腰 振り ダンス の コツ。 腰の振り方がわからない!女子が喜ぶ腰の振り方と最高だったエッチ

本当にタヒチアンダンスが上手くなりたいです。ファラプ(腰をま...

腰 振り ダンス の コツ

ダンススクールのレッスンや、学校の体育祭・文化祭、結婚式の余興など! ダンスが、学校教育の一環になったり、一般にまで浸透してくるようになった一方で、初心者の方の中には、振り付けが覚えられないと悩んでいる人も増えているよう。 ダンサーはなぜあんなにすぐにダンスを覚えられるの? 今回はそんな、ダンスを始めたときに誰もが最初にぶつかる壁。 ダンスを覚えるコツについてお話していきます。 1-1. 1-2. 1-3. 3-1. 3-2. 3-3. 3-4. 4-1. 4-2. 4-3. 振り付けを覚えられない理由 練習はどのくらい必要?脳が振り付けを覚える期間 振りを覚えるのは、普段からダンスをやっている人でも実はなかなか難しいもの。 自分自身も大学から今まで10年ほど趣味レベルでダンスをやっていますが、久しぶりに結婚式の余興でダンスを踊ることになった時。 他にも合間合間に個人練習。 これを2週間くらいで詰め込んで覚えました。 例えば、ダンススクールに通っていると、だいたい週に1回のレッスンになるかと思います。 ですが、そのくらいの練習量だと、振り付けを覚えるのはなかなか困難なのです。 一方、プロのダンサーやアイドルがどのくらいで振りを覚えるかといえば3時間で覚えられるそう!本当に熟練した人になると、このくらいまで振り覚えは良くなっていくようですね。 脳の記憶は薄れていく 人はものを忘れていく生き物。 では、どのくらいのスピードで記憶は薄れていくのでしょうか? 上の図はエビングハウスの忘却曲線と言うもので、人の脳がどのくらいのスピードで物事を忘れていくのかを示したものです。 覚えたものを忘れる時間は、• 20分後に42%• 1日後に67%• 1月後に79% 20分後に、42%です!人ってものすごいスピードで忘れていく生き物なんです。 だから勉強でもスポーツでも『とにかく反復練習が大切』と言われるんですね。 自分もダンスレッスンの代行などで、たまにダンスの振り付けを教える機会があります。 いつも振り付けを覚えてもらうときには、10分で良いから 必ずレッスンをした次の日の朝に、振り付けを1通り踊ること!と言います。 学校に行く前に、仕事に行く前に、少しでも練習をしておくと、覚えは格段に違ってくるんです。 そして記憶は復習をするたびに定着し、忘れづらくなっていきます。 おススメの復習タイミングはこんな感じ。 レッスン中にイメージをつかむ。 全体の流れを覚える。 次の日の朝、必ず1回通す。 2日以内に1回通す。 週に1度は反復練習をする。 人より覚えが悪いな…と感じる人は、レッスンから帰った夜も、もう一度だけ振りを一通り反復練習しましょう。 「一回通す」と書いてある日は、反復練習でなくて構いません。 一回通せればOKです! スピードはゆっくりでも大丈夫。 とにかく、教わった振り付けが一回ちゃんと途切れず思い出せることが大切です。 もう一度言いますがスピードは関係ありません。 できなければスピードを落としましょう!1度通せればOKです。 脳の記憶に思い出させること。 それが大切なんですね。 一方、週に一度の反復練習は、動きを体に刷り込ませるために行います。 脳が記憶を呼び起こす練習と、記憶通りに正確に体を動かす練習を分けると、効率よく振り付けを覚えられるというわけ。 騙されたと思って、一度実践してみてくださいね。 それぞれのジャンルの基本的なステップはマスターした? ダンスにはジャンルがあり、それぞれのジャンルに基本となるステップがあります。 基本的なステップが身についている人とそうでない人では、 言葉で振り付けを記憶することができるか否か、という、明確な違いがあります。 ダンスは基本的なステップと、その応用で成り立つもの。 基本動作の名前を知っている人は、• スクービードゥ• チャールストン というように、短い言葉で振りを記憶することができます。 次はこんな感じの振り!というイメージだけでなく、言葉でも振り付けをつないでいく。 そうすると、覚えは確実に良くなっていくんですね。 基本的なステップをマスターしているか。 動きをわかっているかはもちろんのこと、言葉で記憶ができるという点でも、振り覚えに大きな差が出出てくるんです。 そんなの難しくて覚えられないよ!という人は、技の名前でなくても、自分なりの言葉で表現して置き換えてみてください。 この辺りは後半でも詳しく解説していきますね。 覚えられなくても仕方がないケース ダンススクールの初級は初級ではないし過ぎる振り付け ダンスは自分に合ったレベルで始めることがとても大切です。 それは、始めたばかりの頃は自分の踊っているダンスが簡単な振り付けなのか、難しい振り付けなのかがわからないから。 最初から、難しい振り付けをやっていることに気づかずに、「あぁ、ダンスってこんなに難しいんだ…自分には無理だ。 」なんて挫折してしまった人も、中にはいるのではないでしょうか。 ダンススクールに通っている方はこの点、特に混乱するかもしれません。 未経験者の方は、スクールでクラスを選ぶ時、初級者クラスを選ぶと思います。 ですが、ダンススクールで言う所の初級クラスというのはスクールによってレベルが全然異なります。 同じ初級クラスといっても、未経験者から見た初級クラスで設定しているスクールもあれば、ダンス経験者から見た初級クラスで設定しているところもある。 もしも、ダンススクールのレッスンの振り付けが覚えられないのであれば、もしかすると選んだクラスのレベルが高すぎるのかもしれません。 スクールのレベルで悩んでいるのであれば以下の点に注意します。 初級クラスでなく入門クラスを選ぶ• リズムトレーニングクラスがあるか調べる 初級クラスは、ダンススクールによっては本当にレベルが高いところがあります。 それより低いクラスに入門クラスというものがあるので探してみましょう。 スクールによって名前が変わることもありますが、基本的には入門クラス、または、さらにわかりやすく、超入門クラス、とか、未経験者クラス、といったレベルでクラス分けをしているところもあります。 リズムトレーニングクラスとは、特にジャンルを決めずに、まずはダンスのリズム取りから学ぶクラスです。 このリズムトレーニングが、一番の基礎です。 入門クラスとか、未経験者クラスよりも基礎の、本当にリズムに乗って体を動かす練習をするクラスですね。 初心者も受け入れているスクールでは、このリズムトレーニングというクラスを設置しているところがかなりあります。 これは、曲調と振り付けがなかなか結び付かないため。 また、リズムを外れた振り付けがある場合も初心者が踊るには適さない。 むしろ経験者でも苦戦するレベルです。 この場合は、覚えられないのを攻めるほうがナンセンス。 ダンスの多くは曲でなく、ビートが基本的なリズムになってきます。 どういうことかと言えば、ボーカルの歌うメロディーではなく、裏にある、ドラム、パーカッションの音がメインになるということ。 振り付けを覚えるときには、メロディーに合わせてリズムをとっているのか、ドラム、パーカッションなどのビートでリズムをとっているのかを、分ける必要があります。 このあたりの覚え方は少し難しい…、なので、ピンとこない方はスルーしてOKです。 後半の覚え方のコツの部分で克服していきましょう。 ただ、この、音楽やビートに合わせて踊れるようになってくると、音と体がシンクロして、とても楽しく踊れるようになってきます。 これは忘れないでくださいね? まずは、ダンスの振り付けを覚える基本的な方法と順序を理解しよう ダンススクールに行くと、レッスンの構成は大抵決まっています。 今回のレッスンのテーマとなる基本動作・技を1つ2つ教える• 基本動作・技を反復練習する• 基本動作・技の応用に触れる• 基本動作・技を取り入れた振り付け(30秒程度)を教える• 振り付けをカウントで踊る• 振り付けを曲で踊る という流れです。 そして、ダンスを教えるポイントはこんな感じ。 まず、足の動きから覚え、それに合わせて上半身を振り付ける• 振りを1部、2部、3部というように分割し、各部の振りを1つずつ練習する• 1つの部について、さらに細かく振りの説明をし、基本動作を使っている箇所をわかるようにする 自分一人で振り付けを覚えようとする場合は、どれが基本動作なのかわからないと思いますが、基本的な流れは一緒です。 つまずきやすいポイント いつも同じところでつまずいてしまう人には、いくつかのパターンがあります。 次の振り付けが思い出せない• そもそも振り付けが間違っているせいでタイミングが遅れている• 予備動作の時間を作っていない• 視界が邪魔をしているかも? 次の振り付けが思い出せない 次の振り付けが思い出せない場合は、振り付けを細かく区切り過ぎていることがあります。 振り付けの区切りを広くして、つまずくパートまでを一区切りにして覚えてしまいましょう。 そんなに長く覚えられないよ…という方は、後半の、「振り付けを覚えるコツ」をヒントにしてみてください。 そもそも振り付けが間違っているせいでタイミングが遅れている タイミングが遅れてしまう場合は、そもそも振り付けに入るタイミングが間違っている、余計な動作が入ってしまっている場合があります。 その場合、自分ではできているつもりになっていることが多く、なぜ振りが遅れるのか、ただ単に自分が運動神経が悪いからなのか…なんて思いがち。 ビデオに撮って自分の姿を確認してみましょう。 動画に撮影して自分の姿を確認することは、もともとダンスのクオリティを高めるうえでとても大切なことなのですが、今回大事なのは正しい動きを覚えるのではなく、他の人との違うところを見つけること。 特に、どのタイミングで人とずれているのかをよく見て研究してください。 どうしてもできない振り付けは、その振りが難しいからではなく、実は一つ前の振りが間違っているのかも。 あれ、右足を出すタイミングが他の人と違う…?両足着地じゃなくて、片足ずつ着地してる?細かいところから、ボタンのかけ間違いのように振りがずれてしまうのはよくあること。 ズレ始めの、最初の原因を特定しましょう。 予備動作の時間を作っていない 人間は、コンピューターと違って、あるポーズからあるポーズへ一瞬で切り替わることはできません。 その2つの動きをつなぐ動作がかならずあるんですね。 これを予備動作と言いますが、ダンスではこの予備動作が恐ろしく重要です。 ダンスのうまい人は、この予備動作がうまい人といっても過言ではないでしょう。 ボクシングでもパンチをする前は、腕を引いて振りかぶりますよね?アレが、ダンスではステップ一つ一つ、すべての動きにあるのです。 なので、いきなり思い描いたポーズを、音に合わせてバンっと決めることは不可能。 必ず、予備動作をする分動き出しを早くしなければいけないのです。 振り付けの区切りの最後には、次の振り付けへの予備動作までを一区切りとして覚えましょう。 最初は慣れないかもしれませんが、意識することで少しずつ次の振り付けにスムーズに移行することができるようになっていきます。 次の振り付けに入る準備までが一区切りです。 視界が邪魔をしているかも? 振り付けで陥りやすい罠の一つに『視界』というものがあります。 ダンスを踊るときに下を向きながら踊ってしまうダンサーは結構多いのですが、無意識に自分の体の動きを視野で確認していたりするんですね。 それに慣れてしまうと、自分のステップも目で確認しながらでないと怖くて踊れなくなってしまう。 みんなで踊っているとその振り付けが無意識に視野に入るので、それを頼りに踊ってしまっていることもあります。 視界っていうのは結構影響が大きくて、練習する場所わ向きを変えただけでも、振り付けやフォーメーションが大きくブレることも多いんですよね。 振り付けで気を付けたいのは、横を向いたり後ろを向いたりするときに、視界が変わるんだ!というイメージを持つこと。 これは本当に無意識に遅れてしまう原因になっている場合が多く、インストラクターの人でも、なぜ振りが遅れるのか気づけない部分の一つです。 視界のイメージまで、振り付けに入れてしまいましょう。 この振りの時は、こういう視界になる!とイメージします。 むしろ、視界は、ワンテンポ早く意識することで、振りに入るスピードが大きく改善することはあります。 最初は怖いかもしれませんが、失敗してもいいんです。 それより思いっきり踊ること。 ダンスは、大勢の心にぼんやりと残るより、誰か1人のこころに突き刺さるダンスができればいい。 それは振り付けよりも、もっと心、感情、一生懸命さからにじみ出てくる表情だったりするものです。 振り付けを効率よく覚えるコツ 順序、基本を踏まえて、振り付けを覚えるコツを勉強していきましょう。 まずは全体の振り付けをぼんやりと覚える ダンスについていくために、大切なのは、予備動作であることをお話ししました。 ですが、振り付けを細かく区切って、その一つ一つを習得しようとすると、なかなかそこまで気が回りません。 なので初めは、「スキップしてからしゃがんでジャンプ!2歩下がって右ジャブ左ジャブ!」というように、ざっくりとした流れをイメージします。 足の振り付けは間違えないようにしましょう。 そして、それらの振り付けを、予備動作込みで覚えます。 「スキップしてからしゃがんでジャンプ!(次下がるよー!)2歩下がって右ジャブ左ジャブ!」というように、次の振りに接続する合いの手を入れます。 重要なのは、間違えても途中で振りをやめないこと。 間違えても途中から元の振りに戻ってこれること、リカバリーと言いますが、これもダンスでは大切な要素だからです。 一度振りが飛ぶとなかなか戻ってこれない人は、この部分を特に意識しましょう。 また、曲の特徴的な部分と振り付けを紐づけるのも、大切な方法の一つです。 空いた時間にイメトレを 頭で描けないことは、実現することは難しい。 「体が覚えている」っていう感覚はありますが、それはもうダンスが日常っていうくらいでないとなかなか難しいものです。 周りに同じ振り付けを踊っている人がいて、その人を見ながら踊れる状況であれば踊れるかもしれませんが、それでは振り付けを覚えたことにはなりません。 一人で踊れて初めて振り付けを覚えられたということ。 そのステップの一番最初は、頭の中で振り付けを完結できること。 そして次にそれを具現化することが正しい流れになります。 空いた時間に課題の曲を聴きまくり、踊れている自分をイメージしましょう。 もちろん、これだけでは踊れるようにはなりません。 実際に体を動かしてみて、体が動いてくれるようになるまでが、振りを覚える過程で最もツラいところです。 これは、反復練習しかありません。 ですが、頭の中で踊れるようになることが第一ステップ。 これは時間、場所を選ばずできますから、振りが入ったら必ず第一にやらなくてはいけないことですね。 口に出して覚える これは、すでに技術のあるダンサーやインストラクターの人でもよく使う方法。 自分自身が覚えるとき、もしくは、人に教えるときにも便利です。 ダンスを覚えるのは難しくても、カラオケとか、好きな音楽なら覚えられますよね。 まずは言葉で覚えてみるということ。 振り付けに、イメージに合った言葉をつけて覚えます。 例えばこんな動画 これに音をあてると、• 「右ジャンプ キメ まーわーしーて」• 「引ーく 引ーく」• 「まーえ うしろ」• 「交差 回って ちゃーくーち」• 「キック 引いて 123」• 「キック 引いて 123」• 「みーぎ ひーだーり」• 「1 2 3 4」 って具合に覚えていきます。 ちょっと恥ずかしいですけど笑 後半部分は、基本ステップを使っているので、ステップ名に置き換えることもできます。 難しい振り付けの場合は、次の振りに入るための予備動作も言葉にしていきます。 「右ジャンプ キメ まーわーしーて」• 「引ーく 引ーく(前行くよ!)」• 「まーえ うしろ(ためる!)」• 「交差 回って ちゃーくーち(左向いて)」• 「キック 引いて 123(右向いて)」• 「キック 引いて 123(次パドブレ)」• 「みーぎ ひーだーり(最後ボックス!)」• 「1 2 3 4」 (カッコ)内が予備動作、次にこの動き行くよ!を表す掛け声です。 スクールのレッスンだと、この、次何やるよ!の掛け声をインストラクターの先生が声に出して言ってくれますが、自分でやるときは、このように言葉にして、ぶつぶつつぶやきながら練習します。 下の動画は、振り付けをうまく小さい言葉でまとめているのと、次の振りを事前にお知らせしてくれています。 この次の振りのお知らせを、自分の言葉で唱えることが大切なんですね。 まとめ 基本動作を正しい姿勢で行えることが大切!といっても、振りについていけないと楽しくないですよね。 今回の内容を全部やろうと思っても難しいはず。 2つくらい、ピンときたものをピックアップして実践してみましょう!今回、振りを覚えるヒントはすべて詰め込んだつもりです。 その2つがダメだったら、他の方法を試してみる。 大丈夫、できるようになりますよ!努力は必要ですが、あせらずに。 最初の壁は確かに高く見えますが、一度超えてしまえば、ダンスはとても楽しくなってきます。 振り付けは、徐々に「振り入れ」へと変わっていきます。 振り入れ、つまり、体に入っていく。 振りが体に入ると、ダンスに自分の表現をプラスできるようになっていくんです。 これがダンスの醍醐味! ここまでは、ぜひ頑張ってみてほしい…みんな最初は同じところで悩んできた。 だから本気でやれば、きっとたどり着けるはず! ダンスが好きなら諦めないで。 みんなで振り付けを踊り切った、爽快感と達成感は、何物にも代えがたいものですよ。

次の

k

腰 振り ダンス の コツ

他の体位と比べて野性的なスタイルで行うバックは 「男が早くイキやすい」という特徴があります。 四つん這いの女性を後ろから襲うというのは 視覚的にかなり刺激的ですし、 物理的にも腰を振りやすく動きやすいことから、5分と持たない男子が続出しています。 もちろん、最初からバックスタイルで挿入することが少なく、ある程度気持ちも下半身もアツアツになったところでバックに移るからすぐにイッてしまうという側面もありますけどね。 シチュエーション、見た目、体位など色々な要素が重なってバックは長くセックスを楽しみたい男子に厳しい体位となっています。 なのでバックが好きだけどすぐにイッちゃうからもったいない、したくないんだよな〜という人は 「セックスの最初に行う」かもしくは 「セックスをやり尽くした後」のどちらかにバックを持ってきてください。 まだ興奮しきっていない段階でバックをすれば長めに楽しめますし、逆にやり尽くした後ならあとはイクだけなので思い切り腰を振っても後悔が残りません。 ただし、セックスの最初に行う場合、すぐにイッてしまい セックス序盤でチーンとなる可能性もあるので注意です。 危なくなる前にきちんと抜きキスやハグ、オーラルセックスでほとぼりを冷ましたり、体位を変えたりしてなるべく長持ちさせるよう心掛けましょう。 バックは女性が好きな体位ベスト3にも入る、とても人気の体位です。 一度のセックスでは3つ程度の体位を使うのが一般的だと言われていて、バックはどちらかというと最初より中間〜最後に使われることが多い体位ですね。 もちろんどこでバックを持ってくるかは自由ですけどね 笑 さて、バックでの挿入はまず 女性を四つん這いの体勢にすることから始めます。 バックでしようかと声を掛けるのもいいですが、雰囲気を大事にしたい時は、もし仰向けで寝ている場合は体を起こしてあげそのまま腰を持ちくるりと四つん這いの体勢に導きます。 ある程度経験のある女性ならそこでバックだと察するので、腰を上げてくれます。 バックは膣の位置が見やすいですし、例え薄暗く見づらかったとしてもお尻の場所から膣の位置を推測しやすいので挿入は簡単です。 他の体位と比べて膣が広がっていることから、多少急いで挿入してもすんなり入ってくれますが、バックからスタートする場合は他の体位と同じく 亀頭〜竿真ん中〜根元と段階を分けて挿入してあげて下さい。 このホテルはデリヘル呼べる?呼べない? 出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる? 無事根元までおさまったら、奥まで突かず 1cm手前で止めるような感覚でソフトめにスタートして下さい。 なぜならバックは自然と奥まで入ってしまうので、加減をせず突くと女性が痛みを感じてしまうからです。 しかし慣れてしまえば奥も気持ちよくなってくる女性が多いですから、最初はソフトに、中間からは ソフトと奥責めを繰り返すような感じがベストです 慣れてからも奥をずっと責めると痛がるので注意です。 腰の振り方としては、女性のお尻の両外側を持ち、 お尻を手前に引きながらこちらの腰を手前に出す、といった感じで行います。 バックは両膝を付いて腰を振るため、あまり自由に前後に動けません。 なのでお尻をこちらに引き寄せることで勢いをつけるのです。 ソフトにするときはお尻の引きを弱くして自分の力だけでピストンし、奥まで突こうと思ったら引き寄せる力を強くするといった感じですね。 基本のバックはベッドの上で、 女性は四つん這い、 男性は膝立ちで行うものです。 しかしそれ以外の体勢ややり方でも、男性が後ろから挿入してピストンすればそれはバックと言えます。 体位には48手ありますが、基本の体位は正常位や騎乗位、バックなどが基本になっているんですね。 まず同じバックでも、体勢を変えて楽しむことができます。 場所をベッドから壁際に移し、女性と自分両方とも立ちます。 そして 女性には壁に手を付いてもらい、 男側が後ろから挿入してピストンします。 これは体位の中でも有名で 「立ちバック」と呼ばれています。 しかし感覚は基本のバックとは違い、女性の足が広がっていないため締め付けがバツグンに良いです。 早めの人はそのキツキツ加減に、すぐ出てしまうかもしれません。 女性の足を片方持ち上げて腰を振るという方法もあり、こちらはイクためというよりは興奮度を増すためのパフォーマンス的なものですね。 また、今度はベッドに場所を戻してみましょう。 普通のバックから、 片膝を立ててピストンしてみて下さい。 そうするとどうでしょう、前後に自由に動ける!奥を責められるのが好きな女性相手のとき、 ラストスパートのときにおすすめのバック体位です。 他にも色々ありますが、それはまた次の機会に。 女が喜ぶセックステクニック集• 男のためのモテるセックステクニック•

次の

バックでの挿入・腰の振り方

腰 振り ダンス の コツ

他の体位と比べて野性的なスタイルで行うバックは 「男が早くイキやすい」という特徴があります。 四つん這いの女性を後ろから襲うというのは 視覚的にかなり刺激的ですし、 物理的にも腰を振りやすく動きやすいことから、5分と持たない男子が続出しています。 もちろん、最初からバックスタイルで挿入することが少なく、ある程度気持ちも下半身もアツアツになったところでバックに移るからすぐにイッてしまうという側面もありますけどね。 シチュエーション、見た目、体位など色々な要素が重なってバックは長くセックスを楽しみたい男子に厳しい体位となっています。 なのでバックが好きだけどすぐにイッちゃうからもったいない、したくないんだよな〜という人は 「セックスの最初に行う」かもしくは 「セックスをやり尽くした後」のどちらかにバックを持ってきてください。 まだ興奮しきっていない段階でバックをすれば長めに楽しめますし、逆にやり尽くした後ならあとはイクだけなので思い切り腰を振っても後悔が残りません。 ただし、セックスの最初に行う場合、すぐにイッてしまい セックス序盤でチーンとなる可能性もあるので注意です。 危なくなる前にきちんと抜きキスやハグ、オーラルセックスでほとぼりを冷ましたり、体位を変えたりしてなるべく長持ちさせるよう心掛けましょう。 バックは女性が好きな体位ベスト3にも入る、とても人気の体位です。 一度のセックスでは3つ程度の体位を使うのが一般的だと言われていて、バックはどちらかというと最初より中間〜最後に使われることが多い体位ですね。 もちろんどこでバックを持ってくるかは自由ですけどね 笑 さて、バックでの挿入はまず 女性を四つん這いの体勢にすることから始めます。 バックでしようかと声を掛けるのもいいですが、雰囲気を大事にしたい時は、もし仰向けで寝ている場合は体を起こしてあげそのまま腰を持ちくるりと四つん這いの体勢に導きます。 ある程度経験のある女性ならそこでバックだと察するので、腰を上げてくれます。 バックは膣の位置が見やすいですし、例え薄暗く見づらかったとしてもお尻の場所から膣の位置を推測しやすいので挿入は簡単です。 他の体位と比べて膣が広がっていることから、多少急いで挿入してもすんなり入ってくれますが、バックからスタートする場合は他の体位と同じく 亀頭〜竿真ん中〜根元と段階を分けて挿入してあげて下さい。 このホテルはデリヘル呼べる?呼べない? 出張や旅行のときに便利なホテルデータベース!お泊りのビジホ・シティホテルはデリヘル呼べる? 無事根元までおさまったら、奥まで突かず 1cm手前で止めるような感覚でソフトめにスタートして下さい。 なぜならバックは自然と奥まで入ってしまうので、加減をせず突くと女性が痛みを感じてしまうからです。 しかし慣れてしまえば奥も気持ちよくなってくる女性が多いですから、最初はソフトに、中間からは ソフトと奥責めを繰り返すような感じがベストです 慣れてからも奥をずっと責めると痛がるので注意です。 腰の振り方としては、女性のお尻の両外側を持ち、 お尻を手前に引きながらこちらの腰を手前に出す、といった感じで行います。 バックは両膝を付いて腰を振るため、あまり自由に前後に動けません。 なのでお尻をこちらに引き寄せることで勢いをつけるのです。 ソフトにするときはお尻の引きを弱くして自分の力だけでピストンし、奥まで突こうと思ったら引き寄せる力を強くするといった感じですね。 基本のバックはベッドの上で、 女性は四つん這い、 男性は膝立ちで行うものです。 しかしそれ以外の体勢ややり方でも、男性が後ろから挿入してピストンすればそれはバックと言えます。 体位には48手ありますが、基本の体位は正常位や騎乗位、バックなどが基本になっているんですね。 まず同じバックでも、体勢を変えて楽しむことができます。 場所をベッドから壁際に移し、女性と自分両方とも立ちます。 そして 女性には壁に手を付いてもらい、 男側が後ろから挿入してピストンします。 これは体位の中でも有名で 「立ちバック」と呼ばれています。 しかし感覚は基本のバックとは違い、女性の足が広がっていないため締め付けがバツグンに良いです。 早めの人はそのキツキツ加減に、すぐ出てしまうかもしれません。 女性の足を片方持ち上げて腰を振るという方法もあり、こちらはイクためというよりは興奮度を増すためのパフォーマンス的なものですね。 また、今度はベッドに場所を戻してみましょう。 普通のバックから、 片膝を立ててピストンしてみて下さい。 そうするとどうでしょう、前後に自由に動ける!奥を責められるのが好きな女性相手のとき、 ラストスパートのときにおすすめのバック体位です。 他にも色々ありますが、それはまた次の機会に。 女が喜ぶセックステクニック集• 男のためのモテるセックステクニック•

次の