薬丸 裕英。 薬丸裕英の自宅の住所は成城とハワイにも!住んでいた武蔵村山市の観光大使に就任

薬丸裕英の現在は超悲惨?家が豪邸過ぎる!

薬丸 裕英

毎週木曜の朝、普段より少し多めの荷物を抱えた(52才)は、9時28分スタートの情報番組『生活情報マーケット なないろ日和!』(テレビ東京)の出演に間に合うよう余裕をもって自宅を出る。 11時過ぎに収録が終わると、スタジオのある東京・品川からお台場へ直行。 11時55分スタートのバラエティー番組『バイキング』(フジテレビ系)に出演し、芸能から政治ネタまであらゆる話題にコメントする。 次は15時40分スタートの生活情報番組『よじごじDays』(テレビ東京)の収録へ。 いずれも生放送だけに、移動中も気が気でないに違いない。 そして16時54分にやっと3本目の収録が終わると羽田空港に向かい、なんと約7時間かけてハワイへ飛ぶ。 日曜夜に帰国すると、休む間もなく月曜朝の生放送の準備をしなければならない。 薬丸はほぼ毎週、こんな生活を続けている。 長男(27才)は日本で俳優を、次男(24才)はオーストラリアでセミプロのサッカーチームに所属しているそうです。 長女(21才)は日本の大学に通いながらタレント活動をしていて、三男(18才)はアメリカ留学中。 「当時長女はハワイ留学中で、現地でタレント活動もしていました。 彼女をサポートしようと、秀美さんは次女を連れて頻繁にハワイを訪れていたそうです。 「奥さんがいつまでたっても帰って来ないんですから、掃除洗濯だけでなく、ゴミ出しや朝の食事の準備まで薬丸さんはひとりでこなしています。 さすがに多忙なので夕食は外で食べて帰ることが多いようです。 薬丸さん、お子さんが5人もいるのに芸能界の友達の輪が広くてつきあいもいいですし、バラエティー番組『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)を見ていても、行ったことがないお店はないというくらいグルメなので、どうしてかと訝しげに聞かれることも多いんです。 前に、奥さんと別居していてひとりでいる時間ばかりで、仕方なくそんなふうになってしまった…と苦笑いしてましたね」(前出・知人) 毎週ハワイに通うほど夫婦関係は良好。 とはいえ、多忙な夫をひとり置いての妻の不在期間はあまりにも長すぎないだろうか。 「秀美さんもハワイでの仕事が忙しいんですよ。 2015年に、ハワイで立ち上げたジュエリーブランド『ALOHILANI』の売れ行きが好調だそうです。 子供の留学費用や日本の自宅のローン返済で大変な中、家計の大きな支えになっているそうです。 昨年には英国王室御用達のトイメーカーとコラボ商品も出していて、今はハワイに2店舗持っています。 秀美さん自身、今は仕事をバリバリ頑張りたいという気持ちが強く、ハワイ独特の雰囲気や生活も気に入っているそう。

次の

薬丸裕英は6年前から「別居生活」 毎週、妻に会うためにハワイへ

薬丸 裕英

薬丸裕英と石川秀美は 当時共にトップアイドル。 1989年末に薬丸裕英と 嫁の石川秀美の交際が報道されますが 実はこれは薬丸裕英を狙ったものではなく 薬丸裕英の生活圏内の とある超大物を追っていた結果 たまたま石川秀美が朝帰りした貯め 副産物としてスクープされたもの。 そして石川秀美が子供を妊娠し 6ヶ月頃になってから ようやく事務所に布告。 それまでは誰にも話していなかったため 急遽1990年6月に結婚及び妊娠の会見。 ちなみに薬丸裕英は嫁の石川秀美と 結婚式が出来なかったため それに関して負い目を持っているとも 薬丸裕英は語っていました。 そのため2015年6月8、 25年めの結婚記念日に 家族だけの結婚式をハワイで行っています。 息子が3人で娘2人。 子供たちの主な情報は以下の通り。 2018年のドラマ 「99. 9-刑事専門弁護士」 などに出演。 2018年から本格的に芸能活動。 2017年時点で語学とサッカーのため アメリカに留学も。 もともと長女がハワイ留学をしており そのサポートのために石川秀美が 次女を連れてハワイに。 その後石川秀美はハワイを 拠点にするようになり 娘が帰国してからもハワイ生活継続。 一時期は薬丸裕英と 嫁の石川秀美が 別居かとも言われましたが 薬丸裕英は基本的に 2013年から月曜から木曜に 仕事を日本国内でしており 金曜から日曜までの3日間は 嫁と娘のいるハワイに行くように。 2018年4月19日には 「直撃!シンソウ坂上」に 薬丸裕英とその嫁、石川秀美が出演。 石川秀美は実に28年ぶりのテレビ出演。 2018年4月10日には 「さんま御殿」に 出演をしたりと本格的に 芸能界に参戦をしています。 石川秀美が28年ぶりに テレビ出演をしたのも 芸能活動を本格化させた 娘、薬丸玲美のサポートの ためかもしれません。 石川秀美が現在ハワイに 拠点を移しているのも もともと娘の薬丸玲美の サポートのためでしたし。

次の

薬丸裕英は6年前から「別居生活」 毎週、妻に会うためにハワイへ

薬丸 裕英

現在はテレビ東京の朝の情報番組「なないろ日和! 」の司会を務めるなど今も「朝の顔」として活躍中。 薬丸裕英さんが元ジャニーズという事を知らない若者も少なくないかもしれません。 ジャニーズと言えば家族や親戚、または自分で履歴書を送るというのが一般的。 ですが薬丸裕英さんは少し違います。 中学2年生の時にジャニーズ事務所に応募した友達がおり、その友達についてく形でレッスンに通うようになったそうです。 つまり薬丸裕英さんはジャニーズ事務所に1度も履歴書を送っていないんです。 それにも関わらず薬丸裕英さんは1981年のドラマ「2年B組仙八先生」に抜擢。 同じくドラマに出演していた本木雅弘さん、布川敏和さんと共に「シブがき隊」を結成すると一躍スターの仲間入り。 シブがき隊解散後もドラマやバラエティ、コメンテーターとしてマルチに活動する薬丸裕英さん。 ジャニーズ事務所を退所したタレントの中で最も活躍していると言っても過言ではないかもしれません。 そんな薬丸裕英さんが生まれたのは東京都の武蔵野市。 その後、白金台や武蔵村山、東大和市を転々としたようです。 薬丸裕英の両親はどんな人? 幼少期は引っ越しが多かった薬丸裕英さん。 引っ越しの主な理由となるのが転勤ですよね。 では薬丸裕英さんの父親はどのような仕事をしていたのでしょうか。 調べてみると薬丸裕英さんの父親は自動車工場を経営していた事が分かりました。 これはかなり意外に思う人が多いでしょう。 工場には大きな機材等があるため引っ越しをするイメージがありません。 もしかすると商売がうまくいかずに規模を縮小しながら転居を繰り返したのかもしれません。 実際に薬丸裕英さんの幼少期は裕福ではなかったそうです。 そのため、小学5年生の頃から家計のために新聞配達をしていたそうです。 また、中学生の頃はクリーニング屋でアルバイトをしており、中学卒業後は高校には進学せずに働くつもりだったようです。 家計が苦しかったからか薬丸裕英さんの母親も働いていたそうです。 ただ、どのような仕事をしていたのかは分かりませんでした。 薬丸裕英の姉が病気? 3歳年上の姉がいるという薬丸裕英さん。 薬丸裕英さんが公言したことはありませんがどうやら姉は若い頃から病気を患っているようです。 姉の面倒は同居する両親が見ているそうですが、薬丸裕英さんが生活費や治療費を負担しているんだとか。 多忙で姉の面倒を見ることが出来ないため、「せめてお金だけは」という思いがあるのでしょう。 姉の病名は明かされていませんが両親が同居して面倒を見ているという事から軽い病気ではなさそうです。 5人の子供を育てながら病気の姉の援助も続ける薬丸裕英さん。 休みなく働き続ける理由が分かったような気がします。 薬丸裕英は性格が悪い? 家庭が苦しかったためか中学生の頃は暴走族に入っていたという薬丸裕英さん。 そのためかワガママで性格も悪かったそうです。 シブがき隊のメンバーだった布川敏和さんもバラエティ番組で 仲が悪いわけじゃないんですよ。 性格が合わないんですよ と薬丸裕英さんの性格には問題があった事を明かしています。 ですが性格に難があったのは若気の至り。 徐々に性格が改善されていったようです。 その証拠にシブがき隊を解隊直後に この先ちゃんとやっていけるだろうか? と思い悩んだり、プレッシャーを感じて眠れない事もあったそうです。

次の