きんぴらごぼう 漢字。 きんぴらごぼうの「きんぴら」の語源と意味とは?なぜきんぴらなの?

きんぴらの意味や語源由来を解説。実は金太郎が関係している

きんぴらごぼう 漢字

和食のおかずとして大活躍の 「きんぴらごぼう」はとても美味しいですよね! でも・・・ごぼう以外のれんこんや人参、こんにゃくやピーマン、アスパラガスやズッキーニを「きんぴら」にすることもあります。 では「きんぴら」とは、どういった意味があるのでしょう? 今回は「きんぴら」の語源と意味について調べてみました。 きんぴらごぼうの語源と意味とは? 「きんぴら」とは、細切りにした食材を、醤油や砂糖、みりんなどで甘辛く炒めた料理のことです。 ごぼうやさつまいも、れんこん、人参など、根菜を用いることが多いですが、こんにゃくのように根菜以外の食材を用いることもあり、アスパラガスやズッキーニ、パプリカ、セロリなどなど、 どのような食材でも、細切りにして醤油や砂糖、みりんなどで甘辛く炒めた料理を「きんぴら」と呼びます。 「きんぴら」は漢字で 「金平」と書きます。 金太郎は実在の人物で本名は 「坂田金時(さかたきんとき)」といい、金太郎は幼名です。 そして、その息子とされる人物の名前が 「坂田金平(さかたきんぴら)」です。 しかし、坂田金平は、金太郎の息子という設定で、浄瑠璃や歌舞伎の中で登場する 架空の人物です。 どうしてきんぴらって言うの? 江戸時代に、人形浄瑠璃の 「金平浄瑠璃(きんぴらじょうるり)」が流行しました。 金平浄瑠璃は、源頼光の甥である源頼義(みなもとのよりよし・平安時代中期の武将)が坂田金平たちと京の平和を守るお話で、金平は父親譲りの力強さと勇ましさ、並外れた豪傑ぶりで大活躍します。 また、「金平浄瑠璃」からヒントを得て作られたといわれる、歌舞伎の 「金平六条通(きんぴらろくじょうがよい)」でも、金平は力強く勇ましく超人的な人物として描かれ、大活躍するそうです。 その 金平を演じた役者の髪型が、ごぼうの細切りに似ていたことから「きんぴらごぼう」と呼ばれるようになったという説があります。 他に、江戸時代、ごぼうを食べると元気が出たり、食感がしっかりしており、精が付くと考えられていたため、「金平ごぼう」と呼ばれるようになったという説もあります。 これは坂田金平のイメージから、 強いものや頑丈なものを「金平〇〇」と呼ぶようになったからだ言われています。 例えば接着力が強い 「金平糊(きんぴらのり)」や頑丈な 「金平足袋(きんぴらたび)」などがあります。 そして、 最初はごぼうを細切りにして甘辛く炒めた料理を「きんぴらごぼう」と呼んでいましたが、次第にごぼう以外の食材でも、同じ調理方法のものを「きんぴら」と呼ぶようになっていったのです。 きんぴらごぼうの語源に、金太郎の息子が関係していたのですね。 どんな食材でも、細切りにして甘辛く炒めた料理は「きんぴら」ということなので、いろいろな食材で試してみるのも楽しいかもしれません。 大根やカブ、人参、サツマイモなどの皮を剥くときに厚めに剥き、きんぴらにしている人も多いようです。 そうすると、本来捨てるはずの皮が食材となり、食卓に一品増えることになるので嬉しいですよね! 関連: -.

次の

きんぴらごぼう 細い! 日本料理のきんぴらごぼうは少し違います 懐石料理にも使えるきんぴら教えます

きんぴらごぼう 漢字

牛蒡の始まりが縄文時代なのか平安時代なのかはっきりしてないのね。 平安時代頃に日本最古の「牛蒡」の記録 ルーツがはっきりしないので、文献上の歴史を見ていきましょう。 日本の歴史上、 初めて「牛蒡」に関する記述が登場するのは898~901年頃に成立した漢和辞典『新撰字鏡』(しんせんじきょう)です。 『新撰字鏡』には「悪實(あくみ) 支太支須(きたきす)乃弥」とあり、この 「支太支須(きたきす)」が牛蒡の古い名称とされています。 「牛蒡」自体の字が初めて登場したのは、931~938年頃に成立した辞書『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』とされます。 この『倭名類聚抄』の「蔬菜(そさい/栽培作物)部」の「野菜類」に「牛蒡」の名前が登場します。 つまり、 931~938年(平安時代)頃には、すでに「野菜」として知られていたわけです。 牛蒡が栽培された始めたのは鎌倉時代 牛蒡が実際に栽培されていたのは、鎌倉時代(1185~1333年)頃とされます。 京都・東寺伝来の古文書『東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)』の1266年(文永3年)の記載に 「牛房五十把」「山牛房卅本」と牛蒡の収穫量の明細が記されています。 「これくらい採れてたよ」っていう明細があるということは、 栽培されていたということ。 江戸時代に急増「牛蒡の種類」 江戸時代に入ると、様々な品種が生まれたとされます。 大浦ごぼう 千葉匝瑳(そうさ)市大浦地区原産。 太くて短い牛蒡、とても柔らかく煮物に適しており、現代では高級料理の食材とされます。 沢野ごぼう 石川県七尾市原産。 形は太長く、沢野婆谷神社の神主が取り寄せた京都の牛蒡の種を栽培したのが始まりであり、主に将軍家に献上されていました。 美東ごぼう 山口県美東町原産。 赤い粘土質の土壌で栽培され、根が長いうえに、根の先端まで肉付きが良く、柔らかい食感と香りが特徴的で市場では高値が付きます。 滝野川ごぼう 特有の香りがあり、肉質には弾力があります。 1688~1704年(元禄年間)に栽培が始まったとされ、 水はけが良い滝野川村(現在の北区滝野川)に住む鈴木源吾なる人物によって品種改良が行われました。 「良種」とされ、全国に広まった品種でもあり、 現在日本で栽培されている品種の9割はこの滝野川ごぼうの系統であり、派生種とされています。 牛蒡の栄養 牛蒡の大部分は 「イヌリン」「ヘミセルロース」と呼ばれる食物繊維で構成されています。 牛蒡の独特の風味やゴリっとした歯ごたえは、 これら食物繊維によるものです。 続いては、これらの効果・効能。 「牛蒡抜き」:牛蒡を勢い良く引き抜くように、一気に抜いてしまうこと• 「ごんぼ(牛蒡)掘り」:牛蒡を引き抜く(掘る)のは力が必要で厄介なことが転じて、面倒な人、くだを巻く人、無理難題を言う人、文句ばかりの人を指す• 「人の牛蒡で法事する」:他人が持参した牛蒡で法事の料理を作ることから、他人の物で自分のやるべきことを済ませること、転じて 他人に便乗して済ませてしまうこと• 「牛蒡の種まきは柿の葉三枚」:柿(木)の芽に葉が三枚付いた頃に、牛蒡の種をまくと良いという教え• 「酢はなます 牛蒡は田麩(でんぶ)」:なますは酢が、麩(ふ)は牛蒡があるとおいしくなることから、 料理の際に欠かせないアイテムのこと• 「牛蒡を同じ土地に二年作らぬ者は馬鹿」:牛蒡は同じ土地で作ると収穫量が増えると信じられたため/ 牛蒡は地中深くまで根を伸ばすため、畑の土をよく混ぜて、次の栽培のためにも良い土を作るとされる 後に『私は貝になりたい』としてこの話を参考にしたフィクションとしてテレビドラマ化されました。 生薬「牛蒡子」の由来 「牛蒡子(ごぼうし)」とは、 漢方薬に用いられる生薬(しょうやく)の一種で、 牛蒡の種子を乾燥させたものです。 由来は定かではありませんが、「牛房子(ごぼうし)」は 牛蒡の種子を指すため、牛蒡子と呼ばれると推察されます。 煎じて飲用すると腫れの治癒に効くとされ、漢方薬としては扁桃腺炎、神経症、湿疹、じんましんなどに含まれています。 中国では「悪実」とも呼ばれたワケ 1596年に中国で出版された薬学書『本草綱目(ほんぞうこうもく)』には、牛蒡について 「悪実」と記載されています。 そのまま訳せば「悪い実」とされ、 トゲが多くて(薬にするには都合が)悪い植物だったためといわれています。 しかし、「悪」には「強い」という意味もあり、 滋養強壮の効果があったためにそう名付けたと解釈する方もいます。

次の

【食べ物の雑学】「きんぴらごぼう」のきんぴらって何?

きんぴらごぼう 漢字

全く関係ありません。 きんぴらゴボウなどの「きんぴら」は、江戸時代に浄瑠璃や歌舞伎、絵双紙などで人気の「坂田金平」にあやかって付けられたものです。 金平は坂田金時(金太郎)の息子とされ、大変な豪傑であることから、強い者の代名詞となりました。 きんぴらゴボウは、唐辛子の辛さと、ゴボウの歯ごたえと強精効果の期待から名付けられました。 金毘羅は現在は神道化し、大物主神を祭る神社とされていますが、本来の金毘羅とは、インドのガンジス川に住むワニを神格化した「クンビーラ」という神に由来します。 このクンビーラは仏教では釈迦如来の守護神、また薬師如来を守護する十二夜叉神将の筆頭などと、仏教守護神して取り入れられ、漢訳経典では金毘羅(こんぴら)、宮毘羅(くびら)などと音写されます。 現在の香川の金刀比羅宮は、本来は真言宗の寺院で象頭山松尾寺といい、金毘羅大権現は松尾寺境内の鎮守社でした。 江戸時代に松尾寺の金毘羅が信仰を集め、特に海上安全の利益として全国各地に広まります。 しかし明治政府によるの神仏分離政策によって松尾寺が廃寺となり、堂宇は神社に改変され、祭神の由来、歴史なども塗り替えられて神道の金刀比羅宮となりました。 ですから「こんぴら」はもともとはインドの言葉に由来します。 A ベストアンサー 坂田金時 まさかり担いだ金太郎 の息子・坂田金平(きんぴら)に由来します。 金時は実在したという記録がありますが、金平は江戸時代の浄瑠璃の中で作られた架空の人物で、怪力によって化け物を次々と退治する荒唐無稽な物語なので大人気となりました。 このことから、 【「金平」=強い・丈夫・太い】 となり、 ゴボウも精が付くと言うことから「金平ごぼう」と呼ばれるようになりました。 「固く強い野菜」の料理と言う意味という説も 今は「きんぴら」と言ってもごぼうに限らず、にんじん・きのこ・大根の皮・なすなど、何でも野菜を炒めて、しょうゆや砂糖で味を付ける調理法の料理を言います。 ちなみに下の名前も同じ由来です。 【金平糖】=ポルトガル語の「菓子=コンフェイスト」に「固い」という意味で当て字をした物 【金平縞】=太く荒い縞織物 【金平足袋】=丈夫な足袋 【金平糊】=にかわを混ぜてねばりけを強くした糊。 以上「広辞苑」から A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー No3さんの回答が一般的なのですが、文字の成り立ちには諸説あるので、違った観点から意見を言わせてもらいます。 「幸」は一説によれば、元の成り立ちは、刑罰に使われた手かせの形と、それを逃れる意の字(逆のしんにょうを取った字)が合わさったものとされています。 一方、「辛」はNo3の方も言われていますが、入れ墨針の形からです。 この入れ墨針は、刑罰者に用いられていた入れ墨針です。 つまり、「幸」は刑罰用の手かせ、「辛」は刑罰用の針、から成り立っています。 刑罰道具という事では、二つの漢字には関連があるとも言えます。 どのみち、「横棒を一本取ったら~」というのは、完全に後付けの関連です。 それにしては、よくできた関連付けだと思います。 校長先生のスピーチとかで、よく聞くエピソードですからね。

次の