サカナクション 人気 曲。 サカナクションの最新おすすめ10曲 神曲を厳選!

【厳選】【サカナクション】初心者に優しい必聴おすすめ曲8選!

サカナクション 人気 曲

このブログ記事が、もっとも万人受けする可能性のある 非常に練られた納得のランキングなのでオススメです。 それでは自分のランキングへ参ります。 先に断っておきます。 ほんとはベスト10にしたかったのですが… 10曲じゃ足りない(断言) そのため ベスト15にさせて頂きます。 いやでもさっき貼った記事だってベスト12にしてるから絶対選びきれなかったパターンでしょ…同志… 気を取り直して15位からスタート! 15位:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 』 同名の5thシングル、5thアルバム『DocumentaLy』収録 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう まずは有名曲から。 自分がサカナを好きになったきっかけの曲です。 Mステで異様な存在感を放ってたなぁ… この曲から落ちたせいか、自分は サカナクションのコーラスに弱い と自信を持って言えます。 分厚いコーラスで盛り上げられるのは男女混成バンドの強みですよね。 (この女性コーラス良いなぁ…と思っていたら ギターの岩寺さんの裏声だったこともよくあります) 14位:ボイル 6thアルバム『sakanaction』収録 遠くに 遠くに 投げ捨てた夜の言葉よ 歌詞が書けなくてどうしようもなくなっている夜を歌った曲。 音数が少ない曲の始まりが、静かな夜をよく表現していると思います。 ピアノがまるで悩む一郎さんの繊細な感情のようで超好き。 それから、なんと言っても 息継ぎほぼ無しの怒涛のボーカルパート! あそこを歌いきったあとの一郎さんの 「ハッ」という吐息で恋に落ちたのは自分だけじゃないはず。 があるのですが、自分は こちらのショートバージョンのほうが好きです。 リアレンジでは後半で盛り上がりますが、この曲の 透明ではかない雰囲気は壊してほしくないんですよね…。 あと「 短い曲ほど歌詞が良い」ってのもサカナクションに関して言えると思います。 限られた音の空間に魂を込めている様が伝わってきます。 12位:years 5thシングル『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 』、5thアルバム『DocumentaLy』収録 years この先に待ち受けてる時代の泥が years 僕らを染めてしまうかは分からないけど 変わらないことひとつはあるはずさ DocumentaLyで聞いていたときは、そんなに耳に残ることもなく、アルバム中の単なる1曲として消化されていました。 ですが、カップリング集に収録される記念に作られたこのMVを観て、 なんでこんな名曲を素通りしていたんだ…とその良さに愕然としました。 「僕たちは薄い布だ」 「この先に待ち受けてる時代のハサミは 多分この帆を切り刻みバラバラにするけど」 これらの詞にちりばめられた言葉を大胆に表現したミュージックビデオは本当に素晴らしい出来だと思います。 「時代」という珍しく大きなものを歌った、一郎さんの覚悟が伝わってくる一曲。 11位:ネイティブダンサー 3rdアルバム『シンシロ』収録 いつかあの空が僕を忘れたとして そのときはどこかに雪が降るのを待つさ これも名曲ですね。 冒頭のピアノからなぜこんなにも惹き込まれる曲を作れるのか… 他にも「染み付いた汚れ 落ちてしまえ」の" ぉおちてしまえ"って歌い方とか、「そう雪になって」と「そういう気になって」の 押韻とか、「僕はいたって最後方」の後ろに下がっていく感じとか、好きなポイントが有り過ぎる。。 もちろんこちらの特徴的なMVも、この曲とは切っては切り離せません。 この曲に限りませんが、サカナのMVは視覚的に非常に強いので、観ると 一気にその曲のイメージが固まってしまうのは難点かもしれませんね。 10位:mellow 6thアルバム『sakanaction』収録 まるで君は夜の海月 超チルい。 正直、「チルい」の意味がよく分かっていないけど、もしこの形容詞が当てはまる曲があるとしたらこの曲しかない!と思います。 前はそんなに好きってほどじゃなかったのですが、最近歳をとったせいか、こういったダウンテンポのゆ〜ったり揺れる感じの曲が刺さるようになってきました。 それこそ カラオケで揺れながら歌うと超気持ちいいんですよ、最近の発見です。 9位:夜の東側 1stアルバム『GO TO THE FUTURE』収録 さよならする夜の東側 この文章を読んでいる皆さんには一つだけでも覚えて帰ってほしい。 サカナは1stアルバム『GO TO THE FUTURE』こそ至高 だと。 いや『シンシロ』が名盤だとか『DocumentaLy』は最高傑作だとか各々言いたいことはあるでしょうが、わたしはあくまで1stを推します。 一つ一つの曲の強さで言えば他に軍配があがると思いますが、 アルバムとしてのまとまりは1stが一番好きです。 ロックとテクノミュージックの融合がサカナの代名詞ですが、初期はどちらかと言えばロック、それも 静かで簡素な音に寄った曲が多い印象があります。 そうした曲のひとつがこの「夜の東側」。 さすがに デビューアルバムのラストを飾るだけあって、風格のある名曲です。 「テレビの明かりだけで夜を読んでた」とか「立ち止まった夜に話しておこうか」など、独特の言い回しも最高。 夜に執着し続けるサカナクションの原点が詰まっています。 8位:enough 3rdアルバム『シンシロ』収録 たまに正直な君のことを想ってさ 話すようにするよ 直喩のまま 直喩のまま この曲を聴くときはいつも 部屋の電気を消し、真っ暗な状態で曲に浸ります。 …いつもってわけじゃありませんが、理想的には毎回そうしたいイメージの曲です。 「嘘です が嘘です」から始まる 文学的な歌詞に、初聴のひとを驚かせる 起伏に富んだ展開。 一郎さんの、そしてサカナクションのセンスと技巧を感じられる曲です。 「アンダーグラウンドとオーバーグラウンドを自由に行き来したい」 「メジャーシーンのなかで良い違和感を醸す存在でいたい」 大衆とコアの間での立ち位置をデビューから強く意識してきたサカナクションにとって、紅白は大きなチャンスであり、またチャレンジングな分岐点でもあったでしょう。 そんな大イベントのすぐあと、注目を浴びる中で発表した新曲がこの"ユリイカ"。 まずMVのクセがすごい。 並び立つ女性の裸体を東京の街並みに喩え、それを一郎さんが手でなぞっていく。 公開当時、純粋な中学生だった自分は単純に「いくら芸術とは言え、こんなことしてもいいんだ」と衝撃を受けたものです。 曲もどちらかと言えばコアな音楽聴き向けの、一般受けしなさそうな曲調。 紅白で新規ファンを一気に取り込むチャンスで、わざわざ ライト層を突き放して選別するようなこのような曲を公開するのがサカナクションです。 案の定それほど売上は良くなかったらしいですが、自分は本当に大好きな曲です。 まず 暗鬱さを抱えながらも滑るように進んでいくイントロが超好き。 サカナで特に好きな曲はだいたいイントロで勝負が決まっている感があります。 それから「いつ永遠終わるかな」といっているように聞こえるサビ。 実は「永遠」の部分は歌詞に無く、一郎さん自身も「yeah yeah」のつもりで歌っていたらしいのですが、ファンの解釈ツイートを見て「それ超良いね!歌詞変えようかな」となったそう。 (ガバガバかよ…でもそんなところも好き) 北海道出身のサカナクションには、メジャーデビューして移り住んだ 「東京」を歌った曲が幾つかあります。 (「仮面の街」「モノクロトーキョー」「表参道26時」など) その中でも、ユリイカはひときわお気に入りの曲です。 東京へ出かけたときには、電車に揺られビル群を眺めながら 必ず一度はこの曲を聴くようにしています。 同じような地方住みのサカナファンは多いはず。 6位:目が明く藍色 4thアルバム『KikUUiki』収録 制服の染みみたいな 嘘をついて泣いた 前述のハッシュタグ「サカナクションのこれ一曲」の、他でもない 一郎さん自身が選んだ一曲であり、15周年ライブの ファン投票で一位に輝いた曲。 つまり、サカナクションを歌う側も聞く側もいちばん大事にしている、 文句なしにこのバンドを象徴する曲であると言えるでしょう。 たしかに、個人的により好きな曲はありますが、「 サカナの中で後世に残す曲をひとつだけ選べ」と言われたらおそらく自分もこの曲を選ぶと思います。 この曲を完成させたとき、一郎さんは「 もう音楽をやめてもいい」とまで思ったそう。 そんなに凄い曲なの?とお思いの皆さん、まずは一度、最後までじっくり聴いてみて下さい。 自分にとってこの曲は、インターネット上の人間関係に疲れたり、他人の黒い感情を垣間見たりしたときに逃げ込む、安全シェルターような存在です。 この曲を聞けば、いくら他人に腹が立っても人間に絶望しても、割り切って自分が集中すべきことに目を向けることが出来ます。 「終わらせるひと」は誰でしょうか。 4位:スローモーション 4thシングル『ルーキー』、カップリング集『懐かしい月は新しい月』収録 淋しいのは雪から雨に変わったせいで 意味はないけど シングルのB面、カップリング曲で手を抜かないどころか 屈指の名曲を生み出してしまうのがサカナクション。 形容しにくい独特なイントロからの、冬の寒さと虚しさが伝わってくるAメロ。 後半から いい味を出すアコギも加わり、徐々に躍動的になっていきます。 からのカラオケで歌えない 超高音のサビ。 高すぎてライブでなかなか歌ってくれないのが悔やまれます。 そして間奏の轟音ギターからの ラスサビの盛り上がり。 「だんだん減る未来」というコーラスを間に挟んで更に盛り上げるのが最高に好き。 ここのコーラスはずるい。 カップリング集に入るタイミングでMVが作られ、B面として隠れた名曲がより多くの人の耳に届くのは本当に喜ばしいことなのですが、このMVは特に奇抜なので 出来ればまずは動画を見ないで聴いてほしいです。 自分の中でこの曲のイメージを十分に作り上げてからMVを観て、 存分に塗り替えられて下さい。 自分はそうでした。 3位:シーラカンスと僕 4thアルバム『kikUUiki』収録 曖昧な若さを 無理に丸め ゴミだとした どうか僕が僕のままあり続けられますように 上に書いたのは曲のラストの歌詞です。 自分はこの部分の詞が本当に、おそらくサカナクションの詞のなかで いちばん好きです。 アルバム限定曲なので今すぐ聴かせられないのが本当に残念ですが、この曲は深夜に自分を見つめて悩む若者を、都市を泳ぐシーラカンスに見立てて歌っています。 リバーブがふんだんにかかったボーカルは、深海の雰囲気を助長します。 一番うしろで小刻みに打つ乾いた ドラムは、水面からまばらに差す光でしょうか。 サビでは「青い目とウロコでうろうろする僕はシーラカンス」なんて、少し 気の抜けた洒落もあったりして。 そうしてたどり着く、最も盛り上がる曲の最後でこの歌詞です。 「どうか僕が僕のままあり続けられますように」という祈りは、 絶対に叶うことのない祈りなんですよね。 だって「曖昧な若さを無理に丸めゴミだとし」ているから。 自分でもう手放してしまっているんです。 それでも祈る。 祈るしかないんです。 決して叶わず、それでも切実に本気で祈っているからこそ、この祈りは尊いのだと私は思います。 2位:白波トップウォーター 1stアルバム『GO TO THE FUTURE』収録 通り過ぎて行く人が 立ち止まってる僕を見て 何も知らないくせに 笑うんだ 笑うんだ イントロが好き。 サカナクションの全ての曲の中で、というより今まで聞いてきた あらゆる曲のなかでもいちばん好きなのではないか、というくらい好き。 正直イントロが好きすぎて、あまり歌詞覚えてないし他の部分に対して語れませんが、とにかくイントロが好きです。 でもよく考えてみれば、イントロって歌が始まれば終わり、じゃなくて、その後も 曲のずっといちばん下で鳴り続けているんですよね。 だから全部好き、とも言えるかもしれない。 まぁとにかくイントロが大好き過ぎて、ここまで上り詰めた曲です。 以上 1位:ミュージック 8thシングル『ミュージック』、6thアルバム『sakanaction』収録 振り返った季節に立って 思い出せなくて嫌になって 文句なし、予定調和、何があろうと揺らぐことはない、僕がいちばんサカナクションで好きな曲は「ミュージック」です。 初披露のMステで初めて聞いて、いきなり刺さったわけではありませんでした。 それでも、なんと言ってもあの コーラスが入るラスサビでしょうか、その盛り上がり方にやられてみるみるうちに中毒になっていきました。 サカナクションの曲には総じて中毒性がありますが、この曲のそれは中でも群を抜いていると思います。 生活の端々で、とにかく"聞きたくなる"。 聞いている間ひとを虜にするのはありふれた名曲ですが、聞いていない間までこちらの心をひしと掴んで離さない曲はなんと形容すればいいのでしょう。 そして、そんな音楽の一線を越えた曲に冠された名が「ミュージック」。 この曲は、自分にとっての精神安定剤です。 「盛り上がりたいときに」「泣きたいときに」「昼どきの町を歩きながら」…ある曲を聞きたいと思うタイミングは曲ごとに違います。 しかし、この曲はいつどんなときでも聞ける。 聞きたくなるんです。 サカナクションに出会って、この曲に出会って以来、自分という存在の多くの部分はこの曲によってつくられています。 あまりに好きすぎて、20歳の誕生日を迎える瞬間、いてもたってもいられず家を飛び出し夜道を歩きながら、ラスサビで日付を跨ぐようにこの曲を再生しました。 「だらしなくて弱い僕だって歌い続ける」とこの曲は歌ってくれます。 だらしなくて弱い僕だって、これからもこの曲を聴き続けながら生きていくのでしょう。 生きていきます。

次の

【天才的な音楽性】出会えてよかった!サカナクションの人気曲特集 — News

サカナクション 人気 曲

amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. まさにサカナクションの原点とも言われるシングルで、電子音とギターロックのサウンドが上手く融合された、ノリのいいデジタルロックナンバーとなっています。 今聴いても全く古臭くなく、 ギターロックが好きな方には サカナクション初期の楽曲の方が気に入っていただけるのではないでしょうか。 歌詞も秀逸で、これからの邦楽ロックの明るい未来を見せてくれた1枚です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. アルバム曲でありながらもMVが存在したり、 HondaのCMソングに使われたりと話題性の高いナンバーとなっております。 シンプルな曲展開と印象的なギターリフはエモーショナルさと奥ゆかしさを演出しており、サカナクションの 音楽の表現の広さを感じさせてくれる曲にもなっています。 メロディラインも美しく何度も聴けてしまう魅力を備えています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 』と言う、目の引くようなタイトルはとても キャッチーなメロディーが前面に打ち出されたダンスナンバー。 アップテンポな4つ打ちとサビのコーラスワークがとても印象的な楽曲です。 特にこの楽曲は、ボーカルの山口一郎さんが1人で棒人形と共にダンスを繰り広げた MVが大きな話題となりました。 その姿はシュールながらもどこか文学的な知的さを感じさせてくれ、楽曲の世界観にあった素晴らしいMVに仕上がっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. サカナクションの進化の過程を垣間見れるルーツとなる作品であるため、 ファンの方は必ず押さえておきたい楽曲です。 インディーズ時代を代表する楽曲で、今のようにエレクトロ要素をがっつり組み込んだ曲ではありません。 ギターを中心にピアノや飛び道具的なシンセ音を組み込んでいる楽曲となっていますが、サカナクションに代表される コーラスワークは健在です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. valuecommerce. shopping. yahoo. この曲でサカナクションを知った方も多いのはないでしょうか。 サカナクションのMVはどれも個性的で独創的で魅力的なものが多いですが、メディアで初めて大きく取り上げられたのがこのアルクアラウンドのMVでした。 その効果もあり、 オリコンランキングでは3位を獲得しています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. MVにもなっていないのでなかなか日の目を浴びる曲ではないですが、サカナクションの楽曲の中でも 疾走感あふれる爽やかなロックナンバーとなっています。 実は 2013年度NHK サッカーテーマに抜擢されており、サッカーが好きな方は聴いたことがあるかもしれませんが、LIVEでもあまりやることのないファンならではの楽曲となっています。 普段のサカナクションとは違った印象を抱く方も少なくないはず。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. しかし、明るくすぎず暗すぎずで大人なロックナンバーに仕上がっています。 この曲は東進「340万人の高校生へ」篇 CMソングにも起用され、個性とは何かに悩んでいる高校生の心情心理にぴったりの歌詞となっています。 カラオケでも人気が高く歌いやすい楽曲ではないでしょうか。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. まさにサカナクションを代表する楽曲でライブでも非常に人気の高い楽曲の1つです。 特に前半のエレクトロなサウンドパートの後にバンドセットに戻ってラスサビを盛り上げるようなアレンジは、サカナクションにしかできない芸当であり、サカナクションの音楽に対する姿勢を感じることのできる楽曲です。 代名詞でもあるコーラスワークも盛り込まれており、初めてサカナクションを聴くと言う方に聴かせることをおすすめします。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 194」の表題曲として収録され、80年代風サウンドが大きな話題になっているこの曲。 アルバムからシングルカットされて発売されていますが、8cmCDでの発売という異例さ。 当時を知っている人からすれば懐かしさしかないですが、初めて見る方には物珍しい形での限定シングルです。 楽曲もMVも非常に素晴らしく、軽快なリズムと当時を彷彿とさせるシンセサウンドが絶妙にマッチ。 夏に聴きたくなるアップテンポなナンバーでサカナクションの音楽性の幅の広さや1つ進化したと言う部分を垣間見せてくれるサカナクションの今を体現している作品です。 リリース 2019年8月21日 収録アルバム 834. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. の山口一郎さんが 構想9年を経て完成させた楽曲。 この曲の制作が難航したためレコーディングが長引き、アルバム発売1ヶ月前に完成しています。 聴いて見ると壮大なバラード風のナンバーで、しっかりと作り込まれており、レコーディングに時間をかけただけの意味をリスナーにしっかりと教えてくれるような、そんなサカナクションファンの中で語り継がれる作品です。 まだ聴いたことがない人はぜひ聴いていただきたい楽曲で、山口一郎さんが音楽を通して表現したかったことを教えてくれる作品になっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 特に制作に置いてこだわられたのは歌詞で、とても文学的で読み物としても十分な魅力を持っています。 MVも秀逸でこのアルバムにおける全てが詰まった楽曲といっても過言ではありません。 とにかく素晴らしいの一言です。 バンドをやっている方はサカナクションのコピーをやろうとすると機材の問題で完コピが難しいですが、この楽曲は比較的簡単にコピーすることが可能ですのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 歌詞もドラマの内容に沿ったものとなっており、ドラマの物語を彩ってくれる作品で、その年の ゴールドディスクも受賞しています。 山口一郎さんの描く文学的な歌詞とギターリフが特徴的のこの曲は、抑揚が少なく淡々と染み入るように聴けるのがウリ。 エモーショナルな楽曲に仕上がっています。 カラオケでも歌いやすい曲になっています。 この辺りの楽曲はテレビタイアップも多く、一度は聴いたことがあると言う方もいると思うので、あまりサカナクションを知らない方にもおすすめできる楽曲になります。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. MVは全編足元のタップダンスのような動きにフォーカスを当てた変わったMVっており、サカナクションの芸術に対する視点の違いや姿勢を強く見せてくれる作品になっています。 とてもバランスの良い作品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 」の主題歌になり、サカナクションが大きな市民権を得ることになった楽曲がこの「新宝島」です。 聴いたことある方も多いのではないでしょうか。 この曲をきっかけに多くのメディアに出演することになります。 楽曲の内容も映画に寄せたものとなっており、キャッチーでポップなナンバーとなっておりMVの90年代の歌謡番組を意識した作りになっており、大変面白い作品に仕上がっています。 サカナクションを語る上で欠かせない作品です。 リリース 2015年9月30日 収録アルバム 834. 商品名• 新宝島• グッドバイ• ネイティブダンサー• 僕と花• エンドレス• 目が明く藍色• 忘れられないの• ミュージック• アイデンティティ• Aoi• アルクアラウンド• ナイトフィッシングイズグッド• 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 years• セントレイ• 市民権を得た作品• オリコン最高2位の作品• 根強い人気を誇る作品• ゴールドディスク獲得の6枚目Single• DocumentaLyのリードナンバー• ファンの中で人気の高い楽曲• サカナクションの今が詰まった作品• ライブでも大盛り上がり!ドラマ主題歌になった作品• カラオケでも人気!ダンサブルなナンバー• 王道のロックナンバー• 知名度を一気にあげた作品• インディーズ時代の1曲• 斬新なMVが話題になった作品• CMでも話題!美しいメロディのナンバー• 記念すべき1st Single• 900円 税込• 250円 税込• 250円 税込• 600円 税込• 250円 税込• 250円 税込• 1296円 税込• 250円 税込• 250円 税込• 250円 税込• 750円 税込• 1983円 税込• 250円 税込• 250円 税込• 1028円 税込• リリース• 2015年9月30日• 2014年1月15日• 2009年1月21日• 2012年5月30日• 2011年9月28日• 2010年3月17日• 2019年8月21日• 2013年1月23日• 2010年8月4日• 2013年3月13日• 2010年1月13日• 2008年1月23日• 2011年7月20日• 2011年9月28日• 2008年12月20日• 収録アルバム• 834. 194• 834. 194• シンシロ• sakanaction• DocumentaLy• kikuuiki• 834. 194• sakanaction• DocumentaLy• sakanaction• kikUUiki• NIGHT FISHING• DocumentaLy• DocumentaLy• シンシロ• 商品リンク• サカナクションといえばボーカルの山口さんの顔が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?山口一郎さんは 1980年生まれ、北海道小樽市出身です。 サカナクションのほぼ全ての楽曲制作を手がけています。 音楽を始めるきっかけは 文学だったということで、サカナクションの楽曲からも分かる通り、歌作りにおいて 言葉を大切にされています。 また、 2015年放送の情熱大陸の中で、 2010年に右耳に突発性難聴を発症していたことを公表しています。 山口さんは下記インタビューの中で マジョリティーの中でマイノリティになることとはどういうことなのか語っています。 ロックは大衆へのカウンターであり、かつ売れるにはメジャーにならなければならない。 その葛藤の末に見出したのが今のサカナクションの楽曲だったのですね。 ファンの方ならよくご存知かもしれませんが、山口一郎さんのインタビューなどで時たま出てくる 「ライフワーク」と「ライスワーク」とはどういう意味なのでしょうか?音楽制作はクリエイティブな仕事ですが、そこでこの二つのバランスが大事になってくると言います。 多くの人の生き方にも通ずることかもしれませんが、自分がやりたいことばかりをしていてもなかなか売れてはいきません。 しかし売れるために自分を犠牲にしてしまっては元も子もありません。 生きるために この戦略を考えることさえ表現だと捉えている山口さんは多くの人を勇気付けています。 そのほか ライクワークというワードもあるようです。 人生はなかなかうまくいかないこと続きですが、皆さんも極力楽しく生きる上で、このワークのバランスを考えてみませんか?.

次の

サカナクションでいちばん好きな15曲を語る|kqck|note

サカナクション 人気 曲

このブログ記事が、もっとも万人受けする可能性のある 非常に練られた納得のランキングなのでオススメです。 それでは自分のランキングへ参ります。 先に断っておきます。 ほんとはベスト10にしたかったのですが… 10曲じゃ足りない(断言) そのため ベスト15にさせて頂きます。 いやでもさっき貼った記事だってベスト12にしてるから絶対選びきれなかったパターンでしょ…同志… 気を取り直して15位からスタート! 15位:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 』 同名の5thシングル、5thアルバム『DocumentaLy』収録 壁が鳴り痺れるチェロ すぐに忘れてしまうだろう まずは有名曲から。 自分がサカナを好きになったきっかけの曲です。 Mステで異様な存在感を放ってたなぁ… この曲から落ちたせいか、自分は サカナクションのコーラスに弱い と自信を持って言えます。 分厚いコーラスで盛り上げられるのは男女混成バンドの強みですよね。 (この女性コーラス良いなぁ…と思っていたら ギターの岩寺さんの裏声だったこともよくあります) 14位:ボイル 6thアルバム『sakanaction』収録 遠くに 遠くに 投げ捨てた夜の言葉よ 歌詞が書けなくてどうしようもなくなっている夜を歌った曲。 音数が少ない曲の始まりが、静かな夜をよく表現していると思います。 ピアノがまるで悩む一郎さんの繊細な感情のようで超好き。 それから、なんと言っても 息継ぎほぼ無しの怒涛のボーカルパート! あそこを歌いきったあとの一郎さんの 「ハッ」という吐息で恋に落ちたのは自分だけじゃないはず。 があるのですが、自分は こちらのショートバージョンのほうが好きです。 リアレンジでは後半で盛り上がりますが、この曲の 透明ではかない雰囲気は壊してほしくないんですよね…。 あと「 短い曲ほど歌詞が良い」ってのもサカナクションに関して言えると思います。 限られた音の空間に魂を込めている様が伝わってきます。 12位:years 5thシングル『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。 』、5thアルバム『DocumentaLy』収録 years この先に待ち受けてる時代の泥が years 僕らを染めてしまうかは分からないけど 変わらないことひとつはあるはずさ DocumentaLyで聞いていたときは、そんなに耳に残ることもなく、アルバム中の単なる1曲として消化されていました。 ですが、カップリング集に収録される記念に作られたこのMVを観て、 なんでこんな名曲を素通りしていたんだ…とその良さに愕然としました。 「僕たちは薄い布だ」 「この先に待ち受けてる時代のハサミは 多分この帆を切り刻みバラバラにするけど」 これらの詞にちりばめられた言葉を大胆に表現したミュージックビデオは本当に素晴らしい出来だと思います。 「時代」という珍しく大きなものを歌った、一郎さんの覚悟が伝わってくる一曲。 11位:ネイティブダンサー 3rdアルバム『シンシロ』収録 いつかあの空が僕を忘れたとして そのときはどこかに雪が降るのを待つさ これも名曲ですね。 冒頭のピアノからなぜこんなにも惹き込まれる曲を作れるのか… 他にも「染み付いた汚れ 落ちてしまえ」の" ぉおちてしまえ"って歌い方とか、「そう雪になって」と「そういう気になって」の 押韻とか、「僕はいたって最後方」の後ろに下がっていく感じとか、好きなポイントが有り過ぎる。。 もちろんこちらの特徴的なMVも、この曲とは切っては切り離せません。 この曲に限りませんが、サカナのMVは視覚的に非常に強いので、観ると 一気にその曲のイメージが固まってしまうのは難点かもしれませんね。 10位:mellow 6thアルバム『sakanaction』収録 まるで君は夜の海月 超チルい。 正直、「チルい」の意味がよく分かっていないけど、もしこの形容詞が当てはまる曲があるとしたらこの曲しかない!と思います。 前はそんなに好きってほどじゃなかったのですが、最近歳をとったせいか、こういったダウンテンポのゆ〜ったり揺れる感じの曲が刺さるようになってきました。 それこそ カラオケで揺れながら歌うと超気持ちいいんですよ、最近の発見です。 9位:夜の東側 1stアルバム『GO TO THE FUTURE』収録 さよならする夜の東側 この文章を読んでいる皆さんには一つだけでも覚えて帰ってほしい。 サカナは1stアルバム『GO TO THE FUTURE』こそ至高 だと。 いや『シンシロ』が名盤だとか『DocumentaLy』は最高傑作だとか各々言いたいことはあるでしょうが、わたしはあくまで1stを推します。 一つ一つの曲の強さで言えば他に軍配があがると思いますが、 アルバムとしてのまとまりは1stが一番好きです。 ロックとテクノミュージックの融合がサカナの代名詞ですが、初期はどちらかと言えばロック、それも 静かで簡素な音に寄った曲が多い印象があります。 そうした曲のひとつがこの「夜の東側」。 さすがに デビューアルバムのラストを飾るだけあって、風格のある名曲です。 「テレビの明かりだけで夜を読んでた」とか「立ち止まった夜に話しておこうか」など、独特の言い回しも最高。 夜に執着し続けるサカナクションの原点が詰まっています。 8位:enough 3rdアルバム『シンシロ』収録 たまに正直な君のことを想ってさ 話すようにするよ 直喩のまま 直喩のまま この曲を聴くときはいつも 部屋の電気を消し、真っ暗な状態で曲に浸ります。 …いつもってわけじゃありませんが、理想的には毎回そうしたいイメージの曲です。 「嘘です が嘘です」から始まる 文学的な歌詞に、初聴のひとを驚かせる 起伏に富んだ展開。 一郎さんの、そしてサカナクションのセンスと技巧を感じられる曲です。 「アンダーグラウンドとオーバーグラウンドを自由に行き来したい」 「メジャーシーンのなかで良い違和感を醸す存在でいたい」 大衆とコアの間での立ち位置をデビューから強く意識してきたサカナクションにとって、紅白は大きなチャンスであり、またチャレンジングな分岐点でもあったでしょう。 そんな大イベントのすぐあと、注目を浴びる中で発表した新曲がこの"ユリイカ"。 まずMVのクセがすごい。 並び立つ女性の裸体を東京の街並みに喩え、それを一郎さんが手でなぞっていく。 公開当時、純粋な中学生だった自分は単純に「いくら芸術とは言え、こんなことしてもいいんだ」と衝撃を受けたものです。 曲もどちらかと言えばコアな音楽聴き向けの、一般受けしなさそうな曲調。 紅白で新規ファンを一気に取り込むチャンスで、わざわざ ライト層を突き放して選別するようなこのような曲を公開するのがサカナクションです。 案の定それほど売上は良くなかったらしいですが、自分は本当に大好きな曲です。 まず 暗鬱さを抱えながらも滑るように進んでいくイントロが超好き。 サカナで特に好きな曲はだいたいイントロで勝負が決まっている感があります。 それから「いつ永遠終わるかな」といっているように聞こえるサビ。 実は「永遠」の部分は歌詞に無く、一郎さん自身も「yeah yeah」のつもりで歌っていたらしいのですが、ファンの解釈ツイートを見て「それ超良いね!歌詞変えようかな」となったそう。 (ガバガバかよ…でもそんなところも好き) 北海道出身のサカナクションには、メジャーデビューして移り住んだ 「東京」を歌った曲が幾つかあります。 (「仮面の街」「モノクロトーキョー」「表参道26時」など) その中でも、ユリイカはひときわお気に入りの曲です。 東京へ出かけたときには、電車に揺られビル群を眺めながら 必ず一度はこの曲を聴くようにしています。 同じような地方住みのサカナファンは多いはず。 6位:目が明く藍色 4thアルバム『KikUUiki』収録 制服の染みみたいな 嘘をついて泣いた 前述のハッシュタグ「サカナクションのこれ一曲」の、他でもない 一郎さん自身が選んだ一曲であり、15周年ライブの ファン投票で一位に輝いた曲。 つまり、サカナクションを歌う側も聞く側もいちばん大事にしている、 文句なしにこのバンドを象徴する曲であると言えるでしょう。 たしかに、個人的により好きな曲はありますが、「 サカナの中で後世に残す曲をひとつだけ選べ」と言われたらおそらく自分もこの曲を選ぶと思います。 この曲を完成させたとき、一郎さんは「 もう音楽をやめてもいい」とまで思ったそう。 そんなに凄い曲なの?とお思いの皆さん、まずは一度、最後までじっくり聴いてみて下さい。 自分にとってこの曲は、インターネット上の人間関係に疲れたり、他人の黒い感情を垣間見たりしたときに逃げ込む、安全シェルターような存在です。 この曲を聞けば、いくら他人に腹が立っても人間に絶望しても、割り切って自分が集中すべきことに目を向けることが出来ます。 「終わらせるひと」は誰でしょうか。 4位:スローモーション 4thシングル『ルーキー』、カップリング集『懐かしい月は新しい月』収録 淋しいのは雪から雨に変わったせいで 意味はないけど シングルのB面、カップリング曲で手を抜かないどころか 屈指の名曲を生み出してしまうのがサカナクション。 形容しにくい独特なイントロからの、冬の寒さと虚しさが伝わってくるAメロ。 後半から いい味を出すアコギも加わり、徐々に躍動的になっていきます。 からのカラオケで歌えない 超高音のサビ。 高すぎてライブでなかなか歌ってくれないのが悔やまれます。 そして間奏の轟音ギターからの ラスサビの盛り上がり。 「だんだん減る未来」というコーラスを間に挟んで更に盛り上げるのが最高に好き。 ここのコーラスはずるい。 カップリング集に入るタイミングでMVが作られ、B面として隠れた名曲がより多くの人の耳に届くのは本当に喜ばしいことなのですが、このMVは特に奇抜なので 出来ればまずは動画を見ないで聴いてほしいです。 自分の中でこの曲のイメージを十分に作り上げてからMVを観て、 存分に塗り替えられて下さい。 自分はそうでした。 3位:シーラカンスと僕 4thアルバム『kikUUiki』収録 曖昧な若さを 無理に丸め ゴミだとした どうか僕が僕のままあり続けられますように 上に書いたのは曲のラストの歌詞です。 自分はこの部分の詞が本当に、おそらくサカナクションの詞のなかで いちばん好きです。 アルバム限定曲なので今すぐ聴かせられないのが本当に残念ですが、この曲は深夜に自分を見つめて悩む若者を、都市を泳ぐシーラカンスに見立てて歌っています。 リバーブがふんだんにかかったボーカルは、深海の雰囲気を助長します。 一番うしろで小刻みに打つ乾いた ドラムは、水面からまばらに差す光でしょうか。 サビでは「青い目とウロコでうろうろする僕はシーラカンス」なんて、少し 気の抜けた洒落もあったりして。 そうしてたどり着く、最も盛り上がる曲の最後でこの歌詞です。 「どうか僕が僕のままあり続けられますように」という祈りは、 絶対に叶うことのない祈りなんですよね。 だって「曖昧な若さを無理に丸めゴミだとし」ているから。 自分でもう手放してしまっているんです。 それでも祈る。 祈るしかないんです。 決して叶わず、それでも切実に本気で祈っているからこそ、この祈りは尊いのだと私は思います。 2位:白波トップウォーター 1stアルバム『GO TO THE FUTURE』収録 通り過ぎて行く人が 立ち止まってる僕を見て 何も知らないくせに 笑うんだ 笑うんだ イントロが好き。 サカナクションの全ての曲の中で、というより今まで聞いてきた あらゆる曲のなかでもいちばん好きなのではないか、というくらい好き。 正直イントロが好きすぎて、あまり歌詞覚えてないし他の部分に対して語れませんが、とにかくイントロが好きです。 でもよく考えてみれば、イントロって歌が始まれば終わり、じゃなくて、その後も 曲のずっといちばん下で鳴り続けているんですよね。 だから全部好き、とも言えるかもしれない。 まぁとにかくイントロが大好き過ぎて、ここまで上り詰めた曲です。 以上 1位:ミュージック 8thシングル『ミュージック』、6thアルバム『sakanaction』収録 振り返った季節に立って 思い出せなくて嫌になって 文句なし、予定調和、何があろうと揺らぐことはない、僕がいちばんサカナクションで好きな曲は「ミュージック」です。 初披露のMステで初めて聞いて、いきなり刺さったわけではありませんでした。 それでも、なんと言ってもあの コーラスが入るラスサビでしょうか、その盛り上がり方にやられてみるみるうちに中毒になっていきました。 サカナクションの曲には総じて中毒性がありますが、この曲のそれは中でも群を抜いていると思います。 生活の端々で、とにかく"聞きたくなる"。 聞いている間ひとを虜にするのはありふれた名曲ですが、聞いていない間までこちらの心をひしと掴んで離さない曲はなんと形容すればいいのでしょう。 そして、そんな音楽の一線を越えた曲に冠された名が「ミュージック」。 この曲は、自分にとっての精神安定剤です。 「盛り上がりたいときに」「泣きたいときに」「昼どきの町を歩きながら」…ある曲を聞きたいと思うタイミングは曲ごとに違います。 しかし、この曲はいつどんなときでも聞ける。 聞きたくなるんです。 サカナクションに出会って、この曲に出会って以来、自分という存在の多くの部分はこの曲によってつくられています。 あまりに好きすぎて、20歳の誕生日を迎える瞬間、いてもたってもいられず家を飛び出し夜道を歩きながら、ラスサビで日付を跨ぐようにこの曲を再生しました。 「だらしなくて弱い僕だって歌い続ける」とこの曲は歌ってくれます。 だらしなくて弱い僕だって、これからもこの曲を聴き続けながら生きていくのでしょう。 生きていきます。

次の