約束のネバーランド144。 約束のネバーランド ネタバレ最新144話の感想「目的」

最新ネタバレ『約束のネバーランド』144

約束のネバーランド144

2019年7月29日(月)発売 週刊少年ジャンプ35号掲載 144話 ドンとギルダは邪血であるソンジュとムジカに対峙するした。 しかし、その裏では、ノーマンの命令を受けた特殊部隊がソンジュとムジカの抹殺を狙っていたのであった!! だがソンジュとムジカは前もって、自分たちに何者かが近づいてきていることは3日前あたりからわかっていたのであった。 逆に特殊部隊のバックをとってみせるソンジュ、さらにノーマンの手のものたちをすばやい動きであっという間に次々とねむらせるムジカ。 完全に形勢逆転、ノーマンのもくろみは失敗したかに見えた。。。 そこにラムダのイレギュラーたちがソンジュを取り囲む!! しかしラムダのイレギュラーたちは速攻苦しみ出した。 発作である。。。 ラムダたちを救うためにも、ノーマンの部隊は全員、ソンジュとムジカに降参することにした。 捕縛されるノーマンの部隊。 ドンとギルダはソンジュとムジカに今までのことを説明する。 ノーマンはドンとギルダ最初からだましていたのであった。 涙するギルダ。。。 ノーマンをとめなければ。。。 ギルダはあらためてソンジュとムジカに協力を要請するのであった。 一方、エマたち一行は、ノーマンがソンジュとムジカだけでなく、今度の作戦で鬼たちをすべて根絶やしにしようとしてるのを知ってしまう。。。 「約束のネバーランド」144話の感想 「約束のネバーランド」144話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 ノーマンに頼まれソンジュとムジカを探していたドンとギルダがやっと二人に遭遇しますがそこにはノーマンからの追手が付いてきていました。 正直ノーマンが非情になるのも分かるのですが。 エマやレイと離れてから経験してきたことの違いから仕方がないのだとも思うのですが。 計画を見直すことができなかったのかなとやはり思ってしまいます。 ラムダ農園で作られたイレギュラーな人間たちは発作を起こすこともあるのでノーマンの鬼を一掃する計画は難しいものな気がしてきました。 ギルダが泣いてムジカに助けてほしいというのも分かるなあと思いました。 今週はこのシーンの涙が一番気持ちの伝わる場面でした。 ようやく王との約束を結び直して戻ってきたエマが登場してきたので、ここからはまた別の展開に話が進むとは思うのですが全面戦争の末にノーマンだけはもしかしたら今度こそ亡くなってしまうのかなと考えさせられました。 漫画「約束のネバーランド」144話を無料で読む方法 「約束のネバーランド」144話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「約束のネバーランド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の

漫画『約束のネバーランド』17巻ネタバレや感想など|鬼の社会の腐敗と貴族同士のしがらみ

約束のネバーランド144

スポンサードリンク ジンの決断 ジンの背後をとったソンジュ。 退け、今退けば許してやる。 ジン…! ジンの危機に声をあげたハヤトだったが、隙を突きアイシェがジンを取り押さえる。 次々と倒れるアダムに似た戦士たち。 大丈夫、殺してはいないわ。 少し眠ってもらっただけよ。 ムジカが言うと、ドンは驚いた。 最初の一瞬でソンジュはアダムに似た戦士たちを倒したのだ。 もう一度言う。 ここで退け。 ジンは考えた。 退けるものか。 この命令、俺たちの任務、全食用児の未来がかかっている。 そうですよね、ボス!! 命を落としても退くわけにはいかないと決断したジンは、ソンジュの武器を握り、アダムに似た戦士たちに向かって叫んだ。 立て!俺ごとでいい、こいつらを殺せ!! アイシェが鬼の言葉でソンジュに向かって叫ぶ。 気をつけろ!!そいつらはラムダのイレギュラーだ!! ジンの呼びかけに起き上がった戦士たちがソンジュに向かってくる。 素手で木をへし折る戦士。 殺せとジンが叫ぶ。 何だろうが構やしねえがよ ムジカに傷の一つでもつけてみろ お前ら全員肉団子にしてやる ソンジュが言った矢先、突然兵士たちが叫び武器を落とし苦しみだした。 次々に倒れる戦士たち。 何が起こったのかわからないソンジュ。 発作… 何で…こんな早く… ジンとハヤトは状況を把握した。 戦士たちはラムダの発作が起き苦しみだしたのだ。 スポンサードリンク 悲痛な思い ハヤト達は縄で縛られ事態は収拾した。 それで…何があったの?とギルダ達に聞くムジカ。 ギルダは事情をムジカ達に話す。 話しながらギルダは気付いてしまった。 ああ、でもそうか ノーマン本当に…殺す気だったんだ 旅の途中でアイシェに言われた言葉を思い出す。 「あのボスを甘く見ないほうがいい。 あんたらじゃないなら必ず他に刺客はいる」 刺客はハヤト達だった。 引き入れられるなら引き入れたい エマの帰りが間に合わず、僕が王・貴族を殺しつくしてしまったら、ソンジュとムジカに頼るほかない。 見つけだして保護してほしい。 ノーマンがドンとギルダに言ったこれらの言葉は 全部嘘だった。 ノーマンにとって最初から鬼は全滅させる以外なくて、エマを待つ気も更々になくて… ギルダは溢れる涙を抑える事が出来なかった。 ごめん…ごめんなさい… 私は二人を殺そうとしたノーマンの妹で、こんな事二人に頼めた義理じゃないんだけど、このままじゃ取り返しがつかない。 ノーマンも、周りの人たちもみんな…戦争が起こる、鬼を虐殺する、エマが戻っても…そんなの嫌だ。 ギルダはムジカの手を握り、涙をポロポロこぼしながら、 助けて…と言った。 私はノーマンを止めたい。 お願いします。 私たちを助けてください。 スポンサードリンク 交わされた約束 今は2047年11月7日、俺が戻って3時間後、ノーマン達は王都へ、ドンとギルダはムジカ達を探しに外へ、絶滅作戦は順調に進行中。 お前が知りたい情報は以上だ。 レイが現在の状況を話す。 それで?約束は結べたのか? レイが話す相手、 それは何とエマだった。 あっちの世界から戻ってきたエマ。 エマは約束を結べたと話した。 みんな逃げられる。 誰も殺さず、追われることもなく人間の世界へ!! エマの言葉に安堵し声をあげて喜ぶ仲間達。 レイはエマにご褒美のことを聞く。 エマは、 大丈夫だったよと笑顔で答え、後で話すとレイに言った。 レイは何か引っかかる感じがしたが、後でたっぷり聞くと言い、それよりも自分達もすぐに発つぞとエマに言った。 トーマとラニがヤバいものを見つけたと話すレイ。 ノーマン…あいつ 今回の作戦で王・貴族を殺すだけじゃない。 王都の鬼全てを殺し尽くすつもりだ。 決戦の地へ わかったわギルダ 私達も王都へ向かいましょう。 ギルダの手を握り返しながら話すムジカ。 ギルダはムジカ達が王達に追われている事を心配するが、ムジカはギルダの心配をよそにソンジュに王都へ行ってもいいわよね?と聞く。 私も戦争を止めたい。 それに何より私達友達でしょ。 ムジカの言葉に胸がいっぱいで何も言えなくなるギルダ。 ソンジュも王都に行く事を承諾した。 ムジカ達とエマ達、それぞれがノーマンのいる王都へ向かう。 スポンサードリンク エマに要求したご褒美とは? XXXがエマに対し、自分へのご褒美は、君のー。 この先は今回語られる事はありませんでしたが、エマの驚愕した表情からして、 意外なものを要求されたのではないかと思います。 エマの脳が美味しそうだと言っていたXXX。 脳を要求することもあり得なくはないですが、そうなってしまってはエマはこの作品から退場となってしまいます。 だとすると、 君のーーの先に続いた言葉はなんだったのか。 君の大事な人を差し出すなどもあり得ますが、 前回の約束の時は鬼と人間の双方にいい思いもさせるがそれなりの代償も与えた約束でした。 エマの望みは 鬼から食事を奪うようなもの。 その望みに値する代償と言う名のご褒美は、 エマにとってとても辛く伸し掛かるようなものと考えます。 ドンとギルダの方も気になる展開となっていますが、エマに告げられたご褒美の方が私はすごく気になります。 スポンサードリンク 約束のネバーランド144話ネタバレまとめ XXXに望みを伝えたエマは、 XXXにご褒美を要求される。 一方、ソンジュとムジカを探していたドンとギルダ達は、遂に ムジカ達と再会する。 だが、ノーマンから 邪血の抹殺を命令されていたハヤトは、ドン達に気づかれないように発信機のボタンを押し、 ジン達に居場所を教えてしまうのだった。 再会を懐かしむドンとギルダ達の周りをあっという間に取り囲むジン達。 だが、取り囲んだはずの ソンジュが一瞬の内にジンの背後に回り込むのだった。 果たして、エマはXXXから一体何を要求されたのでしょうか? ソンジュとハヤト達は争う事になってしまうのか? 次回も見逃せない展開が続きます! 次回の『約束のネバーランド』第145話を楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

約束のネバーランド第144話【約ネバ通信VOL.44】|maesaqu|note

約束のネバーランド144

約束のネバーランド【144話】の最新話ネタバレ!! ジン対ソンジュ ソンジュはジンの背後をとり、ジンに刃物を向けながら言います。 ソンジュ「帰れ。 今すぐ去れば許してやる」 駆け寄ろうとするラムダの大型食用児達は、目に見えないスピードのソンジュに倒されてしまいます。 ソンジュはもう一度、ジンに去るように言います。 邪血を殺すこの命令に、全食用児の未来がかかっている。 ジンは戻るわけにはいかないと意を決します。 優しいムジカ 倒れていた大型食用児達が再び動き出しますが、発作で苦しみ始めます。 ジンとハヤトはその発作になれている様子。 ただ、通常よりも発作が早く来たよう。 ムジカが苦しむ食用児に近寄ります。 ムジカはソンジュ、ドン、ギルダに薬草を持ってくるよう指示を出します。 食用児を救おうとするその姿に、ハヤトの心が動きます。 その発作には薬が必要であることをムジカ達に伝え、ジンに薬をムジカ達に渡し降参するよう促します。 苦渋の選択ですが、ジンはハヤトに促された通りに行動します。 ジン、ハヤト、ラマダの食用児達は縄で捕らえられました。 ムジカはギルダ達に何があったのか尋ねます。 ギルダはノーマンが鬼の全滅を図っていること、王都へ攻撃に向かったこと等を伝えます。 話しながら、ノーマンがムジカ達を保護するつもりは全くなかったことを痛感します。 ギルダ「助けて…ノーマンを止めたい。 食用児を助けて下さい」 泣きながらムジカに助けを求めます。 エマが戻って来た! 一方、エマがレイ達の元へ戻って来ました。 約束を結んで来れたのか、レイがエマに尋ねます。 エマ「結んで来た!全員逃げられる。 誰も死なず、追われず、人間の世界へ!」 それを聞き、子どもたちは大喜びです。 後で話すよ」と答えます。 話は逸れ、ノーマンが王都に住む鬼達を全滅させようと乗り込んでいることを知ります。 ノーマンを止めるため、エマ達、ソンジュとムジカ、ギルダ達、全員が王都へ向かいます。 ジン達は降参するしか為すすべなしでした。 一方、エマの代償が何かはまだ明かされず…。 全員が王都に向かう流れになり、今後の展開から益々目が離せません! 次回が楽しみです! まとめ 約束のネバーランド【144話】のネタバレ|最新話「助けて」の感想も!をご紹介いたしましたがいかがでししたでしょうか? 少し前までは 【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

次の