映画 ウォッチ。 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

ウォッチメン公式サイト

映画 ウォッチ

12月14日から公開される『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』の主題歌を東方神起が担当することが発表。 あわせて主題歌入り予告編が公開された。 『妖怪ウォッチ』の映画シリーズ第5弾となる同作は、1960年代を舞台に、新たな主人公・下町シンと、高城イツキ、有星タエの3人が家族の魂を救うため、妖怪たちと共に冒険に出る様を描く作品。 ゲスト声優として、最強の力を手にして主人公たちの前に立ちはだかる妖怪・紫炎役の小栗旬、人の魂を奪い取る妖怪・玉藻前役のブルゾンちえみの参加している。 離れてしまった大切な人を想う気持ちを歌った楽曲で、東方神起は「映画の中の『友情』というテーマにすごくピッタリだと思います」と語っている。 同曲は11月21日にリリースされるニューシングル『Jealous』に収録される。 製作総指揮の日野晃博は主題歌について「今回はいつもの妖怪ウォッチとは少し違う魅力を感じて欲しいと思い、幅広い世代に人気がある東方神起さんに主題歌をお願いしました。 この『大好きだった』という曲は、歌詞もすごくいいのですが、東方神起さんが表情豊かに歌い上げてくださったことで、より一層今回のお話にぴったりの曲になっていると思います」とコメント。 東方神起の主題歌を使用した予告編には、家族を失ったシン、イツキ、タエの姿や、新妖怪・猫又の姿が映し出されている。 また小栗旬が声を演じた紫炎の「私が新たな閻魔大王となるのだ」というセリフ、ブルゾンちえみが声を演じた玉藻前の「生きて帰れると思うな」というセリフも確認できる。 あわせて新たなポスタービジュアルも公開。 同ポスターは10月27日から全国の映画館に掲出される。 東方神起のコメント 今年の『映画 妖怪ウォッチ』の主題歌を歌わせていただくことになりました。 「大好きだった」というタイトルの曲なんですけど、映画の中の「友情」というテーマにすごくピッタリだと思いますので、曲も是非楽しみにしてください! 映画に登場する猫又と会って友達になりました!すごく可愛かったです。 猫又、『映画 妖怪ウォッチ』5周年、おめでとう! 日野晃博のコメント 今回はいつもの妖怪ウォッチとは少し違う魅力を感じて欲しいと思い、幅広い世代に人気がある東方神起さんに主題歌をお願いしました。 この「大好きだった」という曲は、歌詞もすごくいいのですが、東方神起さんが表情豊かに歌い上げてくださったことで、より一層今回のお話にぴったりの曲になっていると思います。 子どもたちだけではなく、大人の心にも響く素敵な曲にしていただきましたので、みなさんぜひ、注目してください。

次の

映画『ウォッチメン』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

映画 ウォッチ

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で(別題:ネリー 世界と寝た女)の紹介:2016年カナダ映画。 フランス文壇に衝撃を与え、2009年に36歳の若さでこの世を去ったカナダ出身の女性作家ネリー・アルカンの伝記ドラマです。 高級娼婦だった自らの経験をモデルとする自伝的小説でデビューしたネリーはたちまち一大センセーションを巻き起こしましたが、やがて自ら生み出した分身たちによって人生そのものを蝕まれていくことに…。 監督:アンヌ・エモン 出演:ミレーヌ・マッケイ(ネリー・アルカン)、ミカエル・グアン(フランコイス)、ミリア・コルベイ=ゴーブロー(イザベル・フォルティエ)、マリー・クラウド・グエリン(メリナ)、キャサリン・ブルネット(ペギー)、ジェイソン・カバリア(トロント)、シルヴィ・ドラピュー(スザンヌ)、フランシス・ドゥカルメ(ジャーナリスト)、フランシス・リプレイ(マチュー)ほか バトルフィーバーJ ロボット大空中戦の紹介:1979年日本映画。 『スーパー戦隊シリーズ』第3作『バトルフィーバーJ』の劇場版作品です。 本作はテレビ本編第5話を映画用に再編集したものであり、スーパー戦隊シリーズ初の巨大ロボ「バトルフィーバーロボ」を巡る骨太なドラマが展開されていきます。 監督:竹本弘一 出演者:谷岡弘規(伝正夫/バトルジャパン)、伊藤武史(白石謙作/バトルコサック)、倉地雄平(志田京介/バトルフランス)、大葉健二(曙四郎/バトルケニア(声・演))、ダイアン・マーチン(ダイアン・マーチン(ミスアメリカ))、東千代之介(倉間鉄山)、日髙のり子(中原ケイコ)、司ゆり(青葉ミドリ)、勝部演之(坂口情報局長)、蝦名由紀子(坂口陽子)、広瀬容一(坂口健一)、石橋雅史(ヘッダー指揮官)、飯塚昭三(サタンエゴス)、大平透(ナレーション)ほか 孕み-HARAMI- 白い恐怖の紹介:2005年日本映画。 17歳で妊娠したゆいは、出産も兼ねて両親と共に叔母夫婦の経営するペンションに向かいます。 豪雪地帯の山奥で、近所には盲目の坂田と言う男が住んでいました。 叔母夫婦は、坂田さんと呼んで近所づきあいしていましたが坂田の母の死体が発見されてから状況は一変し…という内容の、スラッシャー映画です。 アメリカンホラーを日本で再現したような内容で、評価は分かれる作品ですがホラーファンにとっては面白い1本です。 監督:田尻裕司 出演者:前田亜季(ゆい)、矢口壹琅(坂田)、高瀬アラタ(父ショウジ)、中山玲(母ミヤコ)、磯貝誠(叔父)、はやしだみき(叔母)、今井悠貴(ショウタ)、絵沢萠子(老婆)ほか ジャッカー電撃隊VSゴレンジャーの紹介:1978年日本映画。 『スーパー戦隊シリーズ』第2作『ジャッカー電撃隊』と第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』がコラボレーションした劇場版作品であり、新旧戦隊が共演する『スーパー戦隊VSシリーズ』の最初の作品です。 『ジャッカー電撃隊』最終回後を舞台に、復活した犯罪組織クライムに二大戦隊が力を合わせて立ち向かう様を描きます。 監督:田口勝彦 出演者:丹波義隆(桜井五郎/スペードエース)、吾羽七朗(東竜/ダイヤジャック)、ミッチー・ラブ(カレン水木/ハートクイン)、風戸佑介(大地文太/クローバーキング)、宮内洋(番場壮吉/ビッグワン/アオレンジャー)、小牧リサ(ペギー松山/モモレンジャー、畠山麦(キレンジャー)、田中浩(鯨井大助(ジョーカー))、林家源平(姫玉三郎)、安藤三男(UFO船長)、潮建志(鉄面男爵)、天本英世(サハラ将軍)、金田治(地獄拳師)、飯塚昭三(四天王ロボ)、大平透(ナレーション)、石橋雅史(アイアンクロー(鉄の爪))ほか エイリアン・インセプションの紹介:2014年アメリカ映画。 末期ガンのヴァレリーは医師から治療不可能と言われ、姉のメリッサの車で帰路につきます。 夜の田舎道でエンジンが止り、眩しい光に見舞われ意識を失い目覚めると、メリッサが消えていました。 それから4か月後、ガンが完治したヴァレリーは姉のメリッサを探し始めますが…という内容の、SFスリラー映画です。 UFOに拉致される話がテーマになっています。 監督:クリスチャン・セスマ 出演者:ルーク・ゴス(カーター)、ロバート・ダヴィ(リード)、ロシェル・ヴァレス(ヴァレリー)、デレク・ミアーズ(エリオット)、リン・シェイ(謎のお婆さん)、イェンニ・ブロン(メリッサ)ほか 超人機メタルダーの紹介:1987年日本映画。 東映の特撮ドラマ『メタルヒーローシリーズ』の第6作『超人機メタルダー』の劇場版作品です。 時系列は第14話と第15話の間に位置し、後継者争いに揺れる悪の組織・ネロス帝国に単身で立ち向かうメタルダーの活躍を描きます。 テレビ本編同様、主人公側のみならず敵側のドラマもしっかりと描写した重厚なドラマが展開されます。 プロデュースは2020年に他界した東映の名物プロデューサー・吉川進が手掛けています。 監督:冨田義治 出演者:妹尾青洸(剣流星)、飯田道郎(メタルダー)、青田浩子(仰木舞)、森篤夫(凱聖クールギン)、桑原たけし(凱聖バルスキー/豪将タグスロン/雄闘バーベリィ/暴魂ダーバーボ)、依田英助(凱聖ゲルドリング/豪将タグスキー/激闘士ストローブ/豪将メガドロン)、飯塚昭三(凱聖ドランガー/暴魂アグミス/烈闘士ブルチェック)、渡部猛(ゴッドネロス)、政宗一成(ナレーション)ほか 東のエデン 劇場版 I The King of Edenの紹介:2009年日本映画。 TVアニメ「東のエデン」の劇場版で、TVアニメのその後を描いた前後編のうちの前編となります。 60発のミサイル事件から半年が経過し、再び記憶を消し姿を消した滝沢を探すため、ニューヨークに向かった森美咲は、そこで偶然滝沢に再会します。 滝沢は、飯沼と名乗りますが、実は、ジェイスにより進行している王様申請のため日本の総理大臣である飯沼の隠し子という設定にされており、再会した二人に他のセレソンからの妨害が加えられるなど、またも危機に陥ります。 監督:神山健治 声優:滝沢朗(木村良平)、森美咲(早見沙織)、物部大樹(宮内敦士)、大杉智(江口拓也)、平澤一臣(川原元幸)、白鳥・D・黒羽(五十嵐麗)、ほか 頭上の敵機の紹介:1949年アメリカ映画。 第二次世界大戦中、イギリスに駐留し、ナチス・ドイツに空爆を展開していたアメリカ陸軍第8空軍の兵士たちを、指揮官として派遣された将校の使命と部下との信頼関係に苦悩し葛藤する姿も併せて描いた戦争ドラマです。 アカデミー賞で助演男優賞(ディーン・ジャガー)と音響賞を受賞しています。 監督:ヘンリー・キング 出演者:グレゴリー・ペック(フランク・サヴェージ准将)、ヒュー・マーロウ(ベン・ゲートリー中佐)、ゲイリー・メリル(キース・ダベンポート大佐)、ミラード・ミッチェル(パトリック・プリチャード少将)、ディーン・ジャガー(ハーヴェイ・ストーヴァル少佐)、ポール・スチュワート(カイザー軍医)、ジョン・ケロッグ(ジョー・コッブ少佐)、ロバート・アーサー(マクレニー軍曹)ほか.

次の

映画「映画 妖怪ウォッチシャドウサイド鬼王の復活 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

映画 ウォッチ

概要 [ ] 『妖怪ウォッチ』の映画シリーズ5周年記念作品。 に本作が12月に公開することが発表され 、同年に予告動画が公開された。 現代より約60年前にあたるのさくら元町および妖魔界を舞台に、 妖怪ウォッチ を手にした少年少女たちの活躍と友情、 エンマ大王誕生に迫る物語。 登場キャラクターも一新し、メインに登場するの多くは日本古来の・にある妖怪やがモチーフとなっている。 第1作目~第4作目までは公開日が土曜日となっていたが、本作以降の公開日は金曜日となっている。 なお、により発売された用『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』では、今作の舞台や人物がこれまでのシリーズと合わせて登場する。 では、次作『』公開に合わせ、に初放送された。 ストーリー [ ] 1960年代の東京・さくら元町。 少年 下町シンは新聞配達のアルバイトをしながら、唯一の肉親である病気の母を懸命に支えていた。 しかし謎の妖怪が母に取り憑き、母は突然操られたように家を飛び出した末、車に轢かれて命を落としてしまう。 自暴自棄に至ったシンは母の後を追おうと川に飛び込もうとした時、 高城イツキに引き止められ「死んだって母さんには会えない」「最後まで投げるな」と諭す。 イツキの姉も同じようにビルから飛び降り命を落とし、それは魂を奪う妖怪・ 玉藻前(タマモ)の仕業であるという真相に至った。 妖怪から魂を取り戻すと誓うシンとイツキのもとに、 有星タエという少女が現れ、シンの背後に守護霊 スーさんを見つける。 妖術師見習いであり霊や妖怪が見えるという彼女にイツキは協力を仰ぐ。 タエも、祖母キネが別の妖怪に襲われたと語る。 イツキは自宅である屋敷にシンとタエを招き、こちらも妖怪を味方に付け対抗すべく、かつて入手した妖怪を召喚するアイテム「 妖怪アーク」を見せ、これを使うための「 妖怪ウォッチ」が必要とあり、古い山姥屋敷(やまんばやしき)を探索する。 3人は 山姥に襲われるもののキネを救出し、ついに妖怪ウォッチを見つける。 妖怪ウォッチは選ばれし者でない人間の腕からは外れてしまうが、シンが付けたところ外れる事はなく、妖怪ウォッチの使い手となる。 シンは妖怪ウォッチとアークで 猫又・ 河童・ 座敷童子の3体を召喚する。 個性が強くマイペースな彼らに皆は困惑するものの、タマモを見つけ出し戦いの末に懲らしめる。 しかしタマモは、魂を奪ったのは「 閻魔大王 様の命令」だと語る。 そこで3人は閻魔大王に会うため、キネが作った妖怪切符で妖魔界行きの列車に乗り、無事妖魔界へたどり着く。 妖魔界で閻魔大王に申し出を立てた3人は、折しも開かれていたエンマ武闘会に出場する事になる。 そこでは閻魔大王の息子・ 紫炎が次期大王の座を争奪すべく暗躍していた。 キャスト [ ]• 下町シン -• 高城イツキ、エンマ大王、夜叉エンマ -• 有星タエ -• 怪猫カマイタチ -• 執事・臼田さん -• 猫王バステト、のらりくらり、高城喜一郎(イツキの父) -• 下町幸子 シンの母 、一つ目小僧 -• 紫炎 - (特別出演)• - (特別出演)• 下町シン(老人) -• 有星タエ(老婆) -• 黒鬼SP -• 、アイタタタイムズ -• 有星キネ、ナレーション -• イツキの姉 -• 空亡 - スタッフ [ ]• 原作 -• 連載 -• アートコンセプト - 梁井信之• キャラクターデザイン - 、寺澤伸介• 音響監督 -• 音楽 -• 監督 -• アニメーション制作 -• 製作 - 映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト 2018(レベルファイブ、、、、オー・エル・エム、、、、、、、、、、、、、、)• 配給 - 東宝 主題歌 [ ] エンディングテーマ「大好きだった」 作詞 - H.

次の