横浜denaベイスターズde。 横浜DeNAベイスターズアンテナ

DeNAベイスターズまとめアンテナ

横浜denaベイスターズde

「DeNA1-2巨人」(17日、横浜スタジアム) 降雨のため6回コールドで終了。 DeNAは今季初の3連敗。 12勝12敗となり、貯金がなくなった。 【写真】ニャンコ、突然現る! 拙攻が響いた。 二、四、五回と無死から走者を打したが、二回無死一、三塁の好機から、柴田の二ゴロの間に挙げた1得点のみ。 三回1死一、二塁ではロペスが二ゴロ併殺。 四回は無死から佐野が右前打で出塁したが宮崎が一ゴロ併殺に倒れた。 ラミレス監督は試合後、「確かにノーアウトでランナーが出たんですが、打つこともあれば打たないこともあるこれも野球の1つ」と話した。 五回は1死で一塁走者に戸柱を置いて、井納が打席に立った。 送りバントをせずに強行し、三振に倒れた。 この采配については「戸柱がランナーだった。 バントがダブルプレーになる可能性がある。 それを避けたいのでバントはしなかった。 もしランナーが戸柱以外だったらバントのサインを出した」と説明した。

次の

横浜DeNAベイスターズアンテナ

横浜denaベイスターズde

開幕前 [ ] 1月、監督の帰化申請が認められた。 2月、スローガンがgo beyond the limitに決まる。 3月、とのとの交換トレードが成立した。 5 阪神 4. 0 広島 3. 0 DeNA 3. 5 DeNA 5. 0 DeNA 5. 5 3位 中日 3. 0 巨人 5. 5 阪神 5. 5 広島 5. 0 広島 7. 5 阪神 6. 0 4位 阪神 3. 5 中日 8. 5 DeNA 阪神 8. 5 阪神 10. 5 広島 6. 5 5位 広島 8. 5 DeNA 9. 5 中日 8. 0 中日 11. 0 中日 13. 5 中日 9. 0 6位 DeNA 6. 5 ヤクルト 11. 5 ヤクルト 14. 0 ヤクルト 17. 0 ヤクルト 20. 5 ヤクルト 18. 0 最終成績 順位 優勝 77 64 2. 546 --- 2位 71 69 3. 507 5. 5 3位 69 68 6. 504 6. 0 4位 70 70 3. 500 6. 5 5位 68 73 2. 482 9. 0 6位 59 82 2. 418 18. 0 セ・パ交流戦 [ ] 日本生命セ・パ交流戦2019 最終成績 順位 優勝 福岡ソフトバンクホークス 11 5 2. 688 --- 2位 オリックス・バファローズ 11 6 1. 647 0. 5 3位 読売ジャイアンツ 11 7 0. 611 1. 0 4位 横浜DeNAベイスターズ 10 7 1. 588 1. 5 5位 埼玉西武ライオンズ 10 8 0. 556 2. 0 6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 10 8 0. 556 2. 0 7位 北海道日本ハムファイターズ 8 9 1. 471 3. 5 8位 中日ドラゴンズ 8 10 0. 444 4. 0 9位 千葉ロッテマリーンズ 8 10 0. 444 4. 0 10位 阪神タイガース 6 10 2. 375 5. 0 11位 東京ヤクルトスワローズ 6 12 0. 333 6. 0 12位 広島東洋カープ 5 12 1. 294 6. 5 クライマックスシリーズ [ ] 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月5日(土) 第1戦 阪神タイガース 8 - 7 横浜DeNAベイスターズ 10月6日(日) 第2戦 阪神タイガース 4 - 6x 横浜DeNAベイスターズ 10月7日(月) 第3戦 阪神タイガース 2 - 1 横浜DeNAベイスターズ 勝者:阪神タイガース 入団・退団 [ ] シーズン開幕前 [ ] 本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。 なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。 また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。 支配下選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 16 ドラフト3位 16 球団職員 27 ドラフト1位 20 社会人・ 28 ドラフト4位 22 トレード 56 トレード 28 BCリーグ・ 67 ・ NPB復帰 56 97 社会人・ 捕手 32 ドラフト5位 内野手 0 自由契約 55 楽天二軍打撃コーチ 4 ドラフト2位 67 コーチ 60 BCリーグ・ ドラフト6位 外野手 4 60 ・コーチ 育成選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 100 育成ドラフト1位 107 元ダイヤモンドバックス傘下ルーキー 新外国人 捕手 102 内野手 100 101 選手に転向 シーズン開幕後 [ ] 本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。 支配下選手 登録 月 No. 選手名 守備 区分 前所属 6月 97 投手 新外国人 育成選手 登録 月 No. 650 170. 0 128 18 56 186 59 55 2. 91 25 1 1 7 6 0 0. 538 134. 0 136 14 51 102 68 59 3. 96 17 2 2 6 5 0 1. 545 82. 1 59 8 38 85 33 29 3. 17 74 0 0 5 4 0 33. 556 75. 1 60 7 24 88 23 21 2. 51 71 0 0 5 4 0 23. 556 72. 2 67 10 31 62 36 35 4. 33 40 0 0 4 1 0 10. 800 71. 1 59 7 21 78 19 17 2. 14 15 0 0 5 6 0 0. 455 70. 0 68 9 17 55 34 32 4. 11 15 0 0 4 5 0 0. 444 70. 0 74 5 28 50 43 37 4. 76 53 0 0 5 3 0 9. 625 69. 1 62 9 28 81 37 37 4. 80 15 0 0 6 5 0 0. 545 66. 2 81 7 25 54 38 37 5. 00 61 0 0 3 2 30 4. 600 60. 0 44 6 19 54 18 13 1. 95 7 0 0 4 2 0 0. 667 38. 1 38 4 10 31 17 16 3. 76 31 0 0 1 2 0 3. 333 38. 0 31 4 18 28 17 14 3. 32 42 0 0 0 3 0 22. 000 36. 2 38 4 22 45 24 21 5. 15 9 0 0 0 6 0 0. 000 35. 2 45 3 27 29 26 23 5. 80 32 0 0 1 0 0 1 1. 000 29. 0 27 2 15 23 6 6 1. 86 16 0 0 0 1 0 0. 000 25. 0 31 1 8 20 19 16 5. 76 16 0 0 0 0 0 0 ---- 22. 1 23 3 14 18 10 10 4. 03 14 0 0 0 0 0 1 ---- 16. 2 17 1 10 17 9 9 4. 86 3 0 0 1 2 0 0. 333 14. 2 12 0 10 11 8 7 4. 30 16 0 0 1 0 0 1 1. 000 12. 1 21 2 8 10 9 7 5. 11 5 0 0 0 1 0 0. 000 11. 1 17 4 3 9 14 14 11. 12 7 0 0 0 0 0 0 ---- 9. 2 7 2 3 5 6 6 5. 59 8 0 0 0 0 0 1 ---- 9. 2 15 2 4 11 11 10 9. 31 3 0 0 0 1 0 0. 000 7. 2 9 0 4 4 5 5 5. 87 5 0 0 0 0 0 0 ---- 7. 0 10 2 6 5 7 7 9. 00 3 0 0 0 1 0 0. 000 5. 0 7 2 3 3 3 3 5. 40 6 0 0 0 1 0 1. 000 4. 2 5 0 6 5 4 3 5. 79 4 0 0 0 0 0 1 ---- 4. 1 4 1 2 2 1 1 2. 08 4 0 0 0 0 0 0 ---- 2. 2 3 0 2 1 1 1 3. 38 2 0 0 0 1 0 0. 000 1. 2 3 0 5 0 6 6 32. 太字はリーグ最高。 241. 295 141 584 516 82 139 18 0 43 108 0 0 4 59 98. 269. 348 131 557 464 74 126 24 0 29 79 0 0 3 88 141. 272. 388 137 490 438 42 104 17 2 0 37 3 10 2 34 75. 237. 300 114 473 433 54 123 22 1 15 49 0 0 5 32 35. 284. 334 123 458 427 62 119 31 3 6 35 15 3 0 26 121. 279. 323 84 301 256 30 65 8 0 8 27 5 3 2 37 45. 254. 352 89 215 200 23 59 10 0 5 33 0 0 0 13 39. 295. 344 111 196 164 22 42 8 1 3 17 3 10 2 20 38. 256. 333 79 183 161 24 40 4 0 3 7 2 3 1 18 34. 248. 322 97 179 159 19 39 8 2 2 17 6 3 1 14 33. 245. 313 64 130 114 13 24 4 1 2 12 0 5 0 7 23. 211. 280 72 115 102 14 19 3 1 2 7 2 3 0 9 26. 186. 259 50 113 101 14 21 3 1 2 5 1 6 0 5 34. 208. 252 45 111 100 6 20 4 2 1 6 0 2 1 7 22. 200. 257 41 110 93 13 20 5 0 5 15 3 1 0 16 20. 215. 330 36 83 72 9 16 2 0 1 10 0 0 1 8 24. 222. 313 39 81 72 6 15 4 0 1 6 0 0 0 7 19. 208. 296 24 35 33 1 4 1 0 0 2 0 0 0 2 7. 121. 171 32 27 26 2 1 1 0 0 0 0 0 0 1 6. 038. 074 13 12 12 0 4 0 0 0 2 0 0 0 0 3. 333. 333 5 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1. 000. 000 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1. 000. 000• 太字はリーグ最高。 表彰 [ ]• (5月)• オールスターゲーム敢闘選手賞()• 月間MVP(7月)• 月間MVP(7月• (9月)• 山崎康晃• 30s 2年連続• 43本 2年連続• 108打点 初 その他タイトル [ ]• エスコバー• 最多登板 72登板• 今永昇太• 完封数最多 3完封• 最多 共に1ずつ 達成記録 [ ]• 日本人二位タイとなる161キロ 4月6日• 通算1000試合出場 4月30日• 一塁手連続守備機会無失策新記録1517 以後1632機会無失策まで伸ばす 5月16日• NPB通算500打点 7月5日• 米日通算1000打点 7月21日• NPB左腕最速160キロ 6月9日• 通算150セーブ 7月17日• 通算200号本塁打 8月17日• 通算1000本安打 8月4日• 通算100号本塁打 9月19日 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 信濃グランセローズ公式HP 2018年12月4日. 2018年12月17日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年2月5日. 2019年2月5日閲覧。 full-Count 福岡吉央. 2019年3月21日. 2019年3月21日閲覧。 愛媛マンダリンパイレーツ公式HP 2019年1月24日. 2019年5月30日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年5月28日. 2019年6月6日閲覧。 NPBHP• 横浜DeNAベイスターズ公式HP• 横浜DeNAベイスターズ公式HP 2019年5月30日. 2019年5月30日閲覧。 NPBHP• 横浜DeNAベイスターズ公式HP 2019年8月5日. 2019年8月7日閲覧。 横浜DeNAベイスターズ公式HP 2019年7月14日. 2019年7月16日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

横浜DeNAベイスターズとKDDI、5G時代の「スマートスタジアム」構築実現に向けパートナー契約を締結

横浜denaベイスターズde

横浜DeNAベイスターズは横浜市を拠点とする日本のプロ野球チームである。 所属しているリーグはで、ホームスタジアムは。 今まで「ハマの大魔神」こと佐々木主浩投手や現在はYoutuberとして野球に関する多くの情報を発信している高木豊内野手など数多くの人気選手が在籍したこのある名門球団である。 2019年シーズンはエース投手の復活や本塁打王と打点王に輝いたネフタリ・ソト選手の活躍もあり、リーグ2位という輝かしい成績を残すことが出来た。 今年は一方ででは第一ラウンドで敗退してしまうなど、悔しさも残ったシーズンであった。 監督の指揮のもと、今年は1998年以来のリーグ優勝、そして日本一のために、まじは日本シリーズへのチケットを手に入れたい。 横浜DeNAベイスターズの日程 横浜DeNAベイスターズは神奈川県横浜市を拠点とする日本のプロ野球チームである。 所属しているリーグはセントラルリーグで、ホームスタジアムは収容人数32000人を誇る横浜スタジアム通称「」。 2019年には「ウィング席」と呼ばれるホーム・ビジター関係なしに応援することが出来る3500席を増設したばかりだ。 2000年〜2015年までは「暗黒期」とも呼ばれる客席も空席が目立ち、15年間で三度しかAクラスに入ることの出来なかった苦しい時期が続いた。 しかし親会社がDeNAに変わった理、現役時代から非常に人気が高かった監督が就任するなど改革が行われた結果、2016年にはリーグ2位の好成績を残し、日本シリーズに進出し強豪ソフトバンクホークスと善戦するなど最近数年では実力のある球団となっている。 守護神投手が登場する際に登場曲に合わせてジャンプを行う通称「ヤスアキジャンプ」は非常に迫力があり、是非球場で味わいたいものである。 今年は、「日本の四番」としてベイスターズ、そして日本を牽引してきた外野手がMLBのタンパベイ・レイズに移籍するなど戦力に大きな穴が空いてしまった。 一方で、外野手などの若手選手が着々と育ってきているというポジティブ要素もある。 アレックス・ラミレス監督のもと今年はどのようなシーズンになるのか非常に楽しみだ。

次の