おしっこ が 黄色。 人間のおしっこはなぜ黄色いのか?

栄養ドリンクを飲んだ後、真っ黄色の尿を見て、気づくことはありませんか。

おしっこ が 黄色

トイレの際、何だかおしっこの色が濃くて不安になっているあなた。 確かに尿は適度に黄色い状態が正常であり、色が濃過ぎる、いつもと色が違うというのは身体の異常の証であります。 尿が何だか濃い、このとき身体では何が起こっているのか、考えられる症状について紹介しましょう。 そもそも尿の色はヘモグロビンからきている そもそも尿はどうして黄色いのか。 これは血中の赤血球中に存在するヘモグロビンからきています。 血中の赤血球は古くなるとやがて分解され、それと同時にヘモグロビンも分解されます。 このヘモグロビンが分解されるとビリルビンと呼ばれる、黄色い成分になります。 このビリルビンの黄色がおしっこの黄色となって排出されているわけですね。 では何故この血液からくる尿の色が濃くなってしまう事態となるのか。 それは他でもない、血液成分が色濃く排出されてしまっている影響です。 身体の脱水状態が尿を濃くする わたしたちの身体は体液の濃度を一定に保つため、過剰な水分は薄い尿として排出し、水分が不足していれば尿量を少なく調整しています。 この尿量が少ないときには体液濃度の関係で尿が濃縮され、尿の色が濃い状態となるのです。 そのため朝の起床時や、長時間運動した後などは水分不足により尿の色が濃くなる傾向にあります。 つまりは身体の脱水状態が尿を濃くするというわけですね。 ただ尿の色が濃い黄色ではなく、茶色だったり赤色をしていたりすると単なる脱水状態とは片付けられません。 尿の色がおかしい場合 尿が赤く血液が混ざった血尿の場合は、腎臓や尿路に病気を抱えている可能性が示唆されます。 具体的には結石、腫瘍、感染症、腎臓病など様々です。 いずれかの部位で炎症が発生し、出血した血液が尿と一緒に排出されるためです。 そして尿の色が茶色いという場合も注意が必要です。 茶色い尿は、赤血球の寿命が短くなる溶血性貧血や、筋肉細胞が死ぬ横紋筋融解、ヘム合成に異常を伴うポルフィリン症などの発症が指摘されます。 このように尿の状態や色に異常を抱えている場合は、泌尿器科、腎臓内科等を受診されることをおすすめします。 話を戻しまして、尿の色がいつもより濃いだけの場合は、十分な水分を補給することで改善されます。 水分が補給されることで体液濃度のバランスが整い、排出される血液成分が少なくなるためです。 尿の色の濃さは水分が不足しているよ、という身体からのサインと考えておくといいでしょう。 writer:サプリ編集部 外部サイト.

次の

尿が黄色なのはビタミンが原因?尿の色が濃くなると要注意!?|ママクエ

おしっこ が 黄色

説明しよう。 が、その前におしっこしてくる。 ビタミン剤を飲んだことがある人ならば、体験したことがあるのではないでしょうか。 真っ黄色のおしっこを。 黄色は黄色でも蛍光イエローに近い、かなり 派手な色のおしっこを。 なぜ、ビタミン剤を飲むとおしっこが真っ黄色になるのでしょうか? それには、 リボフラビンが大きく関係しています。 リボフラビン=ビタミンB2は、多くのビタミン剤に含まれているとてもポピュラーな成分です。 1872年、Alexander Wynter Blyth氏が、牛乳の中にある黄緑色のような色素に注目したことがきっかけで発見されました。 当時は、ラクトクローム/ラクトフラビンだと報告されましたが、1930年代にリボフラビンとして定義されました。 「フラビン」とはラテン語の「Flavus」からきており、黄色やブロンドという意味があります。 では、なぜリボフラビンがおしっこを真っ黄色にするのでしょうか? 色と言えば光、さぁここで光吸収の話になります。 光とはつまり電磁波のこと。 この電磁波のうちに、人の目で見ることが出来るのが光であり、 可視光線です。 可視光線にあたるのは、下が360-300nm、上が760-830nmの波長のみ。 この下限よりも波長が短いものに、例えば紫外線やX線が、長いものに赤外線等があり、人の目では見ることができません。 色は、この波長の長さによって決まります。 例えば、400-500nmなら青、600-700nmなら赤という具合に見えるわけです。 さて、光は物体に当たり、光の一部は物体に吸収され、また一部は反射されます。 私たちが見ている色は、物体に吸収されたものではなく、もちろん反射してきたもの。 吸収される波長/反射される波長は、物体により異なります。 例えば、とある物体は400-500nm(青)の光を吸収したとしましょう。 すると、私たちがこの物体を見た時に感じる色は500-700nm(緑、黄色、赤)となるわけです。 そろそろ、ちょっとこんがらがってきました…。 リボフラビンという成分は、特に260-370nmに当たる波長を強く吸収するという特性があります。 これは、人の目で見ることができる波長を下回っているものの、同時に450nm(青)の波長もめちゃくちゃ吸収するという特性も持っているのです。 青の波長が強く吸収されることで、あの独特な黄色が私たちの目にはいってくることになります。 では、なぜ黄色いリボフラビンがおしっこにたくさん含まれているのでしょう? それは、おしっこは体がいらないものを外に排出する役目があるからです。 幾つかの研究では、摂取した内の約50%のリボフラビンは過剰摂取として体外に排出されると言われています。 同研究で、1度に人が吸収できる最大量は27ミリグラムだとされており、そのうち半分は1. 1時間以内に吸収されると言います。 1日の目安摂取量は、実は1-1. 6ミリグラム程度。 ともなれば、そりゃ大量のリボフラビンは吸収されることなく、体外に排出されてしまいますよね。 過剰摂取により、大量におしっこと共に排出されるリボフラビン。 青の波長を吸収して、黄色の波長を我々の目に届けるリボフラビンが大量にはいったおしっこ。 そりゃ、おしっこも真っ黄色になるわけです。 時に、ビタミン剤好きのアメリカ人は「世界で1バン高いおしっこをしている。 お金を便器に流しているようなもんだ」とも言われるとか。 Image by そうこ(SCOTT - TODAYIFOUNDOUT. COM )• Tags :•

次の

NIE教育に新聞を:朝日新聞社インフォメーション

おしっこ が 黄色

色 薄い黄色、黄色、茶色がかった黄色が正常なおしっこの色です。 離乳食を始めたあとは、摂取したものによって色が濃くなることもあります。 夏場の場合、汗を大量にかくことでおしっこの濃度が上がり、茶色やオレンジ色など、黄色を濃くした色になるケースもあります。 また、排尿してから時間が経った場合は、成分の一部が変色してオレンジに近い色になります。 におい 母乳やミルクだけを口にしている赤ちゃんのおしっこは、大人の尿よりもにおいが強くありません。 ただし排出されてから時間が経つと、アンモニア臭が強くなります。 また、離乳食を始めたあとは食べたり飲んだりしたものによってにおいが変化することもまれにあります。 一日の回数 低月齢(新生児から生後6か月)なら1時間から2時間に1回、それ以上であれば2時間から3時間に1回が正常な回数です。 赤ちゃんは膀胱(ぼうこう)が小さいため、大人より排尿の回数がかなり多いのです。 一回の量 いつものおむつ替えのペースで漏れずにおしっこが出ていれば正常な量と判断できるでしょう。 夏場の汗をたくさんかく時期は少なくなることもあります。 気を付けたいおしっこ 血尿が疑われる色 赤やオレンジ、茶色またはコーラのような褐色のおしっこは注意してください。 これらの色はおしっこに血が混じっている、いわゆる血尿の疑いがあります。 まだら模様に鮮血が混じっている場合もあります。 血尿がある場合、膀胱や尿道などからの出血、腎臓機能の問題、尿路感染症、腎炎、結石などの可能性が考えられます。 先天性の腎異常がある場合もあります。 いつもより臭い 夏場に汗をかいて体内の水分量が減ることや、排尿から時間がたつことでおしっこのにおいが強くなることはありますが、アンモニア臭が強い場合や普段と異なる強いにおいには注意してください。 おむつ替えの際にいつものにおいと明らかに違ったら体調不良のサインかもしれません。 尿路感染症や脱水、まれに代謝異常症の可能性があります。 おしっこが少ない・出ないときは? おしっこが少ない・出ない原因と対処法 赤ちゃんは体の成長に伴い膀胱も大きくなるので、1回に出るおしっこの量が増え、回数は少なくなっていきます。 また、お昼寝中や夜間も徐々におしっこをしなくなっていきます。 そのため、回数が徐々に少なくなるのは問題ありません。 ただし、いつものペースでおむつ替えをしようとしたときに、おしっこを全く、もしくはほとんどしていないことが数回続いたら注意が必要です。 どのぐらい出なかったら病院を受診するべき? 半日以上おしっこが出ていないときは脱水症状になっている可能性があるため、かかりつけ医のもとを受診しましょう。 ぐったりしている、口が乾いている、目がうつろになっている、発熱している、嘔吐があるといった場合は、夜間でも救急外来を受診してください。 おしっこの量が急に増えた場合は尿崩症かも 赤ちゃんの機嫌もチェック おしっこの色やにおい、回数がおかしいと感じたら、赤ちゃんの機嫌もチェックしてみてください。 体調が悪い場合は機嫌が悪いケースや、元気がないケースがほとんどです。 また、体重増加が順調でないときや、授乳量・食欲が落ちているときの尿の変化にも注意が必要です。 まとめ できれば病院に使用済みおむつを持参しましょう おしっこの色やにおいがおかしいと思い病院を受診する場合は、使用済みのおむつを持参すると正確に症状を伝えられます。 持参が難しい場合はスマートフォンのカメラでおむつの状態を撮影して医師に見せてもよいでしょう。 おしっこは、赤ちゃんの体調のバロメーターでもあります。 おむつ替えの際は、正常なおしっこがきちんと出ているか確認してあげましょう。

次の