吉井 和哉 ファン クラブ。 吉井和哉さんのソロ、おすすめ名曲ベスト30!【ガチファンが選ぶ代表曲】

私が吉井和哉さんを好きな理由。

吉井 和哉 ファン クラブ

此コガ原点!!? emtg. php よくある質問• J-POP・ROCK• K-POP• 俳優/タレント• 女優/タレント• アイドル• 海外俳優• その他芸能• 伝統芸能• サッカー• スポーツ その他• お笑い芸人• 演歌歌手• キャラクター•

次の

【ライブレポート】吉井和哉、アニバーサリーイヤーラストのマリンメッセ福岡で見せた新しい始まり

吉井 和哉 ファン クラブ

いきなりめっちゃマニアックな曲なんですけど、この曲、ほんと~~~~~~に全てがヤバい。 ダジャレすらも奇跡的なかっこよさを産んでる。 シングル「トブヨウニ」に収録された名曲「BLOWN UP CHILDREN」の、歌詞・メロディーが別バージョン。 歌詞を含めた曲の世界観が、すっごくすっごく良くて、かっこよさを目指してないのに、結果的に死ぬほどかっこいい曲になってしまっている、 意図されていない「完璧さ」がやばい。 最初から最後まで無駄が一ミリもないかっこよさ。 ただこの曲、アルバム「18」の初回限定版でしか聴けないんですよね! いろんなストリーミングサービス(SpotifyとかAppleMusicとか)を探してみたけど、見つからないので、がんばってオリジナルを入手してくださ~い! 第2位:クランベリー 6thアルバム「The Apples」収録曲『クランベリー』 何回か聞いてるうちにどんどん中毒性を増していく、複雑なQueen風の構成(?)の中に 麻薬メロディが埋め込まれた、癖になるかっこよさ。 駄々っ子な歌詞が切なくてキュン死です。 狂い気味の心象風景と、ときおり混じる切なさ・悲しさ・欲が胸に迫る、抽象的絵画みたいなスルメ名曲。 第3位:おじぎ草 6thアルバム「The apples」収録曲『おじぎ草』 初めて聞いたとき、 脳みそから鼻血が出ました(語彙力)。 エロホラー??怖いよ・・・ 不健全な匂いしかしない。 だけど「もうどうにでもして、もうそこが地獄でもいい、吉井さんとならどこまでも!」と思わず我を忘れる、魅惑的な、もうヤバいヤバい吉井さん好きぃ。 吉井さんの本領が遺憾なく発揮された、ダークでドロドロでエロい世界、たまらん。 そして凄みと情念と迫力がすごい。 いまだかつて、 ただのアルファベットの羅列にあんなにエロスを感じてしびれたことがあったでしょうか。 ファンの間では「 吉井さんが女視点で作った曲はだいたい名曲」という言い伝えがあります。 第4位:HATE ベストアルバム「18」収録曲『HATE』 戦争がモチーフの重い曲で、すご~く心に染み入ってくる。 とくに曲の終わり方がとても好き・・・。 吉井さんのソロを代表する超名曲のひとつだと思う。 メロディも歌詞もすべてがカンペキな、死ぬっほど素晴らしい曲。 第5位:リバティーン B面集アルバム「SUPERNOVACATION」収録曲『リバティーン』 よ、吉井さんが攻めてる・・・興奮の鼻血が止まらない!!腰がくだける!!! 初めて聴いたとき、 かっこよすぎて気が狂うかとマジで思った。 ジョニーデップ主演の同名の映画にインスパイアされてできた楽曲らしいです。 ちなみに、山田孝之さんと綾野剛さん(二人はモンキー大ファン)が一緒に組んでるバンドの名前はThe xxxxxxという表記で「ザ・シックス」と読むそうなのですが、これって、モンキーの6thアルバム「sicks」からとってるのかな?? 第7位:ウォンテッド(指名手配) カバーアルバム「ヨシー・ファンクJr. 〜此レガ原点!! 」収録曲『ウォンテッド』 昭和のアイドル・ピンクレディのカバー曲。 これが・・・めっちゃくちゃ吉井さんに合ってて、もう目がハートです。 この曲の中で歌われている人って、まさにファンにとっての吉井さんで、 「もうあなたなしじゃいられないほどよ」という歌詞に「いやほんとそのとおり」と言うしかない。 メロディがすっごく気持ちよくて、吉井さんがこの曲をカバーしてくれたことは幸福でしかない!! 第8位: HEARTS ベストアルバム「18」収録曲『HEARTS』 吉井さんのプライベートを連想させる、痛みを伴う旅立ちの歌。 痛みも後悔も過ちも全て引き連れて、でも静かに前を向く吉井さんが目に浮かぶ。 孤独で清廉な歌詞が聴く者の背中を押してくれる名曲!! 「迷わず飛べ」という歌詞が胸に響きます。 第9位:発光 B面集アルバム「SUPERNOVACAION」収録曲『発光』 いろいろ想像できる歌詞がたまらない1曲・・・なんだかとてもやらしい。 そして 静かにドヤってる吉井さんがたまらなく好き。 「何かを手伝うぜ」と言われたら「ぜひ手伝ってください」と迷うことなく答えたい。 本当に「発光してる」みたいな、 不思議なポジティブさを放つ隠れた名曲。 第10位:マサユメ タワーレコード数量限定発売CD『マサユメ』。 吉井さんがかねてからファンのダチョウ倶楽部とのコラボ作品。 「さよならは何度でも言う」っていう歌詞がつらい。 自分の正体を明かさずに、女から女へと移動をしてゆく色男・・・ そうしないと生きていられない宿命が切ない。 メロディがロマンチックで好き!! 第14位: NATURALLY 2ndアルバム「WHITE ROOM」収録曲『NATURALLY』 純血種じゃなくて雑種を祝福してくれるような、とっても優しい一曲! 遺伝子のリレーが目に浮かぶ。 吉井さんの歌を聴いていると、吉井さんにとって「血のつながり」がとても大きな意味を持っていることを感じる。 血(血縁)に関する歌、多し。 歌詞の内容に、思わず涙が・・・。 「赤い太陽が昇ったら出航だ」という歌詞を聴いて、むしょうに 吉井さんずっといてほしい、行かないで! と思いました 感傷的)。 理由はわからないけど、なんだか感情が揺さぶられる・・・。 不思議な魅力がある一曲。 それを守っても二度とは会えないのに」ってとこのメロディが超好きなんです。 このパートのためだけに3000円払えるくらい好き。 21位~30位 怒涛のラストスパート!見逃せない吉井和哉さんの粒ぞろいな名曲たち 第21位:百合コレクション カバーアルバム「ヨシー・ファンクJr. 〜此レガ原点!! 〜」収録曲『百合コレクション』 吉井さんが敬愛するあがた森魚(もりお)さんのカバー。 夢見てるみたいにロマンチックで、遠い遠い昔の思い出、大正ロマン、星が降り注ぐ幻想の世界。 第22位:RAINBOW 2nd アルバム「WHITE ROOM」収録曲『RAINBOW』 疾走感があって、メロディアスで、抑えられた感情がシャープな美しい曲。 第23位:ホタル KinKi Kidsに吉井さんが提供した曲。 そして途中、壮大な、地球や地球上の生物に思いをはせる、歌詞もメロディも広がりのある一節があり、とても感動させられました・・・ 第24位:BLOWN UP CHILDREN B面集アルバム「SUPERNOVACATION」収録曲『BLOWN UP CHILDREN』 正直もっとランキングは上の超名曲なんですけど、同じベースで作られてる「甲羅」を一位にしちゃったもので、BLOWN UP CHILDRENは、このあたりで紹介させていただきます~。 「悲しみこぼれた床のシミ」らへんのメロディはもう吉井節全開。 吉井さんってほんと胸をつかむメロディづくりの天才だな~と、ただただ感動するばかり。 第25位:Pain 4thアルバム「Hummingbird in Forest of Space」収録曲『Pain』 高速ドラミングとキャッチーなメロディでノリノリなロック。 歌詞は、切迫した欲望や焦燥感を描いていて、大変ストレート(笑)。 一回聴いただけで「あ、このメロディ大好物!」ってなったかっこいい曲! 第26位:上海 4thアルバム「Hummingbird in Forest of Space」収録曲『上海』 ただただ上海娘と夜を過ごしているだけの曲なんだけど(笑)、なぜか好き! 曲調が明るくて広がりがある感じで、淫靡な歌詞なのになぜか妙に爽やか。 第27位:MUDDY WATER B面集アルバム「SUPERNOVACATION」収録曲『MUDDY WATER』 キャッチーでノリノリでご機嫌な、ライブでの盛り上がり定番曲! は、か、・・・・・・・バッ!!! 第28位:シュレッダー 8thシングル。 4thアルバム「Hummingbird in Forest of Space」収録曲『シュレッダー』 暗~い曲なんだけど(笑)、武道館ライブで聴いたとき、幻想的な照明との相乗効果で「えっ、こんなにいい曲だったっけ~!!」って感動した思い出がある。 4:00あたりからの「神様にあったらこんな風に言うんだ。 どんな目にあっても生きていたいです」ってフレーズのとこのメロディが静かなのにキャッチーで引き込まれます。 吉井和哉さんはCメロ創りの天才だと思う。 Cメロって、「最後の大サビの前に挿入される独自のメロディ」なんですけど。 そこに吉井さんはあま~いメロディとか、泣けるメロディとか、熱いメロディを挿入してくるんです!!! ここで心が一気に溶けるんです!!! 「マサユメ」もそう、「シュレッダー」もそう、「ホタル」もそう、「紅くて咲こうとした恋の」もそう、「Believe」もそう、あと「LOVE&PEACE」のCメロもくっそ熱い。 2:50からのCメロにグッとくるよ~!.

次の

吉井和哉ファンクラブ入会・ファンレター情報

吉井 和哉 ファン クラブ

公式サイトにて、ファンの皆が応募した ファンクラブ名称の中からいくつかが最終候補として選定され、 投票受付が開始された。 当然、「ペチコートレーン(スーパー)」が含まれているものと 信じ込んでいたから非常に驚いた。 募集開始直後私は、 『「ペチコートレーン」会員であることが私の誇りでした。 ですから新しいのファンクラブは、 どうぞ「Petticoat Lane Super」であって欲しいと思います。 』 と、応募した。 出来れば、フォントも、であって欲しいと願っていた。 ペチコートレーンを応募した人は、多かったのだろうと思うのになあ。 Petticoat Laneは、本当に素晴らしいファンクラブだった。 ズシリと重い会員番号が刻印されたキーホルダー。 二か月に一度届く会報。 年賀はがき、カード。 最後のころはCDだっけ。 そして会員更新すると送られてくる歌詞付きの下敷き。 今のファンクラブには、紙会報どころか会員番号すら無いのだものね。 考えてみれば、この状態で「ペチコートレーン」と 名づけるのには、違和感があるかもしれないね。 8つ挙げられている最終候補名、 応募してくださったファンの方達には申し訳ないのだけれど、 正直悩むなあ。 どれかに投票したいので、もう少し悩んでみます。 jovanna.

次の