通話に応答がありませんでした 表示。 LINE通話中に電話着信やLINE着信があった時表示はどうなる?

【LINE】「通話中のため」は電源切ってる?電話の「通話中」について

通話に応答がありませんでした 表示

「応答なし」「キャンセル」「不在着信」の意味と違い LINEで無料通話をかけてつながらなかった時のトーク上の表示は、「応答なし」「キャンセル」「不在着信」のいずれかになります。 それぞれ、どのようなケースで表示されるのか意味や違いを解説します。 「応答なし」と表示されるケース 自分のトーク上で「応答なし」が表示されるケースは3つあります。 自分がかけた通話を相手が強制的に切った(拒否) 相手が着信に気づいたものの、何らかの事情で 「拒否」をタップしたというような状況です。 この時、相手側(拒否したユーザー)のトーク画面には「キャンセル」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 一定時間が経っても相手が電話に出なかった 相手が着信に気づかなかった、もしくは何らかの事情で 通話に出られなかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「不在着信」と表示され、自分側(通話をかけた側)には「応答なし」と表示されます。 相手が通話中だった場合 3. 相手がブロックしている(自分がブロックされている) 相手が自分をブロックしている状態で通話を発信し続けると、一定時間経過後に発信が終了し、自分のトーク上には「応答なし」と表示されます。 この場合、相手側では通話着信は鳴らず、通知も残りません。 ただし、 「応答なし」が表示されたからといって、必ずしも相手にブロックされているとは限りません。 LINE通話とブロックの関係については、本記事でしています。 左:自分側 右:相手側 「キャンセル」と表示されるケース LINE通話で自分のトーク画面に「キャンセル」が表示されるのは、 自分から電話を切ったとき。 しばらく鳴らしても相手が通話に出ないのでこちらから切った、というような状況です。 相手側のトーク画面には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 「不在着信」と表示されるケース 自分のトーク上で「不在着信」が表示されるケースは2つあります。 相手が通話をかけてきたが、出る前に相手から発信を切った 相手から着信があったものの、何らかの事情で こちら(自分)が出る前に切れたというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「キャンセル」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 2. 相手が通話をかけてきたが、一定時間こちら(自分)が出なかった 相手が通話をかけてしばらく応答を待っていたが、 こちら(自分)が出なかったというような状況です。 この時、相手側のトーク画面には「応答なし」、自分側には「不在着信」と表示されます。 左:自分側 右:相手側 LINE通話の「応答なし」表示とブロックとの関係 LINEで「応答なし」が続いた場合に、自分が通話相手にブロックされているのではないかと不安になる人も多いようです。 結論から言うと、 「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 現在のLINEでは、 無料通話を介してブロックされているかどうかを確認する手段はありません(iOS/Android版問わず)。 ブロックされていてもされていなくても、同じ画面が表示される(右:iOS版LINE/左:Android版LINE) 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、ときのケースと同様、上のような画面が表示されます。 仮に自分が相手にブロックされていても、ブロックされていない状態と同じ画面が表示されるため、ブロックされているかどうかを判別することはできないわけです。 なお、相手にブロックされているかどうかを確認する手段はいくつかあります。 詳細は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

次の

楽天リンクはbluetoothで通話応答が出来ない話。着信転送で対応したら通話料が超かかった!楽天リンクは難しい‥⁉|MNPのコンシェルジュ

通話に応答がありませんでした 表示

関連記事• LINE無料通話を使っていて、 「応答なし」とか「キャンセル」と表示される場合がありますね?これって、相手にブロックされていることと関係があるのでしょうか? 結論から言えば、 LINE無料通話でブロックされているかどうかは確認不可能です。 なぜなら、ブロックされていても、こちらがわからすれば、相手に着信が届いていると思いがちになります。 <自分が相手にブロックされた場合の無料通話>• 自分側• ブロックされてない人と同様にずっと鳴り続ける。 そのため、その人にブロックされているかどうかは確認不可能。 相手側• ブロックした相手から着信があっても、それは通知されない。 だから、その人から着信があったかどうかというのは全くわからない状態。 自分が相手にかけて、ずっと相手が応答なかった場合、自分のトーク履歴に 応答なしと表示される• ブロックされている、されてないに関係なく、自分のトーク履歴には、この場合 応答なしと表示される• 相手が自分をブロックしてない場合には、 不在着信と表示される• 相手が自分をブロックしている場合には、不在着信すら表示されない。 相手からすれば、自分から着信があったということすらわからない。 自分が相手にかけて、相手は通話受け取らずにキャンセルした場合、自分のトーク履歴に 応答なしと表示される• 相手のトーク履歴には キャンセルと表示されている• 相手が自分をブロックしている場合には、そもそも着信があったことすらわからないので、キャンセルとは表示されない• 相手が自分にかけてきて、自分側でその通話を取らなかった場合、相手のトーク履歴に 応答なしと表示される• 自分が相手をブロックしている、してないに関わらず、この場合は相手のトーク履歴に 応答なしと表示される• 自分側のトーク履歴には、 不在着信と表示される• 相手が自分にかけてきて、自分側で相手の着信をキャンセルをした場合、相手のトーク履歴に 応答なしと表示される• 自分のトーク履歴には キャンセルと表示される ちょっとややこしいですが、表示される種類としては• 応答なし• 不在着信• キャンセル の 3種類があるっていうわけですね。 上で紹介したような条件でそれぞれが表示されるようになっているので、ややこしいですが確認してみてください。 何度も言いますが、ブロックされているかどうかを確認するには、LINE無料通話からはできません。 参考 LINE無料通話がつながらない原因 LINE無料通話がうまくいかないとかつながらない原因としては• 相手が通話の着信許可をオフにしている場合• 通話の着信許可がオフになっているため、応答できません。 」と表示されます。 相手がオフにしている場合には、自分が相手にかけても、相手が通話の着信許可をオフにしているかどうかはわかりません。 相手にブロックされている場合• 相手にブロックされている場合には、どんなにこちらからかけても、相手には着信があることすら通知されません。 また、ブロックされているかどうかをLINE無料通話で確認することは不可能なので、かけてもかけてもわかりません。 ネットの接続障害・電波の届かない場所にいるなど• インターネット回線の接続が悪かったり、相手が電波の届かない場所にいる、自分が電波の届かない場所にいる場合には、LINE無料通話をうまく使えないことがあります。 他にもいろいろと条件がありますが、つながらない場合の解決方法はこの記事を参考にしてみてください。

次の

スカイプのコールが来た時の応答の仕方

通話に応答がありませんでした 表示

ビデオ通話をオンにしたい場合は右側の「ビデオカメラマーク」をタップするとオンになります。 反対に「ビデオカメラマーク」を再度タップするとマークに斜線が入りビデオカメラはオフになります。 相手のマイク・カメラのオンオフマークについて 相手がマイクをオフにしている場合は「マイクに斜線が入ったマーク」がアイコン下に表示されます。 また、ビデオカメラがオフになっている場合は下部がアイコン部分になっており、 相手がビデオカメラをオンにすると相手の映像が映ったアイコンに切り替わります。 また、相手のアイコンをタップすると、自分の画面に大きく表示することも可能です。 音声・ビデオカメラモードの切り替え 右上に表示されている「縦に3つの点」をタップすると以下の画像のようなメニューが表示されます。 PCのChatworkに通話が来た場合、チャット欄にメッセージが届きます。 応答したい場合は「Chatwork Liveを開始」をクリックして、上部に表示されるメニュー「ビデオ通話」もしくは「音声通話」を選びましょう。 そうすることで、通話に参加することができます。 ちなみに、通話中に抜け出したい場合は中央に表示される「赤い受話器マーク」をタップすると通話が切れます。 参加者を非表示 PCのChatworkでは通話している相手の(参加者)を非表示にすることが可能です。 その場合、右上に表示される「>」をクリックすると非表示になります。 相手がマイクをオフにしている場合 PCのChatworkではマイクをオフにしている人は上のように表示されます。 騒がしい音声が入っている人のマイクをオフにしたり、発言を求めたい人だけマイクをオンにしたりすることができ ます。 画面共有する方法(PCのブラウザのみ対応) Chatworkは「音声通話」「ビデオ通話」以外にも 「画面共有(ブラウザのみ)」を行うことが可能です。 画面共有するにはまず、チャット欄の「ビデオカメラマーク」をクリック 次に「音声通話」「ビデオ通話」を選びます。 ちなみにどちらで通話しても画面共有は可能です。 通話中の右下に表示されるマークをクリック。 そうすると、どの画面を共有したいのか設定項目が表示されます。 この上の画面の場合は「あなたの全画面」なので、開く場所全てが画面共有されるということです。 この上の画面に関しては「アプリケーションウィンドウ」なので、選択したアプリケーションのみを画面共有するという設定になります。 この上の画面に関しては「Chromeタブ」なので、現在開いているChromeタブのどれかを選び画面共有するということです。 今回は「あなたの全画面」を選びました。 上のタブからメニューを選んだ後は画面共有したいものを選択して、「共有」をクリックしましょう。 共有をタップするとすぐに画面共有が始まります。 ちなみに、画面共有を停止したい場合は下に表示される「画面共有を停止」もしくは右下にある「画面共有マーク」をクリックしましょう。 これで画面共有をオフにすることが可能です。 グループ通話する方法(スマホ) 引用: グループで通話したい場合、通話したいグループチャットを選ぶ。 グループチャットを開いたら、チャット欄上にある「ビデオカメラマーク」をタップ。 ちなみに、Android版は「LIVE」というところをタップ。 グループのメンバーが表示されるので、通話したい人にチェックを入れていき「ビデオ通話」もしくは「音声通話」をタップ。 そうすると、通話が開始されます。 グループのメンバーは下の枠に表示されます。 グループ通話する方法(PC) Safariの場合スピーカーのみ「Mac OSシステム環境設定」を利用しなければ変更できないので注意しましょう。 Fire Fox 引用: Fire Foxに関しては「URL」の部分に「カメラマーク」が表示されるのでそれをクリック。 そうすると「共有するカメラ」「共有するマイク」が表示されるので利用したいデバイスを選択後、「許可する」をクリックで設定完了です。 Chatworkの音声通話の音質・画質はどうなの? 実際に音声・ビデオ通話を利用しましたが、 利用できないほどの音質・画質ではありませんでした。 普通に利用できるという感じです。 音割れすることもなく、動画も固まるということもありませんでした。 ただ、私個人的には音質や画質はやはりSkypeの方が上かと思いました。 しかし、 動作の軽さなどからいって、ビジネスで利用するにはChatworkの方がおすすめです。 音声・ビデオ通話の参加者上限について Chatworkの音声通話・ビデオ通話に参加できる上限は以下の通りです。 グループチャットの メンバーに1人でも有料プラン(ビジネスプラン)がいると通話の上限が最大の14名までになります。 ちなみに、ビデオ通話の14名という最大人数が超えた場合は自動的に音声通話に切り替わるので注意が必要です。 音声通話できない場合の対処法 Chatworkの音声・ビデオ通話ができない場合、動作できる環境にない場合があります。 Chatworkの音声・ビデオ通話が正しく動作する環境は以下の通りです。 0以上 Android アプリのバージョン4. 0以上 使っているブラウザやデバイスは上記の環境にあるか確認してみましょう。 今利用しているブラウザを違うブラウザに変更してみる 今利用しているブラウザで何か問題が起きていて、Chatworkの音声・ビデオ通話ができていない場合があるので、違うブラウザに変更してみましょう。 Macの場合は以下の順番で操作して設定してみてください。 カメラ・マイクのアクセス許可されているか確認する(ブラウザ) ブラウザのChatworkを利用している場合、カメラやマイクが許可されているか確認しましょう。 通話中に右上に「ビデオカメラマーク」が表示されるのでクリック。 すると、許可メニューが表示されるので「ブロックする」にチェックが入っていないか確認しましょう。 もし入っている場合は「許可する」にチェックを入れて「完了」をクリックして設定しましょう。 別途カメラやマイクを用意している場合は抜き差ししてみる パソコンについているカメラやマイクを利用せず、別のものを利用している場合その「カメラ」や「マイク」に原因があるかもしれません。 少し抜けていたりする可能性もあるので、一度抜き差しして確認してみましょう。 パソコンの日付が現在になっているか確認する パソコンの日付が未来や過去になっている場合Chatworkが正しく動作しない可能性があります。 なので、日付が正しいか確認しておきましょう。 日付の確認方法はまず、パソコンの右下にある「日付」をクリック。 大きなカレンダーと時刻が表示されるので「日付と時刻の設定の変更」をクリック。 「日付と時刻の変更」をクリック。 設定画面が表示されるので正しい日付に設定を行い「OK」をクリック。 cookieを削除してみる ブラウザ版のChatworkを利用して音声通話をしている人はブラウザの「cookie」が原因で音声通話が正常にできていないのかもしれません。 そのためにはcookieを綺麗に掃除してあげることが必要です。 「cookieと他のサイトデータ」にチェックを入れて右下の「データを削除」でcookieが削除されます。 Fire Foxの場合 まず、Fire Foxを開き、右上の「横棒3本線」をクリック。 メニューから「オプション」をクリック。 最後に「プライバシーとセキュリティ」をクリックして、「cookieとサイトデータ」の「データを消去」をクリックすればcookieが綺麗に消えます。 今利用しているデバイスとは違うデバイスを利用する Chatworkで音声通話が正しく利用できない場合、別途利用しているマイクやイヤホン・カメラなどが原因ということがあります。 なので、他のデバイスに変更するなどして音声通話が正しく行えるか確認してみましょう。 デバイス設定に関しては「見出し:音声・ビデオ通話のデバイス設定(PCのみ)」にて詳しく解説しています。 機能拡張ツールを無効にしてみる Chatworkのブラウザ版を利用している場合、「Google Chrome」や「Fire Fox」の拡張ツールが原因ということがあります。 Google Chromeの場合 スマホによって操作方法が違う場合があります。 Chatworkのアプリ・スマホを再起動してみる Chatworkの音声通話ができない場合アプリが何らかの原因でバグを起こしている可能性があります。 その場合は一度、アプリを再起動してみましょう。 これで、もう一度Chatworkを開けば再起動されます。 また、 Chatworkアプリの再起動だけでなく、スマホも一度再起動してみることもおすすめします。 そうすることで、音声通話ができない原因が解消する可能性があります。 Chatworkのアプリを再インストールしてみる スマホに入っているChatworkのアプリを一度アンインストールして再インストールしてみましょう。 そうすることで、 Chatworkアプリの何らかのバグが解消して音声通話が行えるようになる可能性があります。 全て試してもダメな場合はお問い合わせする ここまでで紹介した対処法を全て行っても「音声通話が正常にできない」場合はChatworkにお問い合わせしてみましょう。 その場合以下の内容に回答して一緒に送りましょう。 -------------------------------------------------- 【1】不具合の症状 (例:読み込み中という表示が出たまま次の画面に進まない、音声が聞こえない、など) 【2】お試しいただいた項目をご回答ください。 該当症状の画面上(Chatwork Liveの画面)で右クリックして、表示されるメニューから「要素の検証」(もしくは「検証」)を押してデベロッパーツールを選択します。 デベロッパーツール内の「Console」タブが選択されていることを確認します。 Consoleに出力されているログにカーソルを持っていき右クリック、「Save As... 」を選択しログを保存します。 保存したコンソールログの提出をお願いいたします。

次の