次期nx。 新型レクサスNXの評価口コミを辛口チェック!レクサスNXは買いか?

富士通、5G対応のハイエンド新型Arrowsをリリース予定、ただし来年夏モデル

次期nx

この記事の目次• 次期レクサスNX フルモデルチェンジは2020年発表、発売は2021年? レクサスNX 次期型へのフルモデルチェンジは2020年発表、発売は2021年と予想。 現行の初代NXがデビューしたのは2014年7月。 2017年9月に大幅改良、2018年と2019年には一部改良をおこなっていますが、フルモデルチェンジは初めてとなります。 そのため、2020年にはフルモデルチェンジかと予想していましたが、2019年の東京モーターショーで発表もされなかったため、発表は2020年の3月のジュネーブモーターショーか4月、ニューヨーク国際オートショーになると予想します。 また、日本での発売は2021年初旬と考えます。 レクサスNXも新型発売から3年で後期型にマイチェン、6年で次期型発表という、売れ筋車種の一般的なモデルサイクルで歩むことになるでしょう。 新しい情報が入り次第、追記していきます! ライバルと言われるのはマツダCX-5。 どちらもかっこいい2台です! 販売台数比較 台 2019年10月 2019年11月 レクサスNX 537 779 マツダCX-5 1126 1321 新型購入を考えている方は、当サイトの読者様にお伝えしている「新車購入時の値引きの方法」を見てみることをお勧めします。 知らずに新車を購入をすると、もしかしたら損してしまうかもしれません! ぜひ一度読んでみてくださいね。 次期レクサスNX フルモデルチェンジでの変更点は?エクステリア予想! 次期型レクサスNXはどう生まれ変わるのでしょうか。 ヒントになるのは、2018年のデトロイトモーターショーで発表された、「Lexus LF-1 Limitless(以下、LF-1リミットレス)」というコンセプトカー。 新しいラグジュアリーの方向性を提案するフラッグシップ・クロスオーバーで、LEXUSの次世代デザインや自動運転&電気自動車といった先進技術の可能性を提案するコンセプトです。 RXの更に上位に位置する新型車『LQ』として市販化すると予想されています。 2019-02-04 13:58 直接的にNXを示唆するコンセプトではありませんが、レクサスデザインのこれからの流れを知る手掛かりにはなります。 例えば、よりシャープなヘッドライトや際立つスピンドルグリルなどは次期NXに反映されそうです。 LF-1リミットレスや2019年4月に公開されたレクサス初の超豪華ミニバンLM300hのように、見る角度によって表情が変わるようなグリルの意匠も組み込まれる可能性がありますね。 重心が低くなり、スポーティーさと安定感も増すかもしれません。 また、リヤのライトも細身になったり、左右を繋げるラインはLM300hや、海外の車でも最近取り入れられている形なので、その要素を採用することも考えられます。 特にダクト調のエアインテーク周りの造形が大きく変わっています。 三眼式LEDヘッドランプにはスポーティさを強調する超小型LEDランプユニットを採用。 LEDシーケンシャルターンシグナルランプの導入も注目を集めました。 ヘッドランプのLEDはそのまま継続されそうですが、より複雑な分割方式になり、ラグジュアリー感を増す可能性もありそうです! ライバルのCX-5の外観も見てみましょう。 押し出し感、アグレッシブさは、若干レクサスNXの方があるかもしれません。 対してCX-5は曲線美が上手く使われている感じがします。 甲乙つけがたい、というか、これはもう好みになりそうですね。 デザインだけですべてが決まるわけではないですが、自分の気持ちにとってとても影響を与え、重要なのがエクステリアだと思います。 毎日乗るのが楽しみになるようなデザインの車と出会えたら嬉しいですね! 新型車が出て、これが気に入った! と思っても急にはなかなか買えないですよね。 その理由の一つに金銭面があると思います。 そういう時のために、今から節約するのが良いですよね。 簡単にできる方法として、「車の保険の見直し」をおススメします。 知らず知らずのうちに余計な金額を払ってしまっていたら、損ですよ! 一度見直して、適正なものにすることで、楽に節約できるかもしれません。 是非一度チェックしてみてくださいね。 次期レクサスNX フルモデルチェンジで新型RAV4と同じプラットフォームを採用|僅かに車幅拡大か 次期レクサスNXには、TNGA設計思想によるGA-Kプラットフォームを採用します。 レクサスESやカムリ、今春発売されたばかりでこく今大人気の新型RAV4も同じものを用いています。 幅は、あまり大きいと使いづらくなる可能性もあり、さほど変わらないとみられます。 レクサスUXはトヨタ C-HRのレクサス版と言われ、都会派SUVというキャラ付けです。 一方、次期NXはRAV4と性格を統一し、プレミアムクロスオーバーとしての前提を守りつつも、少し角ばったワイルドなボディで差別化を図るでしょう。 高さは現行と同じくRAV4やCX-5よりも45㎜低く抑え、スポーティーさを強調すると予想します。 室内サイズ予想・比較 ㎜ 室内長 室内幅 室内高 次期レクサスNX 2090 1525 1180 現行レクサスNX 2080 1520 1180 現行マツダCX-5 1890 1540 1265 次期レクサスNX フルモデルチェンジで2. 5Lダイナミックフォースエンジンを主軸に! 現行レクサスNXのパワートレインは、 ——— NX300(旧称:NX200t) 2. 0L直4ターボエンジンを搭載 スポーティな走りが特徴 NX300h 2. 5L直4ハイブリッドシステムを搭載 環境性能を重視したモデル ——— の2種類を設定しています。 新型NXには、「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれる、新世代2. 5L直噴ガソリンエンジン(A25A-FXS型)を搭載する見込みです。 高圧縮比やロングストローク化などで、高い出力と最大熱効率も41%という低燃費性能を持っているエンジンです。 このダイナミックフォースエンジンA25A-FXS型はレクサスESやRAV4などに採用済です。 トランスミッションは「Direct Shift-8AT」を採用(現在は6速AT「6 Super ECT」)。 4WD車には、改良が加えられて性能が向上する、ダイナミックトルクコントロールAWDと電気式AWDシステムE-Fourを搭載します。 一方、マツダCX-5のエンジンの魅力は、力強いトルクと高回転まで軽快に伸びる加速感を楽しむことができるクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D スカイアクティブ・ディー 」です。 現行レクサスNXハイブリッド車、現行CX-5ディーゼル車は、両者とも実燃費は約13. 5-15. レクサスNXは次期型へのフルモデルチェンジで燃費を向上させ、CX-5を上回ることを目指すでしょう。 引用: ディーゼル高速での燃費良すぎてハイブリッドのSUV並みの数字になったんだが cx-5 いい車です — ミヤジマ takumi3840 現行レクサスNX エンジンスペック エンジン 2L直4ターボ 2. 5] リヤモーター最高出力(kW[PS]) — 50[68] リヤモーター最大トルク(N・m[kgf・m]) — 139[14. 4-13. 6-21. 5L直4 2. 5L直4ターボ 2. 5-25. 0-13. 2-12. 6-19. 2019年4月の一部改良では、プリクラッシュセーフティの検知対象に<夜間の歩行者>と<昼間の自転車運転者>を追加したほか、• レーントレーシングアシスト(LTA)• ロードサインアシスト(RSA)• 先行車発進告知機能(TMN) を装備して運転支援システムを充実させました。 ちなみに、レクサスLSには「Lexus Safety System +A」という、さらなる高性能バージョンを搭載しています。 「アクティブ操舵回避支援」付きプリクラッシュセーフティ• 交差点に進入する際などに、前方左右から接近する車両を検知すると注意喚起をおこなってくれる「フロントクロストラフィックアラート(FCTA)」• 「ドライバー異常時停車支援システム LTA連動型 」 これら機能が新型NXにも盛り込まれることを期待。 アクティブ操舵回避支援は、プリクラッシュだけでは衝突の可能性が高い、また、操舵支援で衝突を回避できると判断された場合に、自動操舵でぶつかるのを防いでくれる機能です。 これらによってさらに事故の確率が減り、安全性が高まるでしょう。 また、レクサスESで初採用した「デジタルアウターミラー」も装着するはず。 トヨタやレクサスは耐久品質の面でも高評価ですし、塗装やサービスも優れていると言われています。 一方で、マツダは「コスパがいい! 」という意見もあります。 この価格差が出ても、それ相応と思えるか、また、自分の価値観がどちらと合っているか。 その辺りも決めるときのポイントになってきそうですね。 スペックを参考に、試乗してフィーリングを確かめることをおすすめします! 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

レクサスNX

次期nx

レクサス 2代目 新型 NX フルモデルチェンジについて エクステリアは「デトロイトモーターショー2018」で公開したコンセプトカー「」のデザインをベースにキープコンセプトでありながら、今回はもちろん、 と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。 高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により 「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。 第2世代の次世代Toyota Safety Sense を全車標準搭載する。 燃費は JC08モード燃費:21. レクサス 2代目 新型 NX サイズについて サイズは上記で記載した通り、TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Kプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用する。 Lexus LF-1 Limitless 長いノーズと後方に構えたキャビンや、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディにより、走りを予感させる力強いプロポーションを実現しました。 また、鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したかのような、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかな造形を表現。 フロントは、大径タイヤとともに張り出したフェンダーと長いフードを組み合わせ、ワイドなスタンスと力強いスピンドルグリルを立体的に表現。 ヘッドランプは、フロントの立体的な造形に一体化するように進化。 スペック NX350h エンジン 直列4気筒 2. 6kgm) リアモーター 最高出力 40kW(54ps) リアモーター 最大トルク 121Nm(12. 高速走行時のシステム効率の向上に加え、高車速域でもエンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上している。 レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。 高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。 昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 ロードサインアシスト RSA 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。 レーンディパーチャーアラート(LDA)カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 アダプティブハイビームアシスト AHS LEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。 ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保。 レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。 前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。 レーントレーシングアシスト(LTA)レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。 先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。 レクサス 2代目 新型 NX 予防安全装備 インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)新機能追加。 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。 車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。 ドライブスタートコントロール シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。 緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式)急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。 デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。 レクサス 2代目 新型 NX T-Connect DCMパッケージ 全車標準搭載。 T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され 3年間無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが可能。 マップオンデマンド(3年間無料) 新しい道路情報を自動更新してくれる。 エージェント(音声対話サービス) 話しかけるだけでエージェントが目的地を探してくれる。 エージェント(先読み情報案内サービス) 行き先を予測して役立つ情報を教えてくれる。 オペレーターサービス 24時間365日、専用オペレーターがナビ操作を行う。 LINEマイカーアカウント LINEを通じて、ナビの目的地登録や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認。 マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認] 車両盗難・車上荒らしなどがあった時や、ドアロックの閉め忘れなどがあった時、さらに自車の位置を確認したい時、メールやスマートフォンを通じて適切な対応が行えます。 ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。 リモートメンテナンスサービス [eケア(走行アドバイス)]警告灯点灯時に、お客様から販売店にお問い合わせされた場合、またはトヨタ販売店からお客様にご連絡する場合に、クルマから発信される情報を基に適切なアドバイスが可能です。 [eケア(ヘルスチェックレポート)]クルマのバッテリーの状態、警告灯点灯状態などについて、T-Connectスマホアプリで確認できます。 またトヨタ販売店からは、クルマから発信される情報をもとに最適なメンテナンスのアドバイスが可能です。 [マイカーカスタマイズ]車両カスタマイズ項目の一部分を、T-Connectスマホアプリより遠隔で設定可能です。 6kgm) — リアモーター最高出力 40kW(54ps) — リアモーター最大トルク 121Nm(12. LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUVとして、LEXUS独自の印象的で洗練されたデザインを実現。 ハイブリッドモデルのNX300h(2AR-FXE型エンジン搭載)新ダウンサイジングターボモデルのNX200t(8AR-FTS型エンジン搭載)の2つを用意。 それぞれFFまたはAWDが選べる。 一部改良を2016年8月25日に行いボディカラーに「F SPORT」専用色の「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング(オプションカラー)」を追加して12色展開した。 内装色の「F SPORT」専用ブラックは新たに追加したボディカラーに連動した色のステッチ(「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」選択時はオレンジ、「ヒートブルーコントラストレイヤリング」選択時はブルー)を施した。 さらに、全車において、G-Linkサービスの「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が利用できるLTE通信に対応した。 NX300 価格:440万円~532万円 NX300h 価格:504万円~596万円 プラットフォームを用いて製造されている レクサス 新型NX マイナーチェンジモデル 変更点は? LEXUS NX NX200tの2Lターボエンジン搭載車をグレードモデル「NX300」とする。 ナビゲーションディスプレイ7. 0インチから10. 3インチに変更。 三眼式のLEDヘッドランプは超小型LEDランプユニットの採用。 LEDシーケンシャルターンシグナルランプを全車標準装備。 新色を追加しカラーバリエーションを増やす。 ハンズフリーパワーバックドア 挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付 、カラーヘッドアップディスプレイは全グレードにオプション設定。 86,400円 レクサスは新型NXのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年4月18日に発表した。 2019年5月6日に発売する。 価格:442万5,055円~597万7,309円 エクステリア、インテリアに変更はない。 ボディカラーに「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング〈4Y1〉」を追加。 「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」の標準装備。 第二世代の「Lexus Safety System +」を搭載。 第一世代との違いは、 歩行者認識対応のプリクラッシュセーフティ(歩行者「昼・夜」自転車運転者「昼」)、レーントレーシングアシスト(LTA)と先行者発進通知機能(TMN)、ロードサインアシスト(RSA)をパッケージ化している。 「10. 3インチインフォテインメントシステム」に 「SmartDeviceLink」と「Apple CarPlay」と「Android Auto」両方をサポートする。 今までメーカーオプションであった 「パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]」「ブラインドスポットモニター[BSM]」「リヤクロストラフィックアラート[RCTA]」を標準装備。 スペック NX300 NX300h 全長 4,640mm 全幅 1,845mm 全高 1,645mm ホイールベース 2,660mm エンジン 2. 0L直列4気筒 ターボエンジン 2. 4〜13. 8〜21.

次の

次期レクサスNXの2020年フルモデルチェンジ情報!シャシー&エンジン刷新で2代目へ

次期nx

レクサス 2代目 新型 NX フルモデルチェンジについて エクステリアは「デトロイトモーターショー2018」で公開したコンセプトカー「」のデザインをベースにキープコンセプトでありながら、今回はもちろん、 と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。 高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により 「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。 第2世代の次世代Toyota Safety Sense を全車標準搭載する。 燃費は JC08モード燃費:21. レクサス 2代目 新型 NX サイズについて サイズは上記で記載した通り、TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Kプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用する。 Lexus LF-1 Limitless 長いノーズと後方に構えたキャビンや、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディにより、走りを予感させる力強いプロポーションを実現しました。 また、鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したかのような、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかな造形を表現。 フロントは、大径タイヤとともに張り出したフェンダーと長いフードを組み合わせ、ワイドなスタンスと力強いスピンドルグリルを立体的に表現。 ヘッドランプは、フロントの立体的な造形に一体化するように進化。 スペック NX350h エンジン 直列4気筒 2. 6kgm) リアモーター 最高出力 40kW(54ps) リアモーター 最大トルク 121Nm(12. 高速走行時のシステム効率の向上に加え、高車速域でもエンジン間欠運転を可能にすることで高速燃費を向上している。 レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。 高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。 昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 ロードサインアシスト RSA 検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。 レーンディパーチャーアラート(LDA)カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 アダプティブハイビームアシスト AHS LEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。 ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保。 レーダークルーズコントロール 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。 前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。 レーントレーシングアシスト(LTA)レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。 先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。 レクサス 2代目 新型 NX 予防安全装備 インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)新機能追加。 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。 車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。 ドライブスタートコントロール シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。 緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式)急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。 デジタルインナーミラー 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。 レクサス 2代目 新型 NX T-Connect DCMパッケージ 全車標準搭載。 T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され 3年間無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが可能。 マップオンデマンド(3年間無料) 新しい道路情報を自動更新してくれる。 エージェント(音声対話サービス) 話しかけるだけでエージェントが目的地を探してくれる。 エージェント(先読み情報案内サービス) 行き先を予測して役立つ情報を教えてくれる。 オペレーターサービス 24時間365日、専用オペレーターがナビ操作を行う。 LINEマイカーアカウント LINEを通じて、ナビの目的地登録や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認。 マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認] 車両盗難・車上荒らしなどがあった時や、ドアロックの閉め忘れなどがあった時、さらに自車の位置を確認したい時、メールやスマートフォンを通じて適切な対応が行えます。 ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】 突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。 リモートメンテナンスサービス [eケア(走行アドバイス)]警告灯点灯時に、お客様から販売店にお問い合わせされた場合、またはトヨタ販売店からお客様にご連絡する場合に、クルマから発信される情報を基に適切なアドバイスが可能です。 [eケア(ヘルスチェックレポート)]クルマのバッテリーの状態、警告灯点灯状態などについて、T-Connectスマホアプリで確認できます。 またトヨタ販売店からは、クルマから発信される情報をもとに最適なメンテナンスのアドバイスが可能です。 [マイカーカスタマイズ]車両カスタマイズ項目の一部分を、T-Connectスマホアプリより遠隔で設定可能です。 6kgm) — リアモーター最高出力 40kW(54ps) — リアモーター最大トルク 121Nm(12. LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUVとして、LEXUS独自の印象的で洗練されたデザインを実現。 ハイブリッドモデルのNX300h(2AR-FXE型エンジン搭載)新ダウンサイジングターボモデルのNX200t(8AR-FTS型エンジン搭載)の2つを用意。 それぞれFFまたはAWDが選べる。 一部改良を2016年8月25日に行いボディカラーに「F SPORT」専用色の「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング(オプションカラー)」を追加して12色展開した。 内装色の「F SPORT」専用ブラックは新たに追加したボディカラーに連動した色のステッチ(「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」選択時はオレンジ、「ヒートブルーコントラストレイヤリング」選択時はブルー)を施した。 さらに、全車において、G-Linkサービスの「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が利用できるLTE通信に対応した。 NX300 価格:440万円~532万円 NX300h 価格:504万円~596万円 プラットフォームを用いて製造されている レクサス 新型NX マイナーチェンジモデル 変更点は? LEXUS NX NX200tの2Lターボエンジン搭載車をグレードモデル「NX300」とする。 ナビゲーションディスプレイ7. 0インチから10. 3インチに変更。 三眼式のLEDヘッドランプは超小型LEDランプユニットの採用。 LEDシーケンシャルターンシグナルランプを全車標準装備。 新色を追加しカラーバリエーションを増やす。 ハンズフリーパワーバックドア 挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付 、カラーヘッドアップディスプレイは全グレードにオプション設定。 86,400円 レクサスは新型NXのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年4月18日に発表した。 2019年5月6日に発売する。 価格:442万5,055円~597万7,309円 エクステリア、インテリアに変更はない。 ボディカラーに「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング〈4Y1〉」を追加。 「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」の標準装備。 第二世代の「Lexus Safety System +」を搭載。 第一世代との違いは、 歩行者認識対応のプリクラッシュセーフティ(歩行者「昼・夜」自転車運転者「昼」)、レーントレーシングアシスト(LTA)と先行者発進通知機能(TMN)、ロードサインアシスト(RSA)をパッケージ化している。 「10. 3インチインフォテインメントシステム」に 「SmartDeviceLink」と「Apple CarPlay」と「Android Auto」両方をサポートする。 今までメーカーオプションであった 「パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]」「ブラインドスポットモニター[BSM]」「リヤクロストラフィックアラート[RCTA]」を標準装備。 スペック NX300 NX300h 全長 4,640mm 全幅 1,845mm 全高 1,645mm ホイールベース 2,660mm エンジン 2. 0L直列4気筒 ターボエンジン 2. 4〜13. 8〜21.

次の