島田さん出勤日。 「島田さん」がTwitterトレンド入りした日――「ケータイ Watch」に何が起きたのか

[B! togetter] ニュースサイトの誤字「NTTドコモは(中略)フィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象にする」から島田さんの特定や記者本人の謝罪に繋がる流れ

島田さん出勤日

フィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象に? Twitter上に投稿されたツイートの注目が集まっております。 意味がわからんw 「NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象にする。 という文言が意味が分からないとして言及をしております。 スポンサーリンク フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事を執筆した人物は誰? では、この誤字を執筆したライターは一体誰なのでしょうか? そもそもこの記事は、ケータイウォッチというスマホやそれに関する情報を専門的に扱うメディアで取り上げられた記事であり、その記事には関口聖(せきぐち さとし)さんという人物が、執筆したことが書かれてありました。 関口聖さんはケータイウォッチの編集長であるということで、こちらがTwitterのアカウントであります。 関口聖さんは記事の執筆に集中しすぎで、遅刻をすることもあるのだそうです。 執筆に気を取られて遅れてしまった。 遅刻します、すみません(公開謝罪) — 関口 聖(せきぐちさとし) hiziri スポンサーリンク フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事で誤字をした理由は何? 現在のところ、同サイトの文言は以下のように修正されております。 NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も補償対象にする。 出典: では、誤字があった島田さんの文言を見てみましょう。 NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象にする。 出典: 「フィッシング詐欺の被害にあった場合も島田さん出勤日対象にする。 」 と、このようになっている訳です。 スポンサーリンク フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事で出勤日となる島田さんとは? では、この記事に出てくる島田さんとは一体どのような人物なのでしょうか? おそらく、島田さんというのはケータイウォッチの記事を公開し、配信している会社の社員さんや、ライターさんなのではないかと思われますし、編集長としてライターの出勤日を管理するのは当然でありますから、仕事上の連絡を記事執筆直前までしていたのでしょう。 社内メールやチャットワークなどのアプリで「島田さんの出勤日」を確認していた後、この記事を執筆したため、パソコンが島田さん出勤日という単語を記憶していてこのような事態に陥ったと仮定すれば、島田さんはケータイウォッチの社員さんではないかと考えられます。 スポンサーリンク フィッシング詐欺の島田さん出勤日の記事に対するTwitter上の反応 このフィッシング詐欺の島田さんの記事に対して、Twitter上からは様々な意見が飛び交っておりますので、ご紹介します。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

島田紳助さん「程度の低い話」縛られた芸能人に同情

島田さん出勤日

NTTドコモ「d払い」 についての記事の誤表記が話題! こちらが、NTTドコd払いについての訂正後の記事です。 NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も補償対象にする。 【この記事に関する別の画像を見る】 いわゆるフィッシング詐欺は、ドコモに限らず、さまざまな事業者をかたる偽のメッセージが日々送りつけられている。 それも今になって急増したわけではないが、決め手となる対策となると難しさがある、と語るのはNTTドコモのウォレットビジネス推進室長である田原務氏。 田原氏によれば、そうしたフィッシング詐欺に使われるSMSは、主に海外から発信されるケースがほとんど。 そこでドコモでは今年5月~6月、不正と思われるドメインなどを、JPCERTなど関係機関と連携してブロックして、海外からのフィッシングのメッセージを防いでいる。 ただ、そうした対策の実施前にもし、不正なサイトへアクセスしてしまうと、見た目が本物そっくりであるため、ユーザー側で見破るのは難しいこともあり、IDとパスワードをうっかり入れてしまう人は後を絶たなかった。 これまでの取り組みとして、ドコモからフィッシングサイトの存在を告知したり、2段階認証の導入や不正な動きを思わせるアカウントをロックしたりするといった対策を実施してきたが「d払い」の規約上、ユーザー自身がIDとパスワードをフィッシングサイトへ入れてしまい、その結果、d払いが不正利用されてしまうと、ユーザーの責として決済代金を支払う必要があった。 規約上は、ユーザーの責任となってしまうが、とはいえ、全て知らぬ存ぜぬというわけではなく、事案ごとに個別対応してきたと田原氏。 同氏によれば、規約上、フィッシング詐欺のような場合の補償を明示しているのは、LINE Payやメルペイで、d払いは、PayPayやau Payと同じようにID、パスワードが入力された場合、ユーザー自身が支払うという規約になっていたが、それでも田原氏によれば、ユーザーからの申告に基づき対応しており他社と遜色ない形で対応してきたのだという。 これまでも対応してきたことながら、あらためて規約を改訂することで、ユーザーにとって、より安心できる環境になることをはっきりと打ち出す。 「フィッシング詐欺は対策が難しく、被害に遭われる方はなかなかゼロにはできない。 対策は進めているが不安に思われる方もいる。 今回、準備が整い、規約を改訂して補償することになった」と田原氏。 10月の消費増税にあわせて、さらなる普及が期待されるキャッシュレス分野において、還元などのキャンペーンを展開するだけではなく、安心安全への懸念があれば対応していく方針だ。 引用: インプレス社のケータイ Watchというサイトの記事に誤表記があり ネットで話題になっています。 訂正前の表記は以下の文面でした NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も 島田さん出勤日対象にする。 」 正しくは、 NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も補償対象にする。 だったようで、誤表記を見た人も安心したのではないでしょうか?.

次の

フィッシング詐欺の島田さんって誰?NTTドコモで島田さんだけ出勤?

島田さん出勤日

NTTドコモ「d払い」 についての記事の誤表記が話題! こちらが、NTTドコd払いについての訂正後の記事です。 NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も補償対象にする。 【この記事に関する別の画像を見る】 いわゆるフィッシング詐欺は、ドコモに限らず、さまざまな事業者をかたる偽のメッセージが日々送りつけられている。 それも今になって急増したわけではないが、決め手となる対策となると難しさがある、と語るのはNTTドコモのウォレットビジネス推進室長である田原務氏。 田原氏によれば、そうしたフィッシング詐欺に使われるSMSは、主に海外から発信されるケースがほとんど。 そこでドコモでは今年5月~6月、不正と思われるドメインなどを、JPCERTなど関係機関と連携してブロックして、海外からのフィッシングのメッセージを防いでいる。 ただ、そうした対策の実施前にもし、不正なサイトへアクセスしてしまうと、見た目が本物そっくりであるため、ユーザー側で見破るのは難しいこともあり、IDとパスワードをうっかり入れてしまう人は後を絶たなかった。 これまでの取り組みとして、ドコモからフィッシングサイトの存在を告知したり、2段階認証の導入や不正な動きを思わせるアカウントをロックしたりするといった対策を実施してきたが「d払い」の規約上、ユーザー自身がIDとパスワードをフィッシングサイトへ入れてしまい、その結果、d払いが不正利用されてしまうと、ユーザーの責として決済代金を支払う必要があった。 規約上は、ユーザーの責任となってしまうが、とはいえ、全て知らぬ存ぜぬというわけではなく、事案ごとに個別対応してきたと田原氏。 同氏によれば、規約上、フィッシング詐欺のような場合の補償を明示しているのは、LINE Payやメルペイで、d払いは、PayPayやau Payと同じようにID、パスワードが入力された場合、ユーザー自身が支払うという規約になっていたが、それでも田原氏によれば、ユーザーからの申告に基づき対応しており他社と遜色ない形で対応してきたのだという。 これまでも対応してきたことながら、あらためて規約を改訂することで、ユーザーにとって、より安心できる環境になることをはっきりと打ち出す。 「フィッシング詐欺は対策が難しく、被害に遭われる方はなかなかゼロにはできない。 対策は進めているが不安に思われる方もいる。 今回、準備が整い、規約を改訂して補償することになった」と田原氏。 10月の消費増税にあわせて、さらなる普及が期待されるキャッシュレス分野において、還元などのキャンペーンを展開するだけではなく、安心安全への懸念があれば対応していく方針だ。 引用: インプレス社のケータイ Watchというサイトの記事に誤表記があり ネットで話題になっています。 訂正前の表記は以下の文面でした NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も 島田さん出勤日対象にする。 」 正しくは、 NTTドコモは、決済サービスの「d払い」の利用規約を近日改定し、いわゆるフィッシング詐欺の被害にあった場合も補償対象にする。 だったようで、誤表記を見た人も安心したのではないでしょうか?.

次の