早速のご回答。 「早速のご返信」の意味と使い方・敬語|目上/ビジネス/メール

「早速のご対応」はメールで使っていいの?不自然でない使い方を解説

早速のご回答

「早速のご返信」というフレーズを仕事をしている時に一度は聞いたことがあるはずです。 実際のところ「早速のご返信」を無意識のうちに使っている人はたくさんいます。 「早速のご返信」という言葉を間違って使ってしまうことを避けるためにも、この言葉の正確な意味について理解するのは大切なことです。 そのため、これから「早速のご返信」の正確な意味と使い方について詳しく紹介します。 「早速のご返信」の意味 「早速のご返信」の「早速」という言葉には「あることに応じてすぐ」という意味が含まれています。 そのため、すぐに応じてくれた時に「早速」という言葉を使用できることがわかります。 逆に、相手の対応が遅かった時には「早速」という言葉を使うことができないので、そのことを覚えておく必要があります。 期限に間に合わない対応をしている人に対して「早速」というフレーズを使うのであれば、相手に嫌味を言っている印象を与えてしまうこともあるからです。 悪い印象を与えないためにも「早速」は「すぐ」に対応してくれた時にだけ使うことのできるフレーズである、ということをしっかりと覚えておく事が大切です。 「ご返信」の意味 「早速のご返信」の「ご返信」という言葉の意味について理解するのも大切なことです。 「返信」には「 返事の手紙」という意味が込められていることになります。 そのため、初めてメールや手紙が送られてきた時には「返信」という言葉を使えないことがわかります。 なぜなら、相手が自分に返事をしているのではなくて、自分がこれから返事をしなければならないからです。 そして「ご返信」の「ご」は「敬意の意」が含まれていることになります。 そのため、自分が相手に対して返信をしているにもかかわらず「ご返信」というフレーズを使うのは不自然なことだからです。 そうではなくて、相手が返信をしてくれた時に「ご返信」という敬語表現を使用できることがわかります。 「早速のご返信」には「すぐに返信をしてくださって」という意味が込められていることが、それぞれの言葉を分析するとわかります。 早速のご返信ありがとうございます 「早速のご返信」という言葉は普段の会話の中に上手に取り入れたいのであれば「早速のご返信」と他のどのようなフレーズを組み合わせて使用することができるのか、よく理解しなければなりません。 例えば「早速のご返信ありがとうございます」というフレーズを作成することが可能です。 一番と言うってもいいほど実用的なフレーズです。 すぐに返信をしてくださった人に対して感謝を示すのは当然のことですが「早速のご返信ありがとうございます」というフレーズを選択すれば、感謝を伝えることが可能になります。 つまり「ありがとうございます」だけでは、なぜ自分が感謝をしているのか相手に伝えることができていませんが「早速のご返信ありがとうございます」では、理由を伝えることができていることになります。 早速のご返信恐れ入ります 「早速のご返信恐れ入ります」というフレーズも会話やメールの中で使用することのできる、かなり実用的な表現になります。 「恐れ入る」は相手に対して「申し訳ない気持ち」も伝えることのできる便利なフレーズです。 そのため、相手がすぐに返信をしてくれたことに対して申し訳ないと感じているのであれば「早速のご返信恐れ入ります」という敬語表現を使用可能です。 同年代の友達とメールのやり取りをしている時に、相手がメールをすぐに送ってくれたからと言って申し訳ない気持ちになることはほとんどありません。 しかし、取引先の人やかなり目上の人が、忙しい生活を送っているにもかかわらず、わざわざ「すぐ」に返信をしてくれたのであれば、誰でも申し訳ない気持ちになります。 そのため「早速のご返信恐れ入ります」は、かなり目上の人に対して使用することのできるフレーズであることがわかります。 早速のご返信いただき 「早速のご返信いただき」も会話の中で使用することのできる便利な表現です。 このフレーズは文章の前半部分で使用することのできる表現です。 つまり「早速のご返信いただき」の後に、他の表現を付け加えることができることになります。 1つの文章で2つ以上の考えを表現したいのであれば「早速のご返信いただき」が非常に便利になります。 ちなみに「すぐに返信をしてくださって」という意味を「早速のご返信いただき」というフレーズで伝えていることがわかります。 誠にありがとうございます 例えば「早速のご返信いただき、誠にありがとうございます」という文章を作成することができます。 前半の部分で「すぐに返信をしてくださって」という意味の「早速のご返信をいただき」というフレーズが使用されていますので「誠にありがとうございます」というお礼を言っているわけを相手がすぐに理解することができます。 「早速のご返信」の敬語 「早速のご返信」という言葉を目上の人に対して使うのに抵抗を覚える可能性もあります。 もちろん「早速のご返信」は失礼なフレーズではないので、誰でも使用することのできる表現ですが「早速のご返信」よりも深い敬意を示すことのできるフレーズがあるのも事実です。 ご丁寧な返信 「早速のご返信」というフレーズを使うことに違和感を感じるのであれば「ご丁寧な返信」というフレーズに言い換えることが可能です。 具体的には「ご丁寧な返信ありがとうございます」という敬語表現を作成することができます。 この場合は、相手が「すぐ」に返信してくれたことに感謝しているのではなくて「丁寧」に返信してくれたことへの感謝を示しています。 「動作や態度などが礼儀正しいこと」という意味が「丁寧」という言葉に含まれていますので、礼儀正しいと感じることのできる返信をしてくれた人に「ご丁寧な返信ありがとうございます」という感謝の言葉を使用することをお勧めいたします。 「ご丁寧なご返信」はNG 目上の人と会話をしている時に、相手の人に対する深い敬意を示すのは大切なことです。 しかし、過度に敬意を示すことを意識してしまい間違った言葉遣いを使うことのないように注意をしなければなりません。 例えば、ある人たちは「ご丁寧なご返信」という言葉を使ってしまっています。 深い敬意が示されているフレーズのように聞こえますが、文法上間違っていることになります。 なぜなら、敬意を示すために使用される「ご」が2度、重複して使用されていることになるからです。 このような間違いを避けるためには、1度だけ「ご」を使用するように工夫しなければなりません。 「ご」を1回だけ使う そのため「ご丁寧な返信」もしくは「丁寧なご返信」という敬語表現を作成することが可能です。 どちらであっても同じような意味を伝えていることになります。 しかし、どちらのフレーズであっても「ご」が1回しか使われていませんので、相手に違和感を与えることのない、正確な表現が作成されていることになります。 「早速のご返信」は目上の人に失礼なのか 「早速のご返信」と「早々のご返信」は似たような意味が含まれています。 しかし、この2つのフレーズの意味の違いについて理解すれば、それぞれを上手に使いこなすことが可能になります。 「早速のご返信」が確実 言葉上の間違いを避けたいのであれば「早速のご返信」というフレーズを使うことをお勧めいたします。 理由はいくつかあります。 例えば「早々のご返信」の「早々」でも「早速」と同じような意味を伝えることができますが「早々」は消極的な会話の内容で使われる場合があるのも事実です。 「早々と退散した」のように、消極的な内容に関して「早々」という言葉が使われる場合があるのも事実です。 そのため、消極的なイメージを相手に対して与えたくないのであれば「早速のご返信」という言葉を使用することができます。 「早速のご返信」のビジネスでの使い方 たとえ「早速のご返信をいただきありがとうございます」という例文を作成することができます。 取引先の人から自分に向けてメールが送られてくることがあります。 そのメールが自分に対する返信であり、しかも「すぐ」に返信が返ってきたのであれば「早速のご返信をいただきありがとうございます」というお礼のメッセージを相手に対して送ることができます。 「迅速な返信」も使用可能 大切な取引先の人の素早いメールに関して、もっと深い感謝を示したいのであれば「迅速なご返信をいただき、ありがとうございます」というフレーズを作成することができます。 「早速」が「迅速」という言葉に言い換えられることになって、素早い返信が行われたことを強調することが可能になります。 「早速のご返信」で相手の努力を認める ビジネスマンとして活躍している人であれば「早速のご返信」という言葉を使えるようになるのは必要最低限のスキルの1つです。 なぜなら、目上の人や取引先の人が自分に対して素早い返信をしてくれた時に「早速のご返信」というフレーズを使いながら、上手に相手に対して感謝を示すことが可能になるからです。 逆に「早速のご返信」を使うことができなければ、相手がしてくれたことへの感謝を的確に表現できなくなってしまいます。 そうなると、メールを返信してくれる時の相手の努力を認めていないとみなされてしまう可能性もあります。 そのようなミスを避けるためにも「早速のご返信」で、相手が素早い対応してくれた時の努力を認めることが大切です。 誰でも努力を認められれば嬉しく感じるはずだからです。 これからも「早速のご返信」を会話の中に上手に取り入れて、良好な人間関係を築くことを心掛けていきましょう。

次の

上司からのメールに返信メールを書く時に今スグ使える感謝の一言〜ご返信・早速のお返事・早速のご対応など〜

早速のご回答

Contents• 早い対応のお礼を敬語で表すと? 「早い対応」を丁寧な表現にする場合はどうしたら良いでしょうか。 いくつか似たような表現の仕方がありますが、 「早速のご対応」「早々のご対応」「迅速なご対応」といった言葉を使うのが良いでしょう。 また、最後の迅速の場合には「ご迅速な対応」というように、尊敬語である「ご」を迅速に付けた形の言い方をすることもできます。 相手に応じて適切な言葉を選び、相応しい使い方をする必要がありますので、 きちんと意味や用途を知った上で使えるようにしましょう。 早速と早々と迅速の違いは? 3つの例を出しましたが、 どれも似ていて何が違うのかよく分からないという方も多いと思います。 どの言葉も「早い」「素早い」という意味になりますが、用い方には少しづつ違いがあります。 早々 目上の方に使うのは失礼ですので、 上司や先輩社員、取引相手に対してはあまり使わない方が良いでしょう。 新年早々、ありがとうございました。 早々にご連絡頂きまして感謝申し上げます。 迅速と早速 使い方の注意点 失礼のないようにしたい場合は「迅速」か「早速」を用いれば良いということが分かりましたが、ここで、注意点を示したいと思います。 「迅速なご対応をして頂き、ありがとうございました」というように 「ご~」と「~頂き」は一緒に使うことが出来ません。 「ご~」は「迅速」か「対応」のどちらかにかしか付けることが出来ませんので気をつけましょう。 これは一つ目の「早速」にも同じように当てはまります。

次の

ご回答ありがとうございます /文例・敬語の使い方・意味

早速のご回答

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 6• 研究社 新和英中辞典 3• Weblioビジネス英語例文 1• Weblio Email例文集 38• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 5• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 93• EDR日英対訳辞書 1• Tanaka Corpus 6• FreeBSD 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 37• 京大-NICT 日英中基本文データ 14• 官公庁発表資料• 金融庁 6• 特許庁 2• 経済産業省 3• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 1• Wells『タイムマシン』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• James Joyce『死者たち』 1.

次の