デュエマ ヘブンズ フォース。 【ダッカルパラノーマル】

デュエマ妄想構築録 vol.8

デュエマ ヘブンズ フォース

ヘブンズ・フォース UC 光文明 2 呪文 S・トリガー コストの合計が4以下になるように、好きな数の進化ではないクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。 で登場したの。 を髣髴とさせる名称だが、にも近い性質を持つ。 最速で使えば2目に4溜まった状態と同じようにを出す事ができ、しかもの縛りもない。 といった1〜2のをばらまいて一気に打点を揃える事も可能だが、ここはやはり4のを早期に出したい。 など、4のを軸にしたに、などの優秀なのとともに採用できる1枚である。 など3色のタイプではさらに早出しできるのレパートリーが増えるので、覚えておいて損はない。 も持っているので、相手にやなどをすれば相手のを防げる点も大きい。 これ程の高いを持つにもかかわらずが比較的集めやすいなところも嬉しい限り。 また久々に登場したの名を持つでもある。 はちょうど4であり、このでだしながら損失を補ってくれるかもしれない。 同じく4のを早期に場に出せるは上記のが存在する。 こちらは相手にもを出せる点、さえあれば使えを回避できる点などが強み。 一方で5以上のはできないため、より早期決着に特化したではこちらを選ぶ事になるだろう。 ルール [ ]• とは違い、これはである。 そのための対象となるので注意が必要。 やと、以降のこの手のにはハイスペックなものが次々登場しているので、そういう点では向かい風といえるだろう。 は 面のを参照する。 などの裁定と混同しないように。 環境において [ ] では、で使用された。 先攻2目に打つ場合は相手がまずを出していないはずなので、そうした場面を考えてへの対策を切るという構築もあり、これは現在でも変わらない。 では、とりわけが普及した影響でそれほど目立たないカードであった。 では、消費が激しくなる性質からの必須パーツとして採用されていた。 を早出ししたいためにが1枚だけになるように調整する目的で使うケースもあり、結果として11体しか呼び出さないケースも珍しくない。 この頃のではのようにの指定のが主流であり、このはが4枚溜まればすり抜けてしまう。 速攻でも4位ならギリギリ貯められる領域だろう。 そこまで貯めなくても、やなどの2のを2体踏み倒すプランもとれるため、隙が少ない。 の対策として、相手の《ヘブンズ・フォース》を封殺するためにで出されることも。 このを採用した型では、やなどの手段、やなどの除去手段、の呪文を踏み倒すなども、最速2ターン目から封じることができてしまうため、にも強く出れるようになった。 での実績や、を問わないの高い性能から、の予想が多くのプレイヤーから立てられていたが、手段が登場したになると、に引っかかることとで引くと弱いこと、相性の良いの刺さる中心のデッキへのメタは同時期に登場したで十分なこと等が考慮され、《ヘブンズ・フォース》を採用しないも登場。 しかし、が登場したことにより、での復権を果たす。 ではが登場したことによるの強化と、の登場によるの強化で、活躍の機会が再浮上した。 その他 [ ]• や3色等、低頼みだがを起こしやすいに入れれば初動がスムーズになる。 関連カード [ ]• [ ]• 新たな正義を、その身に宿し。 収録セット [ ]• illus. illus.

次の

ガチで殿堂予想してみた。【デュエマ】

デュエマ ヘブンズ フォース

ヘブンズ・ゲート R 光文明 6 呪文 S・トリガー 光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。 で登場したの元祖。 代表的なであり、からのを2体まで出せる。 基本的に、を無視してを出せるは強力であり、このも例外ではない。 から出すとはいえ、さえ持っていれば小型から大型まで幅広い組み合わせで2体のを出せるため、その展開力は目を見張る。 手札の都合で1体しか出せなくても十分な事も。 も付いているため奇襲性は抜群。 相手中にことができれば、自分のには可能な大型が2体揃っていることになる。 の対策にもなり、特に相手に運よくすればそれだけで勝利に繋がることもある。 しかし、一気にを2、3枚消費するので癖が強く、何らかのを組み合わせなければその旨みを活かすことはできない。 よって、大型とを多めに積んだ専用で使われることになる。 当初は元祖超巨大ブロッカーであるや無限ブロッカーのが使われていたが、現在では数え切れない程コスト踏み倒し先に恵まれている。 このカードを使ったはを参照のこと。 登場当初は「を早出ししても仕方がない」と扱いされ、さらに6ですら重いと言われていた。 するというの機構は3弾後のにようやく確立された。 以降このは度々に姿を現したが、の流行したでは比較的評価が低かった。 1体目でなどを出した場合、はこののが終わるまで待機されるため、それで引いたは出せない。 踏み倒すは、厳密に言えば1体ずつ順番に場に出る。 同時に出るわけではないため、を2体出した場合は1体目で1枚、2体目で2枚の計3枚まで引けることになる。 ただしこの挙動が正式になったのは2009年8月29日で、同年5月頃は上記の手順でを出した場合、4枚引けることになっていた。 このの存在から、新しくでないのが出る際はを持っているかが注視される。 また、の、特に進化ではないはが凄まじく高く設定されることが多い。 他にもやなど、のを出す方法は増えていっているため、この傾向は今後も続くと思われる。 派生カードとしてでもでもないをするが存在する。 踏み倒せる対象はあちらの方が圧倒的に少ないが、とはまるで異なる色の強い戦法をとることが出来る。 された際に「出してもよい」が「出す」に変更された。 元々「2体まで」と書かれているので、どちらのにせよ0体〜2体の好きな数を選ぶことはできる。 で登場したによって、のを手に入れた。 では、イラストにが載っている。 また、に収録された新規イラスト版には、白凰の母が描かれている。 ではのお気に入りのであり、その縁ででは彼女のとしてされた。 のもう一つのバージョンは作の漫画「監督不行届」とのになっている。 にいる「カントクくん」(に描かれているメガネのヒゲのキャラクター)は、安野氏の夫・庵野秀明氏がモデルである。 ちなみに、その横に描かれている赤ん坊のようなキャラクターは「ロンパース」で、安野モヨコ氏の自画像。 で再録された際に、の居城への入り口であったことが判明する。 の登場以来、膨大なを蓄える彼がこの門を通じて数多くのを降臨させてきた様子は想像するに容易い。 に収録されたカードには成長したが描かれている。 にてその様子をに書かれたが、が 《天命讃華 ネバーエンド》と誤植されてしまっている。 恐らくはと名前がごっちゃになってしまったのだろう。 にてというカードが登場した。 そちらで2番目のモードを2回選べば、『光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを2体、自分の手札からバトルゾーンに出す』という効果になる。 これは、との違いを除き、このカードと同じものである。 『コロコロアニキ』第6号付録のプロモカードは小林よしのりの代表作「おぼっちゃまくん」とのコラボカードとなっている。 同作品の主人公、御坊茶魔がに描かれており、ちょうど裸のキューピットの姿をしている。 但し、公共の場で使うのに問題が起こらないように、腰を反らせて局部が見えないようにしたデザインになっている。 北米版では初出版のこののと同じものが使用されているがが全く別のカードが存在する。 日本語版ののという代物。 Regroup UC 光文明 2 呪文 自分のターンの終わりに、自分のクリーチャーをすべてアンタップする。 原作・アニメにおいて [ ]• 漫画とアニメでは主に(洗脳された時も含む)が使用しており、彼の基本戦術の1つとして定着している。 を2体出す事が多いが、やなどを出す事も。 この戦術を核にしたがとであり、パックののセットの1つにもなっている。 漫画「ビクトリー」ではとが使用している。 二人ともの主体だった。 アニメ「VS」以降も、、、といった多くの光文明使いが使用している。 意外なところでは、同じくタカラトミーのTCGであるWIXOSSのアニメ「selector」シリーズの主人公「小湊るう子」もこのカードを愛用している模様(詳しくはを参照)。 関連カード [ ]• [ ]• 誰もが絶望に打ちひしがれた時、は起こった。 天から溢れんばかりのが降り注ぐ時、全ての絶望は希望へと変わる。 、、、 奇跡とは新たな運命へと続く聖なる門。 扉が開いたその先にいたのは、未知の侵略者「」だった。 門が開いた。 そして、光り輝く者たちがその門を守った。 「真実の力」はにさらなるをもたらした。 天界の門が開かれる。 新たなる物語が展開される。 の切り札級が一気に2体も、圧倒的逆転!• 逆転はだけの技じゃねえ!オレたち九極のも大好きだぜ! ---• () は天下無敵のマドンナですのよ。 (「監督不行届」コラボカード) オタクとは、愛する心でございます!! どんなに大きなのもこのならでに!にを多めに入れておこう!• の象徴であった、天の門。 その真の姿は、の居城への入り口だった。 天門のカギ、見つかるかな!? ---• 天門の先にあるのはの頂神殿。 「創世」と「終焉」、2柱のが生み出した力、それは他のあらゆるを支配する力だった。 その力をもって、すべてを支配すべく、天門から現れた。 —『の書 第3章』• 2枚のがへとする。 そして、事実上、これが《ヘブンズ・ゲート》が日本を制した瞬間だった。 illus. illus. illus. illus. (「監督不行届」コラボカード)• illus. illus.

次の

《ヘブンズ・フォース》

デュエマ ヘブンズ フォース

こんにちは。 今回は毎年6月恒例で起こるであろう殿堂発表に基づきガチで真面目に殿堂予想をしていきたいと思います。 10個に絞ってみましょう。 殿堂にかかるであろうデッキタイプ 予想 ・白抜き4cドッカンデイヤー ・赤白レッドゾーン ・赤単B-我 ・黒単零龍速攻 ・ルパラノーマル ・シータ 赤緑青 バーンメア ・青黒カリヤドプ ・青白ナウ・オア・ネバーループ ・ークス墓地ソース ・白抜きドッカンデイヤー ヨミジ 丁-二式 プレミアム殿堂 ドッカンデイヤー、いや、GR召喚系統のループの諸悪の根源。 こいつはループには直接的関与はしていないため殿堂でも良いとは思うがそれでもぶっ壊れ。 ・赤白レッドゾーン ヘブンズ・フォース 2ターン目侵略という理不尽を実現しているカード。 これを規制すればルパラノーマルにも一定の被害を被らせられるためこれの制限はマジで妥当だと思う。 先攻2ターン目に踏み倒しメタを貫通して踏み倒ししてきたら正直デュエマやる気無くす。 ・赤単B-我 ダチッコ・チュリス 必駆蛮触礼亞と迷ったが、もしあちらを規制してしまうと赤青覇道が完全に死んでしまうためB-我だけを半壊させられるこちらと予想。 まあ言うてね、フレアルートは手札を消費するから一度耐え切られてしまえばもう負けも同然なんでね。 このカードが妥当なんすよ。 ・黒単零龍速攻 怨念怪人ギャスカ 常識的に考えて1マナで零龍卍誕することが許されて良いものなのか? 黒単零龍速攻というデッキタイプ自体はラピス・ラズリがあるから完全には死ななく、現状強すぎるor今後強くなるデッキについては半壊くらいがちょうど良いためこれをセレクト。 ザロストとか規制かけちゃうと墓地ソースが巻き添え喰らっちゃうからね。 ・ルパラノーマル 凄惨なる牙 パラノーマル もう第2弾にもなって他のデッキタイプが弱体化する事を考えたらもうこのカードに頼らなくてもチーム銀河は強いでしょう。 そもそも2ターン目にこんなの貼られたら大体のビートダウンデッキには大打撃でしょう。 ・シータ 青緑赤 バーンメアジョーカーズ 無限合体 ダンダルダBB パーツそのものはドッカンデイヤーと被っているためこのデッキからこれのみの選択。 ぶっちゃけこれとマリゴルドが規制かかればバーンメアは丁度良い強さになる。 ・青黒カリヤドプ セイレーン・コンチェルト プレミアム殿堂 ループ嫌いだからカリヤドプ自体をもう潰しに来るのではないかと予想。 となると殿堂かこれか悩んだ結果より確実なこちらを選択。 ・青白ナウ・オア・ネバーループ 龍素記号Sr スペルサイクリカ ループ嫌いだからカリヤドプ同様ネバーループ自体を潰しに来るのではないかと予想。 パーツは色々あるが、一番カードパワーが高いのがこれなのでこれと推測。 まあ呪文だと1枚制限でもロジック・スパークとかでサーチできるし、クリーチャーが妥当。 ・ークス墓地ソース 腐敗勇騎ークス 環境にはあんまりいないけどでループでしかもそこそこ速いと公式に嫌われる要素が全て揃っているため殿堂にかかると予想。 今後現在のトップデッキが規制かかったら間違いなく暴れると予想されるため妥当な制限。 bSirius.

次の