黒毛 和牛。 黒毛和牛って英語でなんて言うの?

黒毛和種

黒毛 和牛

スーパーやお肉屋さんに行くと色々な種類のお肉が並んでいます。 その中でも牛肉は肉の中の王様で、他の肉に比べると値段が張ることが多く、代わりに豚肉や鶏肉で代用した、なんて経験をお持ちの方もいらっしゃるのはないでしょうか。 現在市場に出回っている牛肉は、和牛、国産牛そして輸入牛の3種類です。 輸入牛はよく牛丼チェーン店などで使われていたり、スーパーでも比較的安価な値段で購入できたりするのでお馴染みだと思います。 では和牛と国産牛についてですが、この違いについてはご存じではない方が多いのはないでしょうか。 もしくは、似て非なるものであるという認識はあっても、どちらがどう違うのか、ということに関してはうまく説明できない方が多いかもしれません。 3つの「和牛」の基準 まず和牛についてですが、明治時代以前からの在来牛をもとに、外国種などと交配種を繰り返して改良された食肉専用の家畜牛のことをいいます。 その種類は限定されていて、もともとは1953年に認定された黒毛和種、褐毛和種(あかげわしゅ)、無角和種(むかくわしゅ)の3種類でしたが、1954年に、日本短角種(にほんたんかくしゅ)が追加され4種類になりました。 この4種類、及び4品種間の交雑種を「和牛」と呼びます。 この中でも黒毛和種の数が一番多く、日本の和牛飼育量のうち9割を黒毛和種が占めます。 和牛は手の込んだ飼育方法を必要とするため大量生産が難しいのと、他の一般牛と比べて食用牛になるまでの時間がかかることなどから、値段が高価になります。 スーパーのラベルなどに「和牛」と表示するためには、3つの条件があります。 ひとつ目は 食肉公正競争規約で「和牛」と認められている品種(先に述べた4種)に該当すること、ふたつ目は 日本で産まれて飼育された牛であること、みっつ目は、 先に述べたふたつの条件が、牛トレーサビリティ制度で確認できることです。 牛トレーサビリティ制度とは、日本国内で産まれた牛すべてに識別番号を設け、出身地や生年月日などの細かい情報を、生産、流通、消費の段階で管理、記録し、インターネット上でこれらの情報を識別番号によって閲覧できる状態にあることをいいます。 このみっつを満たして初めて「和牛」と表記できるのです。 和牛以外が「国産牛」 一方、国産牛についてですが、「和牛」の4種類には含まれません。 上記4品種以外で、日本国内で産まれて飼育された、もしくは外国で産まれて飼育された経験があったとしても、日本での飼育期間が3か月以上あって一番長ければ国産牛と表記されます。 国産牛は主に乳牛であるホルスタインの雄牛や廃乳した雌牛、そしてホルスタインと肉用牛を掛け合わせたF1と呼ばれる交雑種などが殆どです。 とっても貴重な黒毛和種 このように、和牛と国産牛は区別されます。 そして、実際に流通している国産牛のうち、「和牛」と呼べるものは半数にも満たないのです。 さらに言えば、 「和牛」のなかでももっともおいしいとされる黒毛和種は、全体の流通量の15%ほどしかありません。 このことからも黒毛和種がいかに貴重であるかがわかります。

次の

黒毛和牛焼肉 うしくろ 菊川店

黒毛 和牛

1日の締めくくりは、上質な肉とお好みのお酒を。 "最高の料理"を"最高の空間"で楽しんでください。 ご来店、ご注文の際は事前にお電話にてご確認くださいますようお願い致します。 詳しくはメニューページをご覧ください。 コース料理はお客様のご要望に合わせてご用意させていただくことも可能です。 また、お肉の切り方 塊肉・厚切り・薄切り やご希望のワインもできるだけお取り寄せ致します。 ご予約の際、お申し付けください。 ワインのご指定を頂く場合、お取り寄せをさせて頂くため1週間前までのご連絡をお願い致します。 席・設備 総席数• 50席 宴会最大人数• 40名様(着席時) 貸切可能人数• 30名様 ~40名様• 店舗へお問い合わせください 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )• Wi-Fi使えます( 無料接続可 ) 化粧室• 様式:• 洋式(温水洗浄便座)• 男女別:• 男性用1個• 女性用1個• 女性向けアメニティ:• マウスウォッシュ• 爪楊枝• 衣類の消臭スプレー• あぶらとり紙• コットン• 生理用品• 男性向けアメニティ:• 爪楊枝• 衣類の消臭スプレー• 設備・備品:• ハンドソープ• ペーパータオル その他の設備・サービス• 日曜営業あり.

次の

黒毛和牛 天正 黒毛和牛専門店

黒毛 和牛

画像出典: 一口に国産和牛と言っても、実は4種類に分かれます。 和牛の種類は日本独自 和牛には4種類あり、「」「」「」「」に分類されます。 このうちの「黒毛和種」と呼ばれるものが、一般的に「黒毛和牛」と呼ばれる牛になります。 黒毛和種の飼育数は和牛の90%を占めており、「和牛」のほとんどは黒毛和牛なのです。 和牛の定義 2007年3月26日に発表された農林水産省ガイドラインでは以下になります。 参照元:(農林水産省HP) 牛肉のブランド名 日本各地の高級な銘柄として知られているお肉のほとんどは、黒毛和牛です。 例えば、三大黒毛和牛の三重県の松阪牛や兵庫県の神戸牛、滋賀県の近江牛などは全て黒毛和牛です。 その他、日本各地にて高品質な黒毛和牛が飼育されており、主にその土地の名前がつけられます。 同じ黒毛和牛でありながらも、ブランドによって種類が分類されるのです。 しかしそれらは「ブランド名」であって、牛の種類を表す名前ではありません。 あくまでも「黒毛和種」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」が牛の種類となります。 産地ごとに気候や飼育法、餌の成分が異なるため、同じ黒毛和牛でも肉質に違いが出てきます。 一定の基準を満たし、各推進団体で認められると商標登録し、銘柄を名乗るようになります。 商標登録をするため、基準を満たさない牛や後に登録した牛は同じ銘柄を名乗ることができません。 ブランド名に力があるのは、長く飼育されてきた歴史だけでなく、信頼できる背景があるためです。 黒毛和牛とは 国産和牛のほぼを占める黒毛和牛とはどんな牛なのか。 黒毛和牛の誕生 1900年頃から在来種を海外の牛と交配させて品種改良がおこなわれていました。 しかし地域によって交配させる牛の品種も、育った牛の体格などもバラバラでした。 後に中国和牛研究会にて、和牛の統一が進められてゆき、1944年に黒毛和種(黒毛和牛)の名が誕生しました。 黒毛和牛の元、但馬牛について ブランド牛と呼ばれる黒毛和牛の素牛は「但馬牛」とされています。 肉質の良い但馬牛は兵庫県の但馬地方を産地とし、古来から牛を育ててきた地方です。 各産地にて但馬牛と他の牛を掛け合わせ、独自の黒毛和牛を生み出しています。 品種改良の際に但馬牛の血統を掛け合わせることで、ブランド牛が生まれる例も多々あります。 現在、日本全国のうち85%の黒毛和牛は、但馬牛の血を引き継いでいると言われています。 黒毛和牛はなぜどの種類も高級なのか? 黒毛和牛は一般的には価格が高く、高価な食用肉として世間に流通しています。 その理由は、黒毛和牛は他の牛よりも手間かけて育てるため、経費がかかる家畜だからです。 また、大量生産が難しく、希少価値があることからも価格が高騰しやすくなっています。 風味が良く、きめ細かな柔らかい肉質は世界からも注目されるほどの高い品質を誇っています。

次の