メニエール 病 運転。 【家の傾き注意】メニエール病の治療で頭痛薬が効かないって本当?

メニエール病を体験して

メニエール 病 運転

メニエールになった後に運転している人間ではありませんが、よろしいでしょうか? 私は、今メニエールと戦っています。 今回が初めての発症だったので、繰り返すようならメニエールと診断されますが・・・。 仕事は車の運転の仕事をしていたので、今は欠勤してます。 運転が大好きで大好きで今の仕事を始めたのですが、 早く運転をしたい・仕事をしたいと思う反面、 運転中にまたあのめまいに襲われたら・・・と不安になります。 本当に今までどおりに運転できるようになるのか、ちゃんと治るのか不安でたまりません・・・。 私もちゃんと治ったとしても、初めはやっぱり不安のほうが大きいと思います。 でも気にしていたら、なんにも出来ないと思います。 私はそう思ってリハビリしながら克服しようと思っています。 ほんとは今すぐにでも運転したいのですが、ちゃんと治るまでは運転しないように決めました。 先日主治医に 「発症してから三週間にしては、治りも早いね!少しなら運転してもいいけど、運転する前にトラベルミンを飲みなさい。 」 と言われました。 仕事としての運転は、まだダメと言われました もし不安であれば、運転する前にトラベルミンを服用してはいかがでしょう。 「運転中にメニエールに襲われたらと思うと不安で運転が出来ない」 と主治医に相談して、トラベルミンなどの薬やアドバイスをいただいてはどうでしょうか。 少しは不安も解消されると思いますよ!!.

次の

メニエール病 でも仕事を続ける事は可能なのか?

メニエール 病 運転

どんな病気なの? メニエール病というと「若い女性がストレスでめまいを起こす病気」というイメージがあるのではないでしょうか。 メニエール病の原因はずばり「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」です。 その根底にはストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられています。 この両方もしくはどちらか一方が強く水ぶくれになるかにより症状が異なります。 蝸牛が強く水ぶくれになれば、めまいは感じず難聴だけを自覚します。 水ぶくれが弱ければ難聴を自覚せず、「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」、「音が響く感じ」のみ出現する場合もあります。 反対に三半規管・耳石器が強く水ぶくれになれば、難聴や「耳が詰まった感じ」などは感じず、めまいのみを自覚します。 めまいの強さも「グルグル回転する激しい」ものから、「フワフワ雲の上を歩いている感じ」のものまでさまざまです。 めまいの持続時間は10分程度から数時間程度であることが多く、数秒~数十分程度のきわめて短いめまいが主である場合、メニエール病は否定的です。 すぐに診断できる病気なのでしょうか? めまい=メニエール病と考えがちですが、メニエール病には厳密な診断基準があり、それを基に診断します。 それは「難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する」です。 ここで一番大切なのは「反復する」という点です。 めまい発作や難聴発作が1回起きただけではメニエール病とは診断できません。 この診断基準を満たし、且つ類似の他の病気を除外できたものを「メニエール病確実例」と診断します。 また、聴覚症状のみ、めまいのみをくり返すタイプは「メニエール病非定型例」と診断します。 非定型例は確実例よりさらに除外しなければならない病気が多く、厳密な検査と経過観察をすることが推奨されています。 類似の他の病気とは? メニエール病の初回発作では、めまいを伴う突発性難聴と鑑別ができない場合が多いことは前述しました。 その他に外リンパ瘻、内耳梅毒、聴神経腫瘍、小脳・脳幹を中心とした中枢性疾患など原因既知の疾患もメニエール病と類似の症状を呈し、鑑別が必要です。 どんな診察や検査が必要なの? メニエール病は「くり返す」エピソードがあって初めて診断できます。 従って十分な問診が大事です。 めまいの診察では体のバランスを調べる検査(目を閉じて足踏みしてもらう検査などがあります)や眼振検査(目の動きの異常を調べる検査)を行います。 聴覚症状に対しては耳内を観察し、聴力検査を行います。 症状がめまいのみでも、隠れた難聴がある場合を想定して聴力検査を行う必要があります。 逆に聴覚症状のみでも、隠れためまいがないか眼振検査を行う場合があります。 中枢性疾患の除外には、他の脳神経症状がないか神経学的診察も欠かせません。 体のバランスを調べる検査で小脳や脳幹の障害が発見される場合があります。 どんな治療をするの? 強い発作で嘔気が強く、薬を飲む事も出来ない時は安静の上でめまい止めの点滴を行います。 内服が可能であれば、めまい止め・利尿剤を中心に抗不安薬や循環改善薬・ビタミン剤などを組み合わせて使用します。 発作の初期に上手にめまい止めや抗不安薬などを用いることで、大きな発作の予防や症状の軽減を図る事ができます。 しかしメニエール病にはストレス・睡眠不足・疲労が関与していると考えられており、薬による治療だけでは根本的な治療にはなりません。 「薬によって症状を抑える事が出来る」事で少し安心しつつ、ゆっくりとストレスの原因を見つめ直したり、生活習慣を正すことが必要です。

次の

メニエール病。めまいへの3つのケア

メニエール 病 運転

メニエールになった後に運転している人間ではありませんが、よろしいでしょうか? 私は、今メニエールと戦っています。 今回が初めての発症だったので、繰り返すようならメニエールと診断されますが・・・。 仕事は車の運転の仕事をしていたので、今は欠勤してます。 運転が大好きで大好きで今の仕事を始めたのですが、 早く運転をしたい・仕事をしたいと思う反面、 運転中にまたあのめまいに襲われたら・・・と不安になります。 本当に今までどおりに運転できるようになるのか、ちゃんと治るのか不安でたまりません・・・。 私もちゃんと治ったとしても、初めはやっぱり不安のほうが大きいと思います。 でも気にしていたら、なんにも出来ないと思います。 私はそう思ってリハビリしながら克服しようと思っています。 ほんとは今すぐにでも運転したいのですが、ちゃんと治るまでは運転しないように決めました。 先日主治医に 「発症してから三週間にしては、治りも早いね!少しなら運転してもいいけど、運転する前にトラベルミンを飲みなさい。 」 と言われました。 仕事としての運転は、まだダメと言われました もし不安であれば、運転する前にトラベルミンを服用してはいかがでしょう。 「運転中にメニエールに襲われたらと思うと不安で運転が出来ない」 と主治医に相談して、トラベルミンなどの薬やアドバイスをいただいてはどうでしょうか。 少しは不安も解消されると思いますよ!!.

次の