もみあげちゃー。 ユダヤ教徒のもみあげがすごすぎる話。

めいら様作 いとしのエリザーもみあげ哀歌ー

もみあげちゃー

ここ最近すっかり看板絵職人と化していたが、ちと行き詰まりを感じて 東京フォーラム広場で行われていた骨董市に足を運んでみた。 ついに割れてしまった、お茶用の湯冷ましの器を探しに。 偶然(予想していたけど・・)出店していた親友の骨董屋のワゴンが 家路に向かった後の出来事。 北欧アンティークの出店の前でひとりの女の子が 銀細工で縁取られた漆黒石のペンダントを手にたたずんでいた。 買おうかどうかかなり迷っている様子。 きれいな黒髪をした女の子と、深紺色の石と、街路樹の風景 があまりにもぴったりなじんで見えるのに惹かれ足を止めた。 胡散臭さが隠しきれない女主人が、ドイツで仕入れたという このオニキスの銀細工ペンダントの由来などを 耳障りな口調で説明することが明らかに逆効果となって 女の子はますます迷う。 女主人のアンティーク調の眼鏡が時たま光る。 そこにいかにも物知り顔なおばちゃんも参入する。 女の子はさらに迷う。 (迷うことを明らかに楽しんでるな、このひと・・) そんなやりとりに聞き耳をたてながら、ちょっとそのペンダントに触らせてもらった。 本物のオニキスかどうかなど僕には判りようがなかったが、 宮崎駿のストーリーに出てきそうな不思議な銀細工文様の施された石は 僕のとなりで迷いに迷う女の子を、自分の主人と決めてたようで すぐに女の子の手に戻った。 —百年前にドイツの熟練装飾職人の無骨で繊細な手から創り出された私は、運河沿いの小さな工房を出発し、幾人かの胸の上で時を過ごした後、今日ここガラス張りの巨大な建物の麓で女の子の手のひらにおさまる。 ー有楽町から東京駅までの近道しようとした私は、たまたま偶然通りがかった骨董市で、漆黒色の石がついたペンダントから目が離せなくなる。 なにか昔から知っているような感覚・・・。 手のひらにのせてみる。 ー30年後、宝石箱を開けて・・中でも私のお気に入りのこのオニキスを、娘の初デート記念にプレゼントしてあげよう... 「買います!」 僕の勝手な妄想は、凛としたこの言葉で打ち破られた。 ついに女の子が決めたのだった。。 おおっ!僕は心の中で拍手をした。 石と女の子に。。 結局、彼女はしっかり値引きしたうえ、米粒大のオニキスのペンダントヘッドをおまけしてもらい帰っていった。 おおおっ!!もう一度僕は拍手をした。 石と女の子と女主人に。。。 あの女の子がおばあちゃんになってもあのペンダントつけていたら うれしいなぁ.. そ〜んな妄想をしながら(別に自分が作った訳でもないのに)帰途についた。 女の子・オニキス・東京フォーラム、、のある風景。 わるくない休日のひとときだった。 あっ、湯冷まし買うの忘れた・・・ (絵&文 トモット).

次の

【米国株】チキンレースから逃げちゃだめだ!10年債は最低水準!

もみあげちゃー

もみあげ 顔全体の産毛が濃くて、化粧をしてもうっすらわかってしまうほど。 自己処理をし続けていたら毛穴まで開いてきてブツブツお肌になってしまいました…。 もちろんそれだけの理由ではないと思うのですが、肌も敏感肌なので、もう自分では対処法が見つけられなくなっていました。 顔脱毛を検索していたら、銀座カラーは脱毛だけじゃなくて、オプションの保湿ケアがすごい効果がある、と書いてあったので、顔ともみあげをセットでお願いしました。 口コミで書いてあった通り、回数を重ねる毎にお肌がキレイになっていきました!毛穴も気持ち小さくなっている気がします。 頬からもみあげにかけても、産毛がなくなり綺麗に整えられてきたので、今はアップの髪型をした時のサイドラインがお気に入りです! アップスタイルがより綺麗になるように、次はうなじの脱毛も始めます。 もっと見る• もみあげ 私のもみあげは、すごく濃いというわけではないのですが、産毛が頬の方まで広範囲に生えているので気になります。 飲食店に勤務しているため、仕事中は髪の毛を必ず結び、もみあげ部分は丸見えに…。 定期的に自己処理していますが、うっかり忘れてしまうこともあるので、恥ずかしい経験もしました。 もともと顔の脱毛に興味があったのでサロンを調べていたら、銀座カラーではもみあげも脱毛できると知ったので、顔と一緒に脱毛を始めました。 最近では、顔ともみあげ周りの産毛がなくなって、横顔に自信が持てるようになりましたよ! 産毛がなくなったことで、ファンデーションのノリもよくなり、メイクも楽しめています。 もっと見る• もみあげ もみあげ周りの産毛が濃いので、ずっとコンプレックスを抱えていました。 いつももみあげを隠すことばかりで、髪の毛を結ぶことはなく、髪型はショートボブ。 大学に入ってからイメチェンしたいと思い、脱毛することを決意したんです。 サロンを探し始めると、銀座カラーにはもみあげの脱毛があるので、嬉しくなってすぐ問い合わせてみました。 金額も思っていたほど高くなく、大学生の私でも通えるほどでした。 あれほどコンプレックスだったおだんごヘアやアップスタイルも、毎日楽しめています! もっと見る.

次の

女です。もみあげがコンプレックスです。画像のようなもみあげで、剃ってます...

もみあげちゃー

ここ最近すっかり看板絵職人と化していたが、ちと行き詰まりを感じて 東京フォーラム広場で行われていた骨董市に足を運んでみた。 ついに割れてしまった、お茶用の湯冷ましの器を探しに。 偶然(予想していたけど・・)出店していた親友の骨董屋のワゴンが 家路に向かった後の出来事。 北欧アンティークの出店の前でひとりの女の子が 銀細工で縁取られた漆黒石のペンダントを手にたたずんでいた。 買おうかどうかかなり迷っている様子。 きれいな黒髪をした女の子と、深紺色の石と、街路樹の風景 があまりにもぴったりなじんで見えるのに惹かれ足を止めた。 胡散臭さが隠しきれない女主人が、ドイツで仕入れたという このオニキスの銀細工ペンダントの由来などを 耳障りな口調で説明することが明らかに逆効果となって 女の子はますます迷う。 女主人のアンティーク調の眼鏡が時たま光る。 そこにいかにも物知り顔なおばちゃんも参入する。 女の子はさらに迷う。 (迷うことを明らかに楽しんでるな、このひと・・) そんなやりとりに聞き耳をたてながら、ちょっとそのペンダントに触らせてもらった。 本物のオニキスかどうかなど僕には判りようがなかったが、 宮崎駿のストーリーに出てきそうな不思議な銀細工文様の施された石は 僕のとなりで迷いに迷う女の子を、自分の主人と決めてたようで すぐに女の子の手に戻った。 —百年前にドイツの熟練装飾職人の無骨で繊細な手から創り出された私は、運河沿いの小さな工房を出発し、幾人かの胸の上で時を過ごした後、今日ここガラス張りの巨大な建物の麓で女の子の手のひらにおさまる。 ー有楽町から東京駅までの近道しようとした私は、たまたま偶然通りがかった骨董市で、漆黒色の石がついたペンダントから目が離せなくなる。 なにか昔から知っているような感覚・・・。 手のひらにのせてみる。 ー30年後、宝石箱を開けて・・中でも私のお気に入りのこのオニキスを、娘の初デート記念にプレゼントしてあげよう... 「買います!」 僕の勝手な妄想は、凛としたこの言葉で打ち破られた。 ついに女の子が決めたのだった。。 おおっ!僕は心の中で拍手をした。 石と女の子に。。 結局、彼女はしっかり値引きしたうえ、米粒大のオニキスのペンダントヘッドをおまけしてもらい帰っていった。 おおおっ!!もう一度僕は拍手をした。 石と女の子と女主人に。。。 あの女の子がおばあちゃんになってもあのペンダントつけていたら うれしいなぁ.. そ〜んな妄想をしながら(別に自分が作った訳でもないのに)帰途についた。 女の子・オニキス・東京フォーラム、、のある風景。 わるくない休日のひとときだった。 あっ、湯冷まし買うの忘れた・・・ (絵&文 トモット).

次の