サイン を もらう 英語。 英語で『サインもらえますか?』

英語の「サイン」の書き方・使い方・求め方

サイン を もらう 英語

書類やサインなど目上の方やお客様に何かを書いてもらう際、どのように依頼すれば敬語となるでしょうか。 目の前の書類などがあれば「こちらに書いてくださいますか」でも不自然ではありません。 ただ、もう少し突っ込んで言うなら、「書いていただけますか」というように「いただく」という言葉が使えます。 「書いてもらう」の敬語は、「書いていただく」なのです。 「書いてもらう」の敬語は対象によって使い分けられる 「お書きください」「お書きいただけますか」というように、「書く」という言葉を使うことに子どもっぽさを感じるというのであれば、他の言い回しをするようにしましょう。 「書く」という動作は、書く対象によって表現を変えることができます。 サインやアンケート、手紙など対象によって「書く」の敬語を使い分けるようにしましょう。 サインを書いてもらうときの敬語:「サインをいただけますか」 書類や契約書、クレジットカードの支払い書などにサインを書いてもらう際は、「書く」を使わずそのまま「サインをいただけますか」や、「ご署名いただけますか」というような言い回しがいいでしょう。 サインとは署名のことですので、「サインを書いていただけますか」としなくよいです。 「書く」を払っても言葉は成り立ちます。 アンケートを書いてもらうときの敬語:「ご記入いただけますか」 アンケートは項目があり、テスト用紙のようにどんどん埋めていく作業です。 ですので、アンケートを書いてもらう際の敬語は「ご記入いただけますか」や「ご記入をお願いします」がよいでしょう。 アンケート以外でも、入館書や請求書など決まった項目を埋める書面は「書く」の変わりに「記入する」という言い回しが使えます。 紹介文を書いてもらうときの敬語:「ご紹介いただけないでしょうか」 推薦文や紹介状などを書いてもらう際は、まずはメールより手紙といった古風な連絡手段で依頼をするとよいです。 そこで、文面で紹介してほしいという気持ちで返事を依頼する際は、「書いてください」「返信をください」という表現は使わないようにするよいですね。 「ご紹介いただけないでしょうか」とういように用件を伝えるだけで充分です。 一言書いてもらうときの敬語:「添えていただけますか」 不明点や質問をメールで受付けるとき、招待状の返信をもらうときなど、相手から一言を書いてもらうときは、「ご一筆いただけますか」や「一言添えていただけますか」というような言い回しが使えます。 このように、「書く」を使わないようにしたいときは「書く」という動作にとらわれないことがポイントです。 「書いてもらう」の敬語は「書いていただく」だが対象によって使い分けるのがポイント 相手に何かを「書いてもらう」ときの敬語をご紹介しました。 まとめると、「書いてもらう」の基本の敬語は「書いていただく」です。 これは、対象によって使い分け、サインの場合は「ご署名いただく」、アンケートの場合は「ご記入いただく」一言の場合は「添えていただく」になります。 「書く」はさまざまな言い換えができるので、ほかにもどのような言い回しができるか考えてみてください。

次の

外国人のような「サイン」を英語で書けるようになろう!

サイン を もらう 英語

「 してもらう」は英語でどう言うかについてお話しします。 たとえば、「部屋を掃除してもらう」と言いたいときに使う表現です。 英語の「~してもらう」という表現は、• するようにもっていく• やらせる• するように説得する• 自由にやらせる など、強制の強さの違いによって言い方が違います。 ですので、強制の強さに分けて説明します。 慣れるまでは少し言いにくいかもしれませんが、日常的にとてもよく使う言い方なので、しっかり練習しておくと必ず役に立ちます。 なお、 この記事で紹介した英文のネイティブ音声を記事の後半の【動画】で公開しています。 正しい発音を身につけて、今日から英会話で活用してください。 「have」:するようにもっていく 人に何かをしてもらうときは「have」を使って「~してもらう」という意味を表します。 「have」には「~させる」というような強制的な意味はありません。 「~してもらうようにもっていく」というような 手はずを表します。 以下に例をあげます。 I had my brother clean my room. 私は、弟に部屋を掃除してもらいました。 I will have him call you back later. 後で、彼に折り返し電話をさせます。 彼をここに来させましょうか. Let's have him come and speak. 彼を来させて話させましょう。 I will send the mail to him in order to have him confirm it. 私は、メールを確認してもらうために彼に送ります。 目的語の後は、動詞の原形ではなく、過去分詞形を使います。 以下に例をあげます。 I will have the hole in the wall of the room covered next week. 私は来週、その部屋の壁にある穴を埋めてもらいます。 You should have your hair cut every 6 to 8 weeks. 6~8週間ごとに髪を切ってもらうべきです。 私はプリンターを修理しました。 になるけど、業者か誰かに修理してもらったなら「I had my printer repaired. 」と「have」を使って「~してもらう」という意味を出すわけや。 「have」を使う言い方は、何かの被害を受けたときも使うことができる。 たとえば、 I had my wallet stolen in the train. 電車の中で財布を盗まれました。 という具合や。 「have」を使えば「~してもらう」という意味を表せるのに対して、「make」は「(したくないことでも、むりやり)~させる」という強制的な意味があります。 「make」を使う表現も、「have」を使うときと同じように、目的語の後に来る動詞が原形のときと過去分詞形のときがあります。 以下に例をあげます。 My joke made her laugh. 私のジョークに彼女は笑いました(私のジョークは彼女を笑わせた)。 My mother made my brother clean his room before going to sleep. 私の母は、弟が眠る前に部屋を片付けさせました。 I broke her heart and made her cry. 私は彼女の心を傷つけて、泣かせました。 以下に例をあげます。 I couldn't make myself understood in English. 私は、英語で理解してもらえませんでした(英語で私自身を理解させることができなかった)。 She had to shout to make herself heard in the howling wind. 彼女は、ヒューヒューとうなる風の中でも聞こえるように叫ばなければなりませんでした。 「get」:するように説得する 「get」を使うと「~させる」「~してもらう」という意味を表すことができます。 「説得して~させる」というイメージです。 「get」の後ろに「to不定詞」が来る言い方と、「get」の後ろに動詞の過去分詞形が来る言い方があります。 John got her sister to help him pack. ジョンは、荷造りを妹に手伝ってもらいました。 私は状況を彼らに理解してもらいます。 以下に例をあげます。 I am getting a new house built in Osaka. 私は、大阪に新しい家を建てています。 枕カバーを取り替えてもらいなさい。 ムリヤリさせるのではなく、「自由にやらせる」というイメージです。 I let the children stay up late during summer vacation. 私は夏休みの間、子供たちに夜更かしさせてやります。 猫を外に出させてやりなさい。 確かに日本語では意味が違うけど、英語では違いを表現できんからシンプルに「My brother taught me math. 」と言うしかない。 【動画】ネイティブ発音を身につけよう! この記事で紹介した英文のネイティブ音声を動画で公開しています。 正しい発音を身につけて、外国人を相手に使ってみてください。 まとめ 「~してもらう」は、英語でどう言えばいいかについて説明しました。 この記事で説明した「have」「get」「make」「let」などの使役動詞を使えば、ほとんどの「~してもらう」を英語で表現できるはずです。 最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れるとパッと出てくるようになるので、あきらめずに練習してください。

次の

「してもらう」は英語で?5パターン20文を使って説明します

サイン を もらう 英語

「 してもらう」は英語でどう言うかについてお話しします。 たとえば、「部屋を掃除してもらう」と言いたいときに使う表現です。 英語の「~してもらう」という表現は、• するようにもっていく• やらせる• するように説得する• 自由にやらせる など、強制の強さの違いによって言い方が違います。 ですので、強制の強さに分けて説明します。 慣れるまでは少し言いにくいかもしれませんが、日常的にとてもよく使う言い方なので、しっかり練習しておくと必ず役に立ちます。 なお、 この記事で紹介した英文のネイティブ音声を記事の後半の【動画】で公開しています。 正しい発音を身につけて、今日から英会話で活用してください。 「have」:するようにもっていく 人に何かをしてもらうときは「have」を使って「~してもらう」という意味を表します。 「have」には「~させる」というような強制的な意味はありません。 「~してもらうようにもっていく」というような 手はずを表します。 以下に例をあげます。 I had my brother clean my room. 私は、弟に部屋を掃除してもらいました。 I will have him call you back later. 後で、彼に折り返し電話をさせます。 彼をここに来させましょうか. Let's have him come and speak. 彼を来させて話させましょう。 I will send the mail to him in order to have him confirm it. 私は、メールを確認してもらうために彼に送ります。 目的語の後は、動詞の原形ではなく、過去分詞形を使います。 以下に例をあげます。 I will have the hole in the wall of the room covered next week. 私は来週、その部屋の壁にある穴を埋めてもらいます。 You should have your hair cut every 6 to 8 weeks. 6~8週間ごとに髪を切ってもらうべきです。 私はプリンターを修理しました。 になるけど、業者か誰かに修理してもらったなら「I had my printer repaired. 」と「have」を使って「~してもらう」という意味を出すわけや。 「have」を使う言い方は、何かの被害を受けたときも使うことができる。 たとえば、 I had my wallet stolen in the train. 電車の中で財布を盗まれました。 という具合や。 「have」を使えば「~してもらう」という意味を表せるのに対して、「make」は「(したくないことでも、むりやり)~させる」という強制的な意味があります。 「make」を使う表現も、「have」を使うときと同じように、目的語の後に来る動詞が原形のときと過去分詞形のときがあります。 以下に例をあげます。 My joke made her laugh. 私のジョークに彼女は笑いました(私のジョークは彼女を笑わせた)。 My mother made my brother clean his room before going to sleep. 私の母は、弟が眠る前に部屋を片付けさせました。 I broke her heart and made her cry. 私は彼女の心を傷つけて、泣かせました。 以下に例をあげます。 I couldn't make myself understood in English. 私は、英語で理解してもらえませんでした(英語で私自身を理解させることができなかった)。 She had to shout to make herself heard in the howling wind. 彼女は、ヒューヒューとうなる風の中でも聞こえるように叫ばなければなりませんでした。 「get」:するように説得する 「get」を使うと「~させる」「~してもらう」という意味を表すことができます。 「説得して~させる」というイメージです。 「get」の後ろに「to不定詞」が来る言い方と、「get」の後ろに動詞の過去分詞形が来る言い方があります。 John got her sister to help him pack. ジョンは、荷造りを妹に手伝ってもらいました。 私は状況を彼らに理解してもらいます。 以下に例をあげます。 I am getting a new house built in Osaka. 私は、大阪に新しい家を建てています。 枕カバーを取り替えてもらいなさい。 ムリヤリさせるのではなく、「自由にやらせる」というイメージです。 I let the children stay up late during summer vacation. 私は夏休みの間、子供たちに夜更かしさせてやります。 猫を外に出させてやりなさい。 確かに日本語では意味が違うけど、英語では違いを表現できんからシンプルに「My brother taught me math. 」と言うしかない。 【動画】ネイティブ発音を身につけよう! この記事で紹介した英文のネイティブ音声を動画で公開しています。 正しい発音を身につけて、外国人を相手に使ってみてください。 まとめ 「~してもらう」は、英語でどう言えばいいかについて説明しました。 この記事で説明した「have」「get」「make」「let」などの使役動詞を使えば、ほとんどの「~してもらう」を英語で表現できるはずです。 最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れるとパッと出てくるようになるので、あきらめずに練習してください。

次の