チェーンソー 使い方。 チェーンソーの使い方5ステップ|安全に木を伐採するための方法|生活110番ニュース

チェーンソーの使い方5ステップ|安全に木を伐採するための方法|生活110番ニュース

チェーンソー 使い方

チェンソーでの玉切り方法 木が重ねられている場合、土と崩れなど気をつけていれば大丈夫ですが、 地面に寝ている場合 どうやって切ってるか!? これなら切り口ずれる心配なし。 気を使う必要なし。 その際、バー先端上のキックバックエリアを図のように出した状態で気に触れないようにする。 長くて重くて回せる訳ないじゃねぇか!! 木は真っ直ぐでなく、どこかは地面から離れているところがあるはずです。 浮いている所を下まで切ります。 そこで分割して回します、長いままじゃ回せないし こういう時や、掛かり木した時に ブレイキングバーがあると役に立ちます。 短い90センチぐらいのもあるのですが、掛かり木などの時、力が足りない時が有りましたので、 オススメは130cmの、ロングブレイキングバーがオススメ• このように、注意して億劫がらずに木を回し土を切らないようにしていけば、目立てで時間と刃をロスしなくて済みます。 木を切ってるぶんには、そうは切れなくならない。 目立ては、カッティングエッヂ、角の尖っている部分が損傷しなければ、切れ味は続くはずです。 次回から、気をつけて切るようにするだけでカッティングスピードが維持できますよ。 それでも俺は、切り込むし、やっちまったって方は、これ結構良さそう。 目立ては、現場で教えても自分で削り方分かり、その削りの効果を体感できるまで時間がかかります。 言ってみればスペシャルな特殊作業。 それを楽にしてくれる、悩み無用にしてくれるのがこの機械です。 デプスも一緒に削れる、これでエイヤとやっちまうには丁度いいかも。 現場でも使用してるし、動画見るとかなり早く現場復帰できる。 これは4. 8mm丸ですが、4mm丸もあり小さいチェンソーにも対応している。

次の

チェンソーの使い方とメンテナンス

チェーンソー 使い方

スポンサーリンク 竹をチェーンソーで切る時の切り方は、切った後どうするかで違いが! 竹は切り方でその後の生え方が違ってきます。 竹を腐らせたいのなら、切り口はデコボコにした方がいいんです。 その為に斜め切りにするという方法があります。 また斜めに切るだけではなくそこに縦に切込みを深く入れると、さらに腐敗が進みます。 この場合は柄鎌という道具を使うのが一般的ですが、足を怪我してしまうと大変なのでよく注意をして行ってください。 竹の切り口をなめらかにキレイに切り落としたいのなら、切り口と水平になるように切っていきます。 刃を入れる方向に竹は傾いてきますので、竹を抑える人が必要になってきます。 伐採をする時は2人で行うようにしましょう 半分切れ目を入れたら、今度はその逆から刃を入れていくと更にキレイに切る事が出来ますよ。 そして竹を伐採に行く時には服装にも注意を山に入るので、必ず長袖長ズボン、肌を出していると傷つく恐れがあるのでなるべく露出する場所が少なくなるようにしましょう。 その他にもヘルメット、ゴーグル、手袋は必需品です。 山は虫が多いので虫除けの対策もしておくといいですね。 竹をチェーンソーで切る時は切り方の他にも足場が重要 チェーンソーは木材を簡単に切る事が出来る便利な道具ですが、注意をして使用をしないと大きな事故や怪我をしてしまう可能性もあります。 その為にふらついたりしないように、しっかりと足場を確保する事も大切です。 無理な姿勢ではないか?周りに邪魔になるものはないかどうかを確認してから使用するようにしましょう。 また上記したように、体を保護する事も伐採には重要なポイントです。 体だけではなくヘルメットやゴーグルも必ず着用して、安全に気を付けて伐採を行ってください。 もちろん木だけではなく、チェーンソーでは竹も伐採する事が出来ますが慣れていない方が扱うのは注意が必要です。 まずは慣れている方と一緒に伐採を行う事をオススメします。 くれぐれも安全面に注意をして行ってくださいね。 チェーンソーでの切り方!竹の1m切りって知ってますか? 竹を切った後はその地下茎を処理しなければいけないのが厄介です。 しかし時期や切り方によっては、簡単にその処理が出来るのだそう。 そしてその方法も簡単なのが驚きです!なんと切る時に1mほどの高さを残して竹を伐採する。 それだけなのです。 しかし注意点はあります。 切る時期は12月から翌年の2月にかけて行う事です。 そして根を抜くのは細いものなら1年後、太い孟宗竹なら2~3年後に抜くのがポイントです。 しかしこれだけの事で根がすんなりと抜けるのなら、嬉しいですよね。 根を抜くときの方法も特別な事は一切ありません。 竹を引っこ抜くだけでOK!枯れて根がポロポロになりすんなり抜けてきます。 驚くほど簡単な方法なので疑いたくなってしまいますが、根の処理に有効な方法なので一度試してみてはいかがですか? 竹用のチェーンソーを使えばよりスムーズに切断可能 チェーンソーに竹用があるって知っていましたか?木材用とは別に竹用があるんですよ。 そこで気になるのは木材用ではダメなのか?という所ですよね。 答えは木材用でもOK!竹を切る事が出来ます。 では竹用は何が違うのかというと、その切り口です。 木材用でも竹を切る事は出来るのですが、ご察しの通り切り口が汚くなってしまうという難点があります。 しかし竹用を使うと切り口がのこぎりで切った時のようにキレイに切れるんです。 竹を伐採した後の使い道によっては、切り口が汚いと困る事もあるでしょう。 そんな時にはコチラの竹用チェーンソーを使うといいですよ! もし伐採だけを目的とするのであれは切り口は汚くてもガタガタでも問題がないと思うので、木材用のチェーンソーでも構わないと思います。 また竹用は硬い竹を簡単に切る事が出来るので、エンジンやモーターにかかる負担も少なくしてくれるでしょう。 竹を切る時は方向や切り落とした後の切り株にも注意が必要 竹林は想像通り、背の高い竹が周りを覆っています。 その為一度竹を切ってしまうと、竹をもって方向転換をする事は無理と言えます。 なので切り倒す方向が重要になってくるのです。 竹林で竹を伐採する時は高い場所から順々に下に向かって、竹を出す方向に向かって伐採し倒していきます。 また竹を加工する場合は竹に傷が付くと商品にならなくなってしまいます。 竹林には岩なども沢山ありますので、それらにも注意をしながら伐採を行っていきます。 そして竹は硬く切り口が鋭いと切り株でケガをしてしまうかもしれません。 切り株は早く腐らせること。 また切り株に注意をして歩くことが重要です。 最初にも触れたように切った竹を早く腐らせるためには、切った後の切り株に切れ込みを入れる事です。 竹を伐採する時にはこのような方法も覚えておく必要があります。

次の

竹をチェーンソーで切る時の切り方や注意点について

チェーンソー 使い方

チェーンソーの使い方1【説明書をよく読む】 どんな機械でも、使い方を確認しなければ正しく使うことはできませんよね。 とくにチェーンソーは怪我をするおそれのある危険な機械です。 使用前に必ず取り扱い説明書を確認するようにしましょう。 取り扱い説明書には、チェーンソーに使われているパーツの種類や使用方法、メンテナンスの仕方などが書いてあります。 チェーンソーに使われているパーツの中には、刃の部分など危険なものもあるので、事前に確認しておくことで安全に扱うことができるのです。 もちろん、使用方法を間違えると怪我をする危険性が高くなってしまいます。 あやふやな状態で使うことはせず、取り扱い説明書に書かれているチェーンソーの使い方で作業をおこなってください。 チェーンソーの使い方2【作業前の準備】 取扱説明書でチェーンソーの使い方を確認したら、実際に作業をおこなっていきます。 作業前に、安全に使うための準備をしてから作業に入ってください。 チェーンソーを使うときにおこなう事前準備には以下のものがあります。 安全確認 チェーンソーを安全に使うために、作業に適した服装に着替えましょう。 皮膚を出さないように長そで、長ズボン、ヘルメットを着用します。 また防じん用の保護メガネ、騒音対策の耳栓などを使うのも有効です。 周囲に作業の邪魔になるものがあったら撤去しておいてください。 給油 安全に作業をおこなう準備ができたら、チェーンソーを動かすための燃料 が足りているか確認しましょう。 少なくなっているのなら、給油しておきます。 ソーチェンの調整 オイルの点検が終わったら、チェーンソー本体がスムーズに動くように調整をします。 各部品が正しく取り付けられているかチェックします。 とくに刃に巻き付けて使うソーチェンはたるみがないように取り付けましょう。 周囲やチェーンソーの確認をきちんとおこなうことで、安全に使用することができます。 面倒に思うかもしれませんが、自分の命を守るためと思って時間をかけて確認してみてはどうでしょうか。 チェーンソーの使い方3【エンジンの始動】 チェーンソーの安全を確認できたら、エンジンをかけてチェーンソーを起動させます。 エンジンのかけ方 エンジンをかける前に、もう1度周囲の安全確認をおこないます。 人がいないか確認したら、チェーンソーを平らで安定した場所に置きます。 ソーチェン部分が地面や障害物に触れないようにしてエンジンをかけましょう。 右足で本体のフレームを押さえて、左手はフロントハンドルを握ってください。 右手でスターターグリップを握り、そのまま素早くグリップを何度か引くとエンジンがかかります。 チェーンソーには、安全装置であるチェーンブレーキが取り付けられているものがあります。 チェーンブレーキがある場合は、エンジンをかけたあとに解除してください。 チェンオイルの確認 チェーンソーは使用中にチェンオイルが出るようになっています。 エンジンをかけたあとしばらくは低速で空回りさせてみてください。 その後エンジンの回転数をあげることで、チェンオイルが正常に出ているか判断することができます。 チェーンソーが動き、チェンオイルが出ていれば問題はありません。 正しいチェーンソーの使い方でエンジンをかけることができています。 チェーンソーの使い方4【木を伐採する】 チェーンソーのエンジンがかかったら、実際に木を切り倒していきましょう。 チェーンソーの使い方が正しくなければ、きれいに木を切り倒すことが難しいといわれています。 チェーンソーを使った伐採の手順を確認して、作業をおこなってくださいね。 【木を切り倒す手順】 1 チェーンソーを使う足場を確保する 足場をしっかり確保して、正しい姿勢で作業をします。 このとき、作業中の体のバランスを考えて足場を確保するようにしましょう。 2 木が倒れるときの退避区域を確保する 切り倒すときに倒れる方向を予測して、逃げられる場所を確保しておきます。 3 木を切り倒す 倒す方向とは反対の部分をチェーンソーで切り込んでいきます。 チェーンソーで木を切り倒す場合、姿勢によっては体を痛めてしまいます。 正しい姿勢で木を切り倒すようにしましょう。 また、チェーンソーでの作業では、刃が跳ね返ってくるキックバックという現象がおこるおそれがあります。 キックバックは大変危険なので、注意することをおすすめします。 チェーンソーの使い方5【使用後の保管】 ひと通り作業が終わったら、チェーンソーを安全に保管しておきます。 チェーンソーの使い方には、使用後の点検や整備方法、保管の仕方も含まれています。 使用後の点検と整備 使い終わったチェーンソーには木くずがたくさんついています。 各パーツの掃除をして、汚れをすべて落としておきます。 そのあと組み立てなおし、ゆっくりとした回転で正常に動くか確認しておきましょう。 長期間使用しない場合の保管 長期間チェーンソーを保管する場合は、燃料・チェンオイルを抜いてください。 燃料がチェーンソー内部に残っていると、エンジン部分が不具合を起こしてしまうおそれがあります。 場合によっては火災がおきるおそれもあるので注意が必要です。 正しいメンテナンスは、チェーンソーを長持ちさせてくれます。 長く使うためにも、しっかりと点検してから片付けることをおすすめします。 まとめ 今回は怪我をしやすいけれど便利な機械、チェーンソーの使い方についておはなしさせていただきました。 チェーンソーは、しっかりと扱い方を覚えれば安全に使用することができる機械です。 チェーンソーを使うときの一連の流れをご紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 木を自力で切り倒すのは大変な労力を使います。 燃料の力で切り倒してくれるチェーンソーの使い方を身に着けて、伐採作業を楽におこなえるようにしましょう 伐採を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の