アンチ 心理。 アンチになる人の心理・特徴 どうして嫌いなものに付きまとってしまうのか

アンチになる人の心理7つ

アンチ 心理

Contents• アンチの意味って一体何? 今回一緒に見ていくのは、 アンチの意味についてです。 特にここ数年よく耳にする言葉である【アンチ】、おそらく 良いイメージを持っている方は少ないはずです。 ですが、ちょっと待ってください! そもそもあなたは、この言葉の意味を知っていますか? 日本語の面白いところで、 なんとなくの意味しかわかっていなくても、言葉を活用することができてしまうのです。 アンチはまさにその例に当てはまる言葉と言えるでしょう。 この言葉、ネット社会では特によく用いられている言葉でもあります。 何語なのか• アンチの人たちの心理• ネットにおける立ち位置 など、様々な視点からこの言葉を分析していきたいと思います。 あなたが知らない言葉の真実、覗いていきましょう  ̄ー ̄ 意味を調べてみた! まずは、 アンチの意味についてです。 そもそもこれがわからなければ、 今回の記事の意味自体がなくなってしまいます(笑) さて、気になるその内容なのですが、• 反対の• 反対者• 反論者• 反対する 等が挙げられます。 少しずつ違ってはいますが、どの言葉も 反対 という意味合いが込められていますね。 つまり、アンチとは 何らかの意見や物事に対して反対する姿勢やその態度を指す言葉となります。 なんとなく私の中には アンチ=悪いイメージ という印象があったのですが、これを見る限りでは必ずしもそうではないようですね ・・; むしろ、反論者は反対者は、 意見を活発にする上で必要不可欠な存在です。 一概にアンチを悪い事・悪い人と決めつけるのは、どうやら 間違っているようです。 アンチの語源は何語なの? さて、このアンチですが、一体その語源はどこから来ているのでしょうか? パッと見た限りでは英語に思えてしまうこの言葉ですが、実際調べてみると ドイツ語 が語源となっていました。 ドイツ語の アンチテーゼ(antithese)がもととなった言葉で、その意味は ある主張や意見を否定するために出される主張や意見 を指します。 というわけで、アンチの語源はアンチテーゼ。 その元々の意味は【反対意見】でした! ネット上のアンチの方たちってどんな人? ところで、ここ数年 【アンチ】という言葉が特によく使われている環境があります。 それは、 ネット社会です。 SNSを始め、ネット掲示板など匿名での意見の書き込み・情報発信に優れたネット社会では、特定の人に対するいわゆる【アンチ】の方たちが現れています。 メディアで時折聞くアンチも、このネット上でのアンチの人たちを表していることがほとんどです。 さて、ここで気になるのは、 この人達がどういった活動をしているのかということです。 上の説明だけ見ると、反対意見を言って議論を活性化させるような役割を果たしているようにも思えますが、その実態は・・・ というわけで、実際にSNSやネット掲示板などを見て回って調査しました!! すると、ネット上、ひいては 現代社会におけるアンチの人たちの行動がどういったものなのかが見えてきました。 元々は、ネット掲示板の最大手2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)にて使われ始めたのが始まりだと言われています。 最初は 【アンチ〇〇(野球球団名)】 といった具合に、単純にある物事に対して嫌いな人達を集める使い方がされていました。 この時点では アンチ=〇〇を嫌いな人 という意味です。 その後さらに発展し、 アンチ〇〇スレ(〇〇が嫌いな人達が集まって書き込むネット上の場所)へと変化。 そして徐々に2ちゃんねる全体へと広まっていくことになったのです。 意味合いも単純に嫌いという意味合いから、 極端なまでに反対意見を持つ人・対象を嫌っている人という具合に、より過激なものへと変化していきました・・・ 最終的な意味合いとしては、• 上から目線で暴言・中傷、嫌味なコメントを投稿する• ある対象のコンテンツやコミュニティを荒らすなどの攻撃行為• 漫画やドラマの原作・スタッフや役者さんなど関わっている人たちへの暴言• 自分が嫌いなコンテンツを愛している人たちへの攻撃行為・意見の否定• 根拠や理由のない一方的なクレーム 等が挙げられることとなりました。 一体なぜ、相手を一方的に非難するような文章をネット上に書き込んでしまうのでしょうか? これに関しては、以前読んだ心理学の本に面白いものが書いてありました。 嫌いと好きは心理学上ではイコール というこの一文。 意外なのですが、アンチの方の心情の一つには 嫌い!ではなく、 好き! という感情が含まれている可能性が高いのです。 そもそも、嫌いであれ好きであり、 その人に関心があるからこそ湧き出てくる感情です。 実際、全く興味がなければそもそも無関心、つまりそのことに関して一切気持ちが動くことはありません。 ネット上でも、アンチと呼ばれる方たちはその人に関する本当に細かいところまであら捜しをしています。 「あいつ、きのう寝癖があった!」 「あの番組で、ギャグがすべっていた!」 「ドラマのあの役、やっぱり似合わないよね」 「今日で5連敗!監督の〇〇のあの采配はおかしい!」 どれもこれも、実際にテレビなどで見ているからこそ言うことのできる情報ばかりです。 実際意識していないだけで、私達の生活の中でもアンチは数多く用いている言葉です。 その点も踏まえながら、いくつか紹介していきます。 これ、アンチエイジング効果のある化粧品なのよ いつまでも若々しくいたい方必見ですね。 アンチエイジングなどはよく使う言葉ですが、 【アンチ】【エイジング(加齢)】と2つの単語がくっついた言葉であることは、意外と知られていません。 また、最近では 商品名などにアンチが使われることも増えています。 アンチウイルスソフトウェアや、僕もしている卓球のラバーなどにもよく用いられています。 あまりいいイメージを持たれない【アンチ】ではありますが、こうして振り返ってみると、 案外私達の生活に深く根付いた言葉であるようです。 元々はドイツ語発祥だったというのはちょっと意外でしたね。 こうして見ていくと、意外と アンチの意味って奥深いことがわかりましたね。 最初こそ反対意見といったものが基本ではありましたが、ネットから爆発的に広まっていき、今では日本中で用いられる言葉となりました。 アンチも、単なる【反対】という概念から• 商品名の一部• 組み合わせて肯定的な意味をもたせる などなど、その活用の場を広げています。 今では、 アンチ=悪い言葉というイメージは 少し的外れと言ってもいいでしょう。 それほどまでにこの言葉、活躍の場を広げているのです。 アンチに限らず、例えば以前紹介したアイデンティティなどもそうですが、平成になってから生まれた言葉の数々は、 本当に多種多様な意味を持っています。 中には、そういった言葉に 苦手意識を持つ方もいるでしょう。 ですが、アンチな態度をとることなく、ぜひ受け入れてみてください。

次の

アンチはなぜコメント欄で批判する?その心理とは。対処法まとめ。

アンチ 心理

アンチとは? アンチとは元々ネット掲示板のみのコメントで使用されていた 「アンチ」という言葉自体は、元々2chなどのネット掲示板のみで使用されていた言葉ですが、今では動画投稿サイトなどの影響で広く使用されるようになってきました。 しかし、中には正確な意味を理解していないまま使用している人も多く、何に対してもこの言葉を多用しているのが現状です。 アンチのネット上の意味とは「反論者」や「攻撃的な人」 アンチの意味とは、どのようなものがあるのでしょうか?まず、「アンチ」という言葉自体には「反~」「対~」という意味が含まれます。 一般的には、「アンチエイジング」などのように言葉の先頭に付けて使用される事が多いです。 しかし、ネット上では、「反論者」や「攻撃的な人」のような意味合いで使用されます。 よくあるのが、ファンでもない人達がある特定の芸能人やアイドルに対してやその人やファン達を標的にして罵倒を浴びせたり、汚い言葉を使って追い詰めたりするような行為を働いている事も少なくありません。 場合によっては、ブログ閉鎖などに追い込む事もあり、過激な行動が目立つというのも特徴です。 ここに、「アンチ」の意味についてより詳しく説明している記事がありますので、この記事を参考にアンチの正しい使い方を学んでみて下さい。 アンチになる人の傾向として持論を述べて、優越感に浸りたいという心理を持っているのも特徴です。 アンチの人は、持論を述べる事で相手よりも自分の方が賢い、注目されているという気持ちが強い傾向にあります。 しかし、芸能人やアイドルというのは、もちろんですが自分よりも目立っていて、注目を集める存在でもあるので、それに対して劣等感を持っているとも言えます。 その事が結果として、アンチ活動という行動に導いてしまうとも言えます。 承認欲求というのは文字通り人に認めてもらいたいという気持ちの表れであり、この欲求が強すぎると結果として、人よりも格上でありたいという気持ちに繋がっていきます。 そして、同じ考えを持つ人と共有する為にアンチ活動をします。 また、敢えて芸能人のブログなどでアンチ活動をする人の多くは、その人の事が好きな人が多くいる中で、自分はこの人は嫌いだという人を探すという意味合いでアンチ活動をする人もいます。 もし、自分と同じ考えを持つ人が見つかった場合には、それで安心感を得ているとも言えます。 やはり、芸能人やアイドルになるような人というのは、それだけ容姿端麗である場合がほとんどです。 それに感化されて自分磨きに励むという事であればまだ良いのですが、嫉妬からその人を罵る事でモヤモヤを解消する人もいます。 自分の力だけではどうする事もできない事がある場合、自分が傷つかない為に相手を攻撃する事で、自分に都合よく嫉妬心を正当化しようとする行為を始めます。 それがアンチ活動の原動力と言っても過言ではありません。 他人を批判する事で、自分が優れた人間だと勘違いしている人に見られる心理でもあります。 批判というのは、どんな人にもできます。 しかし、人を批判してばかりの人生というのは、何とも寂しい人生だと思いませんか? 相手を批判する事でしか、自分の事を正当化できないという事は言い換えれば自分には何の能力もないという風に他人に言っている事と同じです。 成功者ほど人を批判しないのは、その時間を無駄だと感じているからです。 よく叩かれるのが「ユーチューバー」などの高額所得者です。 やはり、自分の仕事に満足していない、給料に不満があるという場合には、好きな事をやって多額のお金を稼いでいる人に嫉妬を抱くのは仕方のない事です。 しかし、それもこれも自分で選んだ人生という事を忘れていませんか?ユーチューバーも最初は、誰にも見向きもされず、収入がないという時期もあったはずです。 しかし、努力して今の地位を確立したという人も多いと思います。 努力をせずに、人を批判してばかりの人生というのは、何とも虚しいですよね。 ここに、嫉妬する女性心理についての記事がありますので、この記事を参考に女性が盛り上がるヤキモチにはどんなものがあるのか考えてみて下さい。 自分を正当化させたい人に多いアンチ活動をする人というのは、自分の価値観を他人に押し付けたいという心理が強い傾向にあります。 自分が目指していたものになっている人に自分の価値観を押し付けるという人も多いです。 例えば、「恋愛禁止」を掲げるアイドルが多い中、アイドルを目指していたけど結局なれなかったという人がその約束を破ったアイドルに対して執拗に罵倒を繰り返すなどの行為は、自分が諦めた夢を叶えたのにそれを平気で自分から止めるという事に歯がゆさを募らせている事が原因の事も多いです。 また、スポーツ選手などに野次を飛ばす人の多くは、過去にそのスポーツをしていた事で自分の考えが正しいと思い込んでいるので、「自分の言う通りにしておけば間違いない」とさえ思っている節があります。 それを実行しない選手に対してイライラを募らせている事が、結果としてアンチ活動と化してしまうのです。 嫌いな人であれば相手にしなければ良いと思う所ですが、それではアンチ活動をする人にとっては負けも同然なのです。 アンチ活動をする人にとって、芸能人やアイドルがブログを閉鎖するような行為は、勝ちを意味します。 相手が自分の行為に屈した時に、初めてアンチ活動をする人は自分の考えを正当化したという事になるのです。 こういう人は、人の考えを受け入れる事が出来ない人に多く見られます。 効果的にアンチをする対象人物を追い込むには、正確な情報を以って、そこをいかに的確に突っ込むかという事が重要となってきます。 虚偽の情報を使ってアンチコメントしたとしても、全く効果はありませんからね。 「自分の負けを認めたくない」という気持ちが強いアンチ活動をする人にとって、下準備は念入りにする必要があるのです。 その為、それに費やした時間を無駄にしない為にも、それに見合う成果が欲しいと考えている為、粘着すると言えます。 多くの人は、自分のコメントに対して批判が集まるという事は避けたいという心理の方が強いと思います。 しかし、アンチ活動する人の多くは自分のコメントに反応があれば批判コメントであっても良いと思っている人もいるのです。 さらに、批判コメントが多く集まるようにわざとその場を炎上させるようなコメントを載せる人がいるのも事実です。 少し歪んだ心理でもありますが、批判コメントであっても自分の考えに対して反応があるという事が大事だという事です。 これにより、今まで満たせなかった承認欲求を満たしているとも言えます。 アンチ活動をする人の中には、稀ですが相手を心配するあまり敢えて厳しい口調で非難する人もいます。 こういうタイプのアンチは、ただ批判するようなアンチとは全く異なります。 場合によっては、こういうタイプのアンチのコメントが気になり辞めた事で何もかも上手くいくようになったという人もいる程です。 やはり、こういうアンチコメントの多くが的を得た言葉である事が多いというのも理由の一つです。 しかし、これを無視してしまう心理もまた、相手に負けを認めたくないという心理が働くからです。 ここに、自分から誘わない男性心理についての記事がありますので、この記事を参考にプライドの高い人の心理には、どのような事があるのか併せて読んでみて下さい。 アンチ活動をする人の心理の多くは嫉妬が原因 今回は、「アンチ活動をする人の心理」をあらゆる面から見てきましたが、いかがでしたか?アイドルや芸能人などのブログなどにアンチコメントを載せる人が多いのも事実です。 しかし、その多くは「嫉妬」が原因である事も多いです。 自分よりも目立ち、輝いている人に嫉妬してしまう事で、その矛先が向いてしまうのです。 また、その矛先は本人だけでなく、時にファンにまで及ぶ事があります。 それもこれも、ファンというのは、そのアイドルの事を好意的に感じているので、その事が気に入らないという事だけで批判する事も多いのです。 その為、こういうアンチ活動をする人は、人の意見を受け入れる事ができない可哀想な人と認識しましょう。

次の

心理的安全性のアンチパターン②

アンチ 心理

アンチになる人の心理 相手を叩いて優越感を得たい 相手を叩いて(たとえ錯覚だとしても)優越感を得たいというのが、アンチ活動に励む心理の一つです。 相手を叩いたところで自分の状況が良くなるわけではありませんが、少なくとも自分の中で相手の地位を下げることにはなるでしょう。 自分の中で相手の地位が下がるということは、相対的に自分の地位が上がることを意味します。 また、相手の地位を自分の言葉一つで変えられるというのは、ある種の万能感を感じるのではないでしょうか。 実は「好き」の裏返し 「嫌よ嫌よも好きのうち」ではありませんが、アンチは実は対象に振り向いてほしいと思っていることも少なくありません。 愛情と憎しみは表裏一体と言われることもありますが、本当は相手に振り向いてほしいのにそっけなくされてしまい、愛が憎しみに変わってアンチ活動に励むケースもあるようです。 この心理は人間同士の関係でたとえると分かりやすいでしょう。 フラれてしまったたせいで相手のことを憎く思ってしまう人もいるのではないでしょうか。 行き過ぎた愛情が憎しみに変わり、そのせいで凄惨な事件になってしまう例は後を絶ちません。 嫉妬や羨望が激しい アンチの心理としては、相手に激しい嫉妬や羨望を感じているというものも挙げられます。 そもそもアンチ活動の対象は芸能人やスポーツ選手といった有名人が多いため、社会の檜舞台で活躍する彼らと比較して嫉妬するなという方が無理があるでしょう。 通常は「雲の上の存在だから」「自分とは違うから」という風に割り切るものですが、アンチはそこを器用に割り切ることができず、相手を貶めて引きずり下ろしたいと思う傾向があるようです。 正義感が強い 正義感が強い人もアンチになりやすいのではないでしょうか。 今はインターネット全盛の時代なので、人同士の距離が縮まりやすく、それは有名人相手でも変わることはありません。 有名人が何か不祥事を起こした際に鬼の首を取ったように叩く人がいますが、あれもアンチ活動の一種と見なしてよいでしょう。 行き過ぎた正義感が迫害心理になることはよくある話ですが、彼らもその例に漏れず、「自分はよいことをしている」と思っています。 そのように思っている人は非常にたちが悪いものです。 正しい行いをしているということは、自分の非を一切認めないということにも繋がるでしょう。 対象から不安を感じる 相手から無意識に不安を感じてしまうこともアンチ活動に励む原因の一つになるでしょう。 対象から不安を感じるというのは、相手から直接危害を加えられているというのではなく、相手の存在そのものに不安を覚えるという感じです。 たとえば、有名人が であることを暗に仄めかすと、お金のない人は不愉快になるでしょう。 不愉快になる理由としては、「自分の現状が惨めだ」というものもありますが、「(主に金銭的な意味で)自分の将来が不安だ」というものもあるのではないでしょうか。 そういった無意識レベルの不安を感じた際、人間は相手を排除しようという心理になるようです。 承認欲求を満たしたい 人がアンチ活動に勤しむ理由としては、「承認欲求を満たしたいから」というものも挙げられます。 承認欲求を満たすための方法は人によって大きく異なりますが、その一つとして「有名人に個人として認知されること」もあるのではないでしょうか。 もちろん、ポジティブな意味で認知されるにこしたことはありませんが、それが叶わないならネガティブな意味での認知でも構わないと考える人もいるようです。 たとえば、相手にしつこく嫌がらせをして直接注意される、などが挙げられるでしょう。 本来であれば誰かから注意されたら「気をつけよう」と思うものですが、承認欲求を満たすためにアンチ活動に励んでいる人は「やった!相手に認知された!」と喜ぶケースもあります。 そうなると相手に注意するのが逆効果になってしまいますので、対応が困難になってしまうことが予想されます。 相手が困っているのを見たい アンチ活動をして相手が困ってるのを見るのが楽しい、という人も中にはいるようです。 そういう人達は「他人の不幸は密の味」というような心理で動いていますので、常識が通用する相手ではありません。 本来人間には共感性というものがありますので、通常は相手が困っていたら何とか助けてあげたいと思うものですが、彼らは共感性が著しく欠如しています。 共感性の欠如に加え、サディスティックな嗜好を持っている人は「相手の不幸を眺めて楽しむ」という思想になってもおかしくはないでしょう。 ここまでくると、もはや趣味の一つと言えるのかもしれません。 アンチの心理状態を理解しよう いかがでしょうか。 アンチへの対応は人それぞれですが、慣れていない人にとっては夜も眠れないほどストレスがかかるものでもあります。 アンチにどう対処すればいいのか悩んでいる人は、その心理状態を理解するようにしましょう。 もしかしたらただの寂しがりやだったなんてケースも少なくありません。 ただし必要以上に感情移入はせず、ただ「ふーん、そうなんだ」とあなたにとって都合のいい解釈をしたらそれ以上は何もする必要はありません。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の