餃子 作り方 皮。 本場中国では水餃子が主流!皮からつくる水餃子の作り方

米粉餃子の皮(グルテンフリー)の作り方|米粉のレシピ帖

餃子 作り方 皮

手作りした餃子の皮は、もちもちに仕上がります。 興味を持たれた方の参考になれば嬉しいです。 もちもちの餃子の皮は手作りならでは 餃子をはじめて作ったのはいつだったか覚えていませんが、市販されている皮を買ってきて作っていました。 餃子を包む作業って無心になれますよね。 実はあまり好きではなかった餃子ですが、手作りした餃子を食べて、実は美味しかったのね!と、餃子愛が芽生えてしまいました。 そのうち餃子のタネをアレンジするようになり、次は「皮も手作りしてみよう!」という気持ちがわいてきました。 いざ餃子の皮を手作りしてみると、なんと もちもちな皮!と感動してしまいました。 これは市販の皮では出せない、手作りならではの食感です。 少々時間はかかりますが、手作りの餃子の皮に興味がある方は、ぜひ挑戦してみて下さいね! 手作り餃子の皮の材料 約30個分 、必要な道具• 薄力粉 100g• 強力粉 100g• 塩 1g• 餃子30個分、としましたがこれは直径7cmくらいのサイズの場合です。 薄めの皮の餃子を作るのであれば40個くらいできますし、大きめのサイズの餃子を作るのであれば20個くらいになります。 餃子の皮を手作りするのに必要な道具は、ボウルと小さめの麺棒、くらいでしょうか。 最初の頃は製パン用の大きい麺棒を使用していましたが、作業しにくいので小さい麺棒を購入しました。 もちもちの手作り餃子の皮を作るのに便利な道具は、スケッパー(ドレッジ)です。 生地をまとめたり分割したりするのに使用しますが、なければ手で生地をまとめて包丁で分割すればいいのでなくても大丈夫です。 打ち粉をして生地を伸ばすときに粉が舞うので、こね台で作業することが多いです。 餃子の皮を手作りするには、それなりのスペースを確保できる清潔な場所が必要です。 餃子の皮の作り方 大きめのボウルに粉類と塩を入れてかるく混ぜ、熱湯を一気に加えます。 菜箸で混ぜたあと、手でひとまとめにします。 (菜箸を使うと生地がくっつきません。 ) 熱湯を使うことで小麦粉のデンプンが糊化し、もちっとした生地の食感になります。 表面がつるんとしてくるまで手の付け根をつかって約5分こね、生地が乾燥しないようにラップなどで覆い30分ほどねかせます。 ねかせることで生地がまとまり、扱いやすくなります。 台に打ち粉をし、生地を半分にして棒状にしてから15個ずつにカットし、全部で30個に切り分けます。 このように切り口に打ち粉をし、手でぎゅっと押してから麺棒で円形に伸ばしていきます。 麺棒を生地の中心から外側へ転がし、片手で生地を回しながら薄く伸ばします。 出来るだけ中心を厚めに伸ばすといいです。 縁を重ねて閉じるので、こうすることで生地の厚みが均等になります。 ちょっといびつですが…皮が出来ました! 手作りの皮は市販の皮と違って柔軟です。 あんを包むときにそれなりにちゃんとした形になるので、多少いびつでも「手作りらしさ」ということで。 また、パスタマシンを使って生地を伸ばし、コップのふちでくりぬくという方法もあります。 生地の大きさが同じになるため見栄えがよくなります。 パスタマシンの記事も良かったら参考にしてみてください。 パスタマシンで餃子の皮を作るときは、ローラーの目盛りを5にあわせるといいと思います。 美味しい餃子の具の材料・作り方• 豚肉 100g• キャベツ 3枚• 生姜 1かけ• にんにく 1かけ• 酒、塩、醤油、ゴマ油 各小さじ1 美味しい手作り餃子を作るのに重要なのが「具(餡)」の材料になりますよね。 豚肉は包丁で粗みじんに切り、よくこねます。 豚ひき肉でも可です。 調味料を肉に混ぜこんでからみじん切りにした野菜を加えてざっくり混ぜます。 あんをスプーンですくって皮の真ん中にのせ、包んでいきましょう。 市販の皮のように水をつけなくても閉じられます。 約30個の餃子ができますが、食べきれない場合はこの状態で冷凍保存が可能です。 うちは、このようにタッパに並べて冷凍保存しています。 食べたいときに必要な分だけを取り出して焼けば、いつでも焼き立てが食べられて便利です。 保存期間は一か月を目安にしてください。 餃子の美味しい焼き方 餃子は、色々な焼き方がありますよね。 ご家庭それぞれの焼き方で焼いてもらえればと思います。 餃子の皮のモチモチとした食感を最大限引き出すためにも、美味しく焼けないと台無しになってしまいますので、我が家の焼き方を載せたいと思います! うちでは冷たいままのフライパンにごま油を少しひいて餃子を並べて焼いていきます。 こんな風にフライパンに並べ、熱湯を100ccくらい注いで蓋をします。 強めの中火で5分くらい蒸し焼きにし、最後に蓋を取って水分を飛ばしたら出来上がりです。 仕上げにごま油を垂らすと風味がよく美味しくなります。 こんがり焼けたら、あつあつのうちにいただきましょう! 餃子の皮ももちもちで、中の具もジューシーに仕上がり、とても美味しい出来上がりになりました! まとめ 中国では、餃子といえば水餃子なんだそうですね。 焼き餃子と水餃子、どちらも美味しいのですが…個人的にはやっぱり焼き餃子が好きかな。 酢醤油+ラー油で召し上がる方が多いように思いますが、餃子のあんにしっかりめに味をつけて、そのまま食べるのもなかなかいけます! 夏はビールと餃子が美味しい季節ですよね。 私は飲めませんが…! 餃子の皮を手作りし、もちもちの食感をご家庭で楽しんでいただけたらなと思います! omatsurisan.

次の

もちもち手作り餃子の皮の作り方!美味しい具の材料・焼き方

餃子 作り方 皮

強力粉をボウルに入れ、水を数回に分けて加えていく。 まんべんなく水を吸っていくように、その都度箸でしっかりと混ぜる。 その後は、べたつきがなくなり、まとまってくるまで手でこねていく。 生地がまとまったら、ラップまたは濡れ布巾をかけて1時間程度、生地を寝かせる。 寝かせたあとの生地は、よくなじんでなめらかになる。 打ち粉をふったまな板に生地を置き、包丁で2~4等分に切り分ける。 それぞれを棒状にしてから、さらに必要枚数分に等分していく。 この状態では、生地は輪切りになっているはずだ。 等分した生地を手のひらでつぶして丸く平らにしたら、めん棒で直径8cmほどの大きさに伸ばしていく。 片手で生地を回転させながら、もう片方の手でめん棒を転がして形作っていく。 このとき、中央を少し厚めに、外側を少し薄めにすると、後で形を作りやすい。 皮は成形するまで、乾燥しないようにラップなどで包んでおく。 水餃子の下ごしらえ2:餡.

次の

本場中国では水餃子が主流!皮からつくる水餃子の作り方

餃子 作り方 皮

餃子の皮を手作りしたことがありますか? すっごくもちもちで一度食べたら忘れられない美味しさ。 「餃子の皮って難しそう」 と思っているかもしれませんが、思った以上に簡単なんですよ! それに、 手作りの餃子の皮は、具を包むときにとても包みやすいんです。 水溶き小麦粉を使わなくても、しっかりヒダがくっついてくれます。 私は、料理人の父が作る手作り餃子が大好きで、 父に秘伝の作り方を教わりました。 その作り方をもとに、より一層もちもち感を出すために、 自分なりに粉の比率を変えたり米粉を加えて何度も作ってきました。 そして、ようやく扱いやすくモチモチに仕上がる皮が出来上がりました! 今回は もちもち感がやみつきになるほど美味しい餃子の皮の作り方を紹介します。 ぜひおうちで美味しい手作り餃子を作ってみてください。 もちもち美味しい餃子の皮とは ふつうは、 薄力粉と強力粉を1:1の割合で配合させて作るのが一般的です。 もちろん、それでも美味しい餃子の皮は出来上がります。 でも、今回ここで紹介するのは、もちもち感がアップする 米粉を少し加えた餃子の皮です。 初心者が全量を米粉で作ると皮がすぐに破れてしまいうまくいきません。 また、全量を米粉で作った場合は、焼くときにひっついてしまったり破れたりします。 理由は後半のコツで紹介しています。 作り方 1、ボウルに 強力粉、薄力粉、米粉、塩を入れまぜておく。 2、ここに 熱湯150mlを加え菜箸で混ぜる。 菜箸で混ぜるのは、熱湯を入れるので熱いから!やけどに注意して手早く混ぜてみてください。 米粉を入れているので、この水分量だとまとまりません。 小さじ1~2を追加して様子をみながら生地をまとめていきます。 (米粉の種類によっては、もっとお湯が必要になる場合もあります) 生地がまとまってきたら、台の上にのせて5分ほどこねます。 生地がきれいにまとまってきたら、 ラップに包んで30分ほど、常温においておきましょう。 米粉入りの餃子の皮のメリット 米粉を少し加えて作るこの餃子の皮は、何がよいのか? というと。 包みやすい! 生地がとてもなめらかになるので、具をのせて包んだ時に手でギュッとおさえるだけで 生地と生地がくっついてくれます。 伸びもよいので、とても包みやすいですよ。 焼くとモチモチになる。 手作りの皮はどれもモチモチに仕上がりますが、 米粉入りはもっちり、むっちりとした弾力のあるモチモチ感になります。 これが表面のカリッとした食感と合わさると、本当に美味しいです。 おさらい(まとめ) 餃子の皮を手作りするときには、 熱湯を使います。 モチモチ感をアップさせるために、私が考えた配合は 米粉:薄力粉:強力粉 = 1:2:3 です。 熱湯の分量は、粉全体の半分を目安に、生地の状態をみて追加します。 ただし、 加えすぎないこと! 寝かすことで、生地がしっとり落ち着きます。 乾燥しないようにラップをすることも忘れずに! はじめのうちは、きれいに丸く伸ばせないかもしれません。 でも、この手作りの皮は包みやすいので、 多少いびつになっていてもきれいに包むことができますから安心してください。 それよりも、子供たちとワイワイ楽しみながら皮作りをしてみてくださいね。 いつも以上に美味しい餃子が食べれますよ! Miwaです。 ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。 2児の母。 (現在反抗期真っ只中。 ) そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。 ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。 趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。 【取得資格】 上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許 ホームパーティー検定3級。

次の