ハング アウト ミート 背景。 Google Meet 【バーチャル背景】画像を設定する全手順 紹介

Googleのビデオ通話『ハングアウトMeet』を使う方法と手順

ハング アウト ミート 背景

CamTwistを起動すると、このアプリの出力をシステムがカメラ出力として認識する仕組みです。 ChatworkやGoogleハングアウトでカメラをCamTwistに切り替えるとこのアプリで設定した内容がビデオ会議の相手に見えるようになるわけです。 まず、設定画面の左端のVideo SourcesでSlide Showをクリックし下のSelectボタンを押します。 SlideShowは画面の背景に設定する画像を表示するものです。 右端のSettingsにファイル選択が現れるので、ここに画像をドロップします。 バーチャル背景なんで宇宙でも自然でもなんでもいいのですが、会議なので現代的なオフィスの画像をネットで拾って入れてみます。 解像度は適当でも合わせてくれるみたいです。 続いて、再びVideo Sourcesで今度はWebcamを選択しPIPボタンを押します。 PIPというのはPicture In Pictureの略だと思いますが、さっきのSlide Showの上にWebcamの画像を乗せる機能です。 PIPは設定項目が沢山あって、乗せる画像の位置やサイズ、傾きなんかが変えられます。 そして重要なのはChroma Keyというチェックボックスです。 ここをチェックするとその下にあるボックスで設定した色が透明になって、背景が透けて見えるようになります。 こんな風な感じです。 なんとなくオフィスに居るっぽい感じにできました。 背景とライティングがあってないし、後ろにいる人たちは全然動かないのでヘンですが、家の中のゴチャゴチャが写るよりはマシでしょう。 スライドショーで複数の画像を設定すると指定した秒数で切り替わります。 こちらは奥に人がいない分リアルかもしれません。 クロマキーの設定はグリーンバックの光の当たり具合や来ている服で変わるので、都度細かい設定が必要です。 面倒ですね。 グリーンバックを貼ったり、設定したり用意に時間がかかります。 ChatworkやGoogleハングアウトにAIのバーチャル背景がサポートされればいいのに。 さて、この状態まで設定してからChatworkやGoogleハングアウトを立ち上げます。 CamTwistを先に立ち上げることが重要です。 ちなみにMac標準のFacetimeはなんとFacetimeカメラしか認識しないのでCamTwistは使えません。 PhotoBoothも使えないです。 CamTwistはZoomのバーチャル背景に手軽さでは負けますが、機能が豊富なのでいろんな効果が付けられます。 例えば、マトリックス風とか… 社内ミーティングなら遊んでみるのも良いかもしれませんね。

次の

ハングアウトの録画方法!無料オンラインスクリーンレコーダー

ハング アウト ミート 背景

ビデオ通話アプリ・ツールを使用してオンラインで会議などを行う機会が多くなっていますが、特に自宅からビデオ通話を行う際に気を使うのが背景です。 つまり部屋が片付いているかどうかではないでしょうか。 背景って意外に気になるもので、掃除をしてぐちゃぐちゃな状態でなくても、どんな物が置いてあるのかなどを他人に知られるのが嫌だという方も多いと思います。 そのような時に役立つのが バーチャル背景です。 バーチャル背景というのは実際には存在していない仮想の背景のことで、カメラで映している人物(自分)以外の部分(背景)を全く別の部屋の画像や風景などに変更できるというものです。 以前までであればバーチャル背景を使用するには、緑色の布などを自分の背景部分に用意し、その緑色の部分を別の画像等に合成する「クロマキー合成」と呼ばれる技術を使う必要がありました。 しかし現在では人とそれ以外を機会が自動的に判断してくれるようになったため、わざわざ緑色の背景を用意することなくバーチャル背景に変更することができます。 Zoom というビデオ通話ツールでは、バーチャル背景が簡単にできることで知名度を上げました。 ツールにこだわりのない人であれば Zoom を使用すれば良いでしょうが、Zoom はセキュリティ上の脆弱性が指摘されたり、また50万人以上の Zoom アカウントが販売されていることが見つかるなど不安材料が多いのも事実。 Zoom の使用を禁止する企業や行政等も多くなっています。 Google のハングアウトや Meet でバーチャル背景を使用する手順 バーチャル背景が利用できるのは Zoom だけではありません。 Google ハングアウトや Google Meet のような、ツール自体に機能が付いていないものでもバーチャル背景にすることが可能です! このページではテキスト&図でご紹介していますが、動画でもご紹介していますのでよろしければご覧ください。 スポンサーリンク 1. Snap Camera の設定• ハングアウトや Meet でバーチャル背景を使用するには 『Snap Camera』というツールを別途使用します。 無料で使用可能なのでダウンロードしてみましょう。 Windows でも Mac でも使用可能です。 [ダウンロード]ボタンからダウンロードに関するページに移動し、規約に同意してメールアドレスを入力してダウンロードをします。 Snap Camera をパソコンにインストールしたら起動します。 このような画面が表示されたら[Next]ボタンをクリックし、最後の[Finish]もクリックしましょう。 次に背景にする画像等を選択します。 背景だけでなく自分の顔を変形させたり、動物の耳などを付けたりすることもできるようになっています。 化粧するのが面倒という方にも最適ですね!• もしカメラが繋がっていなければ画面右上の歯車アイコンから設定をしましょう。 画質などの選択もできるようになっています。 背景の選択&カメラの設定ができていれば、バーチャル背景を使用した画面が表示されます。 ハングアウトや Mett で使用する手順 Snap Camera の設定ができたら Google ハングアウトや Meet で使用してみましょう。 ビデオハングアウトの画面右上にある[歯車アイコン]から、カメラ設定の部分(ビデオ)を[Snap Camera]に変更します。 Google Meet の場合も画面右下の[メニューアイコン]>[設定]>[動画]タブ>[カメラ]から変更してください。 するとハングアウトや Google Meet 上でもバーチャル背景が使用できてしまいます。 パソコン起動時に Snap Camera が自動で起動しないようにする Snap Camera の初期設定のままではパソコン起動時に、自動的に Snap Camera が起動してしまうため、頻繁に使用されない方はオフにされておくのが良いと思います。 Snap Camera の設定から「Run Snap Camera on system startup」をオフにすることで、自動で起動しないようになります。

次の

Google Meet 【バーチャル背景】画像を設定する全手順 紹介

ハング アウト ミート 背景

Contents• Gmailの画面の背景を変更してしまう Gmailの画面の背景を変更する方法も2つあります。 Gmailのテーマを入手 Gmailのテーマを入手することによってバーチャル背景もどきになる? 自前の画像をGmailの背景にする Gmailの背景は自前の画像を使っても変えることができる。 デスクトップの背景を変えてしまう 「ハングアウト拡張機能」を入手するとGmailの受信トレイではない画面上にもド~ンと画面が現れる。 そしてなんと!デスクトップの画面にも表示させることができる。 でもってデスクトップの画像は変えられるんです! Gmailのテーマを入手して背景を変更するのと似ているのですが、こちらはパソコン(うちはWindows)の方の設定になります。 やはりテーマを入手したり自前の画像を使ったり出来ます。 Microsoft Store で追加のテーマを入手(無料) Microsoft Store で追加のテーマを入手(無料)すると15枚パックになっていたりするので画面が切り替わって気分転換にもなります。 自前の画像を使って。。。 スライドショーにもできる 自前の画像にすることも出来ます。 好きな画像を集めたフォルダーごと設定すると手持ち画像もスライドショー出来る。 まとめ 新型コロナウイルスの登場ですっかりテレワークやオンライン授業という向きになってきています。 「Googleサービスが全部分かる本」の勉強メモとして書き初めたブログでハングアウト自体はよく解りませんが「背景の模様替えができる」という記事を作ってみました。 ハングアウトは多分お仕事で使うのだと思いますが、これでちょっと楽しい気分になったら良いですね。

次の