ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 250。 ハスクバーナ(Husqvarna) スヴァルトピレン250

スヴァルトピレン250(SVARTPILEN)の発売日はいつ?価格やスペックはどうなる?

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 250

Husqvarna SVARTPILEN 250 アップライトなポジションはシティライドに最適 オフロードテイストのスヴァルトピレンに250を追加 スヴァルトピレン250は、2020年4月に発売となるオフロードテイストのストリートバイクです。 トレリスフレームにパワフルな単気筒エンジンを搭載し、外観デザインにはクラシックな雰囲気とモダンなテイストを併せ持つ独特のスタイリングを採用。 パイプハンドルによるアップライトなライディングポジションは、オフロード的な雰囲気や扱いやすさに加え、市街地での見通しの良さにも大いに貢献します。 パワーユニットはコンパクトな設計の248. 8cc水冷単気筒です。 力強いトルクと、バランサーシャフトによる滑らかな回転が、このエンジンのセールスポイントです。 車体骨格は、頑丈かつ軽量に作られた高強度クロモリ鋼製のトレリスフレームです。 このフレームが、軽快なハンドリングときめ細かなフィードバックをライダーに提供します。 サスペンションは前後ともにWP製です。 フロントには倒立式のビッグピストンフォークを、リアにはモノショックを採用。 またブレーキはフロントに4ピストン、リアにシングルピストンのバイブレ製キャリパーを採用。 ディスク径はフロント320mm、リア230mmです。 これらの足回りにより、タイトな旋回性能と快適性、安心感など、街乗りで使いやすい性能が生まれます。 ホイールベースは1,357mm、シート高は835mm、燃料を除く車両重量は約153kgです。 容量約9. 5Lの燃料タンクには、ハスクバーナのロゴが刻まれたアルミ製のフィラーキャップを採用。 タンク上には標準でラゲッジラックも装備。 ABSはボッシュ製の最新システムを搭載。 車両価格は消費税10%込みで59万9,000円となっています。

次の

ハスクバーナ スヴァルトピレン250 バイク購入ガイド

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 250

57位 0. 0点 評価人数:0人 台 0件 0人 0件 車輌プロフィール 2020年モデルで、ハスクバーナのストリートモデルに加わったのが、スヴァルトピレン250だった(同時にヴィットピレン250も)。 モデル名やそのスタイルを一見すれば明らかなように、先行して販売されていたスヴァルトピレン401(373cc)やスヴァルトピレン701(692cc)の小排気量モデルという位置づけで、インド市場向けに販売が開始された。 なお、先行した401や701の項にも記しているが、「スヴァルトピレン」とは、ハスクバーナの拠点であるスウェーデン語で「黒い矢」という意味。 ヴィットピレンは白い矢であり、この両モデルの名称は、1950年代のロードスポーツ「SILVERPILEN」に関連するものだった。 ハスクバーナは、2013年からKTM傘下になっており、スヴァルトピレン250(及びヴィットピレン250)は、401がKTMの390デューク、701が690デュークをベースにしていたように、250デュークをベースにしたモデルだった。 そのため、排気量248. 8ccの水冷単気筒DOHCエンジンをトレリスフレームに搭載するところなどの基本構成は共通。 オフロードテイストが特徴のスヴァルトピレンは、ワイドなハンドルバーとブロックパターンのタイヤを装備していた(250のホイールは、スポークではなく701の初期モデル同様にキャスト)。 ヘッドライトはLED。 8 カム・バルブ駆動方式 DOHC 気筒あたりバルブ数 4 内径(シリンダーボア) mm 72 行程(ピストンストローク) mm 61. 1 最高出力(kW) 23 最高出力(PS) 31 最高出力回転数(rpm) 9000 最大トルク(N・m) 24 最大トルク回転数(rpm) 7250 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料タンク容量 L 9.

次の

【新車】ハスクバーナ待望の250ccストリートモデル「SVARTPILEN 250」が登場! 価格と発売時期も明らかに!

ハスクバーナ ス ヴァルト ピレン 250

オフ車に詳しい方なら知っているハスクバーナ。 これまではオフメインでしたが、最近ロードモデルも続々登場しています。 中でも注目を集めたのがVITPILEN(ヴィットピレン)とSVARTPILEN(スヴァルトピレン)シリーズ。 この未来的とも言える独特なデザインが両モデルの特徴。 ヴィットピレンは純粋なオンロードモデル、 スヴァルトピレンはオフロードテイストも入ったモデルです。 このゴツさと丸さが上手く合わさったデザインは 他で似てる車種が無いほど特徴的ですよね! 東京タワーみたいなこのフレーム(トレリスフレーム)も外車っぽさを感じるかっこいい部分の一つ。 極めつけはこのタンクのカクカク感。 側面は丸いのにここに来たら急にカクカクするギャップがたまらない…! キャリアがついてるようですが、 2020年強そうなタンクランキング1位だと思います(勝手にランキング) 現在KTM傘下のハスクバーナ。 今回のモデルも ベースはKTMのデューク250となっています。 デュークはライダーからの評価が高く、街中でも普通に見かけるバイクなので、それがベースとなっているぶん性能にも期待できそうです。 灯火類はLED、足回りも WP製倒立フォークにリアサスと結構豪華な装備。 ジャンルで分けるならネイキッドかもしれませんが、最近他のメーカーを見てもこういうストリートバイクってあんまり出てません。 いわば 現代の最新ストリートバイクに位置付くのかも?! オフテイストも! スヴァルトピレンは アップハンドルにブロックパターンのタイヤを採用しているので、多少のオフロードも走れるという スクランブラー的なテイストも。 ツーリングの途中で見つけた小道に入って冒険してみる、なんてバイクライフも楽しそうですよね! オフロードでも強いハスクバーナだからこそスヴァルトピレンのオフ部分にも期待できそうです! 外車だけど価格は普通! 外車って高いイメージありますが、最近のモデルはそうでもありません。 スヴァルトピレン250は税込み 599,000円と普通の 国産モデルと大体同じ価格帯というのもアツいポイント。 パット見80万とかそれ以上のクラスっぽく見えますが、 250らしい価格でこれに乗れるのは嬉しい所! 白か黒で選ぶ2モデル 今回の2モデル、どちらも1カラーのみとなっていて白と黒で別れています。 SVARTPILEN250 VITPILEN250 まとめ 発売日はスヴァルトピレンが2020年4月を予定、ヴィットピレンの発売日は発表されていません。 外車の場合特にですが、 かっこいいバイクってどれも大型クラスのみが大半。 まぁ250の需要があるのはアジア圏だけなのでヨーロッパメーカーは仕方ありませんが、そんな中ハスクが歩み寄ってきてくれて今回のモデルが登場したわけです。 初めてバイクに乗る方でも親しみやすいモデルとなっているので気になった方は是非チェックしてみてください!•

次の