トランポリン パーク 北見。 《道東初》北海道北見市に子供も大人も楽しめるトランポリン&スポーツパークを作る!

北見に道東初のトランポリンパーク作りたい 2019年07月24日の記事 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

トランポリン パーク 北見

JUMP LAB(名古屋市) JUMP LAB(ジャンプラボ)は、約140坪と広いスペースにさまざまなトランポリンが設置されている屋内施設です。 トランポリン• エアバッグ• ウォールトランポリン• ニンジャコース• ニンジャウォール• スラムダンク• 公式サイト: トランポリンパークMr. JUMP(守山店・扶桑店・大高店) — 2019年 7月月3日午後8時56分PDT こちらでは、トランポリンはじめボルダリング・スラックラインができるのが特徴です。 公式サイト: Slackline Park Gambader(名古屋市) Slackline Park Gambader(スラックライン パーク ガンバデ)は、その名の通りスラックラインができる施設です。 公式サイト:• Twitter: ワンダーリンク(常滑市) こちらは、イオンモール常滑のエンターテインメントパーク「ワンダーフォレストきゅりお」内にある施設です。 特徴は季節によって、楽しめるスポーツが変わることです。 トランポリンができるのは、3月~10月頃になっています! その他、スケート、キッズボート、ウォーターホイール、アイススケートなどができるのですが、それぞれ期間が決まっています。 公式サイト: 愛知県トランポリン施設まとめ 以上、愛知県内のトランポリン施設まとめでした! ほんとうにトランポリンできる場所がたくさんあって、愛知県はすばらしい環境になっています。 なかなかこんなに選択肢ある県ないですよ! しかも、ボルダリングやスラックラインなども併設されているところも複数あり、何度行っても飽きないんじゃないでしょうか。

次の

《道東初》北海道北見市に子供も大人も楽しめるトランポリン&スポーツパークを作る!

トランポリン パーク 北見

JUMP LAB(名古屋市) JUMP LAB(ジャンプラボ)は、約140坪と広いスペースにさまざまなトランポリンが設置されている屋内施設です。 トランポリン• エアバッグ• ウォールトランポリン• ニンジャコース• ニンジャウォール• スラムダンク• 公式サイト: トランポリンパークMr. JUMP(守山店・扶桑店・大高店) — 2019年 7月月3日午後8時56分PDT こちらでは、トランポリンはじめボルダリング・スラックラインができるのが特徴です。 公式サイト: Slackline Park Gambader(名古屋市) Slackline Park Gambader(スラックライン パーク ガンバデ)は、その名の通りスラックラインができる施設です。 公式サイト:• Twitter: ワンダーリンク(常滑市) こちらは、イオンモール常滑のエンターテインメントパーク「ワンダーフォレストきゅりお」内にある施設です。 特徴は季節によって、楽しめるスポーツが変わることです。 トランポリンができるのは、3月~10月頃になっています! その他、スケート、キッズボート、ウォーターホイール、アイススケートなどができるのですが、それぞれ期間が決まっています。 公式サイト: 愛知県トランポリン施設まとめ 以上、愛知県内のトランポリン施設まとめでした! ほんとうにトランポリンできる場所がたくさんあって、愛知県はすばらしい環境になっています。 なかなかこんなに選択肢ある県ないですよ! しかも、ボルダリングやスラックラインなども併設されているところも複数あり、何度行っても飽きないんじゃないでしょうか。

次の

JungleGym

トランポリン パーク 北見

トランポリンパークのイメージ図 北見市出身。 北見柏陽高校時代はトランポリン部に所属し、高体連で全国大会出場を果たした。 卒業後も、市役所に勤務しながら競技を続けていた。 2年前に道内初のトランポリンパークが岩見沢に開設されるなど、全国的に流行の兆しが出始めたため昨年8月ごろから、北見にも開設したいと構想を描き始めた。 岩見沢の施設を訪問して運営のノウハウを教わり、金融機関に資金の相談をするなど準備を進め、今年6月に市役所を退職。 事業計画の作成や開設場所の決定など、本格的に準備を積み重ねてきた。 トランポリンパークとは、主に競技用とは違ったレクリエーション用のトランポリンを使って楽しむ屋内アミューズメントパーク。 遊びとしてだけでなく、体力づくりや健康増進の効果も期待できるため、子どもから大人まで幅広い世代に支持されているという。 「北見周辺にこういった屋内施設がないので、オホーツクだけではなく、広く道東から需要があるはず」と男性。 場所は市北進町の空き店舗を想定し、トランポリンのほかボルダリング、スラックラインも楽しめる施設を計画中だ。 開設にかかる費用は800万円で、資金を集めるため奔走中。 これとは別に、施設に需要があることを示すためクラウドファンディング(インターネットを介した資金調達)に取り組み、目標額を150万円とした。 7月3日に募集を開始。 トランポリン関係者らの協力もあり18日現在、30万円が集まっている。 男性は「動画投稿サイトのYouTubeにパークで遊ぶ様子が多数アップされていて、子ども達にも広く認知されています。 生まれ育った北見の人達に喜んでもらえる施設をつくり、北見の活性化につなげることができれば」と目を輝かせている。 クラウドファンディングの詳細は、インターネットで【北見市トランポリンパーク】と検索するとURLが表示される。 締め切りは8月3日。 問い合わせは電子メール(yuta. arai823 gmail. com)で受け付けている。

次の