オコジョ イラスト。 オコジョ

陸の小さな動物4/動物/無料イラスト【みさきのイラスト素材】

オコジョ イラスト

絵でしか表現できないオコジョ 普通の横向きの動物って、もう何度も描いてきたので、いつまで経っても同じじゃ進歩がない。 動物だけを描きながらも、一歩先に行ける表現を目指して・・・ 絵でしか表現できないオコジョを描きます。 夏と冬のコラボのオコジョ 絵は時間を越える。 望んだ世界を、そこに表現する事が出来る。 左が夏の茶色毛オコジョ・右が冬の真っ白オコジョ。 本来なら一緒になれない物が、一緒になるオコジョ 絵は、デザインにも似ていて、物事を整理する事が出来ると思っています。 なので、現実にはありえない光景も、絵の世界でなら実現できる。 夏と冬のオコジョは、こうして出会いました。 でも、彼らは同じオコジョなんでしょうか? 人間の目からは、それはわかりません。 動物達との出会いは一期一会。 オコジョと出会えた時、そのひとときが、また来る保証はありません。 だからこそ、動物達との出会いは、とても大切な物なんだと僕は思います。

次の

よくわかる!イタチとテン、オコジョ、フェレットを見分ける方法|姿を見て確認しよう。ハクビシンやイタチ・テンの違いはどこに?|生活110番ニュース

オコジョ イラスト

形態 [ ] 雄は頭胴長14-26cm、尾長1. 6-3. 5cm、体重25-250g。 雌は雄よりやや小さい。 夏は背側が茶色で腹側が白色。 冬は全身純白になる。 生態 [ ] 気性が荒く動きは俊敏。 生息地は深い森林や平野、田畑など。 また日本では村里にも生息する。 ネズミ類が主食だが、小鳥、昆虫類、、死肉も食べる。 都市部の拡大による森林や池沼の減少とともに繁殖域が狭くなっている。 亜種 [ ] M. namiyei Kuroda, 1921 青森県、岩手県、秋田県に分布。 頭胴長16cm、尾長2. 5cmほど。 nivalis Linnaeus, 1766 北海道に分布。 ニホンイイズナより大型。 保全状態評価 [ ] イイズナ Mustela nivalis LEAST CONCERN Ver. 1 2001 亜種 ニホンイイズナ Mustela nivalis namiyei 絶滅のおそれのある地域個体群() -の個体群 文化 [ ] 伝承 [ ] 東北地方や信州では「飯綱(いづな、イイズナ)使い」「狐持ち」として(くだぎつね)を駆使する術を使う家系があると信じられていた。 のからその術を会得する故の名とされる。 は「ではイヅナと称し 、それを使う巫女(エチコ)〔〕も」いるとする。 また地方では、モウスケ(猛助)とよばれ、妖怪としての狐よりも恐れられていた。 大衆文化 [ ]• が1965年に発表した、忍者を主人公にした漫画「」では、主人公のカムイはイイズナが跳び上がって鳥を捕食するのを見て必殺の忍術「 飯綱落し」を閃く。 脚注 [ ] [] 補注 [ ]• 米田政明 「イイズナ」『日本の哺乳類 改訂2版』自然環境研究センター編、東海大学出版会、2008年• 『 第4版』 1991年 、岩波書店「いいずな」の項• 今泉吉典監修(1991年)『世界の動物 分類と飼育 第2巻〔食肉目〕』財団法人東京動物園協会、• 『 第4版』(1991年)、岩波書店「いづなつかい【飯綱使・飯縄遣】」の項• "北秋田ではモウスケと称して狐より怖がられ、仙北地方ではイヅナと称し、それを使う巫女(エチコ)もある。 学名コエゾイタチを、此の付近.. 〔生保内村〕では.. オコジョと云ふ(田口耕之助氏)"。 , 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

【可愛過ぎる猛獣】 オコジョさんまとめ 【貴族のシンボル】

オコジョ イラスト

哺乳 ほにゅう 綱食肉目イタチ科の動物。 ほぼ北緯45度以北のユーラシア、アメリカ大陸の全域に分布するほか、グリーンランド東部にも生息する。 日本では北海道と青森県のほか、東北、関東、中部地方の高山にいる。 ヤマイタチともよばれ、また北海道ではエゾイタチといわれる。 体長24~29センチメートル、尾長8~12センチメートル。 体色は夏毛と冬毛で違い、夏は背がチョコレート色、のどから腹は白、冬は全体が白になる。 ただし尾の先端のみ四季を通じて黒い。 イイズナに似ているが、やや大きく、尾が長く、先端が黒いことが違う。 この体色変化は気温に関係があり、温暖な地方では白化せず、極地では通年白い個体がいる。 分布範囲内では森林、草原、人家の近くなど、さまざまな環境におり、コケや草を敷き詰めた巣をつくるが、かならずしも穴や岩のすきまにだけでなく、露出していることもある。 日中でも活動するが、おもに夜行性。 主食はネズミ、ハムスター、レミングなどであるが、小鳥やウサギ、カエルも食べる。 単独生活者で約30ヘクタールの縄張り(テリトリー)があり、その中の木の根や石に肛門腺 こうもんせん からの分泌物を塗り付ける習性がある。 交尾は暖かい間に行われるが、冬まで受精卵は発育せず(着床遅延)、出産は3~5月で、3~13子を産む。 出産巣は穴の中につくられ、子は6週まで閉眼で、母親に育てられる。 その後の成育は早く、とくに雌は4か月で交尾可能となる。 ネズミを襲うとき、体をくねらせてダンスをして催眠術をかけるといわれるが、自身もショックに弱く、大きな音だけで死んでしまうこともあるほどで、飼育はむずかしい。 [朝日 稔] 利用オコジョの冬毛は純白に近く、ヨーロッパではアーミンとよばれ、そのコートは祭礼のときの貴族のシンボルとして欠くことのできないものであった。 とくにシベリア産は上質で、ロシア帝国の財政を支えたといわれる。 夏毛はストートとよばれ価値が低い。 またネズミやウサギの天敵となるため、古代ヨーロッパでもたいせつにされていたが、19世紀にニュージーランドなどに移入され、害獣の駆除と毛皮輸出に役だっている。 日本では狩猟獣に指定されておらず、捕獲禁止である。 [朝日 稔] 民俗オコジョは、姿や挙動から神秘的な動物とされる。 長野県や群馬県では山の神の使者と伝えられ、ヤマノカミノエンコロとかヤマノカミノコロ(山の神の犬の意)などともよばれている。 猟師は、オコジョに会うとその日は1日猟がないといって嫌がる。 猟犬がオコジョの鳴き声を聞くとそれを追い回し、使いものにならないからだという。 とらえたり追ったりすると祟 たた りがあるといわれる。 オコジョは人に憑 つ いて精神異常をおこすともいう。 夫が殺したオコジョが妻に憑いたという話もある。 特定の家筋で飼育する小動物が人に憑くという、クダ(中部地方など)あるいはオサキ(関東地方)と称する憑き物の正体も、だいたいはオコジョである。 [小島瓔 ] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について 世界大百科事典 内のオコジョ の言及.

次の