ヘチマ の 花。 ヘチマ(糸瓜)の育て方!栽培のポイントや種まきの時期と方法は?

ヘチマ

ヘチマ の 花

ヘチマ(糸瓜)とは?花や葉っぱの特徴は? ヘチマは、ウリ科・ヘチマ属に分類されるツル性の一年草です。 西アジアが原産で、江戸時代に日本に渡ってきたとされています。 生長すると太く丈夫なツルを伸ばし、手のひらのような葉っぱを互い違いに生やします。 夏になると直径5cmほどで5枚の黄色い花を咲かせます。 ヘチマには雄花と雌花があり、雌花は花の少し下の部分が膨らんでいるのが特徴です。 秋には、長さ30~60cmほどの円柱形の実が付きます。 熟した実の網目状の繊維は、たわしや浴用スポンジに利用されますよ。 名前の由来 繊維が多い実を付けることから、もともと「糸瓜(イトウリ)」と呼ばれていましたが、次第に「とうり」へと呼び方が変わりました。 その後、とうりの「と」をいろは歌の中に当てはめて、「へ」と「ち」の間にあることから、今では「へち間(ま)」と呼ばれるようになったそうです。 ヘチマ(糸瓜)の栄養や効果・効能は? ウリ科の野菜は水分が多く、栄養価が低い特徴があります。 ヘチマには、カリウムやカルシウム、リンなどのミネラル類と、ビタミンCや葉酸などのビタミン類が含まれていますが、それほど高い栄養価はありません。 ただ、実が熟した頃に茎の切り口から取れる「ヘチマ水」は、咳止めやむくみの解消、利尿作用があるといわれ、あせもやひび、あかぎれ、日焼けの手当などにも効果があります。 また、肌の調子を整えることから、化粧水としても利用されているんですよ。

次の

ヘチマの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や病気・害虫の対策について!|育て方Labo(育て方ラボ)

ヘチマ の 花

おはようございます 我が家の屋上、家庭菜園&ベランダ菜園へようこそ~ ヘチマ <ウリ科> 熱帯アジア原産のウリ科のつる性のヘチマ。 暑さと強い日差しに強いため、日除けとして緑のカーテンにもなります。 プランターで育てる場合は、大きめで深さのあるプランターを選びましょう。 <支柱・ネット張り> 株のそばに支柱を何本か立て、ネットを張ります。 ネットにからませながら、葉茎が均一に伸びるよう方向を調整しましょう。 定植後10日ほど経ったら追肥も忘れずに。 <ヘチマの雄花と雌花> <結実>:6月下旬~7月頃 ヘチマはの花は、1株の中に雄花、雌花が混在しています。 着果してから10日ほど経ったものを収穫しましょう。 ヘチマのタワシを作るには、9月に入って完全に熟した実を使います。 さあ~皆さんなら・・・ 1.若採りして~食用ヘチマとして食べる! 繊維が硬くならない若い果実のうちに収穫します。 着果してから10~14日が目安です。 2.自家製タワシを作ってみる! 9月上旬頃、果実が黄ばみ、 つるが茶色く変わってきた完全に熟した頃が収穫適期です 3.ヘチマ水を取り、化粧水にする。 つるが茶色く変わってきた完全に熟した頃が収穫適期です。 9月中旬頃がよいようです。 <化粧水の採り方> 昔から「中秋の名月」の日が適していると言い伝えられているとか。 どれを楽しんでみたいですか~? 「頑張って、野菜つくれよっ 」と応援していただける皆様、 ランキングに参加しています。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の

【徹底図解】ヘチマの花のつくりの4つの特徴

ヘチマ の 花

株間(地植え) 90cm 株間(プランター) 40cm 緑のカーテン用 タネまき時期 4月下旬~5月下旬 開花時期(温暖地) 9月上旬~10月下旬 ネットの網目サイズ 10cm程度 その他 葉が大きい ここでは「緑のカーテン」を夏場(8月~9月)に作ることを目的とし、横浜地域 温暖地 での栽培を基準にしています。 各地域各植物標準の育て方とは異なる部分がありますので、あくまでも目安としてください。 (植物は生き物ですので地域や条件によって差が出ます。 )とくに苗を購入される場合は販売時期と合わないことがありますのでご注意ください。 栽培環境 日当たり、風通し、水はけ、水もちのよい肥沃な土壌で栽培します。 水分を好みますが、過湿には弱いので、高畝にして(盛り土して)栽培します。 完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをします。 植えつけの1か月くらい前に植え穴を掘り、1㎡当たり完熟堆肥約3kgと有機配合肥料80gの元肥、苦土石灰150g入れて、土を盛り上げておきます。 タネに傷をつけなくてもよく発芽します。 水分が多いとタネが腐るので、水やりは控えめにします。 本葉1~2枚のころに1本に間引きます。 植えつけ (定植) 根を広く張るので、耕土が深く通気性があり、適度な湿り気があるところを好みます。 ヘチマは熱帯原産なので早植えは禁物です。 温度の上昇してくる5月上旬ごろからが植えつけの適期となります。 ヘチマの着花は、短日で早くなり、長日で遅くなります。 日長が長くなる6月になると、着花がとくに遅れてしまいます。 なるべく5月中旬までに植えつけるようにします。 本葉が4~5枚になるころを目安として株間約90cmで植えつけます。 65cmほどの深型プランターでは1株植えが目安です。 鉢土の上に少し土がかかるくらいで植えつけ、深植えしないように注意します。 管理のポイント (栽培のポイント) 下方の側枝はかきとり、主枝を支柱に誘引します。 丈夫な棚やフェンスに導き、子づるを四方に伸ばします。 追肥は株のようすを見て適宜施します。 蜜腺があり、虫が多く集まるため、自然交配で十分です。 土壌水分が多いと草勢が強くなり、雌花が正常に発育しません。 草勢が強いときには成長点を摘芯するようにします。 確実に果実をつけるためには、人工受粉をします。 花は1日花で、雌雄異花です。 人工受粉は、花が新鮮な午前10時ごろまでに行います。 優良なヘチマを得るには、1株15果程度が適当です。 施肥 小まめに行い、着果を確認してからは多めにします。 水やり 着果を確認してから多めに水やりします。 病害虫 ヘチマは病害に強い作物ですが、日当たりと風通しをよくして、べと病や斑点病などが発生しないようにします。 つる割病は農薬では防除できないので、ヘチマだけでなくヒョウタンやニガウリなどのウリ科作物の連作をさけます。 完熟堆肥やバイオエースなどの有機物を積極的に施して、根がよく張る土づくりをし、根を健全に育てれば、地上部も健全に育ち、病害にも強くなります。 アブラムシは急速に増加するので早期発見に努め、捕殺するなど早期に防除します。 楽しみ方 ヘチマたわし:開花後50日くらいたち、果梗が褐変してきたら収穫します。 収穫したヘチマを15~20日間水に浸し、外皮や内部を腐らせます。 そのままではヘチマが浮き上がってくるので、中ぶたをして重石をのせます。 水を毎日取り替えないと悪臭がし、繊維が白くでき上がりません。 外皮をはぎとり、たたいたり、水中でもみ洗いしてタネや果肉をとり除き、さらに天日でよく乾燥させます。 ヘチマ水:生育旺盛な8月中旬~9月中旬に、地際から50cmぐらいのところで茎を斜めに切り、根から吸い上げられてくる樹液を、よく洗った一升瓶などにとります。 瓶は穴を掘って埋め、口は雨水やゴミが入らないようにアルミホイルなどでふさぎます。 直射日光でヘチマ水の温度が上がらないように、瓶を新聞などで覆います。 ヘチマ水は毎日回収し、グリセリンなどで調整します。 収穫・保存・利用 棚にはわせて日除けにします。 開花後50日くらいたち、果梗が茶褐色になり、実が軽くなってきたころ収穫します。 水につけ、皮や内部を腐らせ、タネをたたき出します。 よく洗って、日に当てて乾かします。 天然素材のタワシとして利用します。 ヘチマ水は鎮咳、利尿剤、化粧水として用いられます。 ヘチマの繊維は器物の洗浄、草履、靴の敷き皮など用途が多いです。 おすすめ品種.

次の