れいとうビーム オメガルビー。 れいとうビームとは (レイトウビームとは) [単語記事]

四天王 ゲンジ

れいとうビーム オメガルビー

特徴 主にのポケモンを使う。 の時点では、チャンピオンの座に就いている。 勝つととルビー・サファイアでは()、オメガルビー・アルファサファイアでは()をもらえる。 エメラルドやBW2では、師匠であるがジムリーダーを務めている。 エメラルドのの説明文には、「知性と美しさを兼ね備えた私・・・」と書かれていたり、チャンピオン戦終了後に「なんとワンダフル、憎らしいほどエレガント、だけどとってもグロリアス! 」と言い放ったりとナルシストな一面を見せることがある。 なおアニメでもセリフは生かさせている。 オメガルビー・アルファサファイアでは、ひでんマシンを渡す際にも決めポーズをする。 バトルスタイルが優雅であるため「水のアーティスト」と呼ばれており、容姿も美形なので、ジムには年齢問わずたくさんの女性ファンが集まっている。 姪にアイドルのがいる。 () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. () Lv. 50 不 オメガルビー・アルファサファイア ミクリ 5520円 Lv. あまごいをかけてきたときにかみなりで返り討ちをすることで大ダメージを与えられる。 ナマズンには草タイプ、ルンパッパには飛行タイプや毒タイプで臨むといい。 草タイプで挑む場合、れいとうビームやふぶきに注意。 オメガルビーではを捕まえておけば、ゲンシカイキすることで相手のみずタイプのわざを全て無効化できるので、活用してみるといい。 職業 コンテストマスター 声優 で初登場し、・・にも再登場した。 各地で定期的にを行っている。 やによるとかつてはのジムリーダーやホウエン地方のチャンピオンだった。 ではヒカリの回想で登場している。 所持ポケモン• わざ:、、、 の登場人物 【レギュラー】 - - - - 【ライバル】 - - - - - - - 【ロケット団】 - - - - 【ギンガ団】 - - - - 【主要人物】 - - - - - 【ゲスト】 - - - - - - - 【家族】 - 【ジムリーダー】 - - - - - - - 【四天王・チャンピオン】 - - - - - 【フロンティアブレーン】 - 【その他ゲストキャラ】 マンガにおけるミクリ ポケットモンスターSPECIALにおけるミクリ• として登場しておりそのレベルはかなり高い。 からは師匠と呼ばれている。 始めはとして活動していたが終盤の際にから本来就くはずであったの座を継ぐことになった。 その後、ジムリーダーの職は、師であるが継いでいる。 とは昔から縁がある様子。 この節はに関連した書きかけです。 して下さる協力者を求めています。 の登場人物 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - その他 - - - - - - - - - - - - 備考 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ミクリ Wallace Wassili Marc Wallace 英語に同じ 脚注.

次の

伝説・特定ポケモン入手方法

れいとうビーム オメガルビー

この育成論ではHABCDSなどの非公式な略称を用います。 ダメージ計算はポケマス様のサイトをお借りしています。 はじめに こんにちは。 初めての育成論の投稿です。 至らぬ点もあると思うので、ご了承ください。 この度は、ランクマッチで嫌というほど見かけるのに、なぜか剣盾版の育成論が載っていなかったドヒドイデくんについて書いていこうと思います。 不要との声が多ければ削除いたします。 現環境でドヒドイデのBとDをどちらも上回るポケモンは 攻撃、特攻面に多大な問題を抱えるツボツボしかいません。 この特性上、受けポケモンとして使用され、レートバトルではトップクラスの使用率を誇ります。 ドヒドイデを使う目的 毒を散らして相手のポケモンに負荷をかけます。 また、トーチカやじこさいせい、特性のさいせいりょくを駆使して敵にダイマックスを切らせたり、ターンを稼いだりすることで場を破壊していきます。 また、ドヒドイデ絶対つぶすマンで出てきた相手をうまくいけば倒すことも可能です。 しかし、 対面最強ポケモンというわけではないので、確実に相手のエースポケモンを倒すことはできません。 ある程度HPが減ってきたらいったん引くなどの措置を行うことでいつまでも害悪プレイを続けることが可能です。 れいとうビームを採用した理由 現環境に溢れかえっているドヒドイデは9割方ねっとうワンウェポンです。 もう型ばれしてしまっているようなものです。 また、地面弱点なので弱点保険持ちで毒無効のドリュウズらに非常に弱く、高威力の技を持つドラゴンタイプ相手にもじり貧になりがちでした。 そこで、ドリュウズの弱点保険発動防止や相手の読み外しを狙ってあえてタイプ不一致のれいとうビームを採用してみたところ、脳死でドラゴンタイプ出してくるやつらに対して思いのほか刺さりました。 ねっとうだろうがれいとうビームだろうがCが低いドヒドイデでは大したダメージは出ないので、相手のエースのHPもそこそこ削れて毒も撒ける万能害悪がいたらいいよね、という魂胆で作りました。 特性 さいせいりょく一択です。 引くとHPが3分の1回復するのでいつまでも耐久できます。 性格 ずぶとい わざわざのんきにする必要もないと思われるのでずぶとい確定で。 もちもの 黒いヘドロ 努力値調整 HB252残りD ぶっぱでいいです。 D、Cに多く振っても主要ポケモンとの確定数あまり変わりません。 技構成 確定 れいとうビーム じこさいせい どくどく 選択 トーチカ くろいきり まず、れいとうビームですが、この育成論のコンセプトなので確定です。 タイプ一致のねっとうよりも環境に多い地面、飛行、龍、草に対してダメージを入れられるため、汎用性が高いです。 ただ、次に、じこさいせいですが貴重な回復技ですので確定です。 どくどくは鋼、毒以外のポケモンはこの技を軸にHPを奪っていくので確定とします。 ドヒドイデのトーチカは読まれやすく、相手も接触技を避けてくるため基本トーチカでの毒は期待しないほうがいいです。 しかし、ターン稼ぎができるのでいれる価値はあります。 くろいきりは相手が舞系の技を積んできてきつくなってきたときに入れると後続が非常に楽になります。 ダメージ計算 受けポケモンの、対面で敵を倒すことが少ない性質上ダメージ計算自体にあまり意味を持ちませんが一応主要ポケモンだけ載せておきます。 与ダメージ• 7 〜 48. また、このドヒドイデは両受け可能ですが、環境に多い物理をメインとした受けを想定しています。 サザンドラやロトムのような最強クラスの特殊アタッカーは受けきれません。 ほとんどの場合トンボ使って逃げますが。 ただ、 相手のドラパルトにダイマックスを切られてしまうと正面から倒すことは厳しいです。 また、特殊型の眼鏡持ちは倒せません。 特に特殊ドラパのダイサンダーでは確2でやられてしまうので、ダイマックス切られたらトーチカ入れて相手のダイマックスを枯らして捨て駒にするか交代するほうがいいです。 *最後に 稚拙な文章でしたが最後までお読みいただきありがとうございます。 疑問点、間違い箇所、改善点等ございましたらコメントに書き込んでください。 追記;ドラパルトの倒し方の欄の計算が間違っていたので修正しました。 水ロトムの被ダメージを追加しました。 Bにぶっぱする明確な理由がなく、ドラパルトをメタるコンセプトなのだとしたら、Dを調整した方がいいように思います。 この型であれば本来の受けの性能 どの程度までは受けが効くのか・その場合の立ち回りがどのようなものになるのか等 についての考察文が必要でしょう。 また、ほかの方も指摘していますが、相手の持ち物や立ち回りの想定が都合良すぎる印象を受けました。 少なくとも現状ではコンセプトが成り立っているか微妙な線だと感じます。 その旨、書き足しておきました。 ただ、Dをぶっぱしてもドラパの10万ボルトの確定数は変わらず、また物理が多い現環境での汎用性の面を考えてBに振りました。 修正しておきました。 C振りしても確定数が変わらないからHBぶっぱで良いと記述がありますが、そんなわけないだろと思って与ダメージのれいとうビームの項に挙げられている奴ら相手にC252で計算してみました。 H無振りドラパルトは乱2 H無振りサザンドラは確3 H4ゴリランダーは乱2 H252ゴリランダーは確3 H252トゲキッスは確3 ……全部確定数がかなり変わるじゃないですか!!!!!!! 嘘はよくありません。 確定数が変わる事を踏まえた上で、HC252よりHB252の方が勝る点をちゃんと記述してください。

次の

シーキンセツ

れいとうビーム オメガルビー

ページ:• 投稿者:??? コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:USBロム• コメント 16 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:あんこー• コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:ありま• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:メタイオン• コメント 66 みんなの評価 :• 投稿者:shino• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:キリト• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:イーロ• コメント 13 みんなの評価 :.

次の