株式 会社 アクセル 評判。 株式会社アクセルの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (6204)

株式会社アクセルの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (6204)

株式 会社 アクセル 評判

株価検索 株価・株式銘柄の検索です。 銘柄名・銘柄コード・業種別・NOMURA72業種分類などで上場銘柄を探すことができます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

株式会社アクセルの口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (6204)

株式 会社 アクセル 評判

運営会社:合同会社アクシス AXIS LLC 運営責任者:山田 博俊 電話番号:0859-21-3353 メールアドレス:info@axel-trade. com 【サイトの特徴】 誰でもプロと同じトレードを実現させる手法を提供するサイト 金融商品取引法第37条に基づく表示 金融商品取引業者名:記載なし 登録番号:記載なし 加入協会:記載なし 管理人によるサイトの印象 1日15分の作業時間で、毎月60万円の不労所得を確定するそうです。 これをどの様にして12週間以内に実現するのか数値化出来る程、超具体的なFXロジックの全てを、期間限定で初公開するとの事。 又、毎月平均600pipsの安定利益が発生する裁量トレードと、システムトレードを融合させた、FXの新技術の全てを公開するとも言われていました。 紹介しているツールで、シグナルが自動発信されたら10秒だけ時間を消費して、エントリー判断する事によって、28日後に600pips、つまり1ロット10万通貨取引で、毎月60万円の安定収入を得られるという事でした。 1トレード10秒で完了するらしく、トレンド相場を根こそぎ利益にしてレンジ相場でも負けない、弱点が無くなった「アクセルトレード360」という記述も見受けられますね。 「アクセルトレード」をバージョンアップしたものが「アクセルトレード360」となっている様で、シグナルを取捨選択してエントリーするだけの、これまでにない次世代の取引モデルになっている模様。 ツールの1ヵ月間の成績が掲載されていましたが、2014年10月のものとなっていますので、最新の情報への更新が待たれるところでしょう。 尚、販売価格は38,700円となっており、情報提供者は過去に「スパイクトレード」「トレンドマスター」「FX-navi」といった手法を公開してきたそうです。 このロジックは一言で言うと「片手間で稼げるシステム」だと掲載されていましたが、利用者から同様の評価を得られているのでしょうか? 口コミから評判を確認 利用した事があるという方は下記のコメント欄より、利益を出す事ができたのか? それとも損をしてしまったのか? 実際にを利用してみての アクセルトレード360の口コミの記入をお願いします。 皆様の口コミにより儲かるサイトなのかそうではないのかを判定していきます。 投資顧問契約に係るリスクについて ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。 実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用くださいませ。 情報内容に関しては万全に期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。 提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。 国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経理状況含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。 信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。 手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。 重要事項、及び注意事項 投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。 ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービス内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引ください。 金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。 免責事項 ホームページ上、メール上での提供情報は著作権法によって保護されており、株式会社MLC investment(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。 提供情報は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。 実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用ください。 弊社は、提供情報内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果について、これを保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。 CLOSE.

次の

「光コラボレーション事業者さま」及び「お取り扱いサービス」一覧|フレッツ光公式|NTT西日本

株式 会社 アクセル 評判

さて、では件の「光コラボ」とはどのようなサービスなのでしょうか? 光コラボとは? 光コラボとは「光コラボレーション」の略称で、通常NTTのフレッツ光インターネット回線は、NTTが我々消費者へ回線を販売しています。 光コラボを契約すると、フレッツ光回線はNTT以外の事業者が販売する契約に切り替わります。 光コラボで使う回線はフレッツ光と全く同じものです。 光コラボサービスがはじまり、今までNTTが販売していた回線を他の事業者が販売できるようになったというわけなので、各社が自分のところへ(無知な)契約者をかっさらうべく我先にとやっきになっているという図式が最近の光コラボ勧誘電話事情なのです。 光コラボの注意すべき点 光コラボには注意すべき点がいくつかあります。 電話を掛けてきている相手は絶対にNTTの人ではありません。 フレッツ光は、支払いや相談窓口がすべて「NTT」です。 そのため企業力でも信頼度でも安心できます。 しかし、光コラボを契約してしまうと、その全てがよくわからない事業者に変更されてしまいます。 一度光コラボへ変更してしまうと、二度とNTT契約のフレッツ光にもどすことはできなくなります。 もしも光コラボを解約すれば現在の電話番号も変更になります。 光コラボの勧誘は「今よりも安くなる」というお決まりの甘い言葉を吐きますが、現在の契約状況によっては損になることもあります。 光コラボを契約しなくても別にいままでインターネットは使えるし損もしません。 別に光コラボと契約しなくても平穏無事のインターネットライフが送れます。 こんなご時世です。 もしその業者が倒産したらどうしますか? 上の6つの項目を以下でもっと詳しく解説します。 1:電話をかけてきている相手はNTTの人ではない 前項「光コラボとは?」で記載したとおり、NTT以外の事業者が、自分の顧客にしようと企んで電話をかけてくるのが光コラボ勧誘なので、電話の相手はNTTの人間では100%ありません。 もっと言えば、電話の相手はその事業者自体の社員ではなく、下請け、孫請けのよくわからない会社の営業です。 2:NTTから別の事業者へすべてが変更されてしまう 今までフレッツ光だと支払い先や相談窓口がNTTなのですが、光コラボに変更すると、その契約した会社が支払い先になります。 そして、相談窓口はその契約した会社かと思いきや、更によくわからない下請け会社が相談窓口になるパターンが多いです。 3:光コラボに一度契約してしまうと2度とフレッツ光には戻せない これ、勧誘の電話で契約するときには絶対に言わないのですが、光コラボに一度契約してしまうと2度とNTTとの契約に戻すことはできなくなります。 もしも契約した事業者がダメすぎて解約しようものなら、現在の電話番号は解約となり、解約金がとられるという不幸にみまわれます。 そして、再びNTTと再契約しようものなら、ウン万の工事費がまたかかり、電話番号が再取得になりますから、教えなおしたり、登録し直したり・・・更なる大不幸に見舞われます。 4:現在の契約によっては高くなることもある 勧誘電話の相手はなんかの呪文のように「今よりも安くなります」を連呼しますが、現在の契約によっては割高になることもあります。 また、事業者によって独自のサービスを展開していることから、あれよあれよという間にオプションを契約させられて、実際には高い月額を支払うことになる・・・ということもあります。 5:光コラボを契約しなくてもインターネットは使えます 悪どい業者だと電話口で「光コラボにしないとインターネット利用に支障がでます」くらい平気で嘘をついてきます。 しかし、光コラボを契約しなくても今ままインターネットは普通に使えますし、むしろ安定して使うことができます。 6:光コラボを契約した業者が倒産したらどうしますか? たかだか月々数百円の減額につられてNTTからどこの馬の骨ともわからない業者にインターネット回線の契約先を変更して、その業者が倒産したらどうしますか? その業者は企業力ありますか? こんなご時世ですから潰れるかもしれませんよ。 その会社が潰れたら、インターネットの再契約となるので、高い工事費がまた発生し、新しい電話番号を取得し直しなどの生活に支障がでること間違いない!! NTTは、JRや日本郵政と同じく国営から民営になった、いわゆる国営民営企業ですから、日本が潰れない限りなくならない企業です。 インターネットというライフラインを契約するのに、NTTとその業者ではどちらがふさわしい業者でしょうか? うちの父のはこうやって騙された 巧妙な話術のせいで、NTTからの電話だと信じ切っていた父は、相手の言うがまま、PCを起動して、まずフレッツ光の「光コラボレーション(転用)お手続き」ページを表示させられました。 左上のピンク枠の部分「 NTT東日本公式ホームページ」と記載されています。 このページもなかなかクセモノで、その部分を確認した父は「 やっぱりNTTからの電話で間違いないんだな」と勘違いしまてしまったそうです。 実際に、光コラボの転用をするためには、NTT公式ページより手続きをしなければならないので、相手は自分はNTTの関係者と言い張り、このページを開かせてくれば、詳しくない人間なら信じてしまうのは無理もありません。 この設定をしないといずれご自宅のインターネットが使えなくなるかもしれません。 今やっておいたほうが良いですよ! 勧誘員 と言ったそうです。 断定していないところが大変イヤラシイです。 つづいて、こちらのフォームに個人情報を入力させられます。 父いわく電話口の相手はとても丁寧に入力の手助けをしてくれるそうです・・・・。 そして、フォームが入力し終わるとこの画面になります。 ここで電話口の相手は「転用承諾番号」を聞いてきます。 この 「転用承諾番号」を相手に伝えてしまうと ジ・エンドなんです!! さて、転用承諾番号を父から聞き出した相手は、いよいよ本性を表します。 わりと早めの口調でまくしたてるように・・・ もっ申し訳ありません。 本日の内容はキャンセルとして手配いたします 勧誘員 と電話を切ったそうです。 これが父と光コラボ勧誘とのやりとりの大まかな内容です。 後日談 あとでこの話を聞いたぼくは、「これはまずいかも」と思い、休み明けの朝一番にNTTへ電話を掛けて契約内容を確認してみました。 NTTのオペレーターさんによると、 契約内容はまだ変更されてはいなかったのですが、契約変更を願い出る届け出が提出されているということでした。 それで、これを取り下げるには、契約をした会社に直接願い出て取り下げないといけないとのこと。 しかし、父と電話を下相手は最後に自分の会社をわかりにくく伝えただけなので、ちゃんとした会社名がわかりません。 わかるのは電話番号だけです。 その番号に電話をしてもいつでも話し中で繋がりません。 そこで、NTTの方の勧めもあり、消費者相談センターへ相談してみることにしました。 消費者相談センターの相談員さんにわけを話して、かかってきた電話番号を伝えると、大元の事業者が判明。 消費者相談センターのデータベースは大したものです! 相談員さんがその会社へ掛け合ってくれて、無事にキャセルすることができました。 これにてホッと胸をなでおろした今回の顛末でした。 消費者相談センター・・・頼りになります!! つづいて2ページ目にはとても大切なことを書きます。 絶対に読んでくださいね!.

次の