奨学 金 返済 額 確認。 奨学金の残りはいくら?日本学生支援機構の奨学金残高を確認する方法

奨学金の制度(給付型)

奨学 金 返済 額 確認

奨学金についての質問です。 奨学金について無知です。 私は奨学金はなく、主人が第1種と第2種と返済が残っています。 以前から「30歳になる年に1つの奨学金返済が終わる。 」と主人から聞いていたのですが、何かの書類を見て、もう1つの奨学金と返済日が同じになっていることに気付いたそうです。 もちろん遅い方 勝手にそんな変更されることなんてあるのでしょうか? 多分把握していなかっただけだと思うのですが...。 私は第1種と第2種と返済額それぞれいくらなのかも把握していないし、残りの額も分かりません。 自宅に奨学金の書類も送られてきたことがないので、調べようがないです。 主人に聞いても「確認するのが大変。 」の一点張りで、自ら計算して口頭で伝えてくるので、定かでもないし、きっちりその額なのかも分かりません。 なんなら「奨学金の返済が月によって前後する。 」みたいなことを言われました。 ちなみに、片方は母子家庭で成績優秀だったため安くで借りれているそうです。

次の

利用限度額と振込日について < 奨学金の借り方│奨学金ガイド

奨学 金 返済 額 確認

新型コロナウイルス感染症に係る影響により家計が急変した方に対する支援として、在学の方を対象とした奨学資金貸付申請の緊急募集(5月15日(金曜日)から6月4日(木曜日)まで)を行います。 奨学資金貸付制度 奨学資金貸付制度は、高等学校等に入学が決定し、または在学中で修学意欲が旺盛にもかかわらず、経済的な理由により修学が困難な人に対して、奨学資金(奨学金)を無利子で貸し付けることにより有能な人材を育成することを目的としています。 なお、貸し付けは草加市奨学資金貸付審査会で申請内容等を審査し、貸し付けの適否を決定した後実施します。 奨学資金貸付制度 学校種別等 学校種別等 貸付額(月額) 返済方法 対象者と主な要件 高等学校 高等専門学校 専修学校 国・公立 1万円 6か月据え置き 貸付期間の2倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 高等学校 高等専門学校 専修学校 私立 2万円 6か月据え置き 貸付期間の3倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 短期大学 大学 国・公立 1万5,000円 6か月据え置き 貸付期間の2倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 短期大学 大学 私立 3万円 6か月据え置き 貸付期間の3倍の期間で均等割賦 進学(予定)者か在学者本人で下記の要件等を満たす人• 市内に1年以上居住している• 1都6県に居住で市区町村税を完納し、債務を保証できる所得のある連帯保証人が1人いる• 他に奨学金に相当する学資の貸し付けを受けていない 注:貸付金は無利子です。 奨学資金貸付申請の受付期間• 緊急募集:令和2年(2020年)5月15日(金曜日)から令和2年(2020年)6月 4日(木曜日) 申請書等の配布 制度の詳細、申請書等の様式及びその記載例等を記載したしおりを、教育委員会総務企画課窓口(ぶぎん草加ビル(草加市高砂2-1-7)4階)及び各サービスセンター(新田・松原・谷塚)で配布。 下記の関連ファイルからもダウンロードできます。 申請受付 教育委員会総務企画課窓口にて 電話番号:048-922-2619 貸付の決定 申請後に開催される草加市奨学資金貸付審査会において申請内容等を審査し、貸付の適否を決定し、その適否を申請者及び連帯保証人宛てに、6月下旬ごろまでに通知します。 奨学資金貸付金の返済猶予 奨学資金の返済にお困りの人は、返済を猶予することができますので、ご希望される場合は、総務企画課(電話番号:048-922-2619)までご相談ください。 注:返済猶予が認められた場合でも、返済額が免除されるものではありませんので、返済猶予の終了後、猶予していた金額を返済する必要があります。 下記関連ファイルからご確認ください。

次の

奨学金返済シミュレーション/返済額,利率,方法,期間をイメージしよう!【奨学金なるほど相談所】

奨学 金 返済 額 確認

高校生等奨学給付金は、平成26年4月1日に「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第90号)」が施行されることに併せて、平成26年度から開始された補助事業です。 制度趣旨 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 国の補助基準は下記のとおりです。 なお、各都道府県において制度の詳細は異なりますので、具体の要件、給付額、手続等については、下記のリンク「高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧」にてご確認の上、お住まいの都道府県にお問合せください。 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額8万4,000円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円• 国立・公立高等学校等専攻科に在学する者:年額3万6,500円• 私立高等学校等専攻科に在学する者:年額3万8,000円• お問合せ先.

次の