ウェイク マイナーチェンジ。 ウェイクのモデルチェンジ内容:2019年に新型カスタムを発売!ダイハツが迫力のフロントマスクを開発|ネクストカー・ジャパン

ウェイクがマイナーチェンジ!2017年の変更点比較と2018年予想

ウェイク マイナーチェンジ

ボディカラーはトニコオレンジメタリック〈R71〉。 純正ナビ装着用アップグレードパックはメーカーオプション。 ボディカラーのレーザーブルークリスタルシャイン〈B82〉、純正ナビ装着用アップグレードパックはメーカーオプション。 8インチ スタンダード メモリーナビ[2020モデル]、固定ベルトセットA、固定ベルトセットBはディーラーオプション。 ボディカラーはオフビートカーキメタリック〈G55〉。 純正ナビ装着用アップグレードパックはメーカーオプション。 8インチ スタンダード メモリーナビ[2020モデル]、ラゲージボード(テーブル用脚付き)はディーラーオプション。 ボディカラーはタングステングレーメタリック〈S38〉。 純正ナビ装着用アップグレードパックはメーカーオプション。 最新の仕様・設定については、販売会社におたずねください。 シートベルトの性能が十分に発揮されない場合があります。 詳しくは販売会社におたずねください。 詳しくはカタログか、お近くのダイハツ販売会社でご確認ください。 お近くのダイハツ販売会社でご確認ください。

次の

ウェイク新型(ダイハツ)のマイナーチェンジの評判は?スマアシⅢ搭載で価格や燃費は?

ウェイク マイナーチェンジ

現行の軽ハイトワゴン全11車種 ホンダ N-BOX ホンダ N-BOX G EX Honda SENSING ホンダ 初代N-BOXは東京モーターショー2011に出展され、2011年12月16日に発売が開始されました。 現行モデルは2017年に登場した2代目です。 N-BOXはホンダの軽自動車事業刷新に向け、軽自動車の「軽スーパーハイトワゴン」として開発されました。 N-BOXにはNシリーズ共通のとセンタータンクレイアウト、ミニマムエンジンルームを採用することで、低いフロアと広い室内空間を実現しています。 タントの助手席側フロントドア(ヒンジ)は約90度まで開き、リアのスライドドアを全開にすると助手席側開口幅は1,490mmに達し、優れた乗降・積載性を実現した「ミラクルオープンドア」を装備しています。 スバル シフォンは、ダイハツ タントの車です。 タントカスタムはタントの可愛らしい落ち着いたデザインではなく、前後エクステリアをスポーティーにしたデザイン、ヘッドライトをアップグレードするなどのカスタム仕様で、現行モデルは2013年にデビューした3代目になっています。 スバル シフォンカスタムは、ダイハツ タントカスタムの車です。 ムーヴ キャンバスは若年の女性ユーザーを対象に企画されましたが、親との同居世帯で自家用車を共有する生活において、幅広い世代で使いやすくデザイン性と機能性を両立しています。 全高1,835mmの室内高は1,455mmで、ゴルフバッグはリアシートを畳まずに立てて積載することが可能。 シートには撥水加工のフルファブリックシートを、リアシート背面には塩化ビニール加工を採用しており、アウトドアで多少濡れても安心して使用できます。 トヨタ ピクシスメガは、ダイハツ ウェイクの車です。 現行モデルは2005年に発売された2代目アトレーワゴン で、洗練されたデザインと磨かれた質感に高い実用性を兼ね備えた大人の軽ハイトワゴンと言えるでしょう。 スバル ディアスワゴンは、ダイハツ アトレーワゴンの車です。 ダイハツ アトレーワゴンについて スズキ スペーシア(マツダ フレアワゴン) スズキ スペーシア HYBRID X マツダ フレアワゴン HYBRID XG スズキ スペーシアは「パレット」の後継車として2013年2月に発売されました。 現行モデルは2017年に登場した2代目です。 スペーシアは競合車種「N-BOX」「タント」に対抗するために、広い室内を実現するデザインに見直され、全車にマイルドを搭載しました。 マツダ フレアワゴンは、スズキ スペーシアの車です。 スズキ スペーシアについて スズキ スペーシア カスタム(マツダ フレアワゴン カスタムスタイル) スズキ スペーシア カスタム HYBRID XS ターボ マツダ フレアワゴン カスタムスタイル HYBRID XT スズキ スペーシア カスタムは「パレットSW」の後継者として誕生したモデルです。 スペーシアの派生モデルとも呼べるスペーシア カスタムには、スポーティーな専用エクステリア デザインが採用されており、スペーシアとの差別化が図られています。 マツダ フレアワゴン カスタムスタイルは、スズキ スペーシア カスタムの車です。 スズキ スペーシア カスタムについて スズキ スペーシア ギア(マツダ フレアワゴン タフスタイル) スズキ スペーシア ギア HYBRID XZ マツダ フレアワゴン タフスタイル HYBRID XT スペーシア ギアは2代目スペーシアから登場した新モデルとして、テイストのデザインを取り入れ2018年12月に発売されました。 「遊びゴコロにギアを入れろ」というキャッチフレーズは、アウトドアを意識しており、撥水加工が施されたファブリックシートはあらゆる状況での使い勝手を向上させています。 マツダ フレアワゴン タフスタイルは、スズキ スペーシア ギアの車です。 現行車は2015年にデビューした3代目エブリイワゴンで室内長と室内高を拡大し、フロントシートはに変更。 を+30mmの2,430mmとしリアシートスライド量を拡大したことにより、前後乗員間距離を1,080mmまで拡大しています。 スズキ エブリイワゴンについて 日産 デイズルークス(三菱 ekスペース) 日産 デイズ ルークス ハイウェイスター X 三菱 ekスペース G Safety PLUS Edition 日産 デイズ ルークスはデイズシリーズの第2弾として、株式会社が開発し三菱自動車工業が製造、2014年2月に発売が開始されました。 NMKVは日本市場の軽自動車事業に関わる、日産と三菱自動車が設立した合弁会社です。 三菱 ekスペースはデイズルークスの姉妹車です。 日産 デイズ ルークスについて 株式会社NMKVについて 軽自動車に関するおすすめ記事.

次の

【最新情報】新型ウェイクがフルモデルチェンジ!発売は2020年10月!次世代スマアシ搭載か!|KEIVEL|軽自動車人気ランキング

ウェイク マイナーチェンジ

これはサポカーS<ワイド>適合なので現状では十分満足できる安全性能となっています。 しかし! ダイハツさんは人気車種である新型タントで次世代のスマートアシストを搭載してきています! 現状次世代スマアシを搭載しているのは新型タントだけですが、ここから続々とダイハツ車種は次世代スマアシにアップグレードされてくることを考えれば・・・ フルモデルチェンジでは期待しちゃいますよね~ マイナーチェンジとなった場合はデザインの大きな変更はなし そして噂ではとりあえずマイナーチェンジになるのでは!? ってことですが、その場合のデザイン変更は。。 恐らく大きな変更はないと思われます。。 メッキ加飾のフロントグリルやリヤの角ばったデザインなど現在もユーザーに愛されているデザインですし、大幅な変更は今後のフルモデルチェンジにとっておくでしょう! ボディカラーの変更&追加ラインナップ ボディカラーは変更&追加ラインナップが予想されます。 現行モデルでは、• 1カラーが9種類• 2トーンカラーが5種類 合計14種類のラインナップですが、最近の自動車業界の流れからして、マイナーチェンジで人気のないボディカラーをなくし、新たに数色追加ラインナップするのではないかと言われています。 ウェイクも2トーンカラーは無くならないで欲しいですね! あれ・・・ってことは。。。 その通り!6年というサイクルを考えると2020年にフルモデルチェンジを行い、2代目ウェイクが登場するのでは!?と言われているのです! DNGA新プラットフォーム採用 乗り心地が改善されるか フルモデルチェンジされる2代目では「DNGA」に基づいた新プラットフォームが採用されるでしょう! アンダーボディは骨格の通し方を一新。 断点をなくし連続化させることで高剛性化を実現しました。 サスペンションは剛性を上げて車両の安定感をアップするとともに、スプリングを柔らかくすることで、乗り心地も大幅に改善しました。 またアッパーボディは、衝突構造の合理化・超ハイテン材の採用拡大や結合部の改善による薄板化により、大幅な軽量化を実現しています。 そうか!ダイハツさんもトヨタさんの子会社になったから、こうやってどんどん変わっていくんだね! DNGA採用によって現行モデルでは辛口な意見が多かった乗り心地の改善、また走行性能の向上などが見込まれますね! 燃費面の向上 25. ウェイクの特徴として、全高の高さや車両重量の重さなどがあります(その分実用性が高い)から、新型タントほどの数値は厳しいかもしれませんが、それでも現行モデルより確実に燃費数値は低燃費に仕上げてくるでしょう! 楽しみですね~ そうか!値引き交渉もしやすくなるんだね! その通り! 現在ウェイクの値引き相場は15万円~20万円くらい。 次世代スマアシ採用されるかが注目• マイナーチェンジでデザインの大幅変更はなしか• ボディカラーは変更&追加ラインナップがありそう• フルモデルチェンジ予想は2020年• 新プラットフォームDNGA採用•

次の