ご返信頂けますと幸いです。 催促メールの書き方・文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

ご返信頂けますと幸いです

この記事では、恐縮という言葉の意味や、ビジネスメール上で「メールにて恐縮ですが」といった正しい使い方のマナーを紹介していきます。 「恐縮」という言葉を使うのであれば、意味をしっかりと知っておくべきです。 しっかりと「恐縮」の意味を理解した上で、ビジネスメールで「メールにて恐縮ですが」と使うようにしましょう。 相手への感謝と謝罪の意味が込められている 恐縮という言葉の意味は、本来は文字通り恐れから身がすくむ状態を意味します。 しかし、恐縮の意味を紹介すると、実際には相手から厚意を受けた場合などに感謝する気持ちや、相手に迷惑をかけてすまないと思う気持ちを表現する言葉として「恐縮です」と使われます。 また、「恐縮」という言葉の意味は、相手の厚意への感謝から派生する気恥ずかしさや照れくささなどを意味する場合もあります。 改めてのお伝えになりますが、しっかりと恐縮の意味を理解してからビジネスメール上で「メールにて恐縮ですが」「恐縮です」といった正しい使い方をしましょう。 「恐縮です」のビジネスメール上での使い方例文 「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」は、社会人になると様々なシーンで使うことがあります。 ここでは、その中でもよく使われる恐縮ですのお決まりフレーズについてまとめました。 この恐縮ですのお決まりフレーズをどのように使えば、ビジネスメール上での正しく使うことができるのかを見ていきましょう。 この「恐縮です」のお決まりフレーズを覚えて、ビジネスメールで正しい恐縮ですの使い方をしましょう。 恐縮は感謝と謝罪の意味!パターンによって正しい使い方をしよう 恐縮の意味と、「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」といったビジネスメール上での正しい使い方について見てきましたが、いかがでしたか。 このビジネスシーンでの言葉遣いは、社会人として、身につけるべきマナーです。 このような細かい気配りやマナーなど知っておくと、好印象をも持たれるものにもなりますので、この機会にポイントをおさえておきましょう。 是非、これを参考にして「恐縮です」「メールにて恐縮ですが」といった言葉の、ビジネスメール上での正しい使い方に活用してください。

次の

返送?ご返送?

ご返信頂けますと幸いです

「ご返信いただきましたら幸いです」は単純に間違るでしょう。 こういう解りにくい(混乱しやすい)敬語は、まずフツーの言葉に戻してみましょう。 「返事もらったら嬉しいの?あっそう。 」という返事が聞こえてきそうな文でしょう? それに対し、問題の「き」と「け」を入れ替えることで「可能」の意味に変わります。 「(もらえるかわからないけど)返事をもらえたら嬉しいです」という感じに変化します。 「いただく」はあくまでここでは「私」が主語なので「もらう」動作をするのは「私」です。 返信する人ではありません。 この考え方を他の表現でも応用してみてください。 お力になれたでしょうか… [補足への返信] そうですね。 普通の表現でも「そうしてもらえると助かる」とか言いますよね? 「あなたにそうしてもらえる」ということが「助かる」「嬉しい」という理由であって、相手の行為が関係します。 とってもやわらかく押し付けがましくなく「お願い」をしている、ということになるんです。 「もらう」という言葉は特に、他人が自分に対して好意的なことをするわけですから、「もらえる」と言うのと「もらう」というのでは、気持ちの上で違いますよね。 そして、「もらう」という行為を受けるかどうかは、相手次第なので、「もらうかどうか」より「もらえるかどうか」という方が正しい、という側面もあります。 「私はこうしてもらうと嬉しい」みたいな文だと、なんて言うか、「自分のことだけかい!」ってツッコミたくなる(笑) もっと言えば「私はそうしてもらうと嬉しい。 なんでしないの?それをして私を喜ばせなさい」みたいな。 どっかの将軍様もビックリ。 ちなみに私は国語学者でも日本語の権威者でもないので、反論者がいるかもしれません。 ただ、筋は通ってると思うので個人の見解、持論としてご説明差し上げた次第ですが、質問者様も客観的に判断してみてくださいね。

次の

「ご返信いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ご返信頂けますと幸いです

「いただく」は「してもらう」の謙譲語 上述したように、「ご検討」は、後ろに「〜いただく」という補助動詞をつけて使用する場合がほとんどです。 補助動詞 「〜いただく」は「〜してもらう」の謙譲語 「ご〜いただく」という形をまとめて、一つの謙譲表現だとする解釈が一般的です。 「いただく」とひらがなで表記する場合と、「頂く」と漢字で表記する場合がありますが、 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「 何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり 「ご検討いただく」はひらがなで書くのが正解です。 「ご検討して頂く」「検討させて頂く」は誤りになりますので注意しましょう。 「ご検討いただければ幸いです」は二重敬語? 二重敬語とは、同じ種類の敬語を2つ以上使うこと 「二重敬語」とは、「尊敬語」と「尊敬語」、「謙譲語」と「謙譲語」というように 同じ文章に同じ種類の敬語を使用してしまうことです。 例えば、「お召し上がりください」という言葉は「召し上がる」という尊敬語に、「くれ」の尊敬語である「ください」を使用してます。 つまり、同じ文章に「尊敬語」を二つ使用している「お召し上がりください」は二重敬語ということになります。 このように、 同じ種類の敬語を複数使用する文法は誤用となります。 では、「ご検討いただければ幸いです」は二重敬語なのでしょうか。 結論を先に述べると、「ご検討いただければ幸いです」は正しい文法といえます。 詳しくは後述します。 「ご検討いただければ幸いです」は正しい敬語 「ご検討いただければ幸いです」は、 尊敬語+謙譲語+丁寧語なので二重敬語にあたりません。 「ご検討いただければ」は、「検討」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」と、「してもらう」の謙譲語の「いただく」、仮定形の「れば」を組み合わせた言葉です。 尊敬を表す接頭語の「ご(お)」と、謙譲語の「いただく」のセットで使用される文法ですので、「ご検討いただければ幸いです」は、正しい敬語です。 「ご検討いただけますでしょうか」と使っている方も多いですが、本来は「 ます」と「です」の両方を重ねて使うのは間違いです。 「いただけますでしょうか」や「いらっしゃいますでしょうか」などはよく使われているフレーズで違和感を覚えない人が多くいますが、日本語の使い方としては間違っているため注意しましょう。 「ご検討いただければ幸いです」の使い方と例文 ビジネスメールで依頼した後の結びの言葉 「ご検討いただければ幸いです」は、 ビジネスメールで依頼した後の結び言葉としても使用される言い回しです。 相手方に何かを提案た後や商談後など、相手に検討してほしいという場合に「 検討してもらえたら嬉しいです」という意味で使用される結び言葉です。 社内間でのやりとりなどの場合は、「検討お願いします」というように柔らかいお願いの言い回しを使用することできますが、取引相手や客様など敬意を示すべき相手には「ご検討いただければ幸いです」というきちんとした表現を使用しましょう。 例文 「いつもお世話になっております。 ご加入いただいている保険の更新月となりました。 更新していいただくにあったって、新しいプランをご提案させていただきます。 参考資料を添付いたしましたので、ご検討いただければ幸いです」 「いつもお世話になっております。 先日は、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。 新規加入に伴うポイント還元サービスが今月までとなりますので、ご案内申し上げます 大変オトクなキャンペーンとなっておりますので、ご検討いただければ幸いです」 就活で面接の締めの言葉 例文 「本日は、本日はお忙しい中面接をしていただき誠にありがとうございました。 学生時代に学んだことすべて活かし、御社に貢献いたしますので、ご検討いただければ幸いです」 「本日は、面接をしていただきありがとうございました。 少しでも早く、御社に貢献できるよう努めてまりますので、ご検討いただければ幸いです」 就活での「面接」は、自分のことを知ってもらい、 自分のことを採用するかどうかを検討してもらうものです。 面接において最後の印象は重要なものになるので、相手に失礼のないようきれいに締めくくりたいものですよね。 自分のことを面接でアピールした後に、「面接をしてもらったことに対するお礼」や、「 検討してもらえると嬉しいです」というお願いの気持ちを締めの言葉として使用すると印象がいいです。 「ご多忙の中大変恐縮ですが、」などと一緒に使うのがベター 例文 「ご多忙の中大変恐縮ですが、ご検討いただければ幸いです」 「お手数をおかけしますが、ご検討いただければ幸いです」 「お忙しいところ申し訳ございませんがご検討いただければ幸いです」 「検討をする」ということは、「考える」ということであるため、 相手に検討をする時間をとらせるということになります。 したがって、 「ご多忙の中大変恐縮ですが〜」などと一生に使用することが好ましいです。 「ご多忙の中大変恐縮ですが」は、「 お忙しい中大変恐れ多いですが」という意味で、 相手に対する気遣いを表すクッション用語です。 相手に時間をとってもらって検討をしてもらうので、できるだけクッション用語を頭に入れてから「ご検討のほど」」というように使用することを心がけましょう。 「前向きにご検討いただければ幸いです」「再度ご検討いただければ幸いです」などとも言う 例文 「先日お話させていただいた件ですが、ぜひ前向きにご検討いただければ幸いです」 「ご多用中、大変恐縮ですが前向きにご検討いただければ幸いです」 「改めてお客様のご希望に沿う商品のカタログを送付させていただきました。 お忙しい中恐縮ですが、再度ご検討いただければ幸いです」 「先日ご指摘いただいた点を改善いたしましたので、再度ご検討いただければ幸いです」 何か相手に検討してもらう際の締めの言葉として「 前向きにご検討いただければ幸いです」「 再度ご検討いただければ幸いです」というような言い回しを使用することもできます。 「前向きに」は、「 物事に対する姿勢が積極的、建設的であること」という意味があり、「前向きにご検討いただければ幸いです」は、「 いい結果にになるようにご検討いただければ幸いです」というニュアンスになります。 「再度ご検討いただければ幸いです」は、例えば 一度検討してもらい断られたというような物事に対して、良い返事をもらえるように条件を変更して提案した場合などに「 もう一度検討してもらえたら嬉しいです」というような意味合いで使用する言い回しです。 「ご検討いただければ幸いです」の類語・言い換え 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」もよく使う 例文 「先程お話しておりました商品のパンフレットを送付させていただきましたので、ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「お手数ですが、再度ご検討のほどよろしくお願いいたします」 「企画の内容に関する資料を添付させていただきましたので、ご検討お願いいたします」 「お忙しいところ、大変恐縮ですがご検討のほどよろしくお願いいたします」 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」もよく使用される言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「よろしくお願いいたします」は 「お願いする」の謙譲語で、相手に頼み事をされる場面でよく使用されるフレーズです。 「お願いいたします」の「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」「〜させていただきます」と 自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、「〜のほど」を使用することで 相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができる言い回しです。 「ご検討くださいませ」はややカジュアル 例文 「本日、新商品のサンプルを送付させていただきました。 大変人気の商品となっておりますのでぜひご検討くださいませ」 「企画案を何点か絞り、資料を作成いたしましたので会議当日までにご検討くださいませ」 「今なら他社からのお乗り換えが大変オトク!ぜひご検討くださいませ!」 「ご検討くださいませ」は 「検討」に接頭語の「ご」をつけた「ご検討」と「くださいませ」を組み合わせた敬語です。 「くださいませ」は、 ・「ください」=補助動詞「くださる」の連用形「くださり」がイ音便に変化した形 ・「ませ」=丁寧の助動詞「ます」の命令形 で成り立っている言葉です。 「ください」は「相手に何かを要望・懇願する意」を表し、「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」「丁寧な気持ちを込めて挨拶する意」を表します。 したがって、「くださいませ」は「 丁寧な気持ちを込めて相手に何かを依頼・懇願すること」を意味しているため、 目上の人に使用しても問題ない敬語表現です。 しかし、「くださいませ」は、「〜してください」とお願いしするよりも 丁寧でカジュアルな表現になるというニュアンスの違いがあります。 かしこまった場面では、「ご検討くださいませ」という表現は避けたほうが好ましいと言えます。 状況によって使い分けましょう。 「幸いです」を「幸甚に存じます」とするとより丁寧になる 「幸いです」を 「幸甚に存じます」とするとより丁寧になります。 「存じます」は、「存じます」は「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っており、 自分の行為をへりくだっていうときに使う表現になります。 つまり、「幸甚に存じます」は「 とてもありがたく思います」「 何よりの幸せであると思います」という意味です。 また、「幸甚に存じます」には、 「対応してくれたらこの上なく幸せです」といったニュアンスが含まれます。 「検討すること」をお願いするときは、「ご検討いただけると幸甚に存じます」というように使用します。 この場合は 相手に何かを期待するのではなく、単に自分の願望を伝えるということになるので、柔らかいニュアンスで検討することをお願いすることができます。 」 「先日の企画の件なのですが、再度ご検討いただけると幸甚に存じます」 「貴社には決してご迷惑はおかけしないので、ご検討いただけると幸甚に存じます」 「ご一考いただければ幸いです」だと少し謙虚なニュアンスに 「ご一考いただければ幸いです」という言い回しをすると少し謙虚なニュアンスになります。 「ご一考」は「 ごいっこう」と読みます。 「ご一考」は「 よく調べて一度考えてみること」を意味します。 つまり、「ご一考いただければ幸いです」は「 よく調べて一度考えていただけると嬉しいです」というニュアンスになります。 「ご一考」と「ご検討」は非常に似ている言葉ですが、「 ご一考」「 よく調べて一度考えてみること」を意味するのに対して、「 ご検討」は「 よく調べて良いかどうかを考えること」を意味します。 ニュアンスが少々異なるので、相手や場面によって適切に使い分けるように心がけましょう。 「賜る」は大きくわけて、 「もらう」の謙譲語 と 「与える」の尊敬語 の2つの意味があります。 「ご検討賜れますと幸いです」の「賜われる」の場合、謙譲語として使用されていて、「 検討いただけると嬉しいです」という意味合いをもっています。 「賜われる」という表現は、かなり堅苦しい敬語であり、 過剰な敬語使用として慇懃無礼(いんぎんぶれい)な印象を与える場合があるので身近な上司などに使用する言葉には向いていません。 仮定法のため、「would」「could」が使われています。 直訳すると「仮に〜してくれたら、それは感謝されます」となります。 仮定法にすることで、「相手が実際にしてくれるかはわからない」というニュアンスが生まれ、謙虚な依頼文になります。 どちらでも意味は同じで、違いはありません。 「much appreciated」「greatly appreciated」などと強調することもある 「大変嬉しく思う」のように強調する場合は、「much」「greatly」などの副詞を加えるとよいでしょう。 例文です。

次の