多摩川 キャンドル ナイト。 多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会紹介ページ

みんなで多摩川に光の地上絵を描きたい!「キャンドルスケープ川崎」

多摩川 キャンドル ナイト

多摩川河川敷にみんなで綺麗なキャンドルスケープを作ります! 「みんなで空間を作る」楽しさを 川崎の地域に住まう人や地域の大学生と2000〜3000本のキャンドルを並べて 多摩川と東急田園都市線が交わる気持ちいい芝生広場に 一夜限定のキャンドルスケープ(キャンドルが広がる光景)を作ります。 キャンドルスケープを作るだけでなく、地元川崎に住まうミュージシャンや ワークショップデザイナーやクリエイターの皆さんと素敵な空間を作っていきます。 環境豊かな多摩川で、多摩川沿いに住む地域の方々が集まる機会を作りながら スローな雰囲気の中で、アートを感じながらも、 環境のことだったり、隣人のことだったり、多様性のことだったり、 いつもは深く考えないことを自然と大事に考える時間を 演出したいと思ってこのイベントを組み立て始めました。 100万人のキャンドルナイトの 「電気を消して、スローな夜を」の考えに則りながら イベントづくりをしていきます。 環境やライフスタイルの「気づき」のきっかけに。 だからこそ視覚的に綺麗なものや、楽しい雰囲気を演出しながら 「ただなんかいいな」「なんだか考えさせられちゃうな」という空間の中で 日常生活では忘れていた大事なことを思い返してもらえるような イベントが必要なんじゃないかと思っています。 キャンドルスケープを通しながら 気づきのきっかけにしていきたいと思っています。 地域のみんなでキャンドルを並べます キャンドル関連の会社さま・アーティストさまに協力いただき 2000〜3000本のキャンドルを準備します。 川崎市内や二子玉川や田園都市線沿線で生活している大学生や若者に ボランティアとして参加していただき、2000本のキャンドルをみんなで並べていきます。 偶然に通りかかった地域の方々にも気軽に参加してもらえるように キャンドル作りのワークショップやキッズエリアを作り、 別々なところから来た方々が交流してもらいやすいようにします。 そして夕方に点灯してからは川崎市内に所縁があるミュージシャンに ミュージシャンの方々にアコースティックの演奏をしていただきながら、 より印象的なイベントになるようにします。 地域連携をめざして。 川崎市周辺もしくは多摩川周辺に住む 「地域活動・環境活動に興味を持つ人」をターゲットにして、 準備スタッフ・当日参加者を集めていきます。 企画段階から近隣の大学生やNPOなどの地域活動団体と企画段階から連動し、 多摩川の地域活性を目指したイベントとして運営します。 音楽や出店の部分でも川崎市内もしくは二子新地・二子玉川周辺で ご活躍している人にお声がけして一緒にイベントを作っていきます。 各地の100万人のキャンドルナイトがどんなことを目指してきたかを伝えたい。 どうしてキャンドルナイトを行っているのかを 効果的にアピールできるような仕組みを作って行きます。 キャンドルが並べられた光景はとても綺麗なものですが、 どうして近年にキャンドルを使ったイベントが増えてきたのかを、 イベント中に工夫して伝えられるようにしたいと考えております。 企画のメインメンバーや多摩川沿いに住むキャンドル作家さんと 協同しながら伝えられていければと思います。 支援金の使いみち ・キャンドルメーカーさまからのホルダーレンタルするために使います。 ・キャンドル作家さまへのデコレーション依頼料に使います。 ・演奏をお願いする音楽アーティストさまへの出演料として使います。 作家さま・アーティストさまには少ない金額しかお渡しできそうもないために そこに支援金を当てはめさせていただければと思っております。 イベント概要 2018年5月12日(土) 準備・ワークショップ 11:00〜17:00 キャンドルナイト 18:30〜21:00(点灯は18:00より開始) 二子新地の多摩川河川敷の芝生広場でキャンドル 2000〜3000本を並べます。 スケジュール 1月から企画会議を進めております。 3月中にワークショップデザイナー・クリエイター・ミュージシャンを確定。 4月前半に装飾品のD. Yやキャンドルホルダーやデザインキャンドルの準備をします。 4月後半からゴールデンウィークにかけてお客様の安心安全に関する仕組みづくりをします。 4月末日にクラウドファンディングの締め切り。 5月中に返礼品の送付予定です。 起案者情報 主催: 多摩川キャンドルナイト灯と人、 駒澤大学 青木ゼミ キャンドルプロジェクトチーム、Candle Studio ASM 後援: 川崎市役所、Kame Candle 、 協力: カメヤマキャンドル ハウス、チーム・ズンチャカ(from 渋谷ズンチャカ!).

次の

キャンドルナイトとは?夏至や冬至でやる意味は何?

多摩川 キャンドル ナイト

活動テーマ• 活動場所• 東京 狛江市 多摩川河川敷ドッグラン 必要経費 無料 活動日程 雨天の場合は11月3日に延期します。 今回の募集は11月2日ですが、もし雨天になってしまったときに11月3日も予定が無い人は助けてくださると本当に嬉しいです! 雨天となって11月3日に実施する場合11月2日の活動はありません。 逆に11月2日にイベントを無事に実施できれば11月3日は活動はございません。 募集対象 18〜50歳の野外活動が好きな方、ボランティアが好きな方、環境活動に興味がある方、アート活動に興味がある方、人の楽しそうな姿を見るのが好きな方。 注目ポイント• 2000本のキャンドルをみんなでわいわい並べていきます。 休憩時にキッチンカーワークショップやライブを楽しんで回ることができます。 SNS映えするような光景を作るアート色の強いイベントです。 社会人• 大学生・専門学生• 高校生 募集人数 35名 多摩川河川敷で11月2日に行われる「多摩川キャンドルナイト灯と人 第10回」という 地域イベントのボランティアになります。 この活動は11月2日(土)に実施される「多摩川キャンドルナイト灯と人」というキャンドルイベントのボランティア活動になります。 多摩川河川敷でみんなでキャンドル2000〜2500本を並べていく活動です。 参加者みんなで大きなキャンドルの地上絵を描いていきます。 ボランティア活動という言い方をしていますが、正確には広場にみんなで大きな地上絵を描く巨大ワークショップに近い活動になります。 キャンドルの地上絵を描く以外にも、音楽アーティストさんによるライブがありますのでその補助を行ったり、ワークショップを補助したり、布を使った会場装飾の活動もあったり、投げ銭を集めたりする活動もあります。 <追加の重要なお話し> 先日の台風19号による多摩川氾濫がございました。 私たち多摩川キャンドルをいつも実施している場所も、台風の影響を受けました。 スタッフの中には、多摩川の氾濫があった場所に住んでいる人もいます。 いままで芝生広場でしたが、芝生と土層が流され、そこに中小の石が流れ込んで堆積し、中洲のような地形になってしまいました。 それでもキャンドルによる地上絵は描けますが、石が多いエリアを1日歩きますので靴底があつい靴・登山靴など「疲れにくい靴」を履いてきてもらえらばと思っております。 <明るい時間帯の活動> 午前中は「キャンドルを並べる活動」を中心に作業します。 この時点ではまだキャンドルは浮かべません。 ) <暗くなってからの活動> 夕方、暗くなりキャンドルの点灯が終わったら下記の活動に別れて活動します。 どの活動に携わっていただくかはこちらで指定させていただく形となりますが、応募フォームに参考とさせていただくアンケート項目を設置しました。 会場を回遊します。 などなど。 小田急線「和泉多摩川」駅 徒歩5分。 多摩川河川敷ドッグランや貸しボートがある芝生広場です。 現地集合です。 基本的に雨天は延期です) <応募> まずは応募画面からご連絡ください。 メールをご返信させていただきます。 イベント数日前に様子をしっていただくための資料もPDFでお送りさせていただく予定です。 適度に休憩を入れます。 ご了承ください。 活動前に食べてくるか、休憩時にお食べください。 前日夜か当日朝にお知らせ致します。 このボランティアの体験談 前半はみんなで「キャンドルホルダーに水を入れたり」「キャンドルホルダーの水に浮かばせるキャンドルに補助具をつけたり」「キャンドルホルダーを並べる線をビニールテープで下書きしたり」する活動を同時並行で進めて、夕方までに完成させます。 夕方に2000本のキャンドルを点灯させる時間帯は、20〜30分で急いでキャンドルを点けきらないといけませんので、そこだけ活動がタイトとなると思います。 本編が始まりましたらキャンドルの見回りをする活動(消えているキャンドルを付け直したり、走っている子どもを注意したりする活動)や、ワークショップ・アトラクションをお手伝いする活動に分かれます。 初心者歓迎• 友達が増える• 土日中心 雰囲気• 成長意欲が高い• 真面目・本気•

次の

プレイグリーンパーク

多摩川 キャンドル ナイト

プロジェクト本文 多摩川キャンドルナイト灯と人は和泉多摩川で行うキャンドルのイベントです! はじめまして。 多摩川キャンドルナイト灯と人をやっています平方と申します。 私たちは毎年11月の上旬に東京都狛江市の和泉多摩川河川敷でキャンドル2000本を並べて地域の皆さまとスローな時間を楽しむという地域イベントを行なっています。 今年も2019年11月2日に和泉多摩川河川敷で「10回目」の多摩川キャンドルナイト灯と人を実施します! 私たちは、100万人のキャンドルナイトが掲げる「でんきを消して、スローな夜を。 」という考え方に連動しながら、狛江市や川崎市や多摩川周辺の地域活動の活性化と環境意識醸成を目的としてイベントを行なっています。 イベントでは2000個以上のキャンドルを灯しながら、地域の音楽アーティストにライブを行なってもらったり、ワークショップを行なったり、夜の静けさを利用したアトラクションを企画したりしています。 キャンドルによる地上絵を描いてみたいという人を当日ボランティアとして募集させていただいておりますまた、お陰様で、お客様のなかでも「灯すことだけでもやってみたい!」という方々が、開始の1時間前に駆けつけて点灯のお手伝いを願い出ていただけるようにもなりました。 <多摩川キャンドルナイト灯と人 第10回 イベント概要> 日時:2019年11月2日(土)16:30〜20:30 場所:小田急線「和泉多摩川」駅より徒歩5分の多摩川河川敷の芝生広場 地図: 装飾:Kame Candle、Candle Studio ASM、Smilax Candles、いけばな草月流 SYC東京1 音楽:UQiYO、福原希己江、他6組 企画:キャンドルによる装飾、アコースティックライブ、ワークショップ、フード 主催:多摩川キャンドルナイト灯と人実行委員会 協力:カメヤマキャンドルハウス、シャボン玉オヤジ このプロジェクトで実現したいこと このプロジェクトを続けていくことで【狛江市や川崎市や多摩川周辺で文化活動をしている地域住民の活動の場となること】、【ライフスタイル提案・環境意識醸成の機会として機能すること】を目指します。 狛江市や川崎市麻生区などで活動しているミュージシャン・パフォーマーを公募したり、多摩川周辺で活動しているキャンドルアーティストに装飾をお願いしたり、多摩川が好きなイベンター・アーティストを巻き込んだりして、地域活性化を目指していきます。 また地域にお住いの方々も参加がしやすいように、当日ボランティアも幅広く募集していきます。 毎年、多摩川キャンドルナイトでは1500〜2000本のキャンドルを並べておりますが、今年は3000本のキャンドルによるキャンドルスケープを実現したいと思っております!! 多摩川キャンドルナイトのきっかけは このプロジェクトは、そもそもは2011年3月11日の震災を機に立ち上げたプロジェクトでした。 もともと学生時代に東北の大学に通っていて、就職をして首都圏に住んでいましたが、震災が起こって何人もの大学時代の知り合いが被災しました。 ボランティアに行きたいものの自分の生活もありますので会社を辞めてまで行くことができずにボランティアに数度しかいけないもどかしさと、日本全体の自粛ムードを見ながら、「日本を明るくする何かがしたい」と思って始めたことが出発点です。 これまでの活動 ただ「日本を明るくする活動をしたい」と言いだしても、何の実績もない人間にキャンドルをたくさん灯せる広い場所がそうそう借してくれるはずもなく、いろいろ悪戦苦闘した結果、どうにか「狛江市と川崎市の間にまたがる多摩川の中洲」で行うことが許されたのが、2011年の初回。 少し大きな石がゴロゴロしている中洲が始まり、そこから地道に年1〜2回のペースでキャンドルナイトを行なっていたところ、狛江市から2015年に芝生広場で実施する許可をいただき、そこからは河川敷の芝生広場でキャンドルナイトを実施してきました。 いまでは震災色も薄めて環境とアートのイベントとして機能しておりますが、きっかけこそ東北の震災だったこともあり、いつかは東北にキャンドルを灯しに行くことができればと思っていましたが、2013にはボランティアチームの方々からお声をいただき石巻市でキャンドルナイトを実施できました。 昨年より川崎市さんからお声をいただけるようになり、二子新地で毎年5月に主催のキャンドルナイトを実施させていただけるようになったり、昨年の11月は川崎駅の目前でおこなれた実証実験イベントの夜の部でキャンドル2000本灯すことなども実施させていただきました。 資金の使い道とスケジュール 1)キャンドルホルダーの本数を「3000本」に増やします!! 私たちはいつもこのイベントでキャンドルを2000本灯していますが、本数を「3000本灯したい!」と思っています。 他のイベントになりますが、去年の春に初めて3000本に挑戦しました。 私たちは1000〜2000本を灯すことを繰り返してきて、3000本以上は初めてでしたが、いつもの光景とはまったく違った輝きがそこにはありました。 1000〜2000本ではキャンドルが好きなお客様から「少し寂しい光景ですね」と言われてしまうことがありますが、3000本以上ともなるとそういったお客様からも「本当にたくさんのキャンドルですね!」と言ってもらえることがわかりました。 (キャンドルホルダーの貸し出し本数の変更締め切りとなる10月24日に資金を使用します。 ) 2)キャンドルアーティストの謝礼金に使います。 私たちがクラウドファンディングに挑戦するもう一つのわけがあります。 カッコつけずに正直に話してしまいますと「毎回赤字が大きすぎる」という点です…。 毎回協賛してくれる企業さまがあるわけではなく、和泉多摩川や狛江の会社に飛び込みで協賛のお願いで周ってみたり、SNSで協賛の呼びかけをしたりしたこともありましたが、取れておりません。 地域のコネクションがない小さい団体では協賛をとることが本当に難しいと悩んでいる状況です。 公共の芝生広場を借りたイベントですので入場料もありません。 その中で、とくに本当に心苦しいのが、正直に話しますと「デザインキャンドルを装飾してくださる Kame CandleさんやSmilax Candlesさんにお金を出せていない」ということ…。 二人とも「家が多摩川にちかくてこの多摩川キャンドルナイトでどうしても灯したいからお金はいらない」と言ってくれていて、赤字が大きいためにここ数年それに甘えてしまっておりますが、キャンドル作りのワークショップを実施してくださるCandle Studio ASMさんも含めて、やっぱりキャンドル作家さんにちゃんとしたお金を出してあげたい!という思いが一番です。 (多摩川キャンドルナイト当日に資金を使用します。 ) 3)ボランティアの昼食費に使います。 また、私たちスタッフ全員、本職を抱えていて、余暇で集まって地域イベントを企画しています。 つまり通年スタッフも全員がボランティアです。 赤字のために当日の昼食代(お弁当代)でさえも出せていない状況であり、通年スタッフ&当日ボランティアさんの昼食代を出してあげることくらいはできるようになりたい!!と思っているところです。 (多摩川キャンドルナイト当日に資金を使用します。 二子玉川でキャンドル教室を開かれている Candle Studio ASM さんが製作するキャンドルや、イベントオリジナル缶バッジやイベント当日の写真などをご提供いたします。 さいごに 多摩川キャンドルナイトは今後も規模を広げ、様々な地域活動をしている人たちと連携して、地元を盛り上げていけるように努力していきます! 現在は地域的事情によりフードが導入できないのですが、将来的にはフードやワークショップや雑貨販売ブースも増やし、トータルなイベントとして成長していけたらと考えております。 また、並べるキャンドルホルダーの本数を増やすことはもちろんですが、ホルダーを購入し保有数を増やし、いろいろな地域で出張して灯せるようになりたいと考えております!現在は800本ですが、最終的には1500本のキャンドルホルダーを保有して、レンタルをしなくても1500〜2000本のキャンドルホルダーを並べられるようにします。 いろいろな地域で「みんなでキャンドルを並べて楽しむこと」を届けられるようにしていきたいと思っています。 目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 初めてのプロジェクトです 多摩川河川敷で「多摩川キャンドルナイト灯と人」「キャンドルスケープ川崎」などのキャンドルイベントを実施しております平方(ひらかた)と申します。 年齢は30台後半、群馬県出身。 普段は広告関係の営業マンです。 環境的で文化的なゆるやかなイベントをひらきたいと思いながら生きていましたら、とあることがきっかけで多摩川でキャンドルナイトを始めました。 音楽が大好きで、毎年フジロックなどのフェスに出かけています。 実は、2002年のフジロックのフィールドオブヘブンでキャンドルジュンさんの空間デコレーションをみたことがキャンドルナイトを行うきっかけの一つでもあったりします。 どうぞよろしくお願いいたします。 認証していません• 残り:1人まで コトリターン1「キャンドルワークショップに参加!(お土産つき!)」 会場でCandle Studio ASMさんのキャンドルワークショップに参加することができます。 支援のなかにキャンドルワークショップの参加費を入れさせていただいておりますので、会場での参加費をいただくことはございません。 また、お土産に小さいキャンドルと缶バッジをお持ち帰りいただくことができます。 1.キャンドルワークショップに参加していただけます。 2.お土産に小型キャンドル2個を帰りにお持ち帰りいただくことができます。 3.イベントオリジナル缶バッジ1個を帰りにお持ち帰りいただくことができます。 ご登録のメールアドレスに後日お送りさせていただきます。 残り:2人まで コトリターン2 「カメラマンにキャンドルスケープを背景にした記念写真を撮影してもらおう!」 ポートレートが得意なカメラマン(アマチュア)に「キャンドルスケープを背景にした記念写真を撮影してもらいます。 カメラマンは撮影した写真をより美しくするため、写真を一度持ち帰り、写真加工をしたのち、後日データをEメールにてお送りさせていただきます。 また、当日ご来場の際にキャンドルを持ち帰っていただきます。 ご登録のメールアドレスにご連絡させていただきます。 残り:1人まで コトリターン3 「キャンドルスケープの中で告白 or プロポーズをしませんか?」【限定1組!】 キャンドルに囲まれた中で好きな人に告白 or プロポーズをしてみませんか? キャンドルが1000本、2000本という本数が置かれるなんて、そうそうないと思います。 こんな中で告白するなんて、とても素敵なことだなぁと思います。 キャンドル作家がデコレーションしてくれるエリアは通常は音楽ライブの場所となっておりますが、前回のイベントからライブもリハも実施せずに「お客さんのフォトスポットにしてもらう時間を作ろう」ということにしました。 今回も同じ形をとりますが、とあるフォトスポットの時間帯に、お二人がいらっしゃっていただき、そうしましたらキャンドルの並べ方を突然スタッフが変更します。 キャンドル作家がつくったキャンドル群の中にまるで閉じ込められたかのように並べ替えて、他の人がキャンドル群の中に入って来ないようにします。 そのときに告白 or プロポーズをしていただく形となります。 もしかしましたら、サプライズが行われている最中、お客様には気づかれてしまうと思いますが「そこらへん気にしません!」というお二人であってほしいと願っています! 多摩川キャンドルはあくまでサプライズのロケーションを提供する立場ですので、告白が失敗してフラれてしまっても責任は取れませんのでご了承ください!(笑) また、予想外に緊張してうまく言葉が出ずに告白 or プロポーズをしきれなかったときのことを考えて、高額な金額に設定することは避けました。 サプライズ告白 or プロポーズしたい!という人がいらっしゃいましたら、ぜひこちらのボタンのご応募お願いします! <ご提供> 1.キャンドル群の中で「告白 or プロポーズ」ができる。 ) 3.缶バッジ2個(当日お渡し致します。 担当のスタッフと簡単な打ち合わせを行います。 ご登録のメールアドレスにご連絡させていただきます。 残り:2人まで コトリターン4 「福原希己江さん・UQiYOさんのライブを最前列で鑑賞!」 今回のキャンドルナイトに出演するプロの音楽アーティスト「福原希己江」・「UQiYO」の2組のライブを最前列でシートに座って鑑賞しませんか? Kame Candleさんが装飾するライブエリアの中で、キャンドルとアーティストが間近に見られる場所に【お二人で座れるピクニックシート】を主催側でご用意します。 お帰りの際にキャンドルもご提供いたします。 ご登録のメールアドレスにご連絡させていただきます。 ご登録のメールアドレスにご連絡させていただきます。 支援者:0人 お届け予定:2020年06月 このプロジェクトは、 All-In方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の