介護 保険 料 減免。 介護保険料の減免制度/青森市

介護保険料の減免・徴収猶予について

介護 保険 料 減免

介護保険料の減免制度 青森市では、災害に遭われたかたや前年に比べて収入が激減したかた(災害等減免)、恒常的に低収入であり生計維持が困難であると認められるかた(低収入者減免)に対し、介護保険料を減免できる制度を実施しています。 平成27年度から、介護保険料が平成24年度から平成26年度の期間と比較し、848円、率にして15. 3%上昇したことを踏まえ、低収入減免の制度を拡充しております。 災害等減免 対象となるかた (1)災害により家財またはその他の財産に著しい損害を受けた場合 (2)生計を維持するかたが死亡したり、心身に重大な障がいを受けたり、長期間入院したことにより、前年の収入と比べて著しく減少した場合 (3)生計を維持するかたの収入が、事業または業務の休廃止、事業における著しい損失、失業等により、前年と比べて著しく減少した場合 (4)冷害等による農作物の不作や不漁によって、前年の収入と比べて著しく減少した場合 (5)その他、特別の理由があると認められる場合 減免対象となる介護保険料• 普通徴収(納入通知書や口座振替により納入)のかたにつきましては、減免申請日以降に納期限を迎える介護保険料が減免対象となります。 特別徴収(年金から天引き)のかたにつきましては、普通徴収の納期に換算した期別保険料を算定し、減免申請日以降に納期限を迎える介護保険料が減免対象となります。 減免割合 被害や減収の程度によって減免割合は異なります。 申請に必要なもの• 介護保険料納入通知書または介護保険料額決定通知書兼特別徴収(本徴収)開始通知書(7月上旬頃発送となります)• 今年の収入見込額を証明できるもの(年金証書、年金支払通知書、振込先通帳の写し、給与明細書等)• 減免の申請は納入通知書等の発送(7月上旬頃)後となります。 低収入者減免 対象となるかた (1)保険料段階が第1段階(老齢福祉年金受給者で世帯全員が非課税。 ただし、生活保護受給者を除く)のかた (2)保険料段階が第2段階から第7段階で、その年の世帯の合計収入の見込額が対象基準額以下のかた(対象基準額は、下記の対象基準額表をご覧ください。 ) ただし、次のかたは対象とはなりません。 減免申請者に介護保険料の滞納がある場合(1年以内の分割納入に関する誓約を行い、かつ、分割納入を誠実に履行していると認められるかたを除きます)• 減免申請者の世帯において、活用できる資産がありながら活用していない場合• 減免申請者の世帯の預貯金額が、対象基準額表に定める金額を超えている場合 減免対象となる介護保険料• 普通徴収(納入通知書や口座振替により納入)のかたにつきましては、減免申請日以降に納期限を迎える介護保険料が減免対象となります。 特別徴収(年金から天引き)のかたにつきましては、普通徴収の納期に換算した期別保険料を算定し、減免申請日以降に納期限を迎える介護保険料が減免対象となります。 減免割合 (1)保険料段階が第1段階(老齢福祉年金受給者で世帯全員が非課税。 ただし、生活保護受給者を除く)のかたは、第1段階保険料の2分の1の額を減免します。 介護保険料納入通知書、または介護保険料額決定通知書兼特別徴収(本徴収)開始通知書(7月上旬頃発送となります)• 今年の世帯全員の収入見込額を証明できるもの(年金証書、年金支払通知書、振込先通帳の写し、給与明細書等)• 世帯全員の預貯金や資産の状況を証明できるもの(預貯金は前年1月からの状況)• 2 減免割合 第2段階から第7段階 1人 1,125,864円 1,125,864円 1段階下の額 2人 1,753,800円 1,753,800円 3人 2,174,376円 2,174,376円 4人 2,500,428円 2,500,428円 5人以上 5人以上は省略 介護保険課 総務管理チーム 電話017-734-5365 浪岡事務所 健康福祉課 介護保険チーム 電話0172-62-1134.

次の

介護保険料は減免できる。3つの条件と申請方法について説明します。 | マネーの達人

介護 保険 料 減免

保険料は「被保険者均等割額」と「所得割額」の合計額となります。 「被保険者均等割額」は被保険者の人数に応じて、保険料率を合計します。 「所得割額」は被保険者ごとのに保険料率を乗じて計算します。 保険料率は、保険料の総額(横浜市全体の保険料)をもとに、横浜市の被保険者全員の人数及び所得金額により決まります。 保険料額を決定した後に、次の1~9の理由により保険料額を再算定した場合は、「国民健康保険料額通知書」によりお知らせします。 国民健康保険へ新たに加入した、又はやめた場合• 保険料算定のための被保険者数が増えた、又は減った場合• 保険料算定のための被保険者の所得状況等に変更があった場合• 被保険者均等割額の減額割合を変更した場合• 介護保険の被保険者となった(40歳になった)場合• 後期高齢者医療制度の被保険者となった(原則75歳になった)場合• 被保険者証番号(保険証の番号)が変わった場合• 納付方法の変更等により普通徴収の保険料額が変更になった場合• 保険料額を、被保険者が国民健康保険に加入していた月数に応じて再算定します。 再算定の結果、これまでの納期の保険料額の合計よりも再算定後の保険料額の方が多い場合は、差額分をこれから到来する納期の保険料額として請求します。 また、算定後の保険料額が少ない場合は、差額分を変更前の保険料の最終納期の保険料額から順に減額します。 お返しする保険料については、別途お届けする「国民健康保険料等還付(充当)通知書」にてご確認ください。 支払額の例 例えば、年間保険料額が15万円の場合、1回にお支払いいただく保険料額は1万5千円になります。 例えば、「7月期分」とは、当該年度の保険料額のうち、7月末日に納めていただく保険料額を表すもので、「7月分」の保険料額ではありません。 口座振替による支払 次の口座振替日に、登録している口座から保険料を引き落とします。 なお、前年度以前にさかのぼって保険料額が変更になった等の場合には、4月又は5月に振り替える場合があります。 通常、振替日は各納期月の29日ですが、金融機関等の休業日にあたる場合には、前営業日が振替日となります。 次回口座振替予定納期、引落し口座等をご確認ください。 口座振替が始まるまでは、納付書で金融機関等でお納めください。 (口座振替を開始する前の保険料をさかのぼって引落しすることはできません。 ) 口座振替を利用されない場合は納付書を郵送します。 納付書が届いたら、記載されているまでに金融機関又はコンビニエンスストアでお納めください。 年間分の保険料(全期分)を前納する場合は、「全期前納用納付書」のみを使用し、「6月期分の納付書」は破棄してください。 また、世帯の人数や所得等に変更があった場合は、追加の納付書の送付や還付となる場合があります。 その場合、全期分を前納していても特別徴収は行われるため、「全期前納用納付書」を同封していません。 特別徴収となる場合は、7月下旬に「国民健康保険料額通知書」によりお知らせします。 そのため、「全期前納用納付書」を同封していません。 減免となる場合は6月下旬に「減免承認決定通知書」によりお知らせします。 全期分の前納をご希望する場合は、にお問合せください。 そのため、前年度以前にさかのぼって保険料額が変更になった等の場合には、4月又は5月に納付書をお送りすることがあります。 前年又は前々年に、収入が全くなかった人や障害又は死亡を支給理由とする年金、恩給、老齢福祉年金を受給している等の非課税所得のみの人についても、「市民税・県民税申告書」又は「国民健康保険の収入申立書」が届いた場合は、提出してください。 (もご覧ください。 ) 2. 災害、その他の事情で保険料を納めることにお困りの場合には、保険料の減免を受けられる場合があります。 詳しくは、におたずねください。 保険料の減免を受けられる場合 事情 基準 減額・免除 災害 風水害、火災、震災等により家屋、事業所等の資産が20%以上被害を受けた場合 被害の程度により4か月分又は6か月分を免除 低所得 今年中の見込み総所得金額等の合算額が上記の減額基準表に該当する場合(2割減額の基準を除く。 ) 所得金額の減少率により所得割額を減額し、均等割額の6割又は4割の額を免除 所得減少 失職又は事業の失敗等により所得が著しく減少した場合 所得金額の減少率により所得割額を減額 給付制限 刑事施設等に収容され、給付を受けられない期間があった場合 給付を受けられない期間分を免除(初日~末日まで受けられない月 5. 平成26年度から、19歳未満の被保険者がいる世帯に対し、国民健康保険料の減免を実施しています。 なお、この減免の適用に申請書の提出は必要ありません。 該当世帯には、「国民健康保険料減免(承認決定)通知書」を送付します。 【対象者】 19歳未満(前年12月31日時点)の被保険者が賦課期日現在において同一の世帯にいる世帯主(国民健康保険に加入している世帯主に限る) 【減免内容】 次の金額を世帯主の基準総所得金額から控除して保険料の所得割額を算定します。 なお、控除する金額は、世帯主の基準総所得金額を限度とします。 16歳未満の被保険者1人につき330,000円• 16歳以上19歳未満の被保険者1人につき120,000円 手続きに関するお問合せ お住まいの区の区役所保険年金課保険係へお問合せください。 各区役所保険年金課保険係のお問合せ先一覧 メールでのお問合せ 電話番号 045-510-1807 045-411-7124 045-320-8425、045-320-8426 045-224-8315、045-224-8316 045-341-1126 045-847-8425 045-334-6335 045-954-6134 045-750-2425 045-788-7835、045-788-7836 045-540-2349 045-930-2341 045-978-2335 045-948-2334、045-948-2335 045-866-8449 045-894-8425 045-800-2425、045-800-2426、045-800-2427 045-367-5725、045-367-5726 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の特例減免について|田辺市

介護 保険 料 減免

低所得者のかた向けの軽減制度 対象となるかた 65歳以上で、次の全ての条件に該当するかたの介護保険料について、三鷹市独自の軽減制度を設けています。 介護保険料の所得段階が第1段階から第3段階であること(生活保護を受けているかた、特別養護老人ホームなどの入所者を除く。 前年中の収入金額が、単身世帯の場合、第1段階のかたは80万円以下、第2段階及び第3段階のかたは160万円以下であること。 2人以上の世帯の場合は、世帯員1人につき、単身世帯の各段階の金額に60万円を加算した金額以下であること。 自己の居住用を除き、処分可能な不動産を所有していないこと。 200万円(2人以上の世帯は400万円)を超える預貯金などの資産を所有していないこと。 住民税が課税されているかたの扶養を受けていないこと。 軽減の内容 申請方法(軽減を受けるには申請が必要です) 認印をご持参の上、次の書類を提出してください。 介護保険料の決定通知書または納入通知書• 前年の本人と世帯全員の収入が分かるもの(年金の支払通知書、源泉徴収票など)• 本人と世帯全員の預貯金通帳、またはその写し(前年の1月1日から直近までの収支が記帳されている必要があります。 「三鷹市介護保険料軽減申請書」と「収入及び資産申告書」 詳細は、担当課までお問い合わせください。 災害等の特別な事情の際の減免制度 災害等の特別な事情により、納付が困難なときは、申請により、保険料の減免等を受けられる場合があります。 申請方法など詳細は、担当課までお問い合わせください。

次の