ポケモン 耐久型。 【ポケモンサンムーン】どくはね型みたいな耐久ポケモンが害悪扱いされる風潮 むしろ堅実な戦法だろ

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ポケモン 耐久型

弱保ドラパルトの育成論 特性 クリアボディ 性格 いじっぱり 持ち物 じゃくてんほけん 努力値 HP:76 攻撃:236 防御:148 特攻:0 特防:4 素早さ:44 実数値 173-187-114-x-96-168 技 ドラゴンアロー ゴーストダイブ アクロバット はがねのつばさ 持ち物:じゃくてんほけん タイプ相性で弱点の技を受けたとき攻撃と特攻を2段階上昇させる道具です。 耐久が大きく上がり倒されにくくなる ダイマックスと「じゃくてんほけん」は非常に相性が良いです。 ドラパルトは「つるぎのまい」や「わるだくみ」など 決定力を大きく上げる手段がないため、この持ち物で補うことができます。 この調整を施さなくとも基本的に対面から突破することは可能ですが、「こだわりスカーフ」持ちに上から2回殴られて負けてしまったりすることを防いだり、ダイマックスターンを節約することができるようになります。 今回のように物理、特殊ともに調整先が存在する場合は、まずHPを伸ばし必要努力値が少ないほうを耐えるようにします。 その後、もう片方の攻撃を耐えるまで防御または特防を伸ばすことで効率の良い配分を実現できます。 また、連続技なので「じゃくてんほけん」発動後であれば「きあいのタスキ」を貫通して倒すことができ、6世代のメガガルーラを彷彿とさせるような活躍を見せます。 ダイマックス技として使用した場合 相手の攻撃を下げる追加効果を持つので、「じゃくてんほけん」の安全な発動に貢献するほか、バンギラスとの殴り合いで相手の「じゃくてんほけん」を発動させずにダメージレースで勝利することを可能にします。 また、通常技として使用した場合1ターンの無敵があるため、相手の ダイマックスターンを稼ぐ技としても活用できます。 ただし、鋼タイプが弱点であるバンギラスやトゲキッスは「じゃくてんほけん」を持ちがちなので、「ダイドラグーン」や「ダイジェット」などで削ってから「ダイスチル」を使用しましょう。 ただし、元の技が 命中不安であることや、特防に努力値を割いたり 「タラプのみ」を持ったアーマーガアは突破できない点などデメリットも存在しますし、そもそも 「はねやすめ」で様子見された後に交代されるとほとんど活躍しないままダイマックスが切れてしまうため根本的な解決となっているとは言い難いです。 ダイマックスした時に 「ダイウォール」に変化する点も優秀ですが、ドラパルトの「じゃくてんほけん」が発動してかつ生存している場合はほぼ勝ちであることが多いので、 過剰な有利状況技であるとも考えられます。 弱保ドラパルトの対策 殴らずにやり過ごす• まともに殴り合って勝てるポケモンではないので、タイプや数値の高さを活かして受けることでダイマックスターンが切れるのを待つのがベストな対策です。 ただし、 「ダイホロウ」が防御を下げてくるため2匹以上受け流せるポケモンを選出し交代を混ぜ合わせるか、技「あくび」で連打を抑制するなど工夫は必要です。 ダイマックス+ミミッキュで倒しきる• 調整を見てもらえば分かる通り、このポケモンはダイマックス同士での殴り合いにかなり強いです。 しかし、こちらもダイマックスしないとただ高火力技で倒され反撃すらできません。 そこで、 撃ち合いで勝つことを諦め、ダイマックスポケモンで削り裏のミミッキュで倒しきるルートを取ることでなんとか対処します。 今回紹介したドラパルトは ダイマックスポケモンの撃ち合いにおいて非常に強く、上手く決まれば1体でゲームを制することができる性能を持っていました。 同じポケモン、 同じ持ち物でも開拓が進み技構成や配分が新たになることで大きく性能が変化することもこのゲームの面白さの1つですね。 新たな調整や型が発見され次第、随時紹介していくので最新情報をチェックできる公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の

初心者向けオススメ耐久ポケモンまとめ10選

ポケモン 耐久型

初心者向けオススメ耐久ポケモンまとめ ORASの環境で活躍しやすい、 数値受け・優秀なタイプ・強力な特性を持つポケモンを中心に選びました。 テンプレになる型も合わせて紹介しますので、育てて見てください。 ランクの基準は、汎用性の高さ・使用率の高さ・数値受け性能の高さを基準にしています。 ランクS:クレセリア はどんなPTでも組み込みやすいポケモンです。 弱点の少ない単エスパータイプなことに、加え 特性:浮遊で「地震」を無効にできるためメガガルーラ・ガブリアスなどのトップアタッカーの接触技を誘いやすいためゴツゴツメットを持たせます。 物理アタッカーを見たらとりあえず後出しするだけで何とかなる硬さを誇ります。 弱点攻撃を受けたり、積み技(悪巧み・つるぎのまい)をされない限りなんとかなる要塞。 味方のエースを回復させる、三日月の舞+相手に負担を与えるゴツゴツメット+自身を回復させる月の光を組み合わせて戦います。 PTの癒し担当。 メガガルーラは、ゴツメの餌食になったり すてみタックルで自分自身のHPが消耗しやすいためクレセリアと一緒の並びにすることで使い勝手が上がります。 ・ クレセリアはヒードランの弱点である「じめん」「かくとう」に強く、 ヒードランは、クレセリアの弱点である「むし」や状態異常の「どくどく」に強い点が魅力。 相性補完が優れる並びです。 有名な並びであるため、クレセドラン構築という愛称も付けられてます。 相手に身代わりを貼られると1回の攻撃では破壊できないので、絶望する。 ランクS:ポリゴン2 霊獣ランドロス、メガボーマンダを後出しで余裕で倒せる そう、「しんかのきせき」持ちのポリゴン2ならね。 ポリゴン2は、特性:トレース+ノーマルで弱点が少ないので数値受けがしやすいポケモンです。 耐久特化すれば、上記のクレセリアを上回る耐久力を持ちます。 また、威嚇持ちのポケモンにはもっぱら強く、メガボーマンダ・霊獣ランドロスには後出しで相手にトレース威嚇をかました後、れいとうビームで一掃します。 メガゲンガーは「祟り目」持ちが多く、ポリゴン2が電磁波でサポートします。 ランクA+:スイクン リフレクター+ゴツゴツメットによる削り性能、熱湯による物理アタッカーへの負荷など物理受けとしては非常に優秀です。 一方、特防面は少し不安が残るため A+ランクとしました。 ねむねご型、リフレク+ゴツメ型、毒守型など、型も非常に豊富。 スイクンと相性補完のよいポケモンを一緒に採用することが多い。 ランクA+:耐久ボルトロス(化身) 耐久ボルトロスは、 PTのクッション役として非常に優秀なポケモンです。 不利な対面ができたときにで、とりあえずボルトロスに交代して 電磁波しとけば何とかなる汎用的な強さが強み。 汎用性・使用率の高さがずば抜けているので、A+にランクイン。 また電磁波の通らない、電気・地面は役割を持ちにくいです。 鬼火・リフレクター・光の壁などのサポート技に加え、ボルトチェンジなどでサイクルをまわすことができる点が評価ポイント。 一方、使い勝手のいい回復技を持たないため 捨てるタイミングを見極めが大切なポケモンです。 技の威力が高いため、耐久ポケモン泣かせの身代わりに泣かされることが少ない貴重なポケモンです。 メガバシャーモは、水ロトムが苦手な草に強いため相性補完もよい。 相性補完のいいポケモンを採用してあげよう ランクB+:カバルドン 特性:砂おこしによる、砂ダメージとゴツゴツメットによる削りを得意とする、物理受け。 欠伸による起点作り、毒々による耐久潰しに加え、回復技:なまけるによる居座り性能も魅力なポケモンです。 特防面は少し不安が残るものの、 物理受け性能はトップクラス。 特に、メガガルーラ、メガバシャーモ、ガブリアス、霊獣ランドロスなどどんなポケモンにも後出ししやすいため扱いやすいです。 Xの場合は、起点作り、Yの場合は物理受けとして活躍します。 ランクB+:ナットレイ 鋼・草という優秀なタイプを持つため、有利対面を作りやすいポケモンです。 有利対面から、やどりぎのタネで嵌めていくスタイルが強いです。 防御・特防両方とも高い数値であり、HP振りするだけで両受けできる強みがあります。 環境のトップに、ファイアロー・バシャーモが入るため 単体で使うのは難しい。 相性補完のいいポケモンを入れてあげよう。 ランクB-:クレッフィ ポケモンで、運げをしたかったら とりあえず使ってみるべきポケモン。 有利対面で身代わりを残し、先制の麻痺・混乱で相手を掻き回す。 鋼持ちなので、耐久ポケモンが苦手な毒々にも耐性があるのも高評価。 ・積みポケモン(メガボーマンダ、ピクシーなど) クレッフィの電磁波+いばるで起点を作った後に、積みポケモンが登場します。 ランクB-:ジャローダ 特性:天邪鬼+リーフストームで、積むことができる唯一無二のポケモン。 草タイプなので、耐性面が辛いところ。 へびにらみ + リフレクター だけでも十分仕事をする凄いやつ。 ランクB-:ラッキー 特殊受けといえば、ピンクの悪魔'ラッキー'です。 とつげきチョッキ持ちハピナスという奇形を除けば、最も特防が硬い。 耐久ポケモン泣かせの、状態異常技も特性:自然回復で交代すれば回復します。 覚える技も優秀な技が多く、ちきゅうなげ・卵産み・どくどく・電磁波・ステルスロック・小さくなる・威張るなど強力な技を覚えるため、技スペが足りません。 ラッキー自体、通常の特殊受け枠よりも 受けループという構築に入ることが多いです。 ラッキー単体で見ると、有利対面を作りやすいためポテンシャルは非常に高い。 まとめ 初心者が扱いやすいように、汎用性の高いポケモンを中心に選んでみました。 何を育てていいかわからない人には、ランクS、A+のポケモンをお勧めします。

次の

最大耐久指数計算機

ポケモン 耐久型

耐久アタッカー型のポケモンは、ただHPに252振ればいいのか? 貴方は、ポケモンを育てる時、火力と耐久の半々に努力値を振る場合、 「攻撃か特攻に252振って、残りはHPに252振ればいい!」なんて思ってないだろうか? 今回は、ポケモンの努力値 基礎ポイント 振りに役立つ話題を提供しよう。 ちょっと数学(算数)のお話もあるが、授業中に寝てしまうタイプの人にも親切に書いたつもりだ。 いや、本当に寝るタイプの人は3行目で寝てるから、この行に書いてあることすらもう読んでいないか……。 さて、本題だ。 最初に例を挙げた話に戻そう。 耐久振りのアタッカーは、ただHPに振ればいいのか、という話だね。 もちろん、それでOKな場合もあるが、育てているポケモンによっては、無駄な振り方をしている可能性もある。 「耐久指数」というものを理解していないとね。 耐久指数って何なのそれ? 耐久指数なんて四字熟語を見ると、いかにも難しそう、と国語が苦手な人は引いてしまうかもしれない。 だが、そんなに難しいことではない。 耐久指数が高ければ高いほどそのポケモンは堅い、ということになる。 かけるのが防御なら 物理耐久指数、特防なら 特殊耐久指数である。 それでは、限られた努力値をHPと防御または特防に振り分ける場合、どうすれば耐久指数が高くなり、堅くなるのだろうか。 次の「なんちゃって数学」問題を解いてみよう。 【数学っぽい問題】 a,bをそれぞれ自然数とする。 少し考えてみよう。 次点で、11と9。 そして最小は19と1。 2つの自然数の大きさが等しい時、その積は最大になる。 証明はめんどくさいからやらない。 私も、数学は得意じゃないし 上の問題を見てまだピンと来ない人のために説明しよう。 「何故、突然数学の講義が始まったんだ?」と思ったかもしれない。 実際、ポケモンバトルは数学が役に立つ。 でも、簡単な話なのでリラックスして読んでほしい。 要するに、ポケモンの努力値と種族値の総和も常に一定である。 つまり、 HPと防御 特防 の和が一定ならば、差が小さければ小さい程、耐久も高くなる。 ということを、覚えておけばいい。 ただ、全ての努力値をHPと防御、またはHPと特防に振る場合は、関係ない。 何も考えずに特化させればいい。 今回のテーマは、あくまで火力と耐久の半々に振るケースだ。 素早さと耐久の半々でもいい。 耐久アタッカー、努力値振りの実践例。 ランターンの場合 例えばランターン。 この愛らしい深海魚 何故か浅瀬に住んでる も、基本はHPに振らないタイプのポケモンだ。 ランターン種族値: H125-A58-B58-C76-D76-S67 個体値が全てV 最大 の時、レベル50ランターン実数値 努力値、性格補正なし H200-A78-B78-C96-D96-S87 ランターンは見ての通り、HPが高い。 そして基本的に火力不足故に、特攻に補正をかけて252振らなければいけない。 では残りは補正なしの256。 どう振ればいいだろうか?面倒だから、素早さに4振って、残りは 252として考えよう。 1.HPに252振った場合。 実数値はH232-B78-D96。 この場合、物理耐久指数は18,096で、特殊耐久指数は22,272となる。 2.防御と特防に124ずつ振り、HPに4振った場合。 実数値はH201-B94-D112。 物理耐久指数は18,894、特殊耐久指数は22,512となった。 その差はわずかではあるものの、物理、特殊ともにHP252振りよりも堅くなっている。 ダイマックスと耐久指数 剣盾にはダイマックスが登場し、耐久の調整はよりややこしくなった……とお思いの方もいるだろう。 実は、そんなことはない。 ダイマックスすれば、単純に耐久指数も2倍になるからだ。 HP200 防御100 とHP100 防御200 のポケモンがいたとして、どちらも耐久指数は20,000。 これがダイマックスすれば、 HP400 防御100 とHP200 防御200 でどちらも耐久指数は40,000。 ただ2倍になるだけだ。 むしろダイマックスと耐久指数の関係で大事なのは、元々の耐久指数が高いポケモン程、ダイマックス時の耐久指数が高くなるという点か。 定数ダメージという面倒な問題 ダイマックスよりも厄介で面倒なのは、定数ダメージだ。 つまり毒や天候とかで、HPの8分の1とか16分の1が削られるなどの、各種ダメージのことを指す。 これらは、防御・特防の高さを無視するため、HPのみで計算をする必要がある。 HPを16の倍数から1を引いた数 16n-1 にしておけば、もうどく、やけど、天候ダメージが最小になる。 これこそが最も美しいのだ、と唱える人もいる。 彼らは16n-1調整に、まるでダヴィンチのアートのような芸術性を感じとっている。 確かに美しい調整だとは思うが、これが実際のポケモンバトルで、どれ程の勝率の違いを生み出すのかは、誰もよく分かっていないのが実際のところである。 かくいう私も、半ば妄信的に"HPは奇数にせよ"という教えを信じてはいるが、そのおかげで勝てた試合があったか、と聞かれれば答えに詰まる。 まだみがわりの試行回数を増やせる4n+1調整とかは、わかりやすいけどね。 結論・まとめ• HPの種族値が高いポケモンを耐久アタッカー型などにする場合、努力値は防御か特防に振った方がより堅くなる。 理想はHP=防御、またはHP=特防という調整。 ただし、定数ダメージを考慮に入れる場合、その限りではない。 はい、長い文章が嫌な人は、ここだけよく読んで覚えよう。 yasuokaden.

次の