大田 区 母子 手帳。 大田区ホームページ:大田区立母子生活支援施設の指定管理者を募集します

母子手帳は、いつもらう? 妊娠何週目? もらえる場所や必要書類を解説! |ウーマンエキサイト

大田 区 母子 手帳

母子健康手帳を代理人が受け取る場合に必要なもの 初めての病院での検診に付き添った時、待ち時間の間に待合室に貼ってあった張り紙を見ていました。 それらの中にたまたま母子健康手帳を取得する際の注意事項が書いてありました。 要は取得する際に必要なモノがありますよというもの。 平成28年1月からマイナンバーが必要になったみたいです。 まとめると以下のように。 妊娠した方(お母さん)が貰いに行く場合持っていくもの• 「妊娠届出書」• 「マイナンバー(個人)カード」(マイナンバーカードがなければ「通知カード」と「免許証などの本人確認ができるもの」) そしてそのまま読み進めると代理人が母子健康手帳を取得する場合という項目が出てきました。 代理人が母子健康手帳を貰いに行っていくもの• 「妊娠届出書」• 妊娠した方の「マイナンバー(個人)カード」(マイナンバーカードがなければ「通知カード」と「免許証などの本人確認ができるもの」)• 代理人の「免許証などの本人確認ができるもの」 私が母子健康手帳を取りにいく可能性があったので、代理で行く場合に何が必要なのかを調べようと思っていましたが事前にわかってラッキーでした。 印鑑が必要な所もあるとか。 事前に確認しておいたほうが無難です。 母子健康手帳を夫が交付してもらう 病院で必要なものがわかったのでそれらを準備。 そしてやはり奥さんが仕事で母子健康手帳を取りにいけないということで夫である私が代理で受け取りにいくことにしました。 というわけで代理人として受け取る場合に必要なものを準備して出発。 母子健康手帳の交付場所を確認! 母子手帳を貰える所は住んでいる地域によって違うみたいです。 市役所に行けば貰えるのだろうと思っていましたが、私の地域では「保健センター」という場所で取得するようでした。 市役所と保健センターは離れた場所にあるので危うく間違えて行ってしまうところでした。 ちなみに母子健康手帳をどこでもらえるかは病院から「妊娠届出書」をもらう際に、一覧表を一緒にもらって判明しました。 もし病院からもらえなかった場合はお住まいの役所で聞きましょう。 妊娠届出書を提出…だけ? 保健センターに到着し受付に行く。 受付窓口はココで合っているのか?とウロウロしていると女性職員の方が気付いてくれた。 その方に「代理で母子健康手帳を貰いに来ました」と伝える。 すると「妊娠届出書はお持ちですか?」と聞かれたので妊娠届出書を渡す。 「確認しますので少々お待ち下さい」と言われ待合スペースで待機することに。 しばらくすると少し離れた部屋の扉が開き、先ほどの職員さんから「コチラへどうぞ」と呼ばれました。 結果から先に言いますがこの後、妊娠届出書以外にマイナンバーカードや免許証などは提示を求められませんでした。 妊娠届出書にマイナンバーを書くところがあったかもしれませんが…。 あくまで私の地域の場合はなので皆さんも一応は持っていった方が良いと思われます。 代理人として母子健康手帳をもらう際に困ったこと 個室に通されると「母子健康手帳を渡す前に記入して頂きたいものがあるのでお時間30〜40分ほどよろしいですか?」と聞かれる。 そんなに時間が掛かるものなのか!?と思いましたが、「時間はあるので大丈夫です」と答える。 席に通され厚手の用紙を手渡されました。 そこには以下のような記入項目がありました。 (写真を撮れなかったので、覚えている限りを載せておきます。 ) 自身で記入すべき項目• 母(妊娠した方):氏名、生年月日、年齢、住所、職業、健康状態、(携帯)電話番号• 父(妊娠した方の夫):氏名、生年月日、年齢、会社名、健康状態、(携帯)電話番号• 母(妊娠した方)の両親:氏名、生年月日、年齢、連絡先(住所と電話番号)、健康状態• 父(妊娠した方の夫)の両親:氏名、生年月日、年齢、連絡先(住所と電話番号)、健康状態• 現住所周辺の簡易地図• 婚姻日• 妊娠何週目か• 「嬉しかった」とか「驚いたが嬉しかった」などが並んでいました。 妊娠中に困った時に相談できる方はいますか?:記名する箇所あり。 妊娠検査をした病院名と分娩予定の病院名 以上のようなことを書く事となりました。 とても困りました。 まず第一に奥さんのご両親の項目!生年月日や年齢なんて覚えてないぞ…! 時計を見ると奥さんの仕事が始まる5分前だったのですかさず電話。 なんとかご両親の情報だけ聞き出す。 このことで少しあがってしまい、自分の両親の生年月日や年齢もど忘れ。 それを見かねた職員さんが「全てを正確に記入しなければならないというわけではないので、何十代とかでも構わないですよ。 」と言ってくれました。 次に妊婦さん自身の気持ちや考えを記入する箇所に困惑。 「母子健康手帳」というだけであってお母さんとなる人が記入する作りになっているのです。 ここも職員さんの助けを借りながらなんとか記入していく。 ちなみに妊娠中に困った時に相談できる人は大体「旦那さん」とか「母親」とか記入しているらしいです。 妊娠検査は奥さんと一緒に病院に行ったので知っていましたが、分娩する予定の病院はそもそも決めてませんでした。 恐らく同じ病院になるだろうということで同病院名を書いておきました。 なんとか項目を埋めて(埋まらなかった所も多々ありましたが…)用紙を職員さんに手渡す。 するといくつか質問させていただきますね。 と質問タイムが始まりました。 以下覚えている質問の内容です。 職員の方に聞かれた質問• 妊婦(奥さん)の身長と妊娠前の体重• 夫の身長• 妊婦の乳首のカタチ(陥没?扁平?普通?など)• つわりはありますか?• 妊婦の持病などはあるか• 飲酒やタバコを吸っているかの確認(妊婦と夫)• ペットを飼っているか• 出産をする際に妊婦の仕事はどうするつもりか• 出産後に育てる場所はどう考えているか?(里帰り出産で実家なのか、自宅なのか?)• 出産後に両親などで助けてくれる方はいるか? コチラはなんとか乗り切ることが出来ました。 しかし奥さんの体重とか乳首のカタチは普段知ろうとしないとわからないことだと思います。 私は奥さんが妊娠した時に色々会話した時にたまたま話題がでたこともあって知っていましたが。 やはり、これらの質問に関しても「妊婦となるお母さん」本人が出向かないとわからない質問があるなぁ…と感じました。 母子健康手帳を無事に取得 質問も終わり、遂に母子健康手帳の支給となりました。 その際にに母子健康手帳にどんなことが載っているのかの説明がありました。 また、妊婦健診の補助券も同時に支給となるので使用する際の注意点や説明がありました。 それから、住んでいる市の各種子育て支援の紹介を受けました。 両親学級の開催やホームヘルパーサービスなどです。 あとは妊娠・出産・子育てに関するお役立ち冊子やマタニティマークのステッカーなども頂きました。 というわけで無事に代理人としての責務を果たしましたが、スゴイ疲れました。 ほんとグッタリです。 時計を見ると軽く50分は掛かっています。 代理で行く人は1時間ぐらい掛かると思っていた方がよいですよ。 最後に職員さんから「何か不安や質問がありますか?」と尋ねられました。 私自身が妊婦ではないので奥さんが何か悩んでいることがあるかどうかというのもわからず何も質問できませんでした。 その代わりに「代理人で母子健康手帳を貰いに来る方はいるんですか?」と尋ねました。 すると「妊婦さんがつわりが酷くて自分で来れない時に親御さんが来る時はありますね。 旦那さんが来ることもたまにありますよ。 」とのことでした。 まぁ夫が代理で来ることは稀だということですね。 そこらへんもまだまだ夫が育児などにあまり関われないことのあらわれなのかな?と思ってみたりしました。 代理人が母子健康手帳を交付してもらうまでのまとめ 以上、代理人が母子健康手帳を入手するまでを綴りました。 母子健康手帳をもらう際にある程度の情報量を書く事になります。 お母さんとなる方だったらわかることも代理人だと途端にわからない事もあります。 ですのでこの記事を参考にして頂き、奥さん自身の事や気持ち・考えていることを事前に聞き出し、各両親のパーソナル事をまとめてから貰いに行くことをおすすめします。 母子健康手帳ケースの役割 母子健康手帳は妊娠中はもちろん出産後もずっと使い続けていくものです。 そんな大事な母子健康手帳を収納するために母子手帳ケースなるものが存在します。 妊婦さん用の雑誌などでも特集がされていたりします。 私は当初、「そんなものまであるのか…。 でもわざわざ買わなくとも普通にバッグの中とかにしまえばいいんじゃないの?」と思っていました。 しかし妊婦である妻が新たに母子手帳ケースを買うことで「よし、子どものためにも妊娠期間がんばるぞ!」という気持ちになるというので購入に至りました。 その時は妻の好みで単純に「かわいい」柄の母子手帳ケースを購入しました。 ここでこれから母子手帳ケースの購入を考えている方に注意したほうが良い点を伝えておきます。 以下の点を考慮の上、購入していただけると不便さを感じないかと思われます。 母子手帳ケースは母子手帳を入れるだけではない 母子手帳ケースというぐらいなのだから母子手帳を入れるものなのですが、用途はそれだけではありません。 妊婦自身の婦人科の診察券や保険証。 妊婦健診の補助券。 次回受診の予約票。 さらには出産が終わり、子供のぶんの各種診察券や保険証。 更に更に子供の予防接種の受診票。 などなど 病院通いが増えるにつれて収納するものが多岐にわたり増えていきます。 ですので出来れば収納が多い母子手帳ケースがおすすめです。 母子手帳ケースの開け締めがスムーズなように 子供が生まれたあとの話ですが、病院に持っていく荷物が増えます。 おむつや着替え、人によってはミルク用の哺乳瓶など。 赤ちゃんを抱っこしながら、荷物を抱え、バッグの中からやっと母子手帳ケースを取り出します。 そして母子手帳ケースを開けるわけですが…。 ここがジッパーとかだとかなりメンドイです。 もっと開けやすいやつにすれば良かった!と思う瞬間です。 また、やっとの思いであけてもカードの収納部分がゆるくてカードがあちこちに飛び散っている…。 しっかりとカードをホールドしてくれるような母子手帳ケースのほうがよいです。 決して「表面のカバーがかわいい」だけで選ばないほうがいいですよ。 の母子手帳ケースが使い勝手が良いそうです。 少し高いですが、これからずっと使い続けるものです。 ぜひとも利便性があるものを使って自身の負担を少なくしていきましょう。

次の

川崎市:妊娠届と母子健康手帳の交付

大田 区 母子 手帳

退職したら、気が抜けたのか、一気に体力が落ちた。 歩くのもやっとの状態。 外を歩くのが難しいほど。 食欲も日に日になくなっていった。 前回の婦人科にて、次回母子手帳を持ってきて、と 言われたので、この日、保健センターに母子手帳をうけとりに行った。 保健センターは当時の自宅から徒歩15分ほど。 ダー介が半休をとって付き添ってくれた。 簡単な書類に記入し、その後保健士さんと面接。 ダー介も一緒。 かなり痩せて顔色が悪い私。 保健士さんがずっと気にしてくれた。 面接では母親学級の案内など 区のサービスの説明。 母子手帳の他に配られる冊子、サービス券の案内。 ・・・大田区で配布された物・・・ 母子手帳 出生通知票(出生届とは別。 出生時にこれを保健センターに送付することで 産後保健士訪問などのサービスを受けられる) 先天性代謝異常等検査のお知らせ 妊婦健康診査受診票2組(東京都共通・前期と後期の2回分 検診代が無料) 妊婦歯科検診受診票(大田区独自のサービス・歯科検診1回無料) 妊婦超音波検査受診票(これは35歳以上の方のみ) その他、冊子 大田区の育児支援サービスの案内冊子 赤ちゃんの命名についての簡単なプリント 子ども家庭支援センターの冊子 児童手当、医療費助成のあらまし 両親学級のあんない 妊婦の栄養について (これは市区町村によって配布される内容が違うようです。 私は妊娠中に引越し、別の市にて同じようなセットを頂きましたが 若干中身が違いました。 母親学級に参加した時に配布されるテキストも 市区町村で差があります。 大田区のテキストはA4サイズで 127ページと、ボリュームもあり、立派な物でした) 母子手帳を受け取った時は嬉しかった。 ずっと欲しかった手帳。 他の冊子は、その量にびっくりした。 保健士さん「あなたの場合、体力ついてから読めばいいですよ」と 言ってくれた。 保健センターにダー介も一緒に来てくれたことは とても嬉しかったし良かったと思う。 体力面の不安はもちろんだが、 精神的な面でも、今後サポートしてくれる存在であるダー介。 ダー介本人は サポートというより 「一緒に産むんだ」と言っていた。 そして、最終的に立会い出産になるわけだが、 それはまた先の話…。 さて、保健センターの帰りにちょっと食事をして、 ダー介はそのまま出勤。 私は婦人科へ行った。 この日のつくしのエコー写真は傑作だった! とても可愛かった。 もう親ばか?と思うだろうが、看護師さんも 「かわいい!」と声を出してしまうほどだった。 キューピーちゃんのような姿。 おててはドラえもん、まんまる。 かわいかった。 この写真にどれだけ勇気付けられたか…。 そして、ダー介にエコー写真を写メール。 ダー介はいまだにこの写メールを大事に保存しているとのこと。 つくしが、「人間」なんだと実感した日だった。 さて、検診内容だが、 通常の妊婦検診は 体重測定、尿検査、血圧測定、エコー。 エコーは妊娠の初期は経膣で後期から経腹。 そして、前期・後期に血液検査があった。 この日は前期の血液検査の日だったため 検診代も16,100円と高めだった。 (妊婦検診は病気でないので保険適用がない。 ただ、私の場合、前半は妊婦検診というより 「これは治療扱いにしようね」などと先生がおっしゃってくださり、 診察に保険が適用されていた。 どこからが妊婦検診かはあいまいであった。 いずれにしても、この血液検査は 他ならぬ妊婦検診なので、高いです。 ) 血液検査の種類も、病院によりまちまちらしい。 必須と任意の物がある。 病院によっては 受けなければならない検査項目が決まっている。 後に別の病院に転院した時は 「これこれの検査を受けなければ当院での出産は認めない」というような システムだった。 私の通っていた婦人科は任意項目は文字通り 「これはどうしますか?」と検査の案内をしてくれた。 不安は全部払拭したいので、すべての検査を受けることにした。 私の受けた血液検査の内容は次のとおり。 風疹 トキソプラズマ HB(S)抗体 梅毒 血液ABO型 血液Rh式抗D HIV HCV ATLA.

次の

大田区ホームページ:出生届

大田 区 母子 手帳

Contents(目次)• 大田区で妊娠するともらえるもの 大田区で妊娠すると次のものがもらえます。 母子健康手帳(母子手帳)• マタニティマーク• 父子健康手帳• 妊婦健康診査受信票 無料診察券• 妊婦超音波検査受診票• 妊婦子宮頸がん検診受診票• 妊婦歯科健康診査受診票• 出生通知書• カタログギフト「えらんで」• おいしい!かんたん!マタニティ食事レッスン• 大田区の父母教室の案内パンフレット• 妊婦向け各種クーポン券 母子健康手帳 母子手帳 大田区は母子手帳の表紙がミッフィーちゃん。 かわいい。 結構こんな赤裸々なページも。。。 マタニティマーク これはよくもらえるマタニティマークです。 妻はこの木のマタニティマークが可愛くないと言って開封すらしませんでした。。。 よく妊婦さんがつけている「ぷっくり」したマタニティマークは鉄道各社の窓口でもらえるようです。 父子健康手帳 僕ははじめて見たんですが、父子手帳なるものもあるんですね。 ミッフィーちゃんの可愛さとの落差。。。 中身を読んでみましたが「家事を手伝いましょう」とか「男でもできる簡単料理」とか、マジレベルが低すぎて。。。 女性陣の顰蹙を買いそうです。 妊婦健康診査受信票 無料診察券 大田区は14回分の無料診察券がセットになっています。 無料にならないものもあるみたいで、妻の場合、 初回は10000円くらい、2回目は3000円くらい、3回目は2000円くらいだったみたいです。 人によっては診察回数が規定の回数より多くなることもあるようで、無料診察券がなくなると自腹で検査をされている妊婦さんが多いようです。 妊婦超音波検査受診票 いわゆるエコー検査の診察券です。 これも一回分しか無いので、基本的にはエコー検査って自腹みたいです。 妊婦子宮頸がん検診受診票 妊娠すると子宮頸がん検診を無料で受けることができます。 意外に擬陽性が出る人も多く、必ず受診しましょう。 妊婦歯科健康診査受診票 妊娠した人が受けられる歯科検診の受診票です。 僕の妻は受けてないみたいなんですが、妊娠を機に受けてみてもいいかもしれません。 出生通知書 子どもが産まれたあとに提出する出生通知書も一緒に入っています。 名前何にしようかなー。 カタログギフト「えらんで」 大田区の出産応援事業「かるがも」の特典としてカタログギフトがもらえます。 結構豪華ですよね!!おそらく市価8000円~10000円くらいのものがたくさん入ってます。 行政ってつくづく家族連れには優しいんだね。 と妻と盛り上がりましたw。 おいしい!かんたん!マタニティ食事レッスン 妊娠した人向けのメニューや子どもが産まれた後の献立が載っていました。 大田区の父母教室の案内パンフレット 「母と子の保健バッグ」なるものです。 これ自体はそんなに豪華じゃなかったです。 一番妻が喜んでいたのはカタログギフトでしたね。 大田区内での妊娠・出産・育児のお役立ち情報がぶわぁ~~~っと載っていました。 正直読む気がしないwww 妊婦向け各種クーポン券 これはもうクーポンですね!! ベルメゾンやパルシステムなどの家庭向けのクーポンです。 1000円オフ券とかそういうのがありました。 妊婦むけギフトを大田区からもらうには 母子手帳などは妊娠したことが分かる証明を持って大田区役所やその出張所に行くともらうことができます。 カタログギフトに関しては、区役所や出張所で妊婦さん本人が助産師さんの面談を受ける必要があります。 どこかでお休みを取って足を運んでみましょう。 このバッグの中には、妊娠、出産、育児についての案内書、妊婦健康診査受診票、出生通知書などが入っています。 「妊娠届出」には医療機関の証明書は必要ありませんが、「妊娠週数」「分娩予定日」「受診先の医療機関」「個人番号(マイナンバー)」の記入が必要です。 また、初めて妊娠された方や出産に不安をお持ちの方は、各地域健康課の保健師、栄養士、歯科衛生士が相談を受けます。 夜間、土日の交付について 交付窓口: 本庁舎1階「うぐいすネット受付窓口・母子健康手帳(夜間、土日)受付窓口」 月曜日から金曜日は午後5時から午後7時まで(祝日と年末年始は休み) 土曜日と日曜日は午前9時から午後5時まで(年末年始は休み) 最後に 妊娠すると色々もらえるんですねー。 驚きでした。 特に「えらんで」のカタログギフトがかなり豪華。 妻と目を丸くしました。 カタログギフトはもう少し妊娠周期が進んだら頼もうと思います! 元気にうまれてこい!マイベイビー。 戌の日の安産祈願に奥さんと多摩川浅間神社に行ってきた 奥さんにervavivaの妊娠線クリームをプレゼントしたらめちゃくちゃ喜んでくれた 妊婦向けのプレゼントはママが使えるものがオススメ.

次の