アタッシュケース フリー ソフト。 「アタッシェケース」定番のファイル暗号化ソフト

アタッシュケース(PCソフト)のパスワードを忘れてしまったので...

アタッシュケース フリー ソフト

アタッシェケース 3. 機能・特徴 ・世界標準の暗号アルゴリズムを採用した強力なファイル暗号化ソフト。 ・ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、簡単に暗号化することができます。 ・復号化する(元に戻す)際にもドラッグ&ドロップするか、ダブルクリックして パスワードを入力するだけで、簡単に元のファイルやフォルダに戻すことができ ます。 exe)ファイルとして出力できるので、アタッシェケースを持たない 人へ暗号化ファイルを渡すことができ、復号することができます。 ・暗号化した後の元ファイル完全削除。 ・作成する暗号化ファイル名のカスタマイズ。 What's New in This Release 関連情報 バージョン情報 起動時の画面 動作設定 オールフリーソフト関連ソフト Wise Folder Hiderはファイルやフォルダ、USBドライブを隠蔽することができるソフトです。 Drag'n'Crypt ULTRAはドラッグ&ドロップで暗号化ができるソフトです。 ToraToraはパスワードによる暗号化+ICカードを利用した強力な暗号化ができるソフトです。 Windows Drive Hiderは簡単操作で任意のドライブを隠蔽することができるソフトです。 Secret Diskは自分専用の目に見えない暗号化されたディスクをPCに作成します。 Drive Lockerは任意のドライブを隠蔽 非表示 することができるソフトです。

次の

アタッシェケース#3

アタッシュケース フリー ソフト

エレコム 1個 【特長】16. 4インチワイドサイズまでのノートパソコン、10. 1インチまでのタブレット、5. 0インチまでのスマートフォン2台を収納可能。 収納物をしっかり保護するアタッシュケースタイプのキャリングバッグ。 バッグ背面には新聞や雑誌を収納するのに便利なマガジンポケットを装備しています。 開閉がスムーズで、収納物を出し入れしやすいフルオープンタイプのダブルファスナーを採用しています。 タブレット1台とスマートフォン2台を収納できる前面ポケットが付いています。 収納部には、パソコンを衝撃から守るクッション素材を採用しています。 パソコンサイズに合わせてスペースを区切ることができる仕切り板が付属しています。 固定用ベルトが付属し、バッグを開けたときにパソコンが滑り出るのを防ぎます。 トロリーバッグのハンドル部に固定できるトロリーホルダーを装備しています。 手提げだけでなく、付属のショルダーベルトで肩掛けも可能な2WAYタイプです。 持ち手には手に馴染みやすいハンドルパーツが付いています。

次の

アタッシェケース

アタッシュケース フリー ソフト

Version ver. 暗号化、復号処理の高速化した(具体的には、ファイルのSHA-256値を計算する処理を見直し、高速化した)。 Version ver. コマンドラインオプションの引数を大文字にすると正しく解釈されなかった問題に対処。 ファイルから1つの暗号化ファイルを作成」オプションで複数のファイルを暗号化する際に「予期しないエラー」が発生し、処理が正常に終了しない問題を修正しました。 ver. Version ver. パスワード入力のテキストボックスのIMEを常にONするオプションを追加した。 一部のパスワード入力するテキストボックスのマスク表示がOFFになってしまっていた不具合に対処。 進行状況バーのパーセント最大値を超える値が入力されたときに例外が発生する不具合に対処。 古いバージョンのプログラムファイルが残っていると、日本語などの翻訳が失敗することがあったため、新しいバージョンをインストールするときに、古いファイルが確認されるとインストーラーはそれらを削除するように対処。 2016年9月、Ver3にメジャーバージョンアップをされたようです。 鍵生成の処理を追加して暗号強度が改善されたようです。 自分がセキュリティの専門家でもあるので、試しにVer3のパスワードクラッカーを開発してみました。 性能については、ここでは言及しませんが、GPUによる高速化が可能です。 GPUは年々、性能があがること、IntelのCPUが将来、SHA ExtensionsをサポートするようになるとCPUだけでも性能が飛躍的に向上します。 クラウドのVPSを1000 CPU借りることが、現実不可能ではないような、気がします。 かなり脅かしているように見えますが、これもみなさんの安全のためと思いましたので、差し出がましいようですがコメントさせていただきました。 暗号化アルゴリズムは、2000年10月にアメリカ政府標準技術局(NIST)によって、 次世代暗号化標準AES(Advanced Encryption Standard)として選定された、 Rijndael(ラインダール)を採用しているとのことです。 本ソフトについて、作者様サイトにおける説明によれば、Ver. 69以前において、 脆弱性「バイナリ・プランティング」が発見されたとのことであり、要注意です。 それ即ち、動作設定において「フォルダの場合、復号後に開く」を設定している時、 悪意のある暗号化ファイルを受け取り復号すると、ユーザーの意図しない形で、 アプリケーションを実行されてしまう虞があるとのことです。

次の