シルバニア 大使。 「悪魔的だぁ〜!」シルバニアで再現された”大人の酒の楽しみ方”に反響、投稿者語る”極意”

シルバニアファミリーの大人の遊び方がヤバイ・・・!カオスすぎて爆笑必至!

シルバニア 大使

ゴミ箱も倒れ、キッチンには納豆のパックやゴミが散乱。 また流し台には洗い物がたまったままです…。 掃除機が転がっているところに、掃除を頑張ろうとしたママの気持ちがひしひしと伝わってきますね。 ツイートには「ママさん…お疲れさまです」「納豆のパックが非常にリアル」などの声が寄せられ、「いいね」も1万8000件を突破していました。 最初は「大人のシルバニア」としてではなく…なぜ、シルバニアファミリーの人形で、このような写真を撮影するようになったのでしょうか?シルバニア侍女さんにお話をうかがってみました。 私は子供の頃、シルバニアの人形で遊んでたのですが、大人になった今は人形遊びから完全に卒業していました。 亡くなった祖母が買ってくれたこともあり、シルバニアのハウスや人形などの小物を捨てずに残してあったので、それを大使(主人)に譲りました。 過去に大使(主人)が投稿した写真がリツイート数3万件を超えて話題になったことがありました。 最初は「毎日投稿しんどい」と投稿した大使(主人)に対して、返信コメント用に撮影しました。 大使(主人)は普段から仕事も多忙なんです。 しかし、シルバニアの写真もほぼ毎日投稿しており、さらにはシルバニアの動画作成もしていました。 特に動画を作成している時は、家という同じ空間で過ごしていても家事や育児などを手伝ってもらうことができません。 手伝ってもらえる人が、すぐそばにいるのに手伝ってもらえないのは家で子供と私しかいない時よりも、つらいです。 そんな中「毎日投稿しんどい」と大使(主人)が投稿していたので、私の素直な気持ちが出たんだと思います。 「毎日投稿しんどいの写真」に返信するために「毎日ワンオペ育児って撮ってリプでしてもいい?」と伝え、大使(主人)に承諾を得てから写真を撮りました。 しかし、リプライの形ではなく、大使(主人)から、そのまま自分のツイートで投稿するように言われたので普通にツイートしてみました。 なので「毎日投稿しんどい」と投稿した大使(主人)のツイートと似たような感じになってしまいました。

次の

シルバニアファミリーの大人の遊び方がヤバイ・・・!カオスすぎて爆笑必至!

シルバニア 大使

ゴミ箱も倒れ、キッチンには納豆のパックやゴミが散乱。 また流し台には洗い物がたまったままです…。 掃除機が転がっているところに、掃除を頑張ろうとしたママの気持ちがひしひしと伝わってきますね。 ツイートには「ママさん…お疲れさまです」「納豆のパックが非常にリアル」などの声が寄せられ、「いいね」も1万8000件を突破していました。 最初は「大人のシルバニア」としてではなく…なぜ、シルバニアファミリーの人形で、このような写真を撮影するようになったのでしょうか?シルバニア侍女さんにお話をうかがってみました。 私は子供の頃、シルバニアの人形で遊んでたのですが、大人になった今は人形遊びから完全に卒業していました。 亡くなった祖母が買ってくれたこともあり、シルバニアのハウスや人形などの小物を捨てずに残してあったので、それを大使(主人)に譲りました。 過去に大使(主人)が投稿した写真がリツイート数3万件を超えて話題になったことがありました。 最初は「毎日投稿しんどい」と投稿した大使(主人)に対して、返信コメント用に撮影しました。 大使(主人)は普段から仕事も多忙なんです。 しかし、シルバニアの写真もほぼ毎日投稿しており、さらにはシルバニアの動画作成もしていました。 特に動画を作成している時は、家という同じ空間で過ごしていても家事や育児などを手伝ってもらうことができません。 手伝ってもらえる人が、すぐそばにいるのに手伝ってもらえないのは家で子供と私しかいない時よりも、つらいです。 そんな中「毎日投稿しんどい」と大使(主人)が投稿していたので、私の素直な気持ちが出たんだと思います。 「毎日投稿しんどいの写真」に返信するために「毎日ワンオペ育児って撮ってリプでしてもいい?」と伝え、大使(主人)に承諾を得てから写真を撮りました。 しかし、リプライの形ではなく、大使(主人)から、そのまま自分のツイートで投稿するように言われたので普通にツイートしてみました。 なので「毎日投稿しんどい」と投稿した大使(主人)のツイートと似たような感じになってしまいました。

次の

「悪魔的だぁ~!」シルバニアで再現された”大人の酒の楽しみ方”に反響、投稿者語る”極意”|オリコンニュース|上毛新聞ニュース

シルバニア 大使

企業の求人フレーズを裏読み?する作品(シルバニア大使さん提供) 企業の求人広告にこんなフレーズがあったら要注意? シルバニア大使さん( sylvanianwriter)が11月30日、Twitter上に「#大人のシルバニア」とハッシュタグをつけて「ブラック求人の見分け方」と投稿した。 シルバニアファミリーといえば、女の子が欲しいおもちゃランキングの上位に入る常連で、モフモフな小さなウサギさんなどが専用の家や家具と一緒に売られている人気商品だ。 かわいいキャラクターたちが、ブラック企業の求人フレーズにバッサリとメスを入れていることで、そのギャップの大きさもあって話題を呼んでいる。 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 これには共感する意見でリプ欄があふれかえっていた。 「これ元職場!!笑」 「2つ前の職場がまさにこれ。 1年で無事離脱できてよかった」 「人材畑出身ですが、全て合ってます」 「修羅場ニアファミリー」 さらに、ブラックな求人フレーズとして「休日は職場の仲間達とBBQ! 休日に転職活動をさせない 」「経験豊富なベテランが支えます! 厳しすぎて若手が殆どいない 」などと実体験?をもとにフレーズが追加され盛り上がっていた。 「給与明細すら発行しないところに勤めていた経験があります。 さすがに通報しました」と話した。 そして、投稿が多くの共感者をよんだことに「心中お察しします」と理解を示した。 もうすぐ2歳になる男児の父であるというシルバニア大使さん。 てっきりシルバニアファミリーは子ども用かと思いきや「自分用です。 買うたびに嫁に納豆の刑に処せられます…」とあくまで本人用。 「大人のシルバニアに触発されました。 シルバニアは持ってりゃ嬉しいただのコレクションじゃあない、強力なツールなんですよ。 ツールは活用しなきゃ。 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 シルバニア大使さん提供 (まいどなニュース・佐藤 利幸).

次の