ネイル シール ジェル。 【貼るだけでおしゃれ!】ネイルシールのおすすめ人気ランキング20選

ネイルシールの貼り方・剥がし方のコツ!簡単きれいなネイルシールの使い方まとめ

ネイル シール ジェル

ネイルシールの貼り方が簡単に動画で説明されています。 爪の表面を整える。 甘皮処理・油分や水分をふき取るなどするとシールがぴったりくっつきやすい。 シートから自分の爪の形に合ったシール選ぶ。 自分の爪のサイズよりも少し小さい物を選ぶと密着力が上がり、綺麗に仕上がる。 ネイルシールを剥がす。 剥がしていく場所は爪先の方向から。 爪に貼る。 爪の根元から1㎜あけてシールを貼っていく。 真ん中から貼って左右方向に空気を抜くようにしっかり貼る。 爪先にはみ出したあまったシールを、爪の先端で内側に折り込む。 折り込んだシールを付属のネイルファイル(爪やすり)で削る。 削ったのこりのシールをゆっくり爪から取る。 トップコートを全体に塗って完成。 爪の先まで塗ると持続力UP! シールは爪先から剥がれていきやすいため、生活の中で指先を使う動作に気を付けましょう。 お風呂で髪を洗う• お米をとぐ• トイレでズボンを下ろす等… 意外と爪の先を使う(当たってしまう)ことは多いので、なるべく指の先ではなく指のはらを使うよう意識しましょう! 「剥がれやすい!」という口コミも時々ありますが、貼り方やトップコートや使用環境によって大きく異なります。 ジェラートファクトリー ジェルネイルシールの落とし方• ネイルシール先を爪の内側の方向に押し、爪との隙間ができるようにしてください。 爪の横面からゆっくり剥がしてください。 シャワー後、または湿気のある状態で剥がすともっと簡単に剥がせます。 シール1ケースごとに1枚、ネイルファイルもついています。 アプリコットシロップは半透明のシール。 シール事態にもやや厚みがあります。 ネイルシールはそのまま貼ってしまうと、おそらく自爪の形に合いません。 一枚一枚ハサミでカット。 それから自爪にシールを合わせて、はみ出そうな部分をシール台紙ごとカットするとフィットしやすいです。 シールは柔らかく伸びやすく厚みもあるので、本当に貼りやすいです。 爪の表面が多少いびつでも、柔らかいシールが爪に添って張り付いてくれるので、気泡が入ることもありませんでした。 私の爪は短い方ですが、綺麗にグラデーションが出来ました。 が、爪の形ピッタリにシールを張り付けるのはなかなか高度な技!これは何回か練習が必要そう。 パッと見はそこまでわかりませんが、爪のサイドに隙間が空いてしまいがちです。 シールを貼った後に、はみ出た部分をネイルファイルで削り取る作業(写真撮れず・・・)が意外と難しく、最初にやった何本かの爪は シールの爪先部分がちょっとガタガタに・・・。 慣れないとちょっと時間はかかるかな~。 まとめ 購入前、ネットでジェラートファクトリーの口コミを見ていましたが、口コミ通りの使い心地でとても気に入りました!• 初心者でも出来た!ポリッシュやジェルが上手くできなかった人にもおすすめ• まじまじと至近距離で見なければジェルネイルっぽい。 プリントもとても綺麗で細かいので、「シール感」はない!!• 貼り方にはコツが必要。 まずは半透明のグラデーションから挑戦!色がはっきりとした単色のシールはスキマが開いていたりすると粗が目立つかも。 シールをカットしたりするので意外と時間がかかる。 私は30分以上かかりました。 トップコートは綺麗な見た目と耐久性UPのためには必須アイテム。 特に爪先からシールが剥がれていきやすいので爪先にも忘れずに塗りましょう。 ジェラートファクトリージェルネイルシールの口コミ• 初めて貼るときは上手く貼れずにてこずったが、数回貼ると綺麗に貼れた!• 貼るのに時間がかかった。 他のネイルシールにはないジェル感で、パッと見はシールには全く見えない。 トップコートを塗ると更にジェルっぽい仕上がりになった• 爪の形にしっかりフィットするのでキレイに見える• 爪の先端から剥がれていきやすい・・・。 トップコートで先端まで塗るのは必須• 1日で剥がれてしまった• 家事で水を触ったりしていたが1週間は持った• デザインが豊富で可愛い! 持ちが良いという口コミもあれば、持ちが悪く1,2日で取れてしまったという口コミもあり、ジェルネイルシールの貼り方にコツが要りそうですね。 爪が短い(小さい)人はグラデーションがおすすめ.

次の

【セルフネイル】ジェルみたいなシール♪ジェラートファクトリー初心者の本音レビュー【口コミ】使い方|ノジ子のこどもアンテナ

ネイル シール ジェル

— 2020年 4月月28日午前3時00分PDT ジェルネイルはデザインもたくさんあって可愛いですが、維持費用もかかりますし、サロンへ行く時間の確保などが難しい人もいます。 かといってセルフネイルにするとただマニキュアを塗るだけだったり、いつも同じような色ばかりになってしまいがちですが、その両方の悩みを解決してくれるのがネイルシールです。 ネイルシールはシールを貼るだけで完成するので時間もかからずお手軽な価格で楽しめるので人気があります。 たくさんのネイルシールが発売されていますが、その中でも特に人気なのが「ohora(オホーラ)」なんです! 「ohora」ってどんなブランド? 「ohora(オホーラ)」は韓国のネイルステッカーブランドで、洗練されたデザインがオシャレです。 爪の上にビニールやプラスチックなどの偽物が乗せられてはいけないと考え、誰でも本当の液状ジェルを使って完璧なジェルネイルを楽しめる方法を探し出すために数年間毎日研究し、この世に存在しなかった新しい技術であるセミキュアネイルを開発しました。 ベース、カラー、トップとジェルがレイヤーに分かれて重なっているために、しっかりとした厚みと素晴らしい発色でサロンの仕上がりに近い状態になります。 自分ではなかなかできない複雑なデザインのものも選べるのが嬉しいところでもあります。 デザインも続々と新しいものが登場している「ohora(オホーラ)」から目が離せません! ジェルネイルシールってどんなもの? ジェルネイルシールとは、ジェルで作られたネイルシールの事です。 マニキュア、普通のネイルシールにはないジェルネイル特有の厚みと光沢感があります。 他のジェルネイルシールと比べて分厚めなので強度も持ちも良いのです。 ジェルネイルシールの使い方 — 2020年 4月月21日午前3時00分PDT 自宅で誰でも簡単にできるジェルネイルシールといっても、せっかくするなら綺麗に貼って、持ちも良くしたいですよね! しっかりと処理をして貼れば通常で2週間、長くて1ヶ月くらい持つ人もいるみたいなので、きちんと処理をして長持ちさせましょう! 「ohora(オホーラ)」はどうやって使うの? 「ohora(オホーラ)」のジェルネイルシールは、UVランプで硬化させて使います。 そのため、普通のネイルシールやマニキュアよりも遥かに持ちが良いのです。 では、詳しい使い方を紹介していきます! 1. 爪の油分を拭き取る まず、爪の油分を付属のアルコールコットンで拭き取ります。 爪保護ジェルを貼る 付属されている場合のみ、爪保護のための付属の透明保護ジェルシールを貼ります。 ジェルシールを貼る そしていよいよジェルシールを貼っていきます。 なるべく気泡が入らないように貼るのがポイントです。 パーツがある場合は、パーツの周辺をしっかりと密着させてくださいね! 4. 余分なシールを取り除いて整える シールがはみ出るので余分な部分を爪などで切った後、ネイルファイルで爪先を整えます。 ライトで硬化させる UVライトで30秒くらい硬化させる。 これでサロン級のネイルが完成です! ジェルネイルシールを長持ちさせるコツ ジェルネイルシールを長持ちさせるためには、まず爪の甘皮の処理をして、爪の表面をファイルなどで綺麗にすることが大事です。 甘皮を処理していないと、爪の根元からシールが剥がれやすくなってしまいますので必ず処理してください。 そして次に大切なことは、自分の爪のサイズにあったチップを探すことです。 意外と自分の爪より少し大きいかな?くらいのサイズのものがぴったりサイズです。 チップが大きすぎて皮膚に被ってしまうようなものは持ちが悪くなりますので、ちょうど良いサイズを探してみてください。 どれも可愛いので全部欲しくなってしまいますよ! 「ohora(オホーラ)」のおすすめの7アイテムを紹介しました! 外出自粛でも毎日忙しく仕事や家事をこなしている女性だって綺麗なネイルでいたいですよね! 「ohora(オホーラ)」のジェルネイルシールは、ネイルサロンに行くのと比べてとってもコスパが良いですし、他のネイルシールやマニキュアより丈夫なので、しっかりと処理をしてから付ければ家事をしても簡単に剥がれたりしないので本当におすすめです! 紹介したアイテムの他にも可愛いデザインがたくさんあります。 普通に家事をしていますが、持ちも良いですよ!.

次の

【貼るだけでおしゃれ!】ネイルシールのおすすめ人気ランキング20選

ネイル シール ジェル

ネイルシールの魅力 ネイルシールはメイクやファッションと共に個性を発揮できるアイテムの1つと言っても過言ではありません。 ネイルシールを貼るだけで本格的なネイルアートが完成し、を格上げできるのは嬉しいことですよね。 ではネイルシールの使い方をご紹介する前に、ネイルシールの魅力を4つお伝えします。 ネイルシールを手作りすれば、スポーツ観戦や季節のイベント、トレンド感などをいつでも楽しむことができます。 また、好きなペットの写真やイニシャル、イラストなどをネイルシールにするのもおすすめです。 (商品によって異なります) マスキングテープや両面テープ、クッキングシートなどがあればコストをかけず節約しながらネイルシールを楽しめます。 ネイルシール自体は、スマートフォンの半分くらいのサイズで1シート200円〜1,000円ほどが相場なので、数種類集めると意外とコストがかかりがちです。 しかし、自作すれば全てをお気に入りのデザインにすることができる上、コストォーマンスの面から見ても魅力的でしょう。 ネイルシールは、そのような悩みも解決してくれる頼もしい味方になります。 また、ラップタイプのネイルシールなら、印象をガラリと変えてTPOに合わせたネイルを楽しむことができます。 【用意するもの】 ・パソコン ・転写シート ・プリンター(インクジェット式ではなく、レーザープリンターを使いましょう。 レーザープリンターは、コンビニにもあります。 ) 【転写シートを使ったネイルシールの作り方】 (1)転写シートを用意する。 (4)ドライヤーもしくは自然でしっかり乾かす。 (5)印刷した白い台紙の上に透明シートを貼って2枚のシートをしっかりと密着させます。 ネイルシールの作り方【クッキングシート編】 身近にあるクッキングシートで、ネイルシールを作る方法もあります。 熱に強いクッキングシートを使えば、ネイルポリッシュだけではなく、ジェルネイルでシールをつくることもできます。 (3)ジェルを筆に取り、使いたいジェルネイルで描いていく。 今回記載の時間はあくまで目安とし、様子を見ながら使用してください。 ネイルシールの作り方【両面テープ編】 両面テープを使ったネイルシールの作り方もあります。 両面テープは水に強く接着力がありつつも、自爪を傷めないためネイルシールを作るのに適したアイテムです。 【用意するもの】 ・パソコン ・プリンター(インクジェット式ではなく、レーザープリンターを使いましょう。 レーザープリンターは、コンビニにもにあります。 ) ・幅広タイプの両面テープ 【両面テープを使ったネイルシールの作り方】 (1)ネイルシールにしたいお気に入りのイラストやデザインを印刷する。 (2)コピーした紙の印刷面に、両面テープを貼っていく。 (3)コピー紙を水に浸して10分待つ。 (4)水からコピー紙を出し、デザインが両面テープに転写するように両面テープを下にした状態で指でコピー紙をなぞる。 (5)コピー紙が乾いたら好きなサイズにカットして、台紙をはがして爪に貼る。 (自然乾燥でもドライヤーを使って乾かす方法でもOK) (6)最後に上からトップコートを重ねて完成。 ネイルシールの作り方【マスキングテープ編】 マスキングテープを使ったネイルシールの作り方もあります。 マスキングテープは、デザインの種類が多く、爪に部分使いや全体使い、カットを組み合わせて使うなどさまざまなネイルシールのアレンジができるアイテムです。 【用意するもの】 ・ネイルに使いたいデザインのマスキングテープ ・鉛筆 ・ベースコート ・トップコート ・はさみ(爪切り・ネイルファイルでもOK) 【マスキングテープを使ったネイルシールの作り方】 (1)マスキングテープを爪より少し大きいと感じるくらいのサイズにカットする。 (2)カットしたマスキングテープを爪に貼り、鉛筆で爪の形に合わせてガイドラインを描く。 それに合わせてはさみ、またはネイルファイルでカットする。 (このとき、サイズ感やデザインの具合もチェックしておく) (3)ベースコートを塗る。 (4)ベースコートが乾いたら、(2)で作ったマスキングテープを爪にのせる。 (5)最後にトップコートを塗って完成。 ネイルシールの作り方【アプリ編】 ネイルシールはアプリから作る方法もあります。 ネイルシールのアプリも多様ですが、主な作り方は次の通りです。 準備するものはスマートフォンのみです。 (1)アプリで、ネイルシールのデザインを作成する。 サンプルギャラリーからデザインやスタンプなどのパーツを選んだり写真からオリジナルのネイルシールを作成する。 (2)オリジナルのネイルシールを作成したら、発注する。 全国のゲームセンターやショッピングモールなどに設置されているプリント機と接続してネイルシールを印刷できるタイプのアプリと、印刷の上、郵送対応のタイプがあります。 ネイルシールは貼り方次第でもっと楽しめる ネイルシールは、貼り方次第で一味違ったデザインを楽しめます。 例えば、部分使いでもフレンチネイルのように先端に貼る方法、全体的にランダムに置く方法、ワンポイントで置く方法などがあげられるでしょう。 爪全体を覆うサイズのネイルデザインも、小さく三角形にカットしてみたり、パンチでくり抜いて使うアレンジなどもおすすめです。 スタッズやストーンなどをプラスして、ドレスアップさせてみるのも良いでしょう。 ネイルに活用することもできます。 トップコートの仕上げも気分に合わせてアレンジ トップコートの仕上げも気分に合わせてアレンジして、お好みの質感や見た目に仕上げるのもおすすめです。 通常のトップコートだけではなく、マットな仕上がりになるトップコートを使えば磨りガラスのようなつや消しの仕上がりが楽しめます。 また、ジェルネイル用のトップコートを使って仕上げれば、ぷっくりとした仕上がりでジェルネイルのように見せることも可能です。 爪の表面を整えておく ネイルシールを貼る時は、爪の表面に凸凹がないようになめらかに整えてネイルシールの土台作りを意識しておくことが大切です。 爪の表面を、爪磨きなどでなめらかに整えておくことによってネイルシールの密着度が高まり、ネイルシールを長持ちさせることが期待できます。 また、基本的なことですがネイルシールを貼る前や、ベースコートを塗る前は清潔な手にしておくことが重要です。 ハンドやネイルオイルなど、油分があるとネイルシールやネイルがしっかり塗れず、持続期間に影響を与えてしまうことがあるので気をつけましょう。 ネイルシールを貼る時は、ピンセットを使う 爪にネイルシールを貼る時は、ピンセットを使いましょう。 手を使ってネイルシールを貼ろうとすると、ネイルシールが折れてしまったり、手に付いている油分などで粘着力が弱まってしまうことがあります。 ネイルシールを綺麗な状態で接着するためにも、ピンセットを使って貼るようにしましょう。 ネイルシールの作り方の注意点 ネイルシールはコツを掴めば、誰でも簡単に作ることができますが、ここではネイルシールを作る時に気をつけたい注意点を2つお伝えします。 ネイルシールの印刷前はテストプリントを行う ネイルシールを転写シートなどに印刷する際には、あらかじめテストプリントを行いましょう。 転写シートに失敗してしまうと、そのシートが使えなくなってしまいます。 転写シートに貼る場合、反転した状態で仕上がります。 文字など反転して困るようなデザインは印刷設定を「左右反転」もしくは「鏡像設定」にセットして印刷することを忘れないでください。 プリンターやインクの種類をチェックする ネイルシールを転写シートに印刷する場合、プリンターやインクの種類をチェックしてから印刷しましょう。 転写シートは、一般的に顔料タイプのインクではなく染料タイプのインクを使用します。 転写シートには、使用上の注意が記載してあります。 転写シートに書かれている自宅のプリンタードライバの種類や、モード設定などを確認した上で印刷を行いましょう。 ネイルシールの作り方まとめ 今回は、テクニックが無くても本格的なネイルアートができるネイルシールの作り方についてご紹介しました。 自作のネイルシールなら、どんなデザインも手に入り、お気に入りのネイルを楽しむことができます。 ネイルシールの作り方には、さまざまな方法があります。 ぜひ、オリジナルのネイルデザインにトライしてみてください。

次の