急に強いストレスを感じてしまった場合も、生理が遅れる原因になることがあります。 強いストレスを感じていると自律神経にも影響を及ぼしてしまうので、なるべくストレスを溜め込まないようにして生活するようにしましょう。 3週間生理がこない!これって想像妊娠?陰性でもつわりが・・・ 「妊娠したい」と強く願っていたり「妊娠が怖い」と妊娠を過剰に意識してしまっている時、本来は妊娠していないのに脳が「妊娠した」と勝手に思い込んでしまっていることも考えられます。 これを 「想像妊娠」と言いますが、この場合は生理が遅れる以外にもつわりのような症状が見られたり、妊婦さんのようにお腹が膨らんでくるという現象も起きてきます。 そして、この状態のまま予定日まで進んでしまうと、本当の妊婦さんのように陣痛や出血を起こしてしまうこともあるようです。 妊娠検査薬を使用して陰性の結果が出たことで想像妊娠の症状が改善されるのであれば問題はありませんが、そのまま想像妊娠の症状が続いてしまう場合であれば心療内科を受診して対処する必要があります。 日本では妊娠初期からエコー検査をしますが、海外ではこの検査をうけない選択をすることが出来たり、妊婦検診の回数自体が少ないため、そのまま出産予定日を迎えてしまう事例も報告されています。 妊娠検査薬のシステムとホルモンバランスの乱れについて 妊娠検査薬のシステムは、赤ちゃんを妊娠した時に出るhCGというホルモンが尿に溶けだしているかどうかを検査し、陽性か陰性かを判断します。 フライングで検査していたり、正しい生理予定日に検査していない場合は、検査薬が陽性と判断できるだけの量のhCGホルモンが分泌されていない可能性があります。 この場合、再度一週間後に検査してみると陽性反応を示す場合もあり、「検査をするのが早かっただけで本当は妊娠していた」ということもあります。 基礎体温を付けていると排卵や整理を予測することが出来ます。 通常21日ほど高温期が続けば妊娠しているということになりますが、この状態でも陰性結果だった場合「黄体存続症」という病気が疑われます。 この病気の場合、生理前に体に起こる状態が長く続いてしまいます。 これは、 ホルモンバランスの乱れが原因で起きることと考えられているため、乱れを改善することが必要になります。 生理がこないのは薬の副作用が原因のことも 今服用している薬はありませんか?薬の副作用が原因で生理が遅れてしまうこともあります。 市販されている風邪薬を服用していて生理がおくれてしまうこともあるのです。 お医者さんから処方された薬でも、副作用の説明欄に「月経不順」と書かれているものもありますので、現在薬を服用しているという人は一度確認してましょう。 風邪を引いただけで生理が遅れる人もいます。 1ヶ月以上生理がこない場合は、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。 妊娠をしていない場合でも、生理周期が乱れていることに変わりはありません。 何か体に異常があって生理がこないことも考えられますので、病院を受診して不安要素を取り除くようにしましょう。 3ヶ月以上生理がこない場合は、無月経になってしまうことも考えられます。

次の

妊娠の心配はしなくて平気!?生理が一週間遅れる原因と対策とは

生理が一週間こない

不正出血の原因として多いものが、排卵期の出血です。 女性のカラダは、生理後に増殖期(卵胞期)に入ると卵胞ホルモンの分泌量が増えて、子宮内膜が厚くなり体温が下がって低温期になります。 排卵後は、卵胞ホルモンの分泌量が減るかわりに黄体ホルモンの分泌量が増えるため、ホルモンバランスの急激な変化がみられます。 このように排卵直後に一時的にホルモンバランスが崩れることで、子宮頚管からの分泌液に少量の血液が混じってしまう場合があるのです。 また、排卵時に卵巣を傷つけて出血を生じることもあります。 ホルモンバランスの変化による出血は、「中間期出血」と呼ばれています。 中間期出血は一時的なもので、排卵日を挟んで2~5日であることがほとんど。 不正出血を中間期出血と判断するためには、まず基礎体温を記録しておくことが大切です。 毎日基礎体温を記録し、低温期と高温期にわかれていれば排卵がおこなわれている証拠です。 28日周期の場合であれば、生理開始から一週間半頃の出血はちょうど排卵期にあたりますからあまり気にする必要はありませんが、自己判断せずに病院できちんと診察を受けて原因を確かめてください。 排卵期の出血は、生理前から少しずつ出血して本格的な生理がはじまる人もいれば、時々おこる人もいるなど、かなり個人差があります。 他の人と比較して様子が違うからと心配しなくても大丈夫。 ただ、出血量が生理のときよりも多かったり、一週間以上ダラダラと出血が続いたりする場合は、婦人科で検査を受けましょう。 不正出血の原因のひとつに、ポリープが子宮内や出口にできている可能性があげられます。 ポリープは30〜50代の女性にできやすいことがわかっていますが、具体的な原因はまだ判明していません。 ポリープができている場合、不正出血のほかにおりもの量が増えて茶褐色に変化したり、スポーツ後や排便時に少量の出血がみられたりします。 ポリープの多くは良性の腫瘍で、子宮の出口にできるタイプのものであれば手術で簡単に切除できます。 一方、子宮内にできるタイプは切除する手術が必要となるため、まずは子宮鏡の検査をおこなう必要があります。 子宮体がんは子宮内膜の細胞ががん化したものです。 子宮体がんは初期症状でも9割の人に不正出血がみられるのが特徴で、おりもの量が増えたり茶褐色に変化したりするなどの症状があらわれます。 子宮がんの場合は、早期発見と早期治療が何よりも大切です。 年齢に関係なく頻繁に出血を繰り返す場合は、早めに子宮体がん検査を受けるようにしましょう。 子宮筋腫は、30代以降に多く、4~5人に1人の割合でみられる決して珍しくない疾患です。 子宮筋腫は複数できることが多く、その数や大きさにより症状も異なります。 子宮の内側にできるものは「粘膜下筋腫」と呼ばれ、小さくても症状が強く、不正出血や不妊症、流早産の原因となります。 子宮の筋肉の中にできる「筋層内筋腫」は、小さいうちは症状がないものの、大きくなるにつれ不正出血や過多月経があらわれ、貧血の原因となるものです。 子宮の外側にできるものは「漿膜化筋腫[しょうまくかきんしゅ]」と呼ばれ、大きくなるまでほぼ症状はありませんが、まれにねじれて激しい痛みをともなうことがあります。 子宮筋腫は、婦人科診察と超音波検査、MRI検査により診断されます。 治療が必要な場合は、薬物療法と手術療法がおこなわれます。 ただ、今のところ子宮筋腫を根本的に治す治療薬は存在せず、子宮筋腫を小さくしたり出血を軽くしたりする薬が主体です。 薬物治療では生理を止めるため、治療期間中は女性ホルモンの分泌量が減って更年期のような症状が出たり、骨量が減少したりするリスクもあります。 また、薬物治療中に子宮筋腫が小さくなっても、治療を中止してしまうと元の大きさに戻ってしまうというデメリットも。 しかし子宮筋腫を放置してしまうと、周辺の臓器に影響して、頻尿、排尿や排便時の痛み、腰痛などを引きおこすこともあります。 早めに病院で診察を受け、治療が必要なのかどうかを判断してもらうことが大切です。

次の

「まだ生理じゃないのに出血が…」不正出血の原因は何? 症状別にチェック!

生理が一週間こない

妊娠超初期症状は、風邪や生理前の症状と似ています。 代表的な症状としては、生理予定日の一週間前頃に、突然訪れる眠気や、歩くのが辛いほどの倦怠感です。 また、風邪をひいたときのような頭痛や寒気を感じることもあります。 これは、妊娠状態を維持するために分泌される黄体ホルモンの影響によるものです。 下腹部痛や胸の張り、乳首痛などの生理前のような症状のほか、着床時におこる少量の出血や、おりものの色や量が変化も兆候のひとつです。 おりものの変化は、普段より量が増えたり、茶色や茶褐色になったりするなど、その症状には個人差があるのが特徴です。 いつもの生理前と同じような症状があらわれるため、妊娠と気づかない人も多いようです。 人によっては、吐き気や匂いに過敏になるなど、つわりのような症状があらわれます。 これは、黄体ホルモンが吐き気を引きおこす脳の中枢神経を刺激するためです。 また、黄体ホルモンは腸の収縮運動を抑制するため便秘になる人や、妊娠すると腎臓機能が高まるため、体内の血液や水分循環が良くなり頻尿になる人もいます。 このほか、足の付け根に激痛を感じたり、食べ物の好みが変化したり、吹き出物や肌あれに悩まされたりすることも。 ホルモンバランスが変化することにより自律神経に変調をきたし、食べ物や匂いで吐き気をもよおすのです。 生理前にも肌あれや吹き出物がおこりやすいですが、妊娠超初期症状の場合は普段と違う場所に吹き出物が出ることがあります。 妊娠超初期症状は、風邪やPMSの症状と似ているので正確に判断するのは難しいものです。 また、人によって症状のあらわれ方に違いがあるため、はっきりとした見わけ方がないのが実情です。 妊娠超初期症状に気づくためには、普段から自分のカラダの様子をしっかり把握しておくことが大切です。 基礎体温を測ったり、生理前や生理中のちょっとしたカラダの変化をメモしたりして、自分のカラダを管理しましょう。 妊娠超初期症状によるものではなくPMSだった場合で、日常生活に支障が出ているのであれば早めに婦人科で相談しましょう。 PMSは女性ホルモンの変化により生じるもので、自分自身ではコントロールできません。 症状の緩和や改善が期待できる低用量ピルや漢方薬の処方を受けるなど、無理せず早めに適切な治療を受けることが大切です。

次の