ウロキナーゼ 膿胸。 血栓溶解薬とは?血栓を溶かす強力な薬 : t

膿胸に対する胸腔ドレナージ/線維素溶解療法 : 呼吸器内科医

ウロキナーゼ 膿胸

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、蕁麻疹、倦怠感、発疹、出血傾向、血尿、歯肉出血、AST上昇、ALT上昇、悪心、嘔吐 起こる可能性のある重大な副作用 出血性脳梗塞、重篤な出血、出血性ショック、ショック、血圧低下、呼吸困難、胸内苦悶、脈拍異常、発汗、消化管出血、脳出血 上記以外の副作用 食欲不振、発熱、悪寒、頭痛 ウロナーゼ静注用6万単位の用法・用量• 本剤を10mLの日本薬局方 生理食塩液に用時溶解し、静脈内に注射する• なお、日本薬局方 生理食塩液又は日本薬局方 ブドウ糖注射液に混じて点滴注射することが望ましい• 血栓・閉塞性疾患:1.脳血栓症:1日1回60000単位を約7日間投与する• 2.末梢動・静脈閉塞症:初期1日量60000~240000単位、以後は漸減し約7日間投与する ウロナーゼ静注用6万単位の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 後腹膜出血• 止血処置が困難• 重篤な意識障害• 頭蓋内出血• 動脈瘤• 脳塞栓• 出血性脳梗塞を起こしやすい脳塞栓• 2カ月以内に脊髄手術• 2カ月以内に脊髄損傷• 2カ月以内に頭蓋内手術• 2カ月以内に頭蓋内損傷• デフィブロチドナトリウム投与中• 感染性心内膜炎• 心房細動• 陳旧性心筋梗塞• 人工弁使用• 僧帽弁狭窄症• 治療困難な凝固能低下状態• 活動性結核• 過敏症• 凝固因子欠乏症• 月経期間中• 血小板減少症• 重症高血圧症• 重篤な肝障害• 重篤な腎障害• 外科的処置時• 出血性眼疾患• 消化管潰瘍• 消化管出血• 大腸炎• 糖尿病性出血性網膜症• 尿路出血• 分娩直後• 流早産• 肝生検時• 消化管憩室炎• 腎生検時• 血液凝固阻止作用を有する薬剤投与中• 血小板凝集抑制作用を有する薬剤投与中• 血栓溶解剤投与中• ゼラチン含有製剤に対して過敏症• ゼラチン含有の食品に対して過敏症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜 ウロナーゼ静注用6万単位の注意が必要な飲み合わせ.

次の

胸膜癒着術の看護|施術方法や副作用、看護問題、看護計画

ウロキナーゼ 膿胸

こんにちは。 集中治療室で勤務している看護師です。 胸腔ドレーンの操作や注入薬剤についてはそれぞれの処置について介助を実施したり、実施後の患者さんを受け持つことがあるので違いを確認していきましょう。 ウロキナーゼについて知識を深める ウロキナーゼは、フィブリンによって線維化した部分を溶解する効果があります。 主に、血栓による閉塞(脳梗塞や心筋梗塞)の早期の治療に使用されることがあります。 しかし、線維化(血栓)を溶解してしまうため、その後の出血のコントロールが難しく、出血傾向にある患者さんや明らかに溶解後に出血を来す可能性が高い場合には使用を検討する必要があります。 膿胸がある場合、なぜウロキナーゼを使用するのか? 急性膿胸や肺炎随伴性胸水に対する治療の基本は、適切な抗生剤の投与と膿性胸水の早期胸腔ドレナージが重要です。 しかし、時期を逸すると胸腔内が多房化する線維素膿性期に移行します。 こうなるとドレナージのみでは治癒は困難です。 理由としては、線維化することで胸水が線維層によって多房化するからです。 その結果、ドレナージだけではすべての嚢胞の胸水をドレナージできなくなります。 この場合には、線維素溶解療法といってウロキナーゼを胸腔ドレーンから投与することで線維化し、多房化した部分を溶解し単房化することにより、胸水の排液を促します。 このため厳密には胸膜を溶解するわけではありません。 ウロキナーゼを胸腔内に投与した後の注意点とは? 一番注意しないといけないのが出血です。 通常の膿胸の場合での使用例では出血した事例は確認できませんでしたが、肺切除後の膿胸の場合は、十分に出血を起こす可能性があります。 出血を来した場合は、すぐに医師に報告しましょう。 また、ウロキナーゼを投与しても排出される胸水量が増量しない場合は、1~3クール程度実施することがあります。 方法は他のピシバニール等を投与する方法と同じですので、胸膜癒着術を詳しく記載した過去のコラムを参照してください。 外科的処置が必要となるケースや膿胸の再燃をするケースがあることも理解しておく必要があります。 おわりに.

次の

医療用医薬品 : ウロナーゼ

ウロキナーゼ 膿胸

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、蕁麻疹、倦怠感、発疹、出血傾向、血尿、歯肉出血、AST上昇、ALT上昇、悪心、嘔吐 起こる可能性のある重大な副作用 出血性脳梗塞、重篤な出血、出血性ショック、ショック、血圧低下、呼吸困難、胸内苦悶、脈拍異常、発汗、消化管出血、脳出血 上記以外の副作用 食欲不振、発熱、悪寒、頭痛 ウロナーゼ静注用6万単位の用法・用量• 本剤を10mLの日本薬局方 生理食塩液に用時溶解し、静脈内に注射する• なお、日本薬局方 生理食塩液又は日本薬局方 ブドウ糖注射液に混じて点滴注射することが望ましい• 血栓・閉塞性疾患:1.脳血栓症:1日1回60000単位を約7日間投与する• 2.末梢動・静脈閉塞症:初期1日量60000~240000単位、以後は漸減し約7日間投与する ウロナーゼ静注用6万単位の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 後腹膜出血• 止血処置が困難• 重篤な意識障害• 頭蓋内出血• 動脈瘤• 脳塞栓• 出血性脳梗塞を起こしやすい脳塞栓• 2カ月以内に脊髄手術• 2カ月以内に脊髄損傷• 2カ月以内に頭蓋内手術• 2カ月以内に頭蓋内損傷• デフィブロチドナトリウム投与中• 感染性心内膜炎• 心房細動• 陳旧性心筋梗塞• 人工弁使用• 僧帽弁狭窄症• 治療困難な凝固能低下状態• 活動性結核• 過敏症• 凝固因子欠乏症• 月経期間中• 血小板減少症• 重症高血圧症• 重篤な肝障害• 重篤な腎障害• 外科的処置時• 出血性眼疾患• 消化管潰瘍• 消化管出血• 大腸炎• 糖尿病性出血性網膜症• 尿路出血• 分娩直後• 流早産• 肝生検時• 消化管憩室炎• 腎生検時• 血液凝固阻止作用を有する薬剤投与中• 血小板凝集抑制作用を有する薬剤投与中• 血栓溶解剤投与中• ゼラチン含有製剤に対して過敏症• ゼラチン含有の食品に対して過敏症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜 ウロナーゼ静注用6万単位の注意が必要な飲み合わせ.

次の