あらた 芸能人。 井浦新

すっぴんとの落差が激しい芸能人!メイクとの比較画像で失神!

あらた 芸能人

略歴 [ ] 中途退学。 一浪して入学した大学在学中の19歳の時 、インディーズブランドのコレクションをきっかけに、モデル事務所にスカウトされて芸能界入り。 デビュー当初は本名で活動し、その後 ARATAを芸名としていた。 「元々は役者志望で芸能界に入ったわけではなかったので、最初は演技の仕事は記念のつもりぐらいでやっていた」という。 そのため、「俳優という立場に自分の気持ちが追いつけなかったという意味では、閉塞感に近いものはあった。 それこそ、作品の撮影終了後に、作品の宣伝活動をするということも想像もつかなかったほどである」という。 ファッションモデルとして、『』、『』、『』、『CHECK MATE』、『asayan』他、各の表紙を飾る。 後半にはをはじめ、などで常にシーズンのトップモデルとして出演を果たす。 1998年11月に独自ブランド" REVOLVER"をオープンする。 REVOLVER内で、小リリースラインのFARRELLを展開。 2007年から改名し、自身のブランド" ELNEST CREATIVE ACTIVITY"をもって独立し、本格的なデザイン活動を展開している。 俳優業では、公開の『』のオーディションを受け、映画初主演。 公開の『』で注目を集め、に発売された書籍『メガネ男子』(アスペクト)にて、「好きなメガネ男子」1位になっている。 公開の『』では、セルフスタイリングで自身のブランドであったREVOLVERを着用して出演している。 近年は、やにも出演し、活動の幅を広げている。 長らく芸名を使用してきたが、の『』にて本名で出演することが11月に番組公式ホームページで明らかにされ 、2012年に入って所属事務所の公式ホームページにより本名で活動することも告知された。 芸名を本名に戻す理由について、2012年6月に公開された映画『』に三島役で出演した際に「三島さんを演じた役者の名前が、アルファベット表記でエンドロールに出ることは好ましくない」と考えたからと述べている。 2012年10月、映画監督のが死去した際は、晩年の作品に多数出演していた縁での弔辞を読んだ。 同年、、の2賞を受賞した。 12月22日-2013年3月3日に、にて初の写真展を開催した。 2013年4月よりの「文化大使」に就任し、の教養番組『』司会 、修復保護や日本の継承の支援などを目的とする一般社団法人匠文化機構の理事長に就任するなど、美術や伝統工芸に強い関心を持ち活動している。 人物 [ ]• 「を、役者として愛してやまない」と語っており、演技の幅の広さや表現力を評価している。 後に映画『光』で共演が実現した際には「今回はお互いが本能のままに演じ、キャッチボールができたのもうれしかった。 本能のままに演じるというのは、もろくて壊れやすい側面もあるので、危険な行為だと思うんです。 でも、お互いが直感のままに感じたことをやり、作品として成立できたことは感動ですね」と語っている。 プライベートでは、2児の父親として普通に過ごしており、2017年のインタビューでは「子どもにもできるであろう趣味を一緒に共有して一緒に遊ぶことで、子どもの感性を知ったり、逆に自分も子どもにしかない感性を教わったりしています」と話している。 元と親交があり、コスチュームのデザインや引退後に小橋が設立した会社の企業ロゴのデザインも手がけている。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1999年、監督) - 主演・望月隆 役• (1999年、監督) - 甲野慎吾 役• (2001年、是枝裕和監督) - 主演・敦 役• (2004年、監督) - 主演・リチオ 役• (2005年、監督) - 菊池オサム 役• (2005年、監督) - バーテン 役• (2007年、監督)- サイード 役(吹き替え・主人公の声で出演• 幽閉者 テロリスト(2007年、監督) - サブリーダー 役• (2007年、監督) - 巨大焼肉チェーン店 虎王 御曹司トラオ 役• (2008年、監督) - 役• (2008年、監督) - 真島 役• (2008年、監督) - シバ 役• 終わりの始まり(2008年、監督) - 田村マサオ 役• 最後の希望(2009年、堤幸彦監督) - 田村マサオ 役• (2009年、監督) - 店員 役• (2009年、監督) - 島田要 役• ぼくらの旗(2009年、堤幸彦監督) - 田村マサオ 役• (2009年、是枝裕和監督) - 純一 役• (2009年ドイツ・フランス・スペイン・アメリカ公開)ドイツ映画賞受賞作品 - 小瀬少佐 役• (2010年、監督) - 冴木隆太郎 役• (2010年、監督) - 十蔵 役• (2010年、監督)• (2010年、若松孝二監督) - 軍人2 役• (2010年、監督)- 平沢圭一 役• (2010年、監督) - 荒井一市 役• (2010年、阪本順治監督- 神山文彦 役• 2012年、若松孝二監督 - 富谷正和 役• (2012年、若松孝二監督 - 主演・ 役• (2012年、監督 - ソンホ 役• (2012年、監督 - 火野鉄新 役• (2013年、監督) - 室田恵介 役• (2013年、監督)• (2013年、若松孝二監督)• (2013年、監督)• (2013年、是枝裕和監督)• (2013年、監督)• (2013年、監督)• (2013年、監督)• (2014年、監督)• (2014年、監督) - 大沢克彦 役• (2014年) -• (2015年、堤幸彦監督) - 甲水朔也 役• (2015年、監督) - 岩永 役• (2015年、監督) - 語り• ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜(2015年、フローリアン・ガレンベルガー監督) - 小瀬少佐 役、2009年の同作が日本公開• (2016年、監督) - 龍也 役• 二十六夜待ち(2017年、越川道夫監督) - 杉谷 役• (2017年、大森立嗣監督) - 主演・信之 役• (2018年、監督) - 雨屋 草太 役• 返還交渉人 -いつか、沖縄を取り戻す-(2018年 ) - 主演・ 役• 2018年、監督 -• (2018年、監督) - 役• (2019年、甲斐さやか監督) - 木立省吾 役• (2019年、監督) - 主演・広永亮太 役• (2019年、監督) - 主演・平岡衛星 役• (2019年、監督) - 風間裕二 役• (2020年、監督)• (2020年公開予定、監督) - 栗原清和 役 テレビドラマ [ ]• 第12話(2008年9月21日、)• (2008年12月7日、) - 主演・吉村修 役• 第4話・最終話(2009年8月、NHK) - 黒川真治 役• (2009年11月18日 - 2010年4月21日、)- 仲村鷹彦 役• (2010年4月17日 - 5月22日、NHK) - 村雲修次 役• (2010年8月14日、) - 志村伍長 役• (2010年10月18日 - 12月20日、テレビ東京) - 渡瀬満 役• (2011年5月14日、) - 安西雄哉 役• (2011年7月21日 - 9月15日、テレビ朝日) - 安西雄哉 役• (2011年7月31日 - 9月11日、WOWOW)- 水野瞭太郎 役• (2011年10月13日 - 12月22日、) - 池澤雅人 役• 「」(2012年、NHK) - 役• (2012年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 朝比奈恒介 役• リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク(2013年4月1日)• 第7話(2013年2月25日、フジテレビ) - 須崎 役• (2013年5月25日 - 6月27日、NHK) - 田嶋彰芳 役• スペシャルドラマ「」(2013年12月16日、TBS) - 片瀬信太郎 役• 「」(2013年12月、WOWOW) - 富士登山ガイドの野澤亮一 役• (2014年5月5日、NHK総合) - 大田黒純一 役• (2014年7月10日 - 9月11日、TBS) - 主演・柳健太 役• (2015年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 須磨康臣 役• シーズン2(2016年4月 - 6月、日本テレビ) - 龍也 役• (2016年4月15日 - 6月10日、NHK総合) - 長部瞭司 役• (2018年1月12日 - 3月16日、TBS) - 中堂系 役• (2018年7月17日 - 9月18日、関西テレビ・フジテレビ) - 半田明伸 役• (2019年1月6日、フジテレビ) - 主演・斎藤涼介 役(とのダブル主演)• (2019年1月15日、関西テレビ・フジテレビ系)- 主演・高倉昭 役• 第31話 - 第144話(2019年5月6日 - 9月14日、NHK) - 仲努 役• (2019年10月13日 - 12月15日、日本テレビ) - 才門要 役• (2020年4月5日 - 〈予定〉、) - 主演• (2020年5月16日 - 〈予定〉、NHK総合) - 安西誠 役 劇場アニメ [ ]• (2019年8月2日、東宝)- ミルドラース 役 ゲーム [ ]• (2015年春、・) - 立華鉄 役 ドキュメンタリー [ ]• TOP OF JAPAN(1996年、)• (2010年10月17日、テレビ東京)• (2010年10月23日、テレビ東京)• (2019年4月 - 、テレビ東京) - Art Traveler• 井浦新 暁時、黄昏(2012年12月23日、BSフジ)• (2013年4月 - 2018年3月、)• 日曜美術館 特別編 井浦新のにっぽん美の旅(2014年12月28日、NHK Eテレ)• 京都別荘「はなやぎの春 すずやかに夏」(2014年7月19日、NHK BSプレミアム)• 井浦新 アジアハイウェイを行く(2015年4月11日 - 、NHK BSプレミアム)• 世界に誇る夢の超特急〜新幹線開発物語(2017年3月26日、BS-TBS) - ナレーション トーク番組 [ ]• (2011年4月 - 2012年3月、)• シーズン4 2010年11月、)- 山下雄太役 舞台 [ ]• (2009年、演出) CM [ ]• (2000年)• 企業広告(2002年)• ウーロン茶(2002年) - ナレーション• (2007年)• (2009年)• 液キャベ(2010年)• キユーピーライト(2011年) - ナレーション• 「リベシィホワイト」(2011年) - ナレーション• (2012年10月5日 - )• (2012年)• 東洋館リニューアルオープン ポスターモデル・開館記念式典ゲストにも出席• 新参者編・映画監督役(2013年 - )• (2018年 - )• 「ドライブレコーダー、という愛情があります。 」編(2019年2月 - )• 「」(2019年11月 - )• 「板書シリーズ」(2020年3月 - ) - イメージキャラクター WEBムービー [ ]• 『』予告編風動画(2019年) - 天城恭一 役 PV [ ]• 「」(1999年)• 「」(2008年) ナレーション [ ]• 「バースデイ 〜宇宙とわたしをつなぐもの〜」 2009年 受賞歴 [ ] 1999年度• 第14回 最優秀新人男優賞(『』) 2002年度• 第17回高崎映画祭 最優秀助演男優賞(『』) 2009年度• 第24回高崎映画祭 最優秀主演男優賞(『』) 2010年度• 第65回 助演男優賞(『』) 2012年度• 第55回 助演男優賞(『』)• 2013 主演男優賞(『かぞくのくに』『』) 2018年度• 第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『』)• 11回 助演男優賞(『』) 2019年度• リチャードエドワード• 20471120• OZONE COMMUNITY• KEITA MARUYAMA HOMME• smartMAX• CHECK MATE• COOLTRANS• OUTDOOR MAGINE "GO OUT" 展覧会 [ ]• 井浦新 空は暁、黄昏れ展(2012年12月22日 - 2013年3月3日、) 書籍 [ ]• 京のろおじ 暮らす旅 京都(2013年12月、阪急コミュニケーションズ) - 「旅の案内人」として登場• 井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻(2014年3月、東京美術) 脚注 [ ] []• 2012年1月4日閲覧。 、匠文化機構、2014年4月25日閲覧。 jungle 【ジャングル】 2010年2月9日• 週刊女性 2018年3月27日号• スポーツ報知 2017年11月24日• 大河ドラマ「平清盛」公式サイト. 2011年12月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年12月6日閲覧。 出演発表が行われた2011年5月の時点では芸名で発表されていた。 所属事務所公式ページの告知参照。 日刊スポーツ 2012年1月4日閲覧• cinamacafe. net 2012年10月24日. 2012年10月24日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年11月14日. 2012年11月17日閲覧。 女性セブン 2013年12月19日号• 、匠文化機構、2014年4月25日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年5月22日. 2015年7月1日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年10月22日. 2016年10月24日閲覧。 2019年2月22日. 2019年3月20日閲覧。 com. 2019年5月16日. 2019年5月16日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月10日. 2019年9月10日閲覧。 映画ナタリー 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月27日. 2016年1月27日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年9月12日. 2017年9月12日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年5月14日. 2018年5月14日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年11月20日. 2018年11月20日閲覧。 ザ・テレビジョン 株式会社KADOKAWA. 2018年11月7日. 2018年11月7日閲覧。 NHKオンライン. 2019年3月1日閲覧。 映画ナタリー 2019年9月2日. 2019年9月2日閲覧。 コミックナタリー 2020年3月30日. 2020年3月30日閲覧。 映画ナタリー 2019年11月11日. 2019年11月14日閲覧。 龍が如く0 誓いの場所. 2014年9月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年9月11日閲覧。 、東京国立博物館、2013年1月18日参照。 2020年3月18日. 2020年3月30日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年7月13日. 2020年1月28日閲覧。 第96回ドラマアカデミー賞. KADOKAWA. 2018年5月2日閲覧。 映画ナタリー 2019年10月3日. 2019年10月3日閲覧。 外部リンク [ ]• - 匠文化機構•

次の

菅田将暉、真剣佑って読める?難読ネーム芸能人ランキング

あらた 芸能人

略歴 [ ] 中途退学。 一浪して入学した大学在学中の19歳の時 、インディーズブランドのコレクションをきっかけに、モデル事務所にスカウトされて芸能界入り。 デビュー当初は本名で活動し、その後 ARATAを芸名としていた。 「元々は役者志望で芸能界に入ったわけではなかったので、最初は演技の仕事は記念のつもりぐらいでやっていた」という。 そのため、「俳優という立場に自分の気持ちが追いつけなかったという意味では、閉塞感に近いものはあった。 それこそ、作品の撮影終了後に、作品の宣伝活動をするということも想像もつかなかったほどである」という。 ファッションモデルとして、『』、『』、『』、『CHECK MATE』、『asayan』他、各の表紙を飾る。 後半にはをはじめ、などで常にシーズンのトップモデルとして出演を果たす。 1998年11月に独自ブランド" REVOLVER"をオープンする。 REVOLVER内で、小リリースラインのFARRELLを展開。 2007年から改名し、自身のブランド" ELNEST CREATIVE ACTIVITY"をもって独立し、本格的なデザイン活動を展開している。 俳優業では、公開の『』のオーディションを受け、映画初主演。 公開の『』で注目を集め、に発売された書籍『メガネ男子』(アスペクト)にて、「好きなメガネ男子」1位になっている。 公開の『』では、セルフスタイリングで自身のブランドであったREVOLVERを着用して出演している。 近年は、やにも出演し、活動の幅を広げている。 長らく芸名を使用してきたが、の『』にて本名で出演することが11月に番組公式ホームページで明らかにされ 、2012年に入って所属事務所の公式ホームページにより本名で活動することも告知された。 芸名を本名に戻す理由について、2012年6月に公開された映画『』に三島役で出演した際に「三島さんを演じた役者の名前が、アルファベット表記でエンドロールに出ることは好ましくない」と考えたからと述べている。 2012年10月、映画監督のが死去した際は、晩年の作品に多数出演していた縁での弔辞を読んだ。 同年、、の2賞を受賞した。 12月22日-2013年3月3日に、にて初の写真展を開催した。 2013年4月よりの「文化大使」に就任し、の教養番組『』司会 、修復保護や日本の継承の支援などを目的とする一般社団法人匠文化機構の理事長に就任するなど、美術や伝統工芸に強い関心を持ち活動している。 人物 [ ]• 「を、役者として愛してやまない」と語っており、演技の幅の広さや表現力を評価している。 後に映画『光』で共演が実現した際には「今回はお互いが本能のままに演じ、キャッチボールができたのもうれしかった。 本能のままに演じるというのは、もろくて壊れやすい側面もあるので、危険な行為だと思うんです。 でも、お互いが直感のままに感じたことをやり、作品として成立できたことは感動ですね」と語っている。 プライベートでは、2児の父親として普通に過ごしており、2017年のインタビューでは「子どもにもできるであろう趣味を一緒に共有して一緒に遊ぶことで、子どもの感性を知ったり、逆に自分も子どもにしかない感性を教わったりしています」と話している。 元と親交があり、コスチュームのデザインや引退後に小橋が設立した会社の企業ロゴのデザインも手がけている。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1999年、監督) - 主演・望月隆 役• (1999年、監督) - 甲野慎吾 役• (2001年、是枝裕和監督) - 主演・敦 役• (2004年、監督) - 主演・リチオ 役• (2005年、監督) - 菊池オサム 役• (2005年、監督) - バーテン 役• (2007年、監督)- サイード 役(吹き替え・主人公の声で出演• 幽閉者 テロリスト(2007年、監督) - サブリーダー 役• (2007年、監督) - 巨大焼肉チェーン店 虎王 御曹司トラオ 役• (2008年、監督) - 役• (2008年、監督) - 真島 役• (2008年、監督) - シバ 役• 終わりの始まり(2008年、監督) - 田村マサオ 役• 最後の希望(2009年、堤幸彦監督) - 田村マサオ 役• (2009年、監督) - 店員 役• (2009年、監督) - 島田要 役• ぼくらの旗(2009年、堤幸彦監督) - 田村マサオ 役• (2009年、是枝裕和監督) - 純一 役• (2009年ドイツ・フランス・スペイン・アメリカ公開)ドイツ映画賞受賞作品 - 小瀬少佐 役• (2010年、監督) - 冴木隆太郎 役• (2010年、監督) - 十蔵 役• (2010年、監督)• (2010年、若松孝二監督) - 軍人2 役• (2010年、監督)- 平沢圭一 役• (2010年、監督) - 荒井一市 役• (2010年、阪本順治監督- 神山文彦 役• 2012年、若松孝二監督 - 富谷正和 役• (2012年、若松孝二監督 - 主演・ 役• (2012年、監督 - ソンホ 役• (2012年、監督 - 火野鉄新 役• (2013年、監督) - 室田恵介 役• (2013年、監督)• (2013年、若松孝二監督)• (2013年、監督)• (2013年、是枝裕和監督)• (2013年、監督)• (2013年、監督)• (2013年、監督)• (2014年、監督)• (2014年、監督) - 大沢克彦 役• (2014年) -• (2015年、堤幸彦監督) - 甲水朔也 役• (2015年、監督) - 岩永 役• (2015年、監督) - 語り• ジョン・ラーベ 〜南京のシンドラー〜(2015年、フローリアン・ガレンベルガー監督) - 小瀬少佐 役、2009年の同作が日本公開• (2016年、監督) - 龍也 役• 二十六夜待ち(2017年、越川道夫監督) - 杉谷 役• (2017年、大森立嗣監督) - 主演・信之 役• (2018年、監督) - 雨屋 草太 役• 返還交渉人 -いつか、沖縄を取り戻す-(2018年 ) - 主演・ 役• 2018年、監督 -• (2018年、監督) - 役• (2019年、甲斐さやか監督) - 木立省吾 役• (2019年、監督) - 主演・広永亮太 役• (2019年、監督) - 主演・平岡衛星 役• (2019年、監督) - 風間裕二 役• (2020年、監督)• (2020年公開予定、監督) - 栗原清和 役 テレビドラマ [ ]• 第12話(2008年9月21日、)• (2008年12月7日、) - 主演・吉村修 役• 第4話・最終話(2009年8月、NHK) - 黒川真治 役• (2009年11月18日 - 2010年4月21日、)- 仲村鷹彦 役• (2010年4月17日 - 5月22日、NHK) - 村雲修次 役• (2010年8月14日、) - 志村伍長 役• (2010年10月18日 - 12月20日、テレビ東京) - 渡瀬満 役• (2011年5月14日、) - 安西雄哉 役• (2011年7月21日 - 9月15日、テレビ朝日) - 安西雄哉 役• (2011年7月31日 - 9月11日、WOWOW)- 水野瞭太郎 役• (2011年10月13日 - 12月22日、) - 池澤雅人 役• 「」(2012年、NHK) - 役• (2012年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 朝比奈恒介 役• リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク(2013年4月1日)• 第7話(2013年2月25日、フジテレビ) - 須崎 役• (2013年5月25日 - 6月27日、NHK) - 田嶋彰芳 役• スペシャルドラマ「」(2013年12月16日、TBS) - 片瀬信太郎 役• 「」(2013年12月、WOWOW) - 富士登山ガイドの野澤亮一 役• (2014年5月5日、NHK総合) - 大田黒純一 役• (2014年7月10日 - 9月11日、TBS) - 主演・柳健太 役• (2015年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 須磨康臣 役• シーズン2(2016年4月 - 6月、日本テレビ) - 龍也 役• (2016年4月15日 - 6月10日、NHK総合) - 長部瞭司 役• (2018年1月12日 - 3月16日、TBS) - 中堂系 役• (2018年7月17日 - 9月18日、関西テレビ・フジテレビ) - 半田明伸 役• (2019年1月6日、フジテレビ) - 主演・斎藤涼介 役(とのダブル主演)• (2019年1月15日、関西テレビ・フジテレビ系)- 主演・高倉昭 役• 第31話 - 第144話(2019年5月6日 - 9月14日、NHK) - 仲努 役• (2019年10月13日 - 12月15日、日本テレビ) - 才門要 役• (2020年4月5日 - 〈予定〉、) - 主演• (2020年5月16日 - 〈予定〉、NHK総合) - 安西誠 役 劇場アニメ [ ]• (2019年8月2日、東宝)- ミルドラース 役 ゲーム [ ]• (2015年春、・) - 立華鉄 役 ドキュメンタリー [ ]• TOP OF JAPAN(1996年、)• (2010年10月17日、テレビ東京)• (2010年10月23日、テレビ東京)• (2019年4月 - 、テレビ東京) - Art Traveler• 井浦新 暁時、黄昏(2012年12月23日、BSフジ)• (2013年4月 - 2018年3月、)• 日曜美術館 特別編 井浦新のにっぽん美の旅(2014年12月28日、NHK Eテレ)• 京都別荘「はなやぎの春 すずやかに夏」(2014年7月19日、NHK BSプレミアム)• 井浦新 アジアハイウェイを行く(2015年4月11日 - 、NHK BSプレミアム)• 世界に誇る夢の超特急〜新幹線開発物語(2017年3月26日、BS-TBS) - ナレーション トーク番組 [ ]• (2011年4月 - 2012年3月、)• シーズン4 2010年11月、)- 山下雄太役 舞台 [ ]• (2009年、演出) CM [ ]• (2000年)• 企業広告(2002年)• ウーロン茶(2002年) - ナレーション• (2007年)• (2009年)• 液キャベ(2010年)• キユーピーライト(2011年) - ナレーション• 「リベシィホワイト」(2011年) - ナレーション• (2012年10月5日 - )• (2012年)• 東洋館リニューアルオープン ポスターモデル・開館記念式典ゲストにも出席• 新参者編・映画監督役(2013年 - )• (2018年 - )• 「ドライブレコーダー、という愛情があります。 」編(2019年2月 - )• 「」(2019年11月 - )• 「板書シリーズ」(2020年3月 - ) - イメージキャラクター WEBムービー [ ]• 『』予告編風動画(2019年) - 天城恭一 役 PV [ ]• 「」(1999年)• 「」(2008年) ナレーション [ ]• 「バースデイ 〜宇宙とわたしをつなぐもの〜」 2009年 受賞歴 [ ] 1999年度• 第14回 最優秀新人男優賞(『』) 2002年度• 第17回高崎映画祭 最優秀助演男優賞(『』) 2009年度• 第24回高崎映画祭 最優秀主演男優賞(『』) 2010年度• 第65回 助演男優賞(『』) 2012年度• 第55回 助演男優賞(『』)• 2013 主演男優賞(『かぞくのくに』『』) 2018年度• 第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『』)• 11回 助演男優賞(『』) 2019年度• リチャードエドワード• 20471120• OZONE COMMUNITY• KEITA MARUYAMA HOMME• smartMAX• CHECK MATE• COOLTRANS• OUTDOOR MAGINE "GO OUT" 展覧会 [ ]• 井浦新 空は暁、黄昏れ展(2012年12月22日 - 2013年3月3日、) 書籍 [ ]• 京のろおじ 暮らす旅 京都(2013年12月、阪急コミュニケーションズ) - 「旅の案内人」として登場• 井浦新の美術探検 東京国立博物館の巻(2014年3月、東京美術) 脚注 [ ] []• 2012年1月4日閲覧。 、匠文化機構、2014年4月25日閲覧。 jungle 【ジャングル】 2010年2月9日• 週刊女性 2018年3月27日号• スポーツ報知 2017年11月24日• 大河ドラマ「平清盛」公式サイト. 2011年12月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年12月6日閲覧。 出演発表が行われた2011年5月の時点では芸名で発表されていた。 所属事務所公式ページの告知参照。 日刊スポーツ 2012年1月4日閲覧• cinamacafe. net 2012年10月24日. 2012年10月24日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年11月14日. 2012年11月17日閲覧。 女性セブン 2013年12月19日号• 、匠文化機構、2014年4月25日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年5月22日. 2015年7月1日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年10月22日. 2016年10月24日閲覧。 2019年2月22日. 2019年3月20日閲覧。 com. 2019年5月16日. 2019年5月16日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月10日. 2019年9月10日閲覧。 映画ナタリー 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月27日. 2016年1月27日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年9月12日. 2017年9月12日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年5月14日. 2018年5月14日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年11月20日. 2018年11月20日閲覧。 ザ・テレビジョン 株式会社KADOKAWA. 2018年11月7日. 2018年11月7日閲覧。 NHKオンライン. 2019年3月1日閲覧。 映画ナタリー 2019年9月2日. 2019年9月2日閲覧。 コミックナタリー 2020年3月30日. 2020年3月30日閲覧。 映画ナタリー 2019年11月11日. 2019年11月14日閲覧。 龍が如く0 誓いの場所. 2014年9月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年9月11日閲覧。 、東京国立博物館、2013年1月18日参照。 2020年3月18日. 2020年3月30日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年7月13日. 2020年1月28日閲覧。 第96回ドラマアカデミー賞. KADOKAWA. 2018年5月2日閲覧。 映画ナタリー 2019年10月3日. 2019年10月3日閲覧。 外部リンク [ ]• - 匠文化機構•

次の

在日芸能人一覧│在日の韓国人や朝鮮人30名を暴露します

あらた 芸能人

ここから在日芸能人30名を紹介していきます 芸能人に在日は多いですが、 「え、この人もだったの?」と衝撃を受ける場合も少なくありません。 以下から、在日だと判明した超有名な芸能人を紹介していきます。 挑戦半島出身者の母を持つ、在日韓国人2世として知られています。 その後、和田アキ子さんは日本に帰化しました。 本人が日本人ではないと知ったのは、中学生のころです。 もともとは韓国籍でしたが日本国籍を取得しています。 理由は、在日韓国人であることが分かったら、みなさんが失望するからという衝撃的なものでした。 布袋寅泰さんの母親は日本国籍で、父親とはほとんど一緒に暮らしておらずほぼ母子家庭で育ちました。 旧名は、 金大耕と書きます。 免許申請に行ったら、外国人登録証が必要だと言われたことをテレビで打ち明けていました。 在日韓国人2世ですが、現在は日本の国籍を取得しています。 音楽センスに溢れ、韓国でも根強い人気があります。 玉山鉄二さんが韓国に行ったさい、「母国に帰ってきた」と本人が話していたんですね。 現在の国籍は日本ですが、韓国への想いは強いです。 韓国籍でしたが、2017年に日本に帰化しています。 それまでは、ずっと韓国人として日本で芸能活動していました。 彼の韓国名は、 金知憲(キム・ジホン)。 しかし日本人女性と結婚するにあたって、2001年に日本へ帰化しました。 日本人の母と韓国人の父との間に生まれ、松坂慶子さんは韓国籍だったのです。 その後、日本国籍を取得し日本人になりました。 その影響もあってか、水沢エレナさんは韓国語を得意としています。 これからの芸能界を担う存在として、成長が期待されています。 その事について世間に公表したところ、大きな反響があり本人はそうとう参ってしまいます。 そして、昭和41年に彼女は日本へ帰化しました。 稀哲(ひちょり)という名前は、韓国語の発音 「ヒチョル」から取って命名されました。 プロ野球に入った後、2007年に日本に帰化しています。 日本に引っ越してきたとき、五木ひろしさんが生まれます。 その後、日本国籍を取得しています。 その後、2010年に日本に帰化しています。 官報に掲載された情報によると、韓国名は「李在剛」です。 その後、柔道をするために日本国籍を取得。 本人の気持ちとしては、今も韓国人という想いを強く持っています。 母方の祖父は韓国慶尚北道出身で、さらにさかのぼると唐の役人だったと称しています。 すごい家系に誕生したんだなと分かりますね。 官報の情報によると、韓国名は 「趙永吉(チョ・ヨンギル)」です。 本人は自分が在日であることを、口にしてはいません。 彼はインタビューで、「20歳のときに渡されたパスポートが韓国のものだった」と語っています。 話を総合的にまとめてみると、在日韓国人3世にあたるとのこと。 父親が朝鮮系で、母方のお墓が済州島にあって小沢一郎さんも毎年墓参りに訪れているとのこと。 そのため、小沢一郎さんは在日だと考えられています。 彼は在日で、帰化する前の名前は 「李龍雄」でした。 21 「福島みずほ」 大物政治家の 福島みずほさん。 東京大学法学部を卒業する秀才で、日本のこれからを常に考えています。 彼女は1986年2月15日に帰化した可能性がとても高く、帰化前の名前は 「趙春花」とのこと。 22 「新井浩文」 俳優の 新井浩文さんは、在日朝鮮人三世として青森県弘前市に生まれます。 その後、2005年に朝鮮籍から韓国籍へ変更しました。 それからも日本で生活しながら、芸能活動を続けています。 23 「井川遥」 グラビアアイドルや女優として活動する、 井川遥さん。 官報の情報によると、彼女の韓国名は 「趙秀恵(チョ・スヘ)」です。 読者モデル時代は、この韓国名で活動していました。 スポンサーリンク 24 「安田成美」 女優の 安田成美さん。 官報に同一生年月日の情報が記されており、韓国名は 「鄭成美 チョン・ソルミ 」です。 25 「新井貴浩」 プロ野球選手として活躍した、 新井貴浩さん。 彼は在日韓国人で、韓国名 は「朴貴浩(パク・クィホ)」でした。 その後、日本へ帰化しています。 26 「錦野旦」 歌手でタレントの 錦野旦さん。 彼は1961年に家族と共に、韓国籍から日本へ帰化しました。 帰化する前の韓国名は、 「金 明植」です。 27 「レッド吉田」 お笑いコンビ・TIMのツッコミ担当である、 「レッド吉田」さん。 彼は、在日韓国人だった可能性が高いです。 というのも、官報の情報によると韓国名は 「鄭永憲」で1994年に帰化したと書かれていました。 28 「長州力」 プロレスラーとして活躍する、 長州力さん。 在日韓国人2世として、その出自を隠すことなく活躍しました。 2016年に日本に帰化するまでは、 「郭 光雄(かく こうゆう)」という名前が本名だったのです。 29 「伊原剛志」 俳優の 伊原剛志さんは、在日韓国人三世であることを公表しました。 元々は教師を目指していましたが、公立小中高の学校教師は日本国籍を持つ者しかなれないので断念。 その後、日本に帰化しています。 30 「木下優樹菜」 タレントの 木下優樹菜さん。 デビュー前に雑誌に掲載されたとき、名前が 「朴優樹菜」でした。 そのため、彼女は在日韓国人三世である可能性が高いです。 在日芸能人まとめ 在日という言葉が違った意味で使われるケースが増えていますが、本当は 日本に在住する外国人を指しています。 在日と判明した有名な芸能人を見ると、テレビで見ない日は無いほど人気な人も多いです。 今後も在日の芸能人は多く誕生するでしょうから、どんな活躍をするのか注目していきたいですね!.

次の