ベタヒスチン 6mg。 ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「JD」

ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工」の添付文書

ベタヒスチン 6mg

メリスロン(ベタヒスチン)とメニエール病 めまいの症状に対して処方される有名な薬の一つに、メリスロン ベタヒスチン があります。 そして、めまいやその他の症候から、メニエール病、症候群、目眩症などと診断される事があります。 メニエール病は、 回転性のめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感の4症状が同時に表れ、症状が数日から数ヵ月おきに繰り返されることが特徴です。 メニエール病は30~40代の女性に多いといわれ、また発展途上国ではみられず先進国に多い難病です。 めまいと言えばメニエール病!?と近年とても有名ですが、ストレスが原因であるとされつつも、そのメカニズムは未だ明確にされていません。 メリスロン錠6mgについて エーザイから出ている薬で、メリスロン錠の一番小さなものが、直径6mm程の、白い6mgの錠剤です。 ベタヒスチンというのは主成分で、ベタヒスチンメシル酸塩というものです。 後発であるジェネリックには、デアノサート、バイメニエルなどや、ベタヒスチンメシル酸塩錠という名前のついたものが数多く存在します。 ベタヒスチンは、血圧降下作用がありめまい改善に効果があるとされたヒスタミンの構造を変え、口から飲んでも腸で分解されずにめまいの改善に役立つように造られた物質で、ヒスタミンとよく似ています。 用法・用量 1回6~12mg 1~2錠 を1日3回食後に服用するのが一般的です。 しかし使用量は、症状や年齢によって増減されます。 服用時は必ず医師の指示、もしくは指定された服用法を守ることが大切です。 うっかり飲み忘れてしまった時は、気がついた時に早めに飲むようにしましょう。 飲み忘れたからといって、次の服用時にメリスロン錠6mgをまとめて2回分飲む行為は厳禁です。 もし次に飲む時間が近いのであれば、飲み忘れた分は飛ばしてかまいません。 スポンサードリンク 効果・効能 めまいが起きる時、その多くは耳が関係しているとされています。 周りがぐるぐる回っている感覚、フワフワした感じなどはメニエール病にみられる症状で、メニエール病の場合には、耳の内側のリンパ液が増え、水ぶくれになり、それによって平衡感覚に異常が生じめまいが起きていると考えられます。 メリスロンは内耳の筋肉を弛めたり、血流を増やすことによって内リンパ水腫を改善します。 また、首から頭部を繋ぐ太い動脈の血流を増やす効果もあり、それによって脳内循環をよくし、めまいの改善に働きかけます。 薬が処方されるとき、改善したい症状の原因として起きているかも知れない現象 内リンパ水腫など に働きかけるものが数種類選ばれるのが一般的です。 耳の中が腫れているかどうかは、実際に見て確認するのではなく、めまいが起きているなら腫れているかも知れないと考え、その水ぶくれを治す事から始めようと、多くの場合まずメリスロンが処方されます。 そのため、内リンパ水腫が原因ではない場合はめまいに効かず、別の薬に変更されるかも知れません。 その別の薬で多いのがセファドールという薬です。 セファドールとの違い メリスロンでめまいが改善されなかった場合、別の薬セファドールが処方されるかも知れません。 セファドールもめまいに効く薬ですが、内リンパ水腫を改善する薬ではなく、 左右の血流のバランスを整えたり、耳鳴りの原因となる神経の興奮を抑える薬であり、全く別の効能を持ちます。 そのため、メニエール病である可能性が高い場合はメリスロンを、内リンパ水腫以外の内耳障害が原因である場合はセファドールが有効であると考えられます。 しかし、めまいの状態を客観的に表現するのは大変困難であるため、はっきりとした診断は難しいものです。 そのため、効果のある可能性のある薬として、メリスロンだけでなくセファドールも一緒に処方されたり、順に服用してみて様子をみるという方法がとられる事もあるでしょう。 セファドールに関してはこちらをご参考下さい。 これらの病気を患っている場合は必ず、また他にも気になる事柄がある場合は医師に伝えましょう。 他にも、妊娠中の人や高齢の人、小児も他の薬と同様に医師へ相談したほうがいいでしょう。 また、メリスロンを服用している時に 飲酒をすると、副作用が出やすくなるのでアルコールは控えるようにしましょう。 まとめ メリスロン ベタヒスチン とは、めまいの症状の原因の一つである内リンパ水腫を除去し、内頸動脈 首の太い動脈 の血流を増やして脳内循環をよくすることによって、めまいの改善に働きかける薬です。 ヒスタミンと似た作用をするベタヒスチンを主成分とするため、 ・喘息やアレルギーのある人 ・胃腸にトラブルのある人 は、その使用に注意が必要な薬です。 関連記事としてこちらもご参考ください。

次の

2日前から耳鳴り、聞こえにくさがあります

ベタヒスチン 6mg

ベタヒスチンメシル酸塩錠12mg「テバ」と標準製剤をクロスオーバー法により、それぞれ1錠(ベタヒスチンメシル酸塩として12mg)を健康成人男子に空腹時単回経口投与して血漿中2-ピリジル酢酸(べタヒスチンメシル酸塩の主代謝物)濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 72 169. 78 0. 55 4. 72 標準製剤 (錠剤、12mg) 849. 14 161. 46 1. 83 4. ,n=17) ベタヒスチンメシル酸塩錠12mg「テバ」投与後の血漿中濃度の推移 改訂履歴 2016年4月 改訂 2016年10月 改訂 第11版 文献請求先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。 武田テバ薬品株式会社 453-0801 名古屋市中村区太閤一丁目24番11号 0120-923-093 受付時間9:00〜17:30(土日祝日・弊社休業日を除く) お問い合わせ先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。

次の

ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工」の添付文書

ベタヒスチン 6mg

調剤薬局では馴染みのある薬メリスロン(ベタヒスチンメシル酸塩)が、通常の3~6倍の用量の投与で認知症の治療に役立つかもしれないというニュースを見ました。 メリスロンは通常メニエール病、メニエール症候群、眩暈症で使用されるめまいの薬という認識ですが、これが本当ならば薬価の非常に安い薬ですし認知症の患者さんにとっては希望のもてる話ですね。 新しい薬として出される可能性が高そうですが早く実用化されることが期待されます。 通常メリスロン6mg錠の場合、成人は1回1~2錠(ベタヒスチンメシル酸塩として1回6 ~12mg)を1日3回食後経口投与です。 この米科学誌電子版における実験での投与量は3~6倍の用量との事なので1回18mg~72mgとメニエールでの用量と比べると結構な用量であることが伺え知れます。 メリスロンは一般名のベタヒスチンメシル酸塩という名前からもわかるように、ヒスタミン類似作用を有します。 よって慎重投与の患者として以下の(1)~(3)の患者には注意が必要となっています。 主な症状は高血圧、その他にも動悸、発汗、立ちくらみ、頭痛等を引き起こすカテコールアミンが過剰産生される病気。 画像のようにメリスロンの構造式はヒスタミンに良く似ています。 消化性潰瘍患者やぜんそく患者ではメリスロンを服用する場合に注意する必要があります。 メリスロンの開発経緯は、めまいに対するヒスタミンの投与が血管性頭痛に有効であった経験から始まったと言われています。 しかし、ヒスタミンは腸内のヒスタミナーゼにより分解されるため、内服では全く無効だったので注射で投与する必要がありました。 その後、2-アミン類がヒスタミン類似作用を示すことが報告されると、その化合物のうちピリジン化合物(一般名:ベタヒスチン)に着目して、内服でも分解されないベタヒスチン塩酸塩のメニエール病に対する有効性が確認されたそうです。 メリスロンの作用機序は? 作用部位は内耳の毛細管前括約筋、脳血管です。 作用機序はヒスタミン類似作用による末梢血管拡張作用です。 微小循環系、特に内耳の毛細血管前括約筋を弛緩し、内耳血管系の血流を増加するほか、内耳毛細血管の透過性を調整することにより、内リンパ水腫を除去します。 また、内頸動脈の血流量を増加し、脳循環をも改善して、めまい、めまい感を消退させると言われています。 ニュースからは「ヒスタミンの放出を促進させる働きがある」との事なので、メリスロン自体のヒスタミン類似作用だけでなく、これまでの作用機序とは異なる薬理作用が注目されている様です。 ヒスタミン自体は体内でもヒスチジン脱炭酸酵素によりヒスチジンからヒスタミンへ合成され、生体内で肥満細胞など様々な場所に存在しています。 今回注目されている薬理作用はヒスタミンの放出促進作用ですが、中枢神経系において神経伝達物質に働く特異的な受容体などに対して作用する可能性も考えられます。 ニュースの元となっている米科学誌電子版の論文を見ていないので、また詳しく見てみたいと思います。 忘れてしまった記憶を薬で回復させる実験に成功したと、東京大や北海道大などの研究チームが発表した。 記憶を回復させる効果がある薬の発見は世界初という。 アルツハイマー病などの認知症の治療に役立つ可能性がある。 米科学誌電子版に8日、論文が掲載された。 チームは20代を中心とした健康な男女計38人に100枚程度の写真を見せ、約1週間後に覚えているかを調べる実験を実施。 目まいの治療薬として使われている「メリスロン」を飲んだ場合と、飲まなかった場合で正解率を比較した。 その結果、薬を飲むと、忘れていた写真を思い出すケースが増え、正解率は最大で2倍近く上昇することが判明。 忘れた写真が多かった人ほど効果があり、見たかどうか判別が難しい写真で正解率がより高まる傾向があることも分かった。 この薬は脳内の情報伝達に関わる「ヒスタミン」という物質の放出を促進する働きがある。 この効果で記憶を担う神経細胞が活性化し、忘れた記憶の回復につながったとみている。 記憶が回復する仕組みを詳しく解明し、認知症の研究成果と組み合わせることで、アルツハイマー病などの新たな治療法につながる可能性がある。 チームの池谷裕二東大教授(薬理学)は「記憶回復のメカニズムが分かったので、今後はより効果の高い薬の開発につなげたい。 認知症患者らの生活の質を高められる可能性がある」と話している。 より引用.

次の