グーグル アドセンス 審査。 コロナでGoogleアドセンスの審査が通らない?5回目の審査でやっと通った話

グーグルアドセンスブログとは?稼ぐ方法と審査に受かるコツ

グーグル アドセンス 審査

「何がいけなかったのか」と割と焦りました。 ところが、メールのリンクからサイトに移動して確認すると、 コロナウィルスの影響がGoogleアドセンスの審査にも影響が出ていることをここではじめて知りました。 実際にネットやTwitterで調べてみると私と同じように「審査に落ちた」という声を聞きました。 コロナの影響が出ているのは確かですが、 「本当にコロナの影響なのか?単純にブログの質が低かっただけでは?」 記事数や外部リンク、カテゴリーなど不合格になりそうな要素の心当たりはありました。 申請をするにはまだ、準備が不十分だったかもしれません。 そこでブログを改善して審査リクエストをすることにしました。 不合格メールが来た次の日に申請リクエストをしました。 ・外部リンクの撤去 SNSボタン含む 外部リンクは リンク先もコンプライアンスに引っかかっているか審査されるので不合格になる確率が上がります。 そのため、ブログ内の外部リンクをすべて撤去しました。 また、ブログに表示されるSNSボタンも外部リンクの1つなので非表示にしました。 ・自分で撮影した画像の撤去 ブログ内で美容品の紹介のために、自分で撮影した写真が著作権などで引っかかったのではないかと考えました。 そのため、自分で撮影した写真を撤去いたしました。 ・会社名や店名を記事内から削除 また、審査の段階では会社名や店名を掲載するのも好ましくないため、それらもブログ内から削除しました。 結果は 不合格 1回目と 全く同じ内容のメールが届きました。 外部リンクや写真が原因ではなかったようです。 3回目はここに焦点を置いてみました。 私のブログ基本は美容系の記事が多いですが、美容と関係ない記事もいくつかあります。 いわゆる雑記ブログですね。 そこで美容系のカテゴリーに絞って記事作成していました。 美容系の記事を2記事追加して、美容に関係ない記事をいくつか下書き状態にしました。 この程度の改善でカテゴリーに影響あったかはわかりませんが試しに審査リクエスト。 結果は 不合格 4回目の審査 記事数 もうほとんどお手上げ状態です。 考えられるとしたら記事数? 最低20記事は必要なのかな。 記事数をそんなにすぐに何記事も増やせないので、コロナの影響だろうと信じて気長にブログ記事を書いてコロナの収束を待つことにしました。 外部リンクも写真も下書き記事もすべて復活させました。 ASPのリンクを貼った記事なんかも作成。 本来の審査では好ましくない 不合格メールがきたら すぐ「審査リクエストを押す」を繰り返して合格できたらいいな程度の考え。 なぜか 合格しました。 4回目の審査から何も変わっていないはずなのに… まあとにかく審査合格素直に嬉しいです! 無事に広告も表示できました。 今回なぜ通過できたのか、私なりに考えてみました。 今回の場合 ブログの質が原因ではなかったと感じます。 おそらく本来なら、1回で審査通過していたのではないかと思います。 理由としては、コロナが影響している現在でも、ブログの質が原因ならば「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」という不合格の原因がメールに明記されます。 あとあと、Twitterで他の申請者の方に聞いてみると、このようなメールが来ている方もいること知りました。 しかし、私に届いたメールには、そのような記載がありませんでした。 すなわち、今回はブログがの質が原因ではなく、 コロナによる審査遅れが原因だと考えられます。 コロナの影響による審査が遅れているのはは確かですが、審査のハードル自体が変わっているようには感じませんでした。 実際、今回不合格になったサイトと合格時のサイトのクオリティにほとんど差はないと思います。 審査が通りにくい原因は 審査をするのに優先順位が設けられているのではないかと考えます。 コロナによりGoogleも仕事の生産が落ちて審査効率を上げるため、審査になにかしらの優先順位をつけているのではないかと推測します。 その審査の順番を決める基準は「見込みが高いサイト順」なのではないか? 1サイトの審査を申請された方はなかなか合格できない傾向にあります。 また、ブログを開設した日も関係している気がします。 最近ブログをはじめたばかりの方はなかなか審査されないのかもしれません。 今回私は 2サイト目の申請。 1サイト目の方に比べると見込みが高いのではと判断された? はじめての申請する方に比べたら審査の順番が早くきた。 それが今回の5回目の申請だったのではないのかと思います。 また、申請出したのは今年の4月ですが、ブログを開設したのは去年の12月です。 開設した日にちが長いと見込みが高いと判断される? はっきりした理由は分かりませんが、何かしらの原因で審査の優先順位が設けられているのではないかと感じます。 ・引く続きブログ執筆 ・審査リクエストを繰り返す ・スキルを身に付ける ・引く続きブログ執筆 記事の執筆はGoogleアドセンスの審査が通過したあともやるべきことです。 審査に受からないからと言ってブログ執筆は止めないこと。 あきらめず、引き続きブログは書き続けましょう。 記事数が多い方が審査も通りやすくなりますし、審査通過後も収益を伸ばすために記事は欠かせません。 今のうちからコツコツ記事数を増やして質の高いブログを作成しましょう。 ・審査リクエストを繰り返す 何が原因で審査されないのか明確ではない以上、具体的な対策方法を試すのは難しいです。 ただ、審査リクエストだけは押すようにしましょう。 審査リクエストはすぐできるので 「もしかしたら合格するかもしれない」という可能性を信じて審査リクエストは常に繰り返しましょう。 ・スキルを身に付ける 将来のために勉強してスキルを身に付けておきましょう。 SEOの知識であったり、文章の書き方、PVの伸ばし方、ASPのやり方など。 審査が通過したら終わりではないはずです。 むしろ、通過してからの方が大変だと思います。 収益を上げるにはスキルを身に付けることが必須ですね。 ネット、本、YouTubeなどを活用し自身のスキルUPを目指しましょう。 ・まとめ 今回結果的に審査は通過いたしましたが、明確な原因は分からずです。 しかし、素直にやっていけば、いずれ合格はできます。 可能性を信じて、今やれることをやるしかないですね! 今回の件は分からないことだらけなので、何か情報ありましたら共有していただけたら嬉しいです。

次の

2020年グーグルアドセンス審査に通るコツと落ちた時の対処法10

グーグル アドセンス 審査

実際ツイッター等のSNSで見るとそのような声が多く見受けられます。 先日、以下のツイートをしました。 グーグルアドセンスの審査に通りました!合格!! 当日:審査に申請したときの記事数:8記事 1日目:ドメイン所有権で不承認のメール受領 2日目:ドメイン所有権の問題を解決して再審査 4日目:合格メール受領!! 審査期間中に1記事書いたので、審査結果が来たときは9記事。 最高に嬉しいです。 グーグルアドセンスの審査に通りました!合格!! 当日:審査に申請したときの記事数:8記事 1日目:ドメイン所有権で不承認のメール受領 2日目:ドメイン所有権の問題を解決して再審査 4日目:合格メール受領!! 審査期間中に1記事書いたので、審査結果が来たときは9記事。 最高に嬉しいです。 私の場合は待てど暮らせどという感じではなかったですが、これが3日~1週間、それ以上となると、そういう気持ちになっていると思います。 この悩みを解決するためには、グーグルアドセンスの審査基準について理解することが大事です。 本記事では、グーグルアドセンスの審査基準について書いていますので、本記事を読むことによって今の悩みを解決することができます。 なお、関連書籍から知識を学ぶことも大切ですので、こちらの記事もおすすめです。 スポンサーリンク グーグルアドセンスの審査期間が長い!遅い!来ない!土日の審査は!? グーグルアドセンスの審査期間について 審査期間は、基本的に次の3パターンだと思います。 審査期間はばらつきがありますが、受かった人の審査期間は、短期:中期:長期=1割:6割:3割位なのかなと思います。 ) 審査期間が数ヶ月掛かったという人も居ましたが、それでも審査結果が来たとのことなので、審査期間が長くても、ちゃんと審査はされているようです。 私の場合は、1回目が不承認で、2回目で合格しました。 どれくらいの日数が掛かったかは、以下のとおりです。 有益な記事と無益な記事の違い 「有益な記事と無益な記事の違いって何?」 有益な記事の代表例は次の2点だと思います。 なので、読み終わった後に「読んでよかったな」と思える記事でないと、有益な記事とはいえません。 私自身も記事を書くときに「誰かの役に立つ記事か?」ということを意識して書いてます。 「誰かの役に立つ記事か?」ということを意識しながら書き続けていれば、自然と有益な記事になっていると思います。 そしてさらに大事なことは、その記事の中に「自分の経験談」を加えることです。 知識を得たいだけならマニュアルやヘルプを見れば分かります。 ただ、読者が読みたいのはそういった情報だけではないですよね。 「それを使ってどうだったか」「そしてどうなったか」などのレビュー情報を求めていると思います。 なので、記事の中には必ず「自分の経験談」を入れましょう。 そうすることで、誰にも真似されない「独自性」が生まれます。 そして、それに関連する情報を付加して深堀することで「専門性」が生まれます。 グーグルは、こういった独自性かつ専門性のある記事(オリジナリティ)を高く評価します。 グーグルアドセンスの審査に合格するために「誰かの役に立つ記事」「自分の経験談」「オリジナリティのある記事」を意識して書いてみましょう。 土日の審査について 「有益な記事は書いている。 ただ、審査結果はまだ来ない。 土日だから?土日は審査してないの?」 そんなことを考えてる人も多いと思います。 結論からいいます。 結論=土日も審査され、土日も審査結果が来ます。 私の合格通知です。 9月2日(日)の23時53分に合格通知が来ています。 グーグルアドセンスの審査は土日も行われており、休みはない模様です。 土日もグーグルは審査を頑張ってくれていますので、土日でも合格通知が来ることを信じて待ちましょう。 ここからは推測ですが、世の中には数え切れない程のwebサイトがあり、アドセンスの審査を全て目視チェックで行うことはほぼ不可能だと思います。 なので、アドセンスの審査では、システムチェックがされていると思います(土日に関係なく) 感覚的には、基本的にシステムで自動審査して、人の目でマニュアル審査を掛けるイメージですね。 私の審査結果が日曜日の23時53分に来てますので、システムメンテナンスや特別な事情がない限り、24時間365日いつでも審査結果が来る可能性があると信じて待ちましょう。 審査期間中にすること 審査期間中に特別何かをする必要はなく、普段どおりに記事を更新すればいいと思います。 しいて言うならアドセンスの書籍を読むことですね。 特に審査に通らず悩んでいるのであれば、必ず読むべき内容の本だと思います。 遅かれ早かれ買うことになると思いますので買っておきましょう。 ブログに関しては審査期間中も記事を更新した方がいいと聞きますが、今までの記事を含めたサイト全体で評価されてると思うので、普段通りに記事を更新すればいいと思います。 私が審査期間中に更新した記事は「」ですが、1,574文字の比較的ライトな記事です。 なので、この記事があったから受かったとは言い切れないですね。 普段通りに記事を更新しましょう。 最後に 審査に何回も落ちて、なかなか合格通知が来ず焦る気持ちも分かります。 ただ、グーグルの気持ちを考えれば、申請されたwebサイトにグーグルの大切なお客さまの広告を載せていいか、慎重に審査すると思います。 なので、グーグルアドセンスの審査基準が厳しく、審査に時間を要することは仕方ないことだと思います。 この辺りを理解すれば、多少審査結果が長くても待てるのではないかと思います。 書籍を読みながら知識を深め、普段どおりに記事を更新して、審査結果を待ちましょう!.

次の

ブログ必須のグーグルアドセンス審査はコロナで停止中でも合格できる

グーグル アドセンス 審査

この記事のもくじ• グーグルアドセンスとは? グーグルアドセンス(Google Adsense)とは、Googleと提携するとサイト内に広告が設置され、広告がクリックされるたびにチャリンチャリンと広告収入が発生するサービスです。 ですがこのグーグルアドセンスの審査に受かるまでが関門で、今ではwebサイトから広告収入を得るブロガーの登竜門とも言える一つの関門です。 また無料ブログサービスでは審査が通りずらく、独自ドメインとサーバーレンタル等初期段階で多少お金がかかります。 それに加えグーグルアドセンスの審査は年々厳しくなっていると聞きます。 SEOと同じく明確な審査基準はあくまで憶測の範疇で、グーグルの中の人以外わかりません。 グーグルアドセンス審査通過時のサイトの状況 このお姉さんの笑顔が一つの登竜門ですね。 笑 8月9日のグーグルアドセンス審査通過時のサイトの状況は以下の通りでした。 合格時のサイト状況 設定が推奨されているもの Google Analytics 設定済み Search Console 設定済み プロフィール あり プライバシーポリシー あり 免責事項 あり お問い合わせフォーム なし(メールアドレスとSNSは掲載) 審査期間 1日 前職がインハウスのwebデザイナーでしたが、しっかり作るのは今回が初。 webサイトは入っているハコと住所が大事なのでドメイン・サーバー・テンプレ等はケチらずに準備しました。 設定推奨項目はサイト公開時に一通り設定してます。 不合格だった1回目のサイト状況 1回目の審査の感想としては、 初期段階で推奨されている項目は全て設定してもコンテンツの価値が低いと落とされると学びました。 PV数 直近1ヶ月 150 記事数 11 150の流入もオーガニック(自然検索)流入は 2。 笑 他は知人などが閲覧した、Direct流入がほとんどでした。 1日前後でお祈りメールが届きました。 お客様のお申し込み内容を確認させていただいたところ、当プログラムのご利用要件を満たしておられないことがわかりました。 そのため、申し訳ございませんがお申し込みを受け付けることができかねます。 (グーグルアドセンスお祈りメールより抜粋) 早すぎて凹みました。 「確実に受かるまでは審査やめよう、、」とグーグルアドセンスと距離を取っていました。 ふと「PV数もちょっと増えてきたし記事数も増えてきたから試しに審査してみるか」と思って審査したら合格しました。 コンテンツで引っかかりそうな部分がありましたが、大丈夫でした。 グレーゾーンは後ほど。 不合格だった1回目と合格した2回目の違い 変わった部分は単純に PV数と 記事数ですね。 あとは プライバシーポリシーを追加で少し詳しく記載しました。 旅の記録 28(おそらく価値低い) レビューや旅のお役立ち情報等 20 合計記事数 48 グーグルアドセンス審査基準の個人的な考察 「アフィリンクは審査時は貼ったらダメ」 「画像は使わない」 「プライバシーポリシーは入れる」 「お問い合わせは必要」 など様々な考察がされています。 私の合格時のボーダーラインを元に考察してみます。 コンテンツの質 まず重視される「 コンテンツの質」ですね。 私も一度「価値の低いコンテンツ」と烙印を押されてしまったので非常に悔しい想いをしました。 私は1500字のものもあれば、10000字のものもあります。 私の記事は平均すると 2500字前後ぐらいでしょうか。 ただ、長く書いてもユーザが求めてる内容でないと「コンテンツの価値が低い」と見なされてしまうので注意が必要です。 1度目の不合格時、11記事中7記事は旅の記録の記事で、 SEOも考慮せずに書いていたこれらの記事はコンテンツとしての価値は低かったと思います。 画像 画像に関しては 審査的にマイナスにはなってもプラスになることは少ないんじゃない?という印象。 私のサイトは旅関連の記事を筆頭に 1000枚前後サイト内にあると思います。 99%画像は実際に自分が撮影し、自分に著作権があるものを掲載してます。 サムネイルも撮影した素材を使用し自分がデザインしたものを掲載しています。 これは強い拘りです。 ですが コンテンツとしては見られてない可能性があります。 非常に残念です。 クリエイター涙目ですよこれ。 画像の質はコンテンツの質に影響しない? 1度目の不合格の時と2回目の合格時、画像の質は変えてません。 自分で言うのもあれですが1回目の審査時でも画像もコンテンツに入るなら悪くなかったと思うんですよね。 笑 「3記事で受かる人もいるなら11記事でこの画像の質で落ちるのか、、」と感じたので、そもそも コンテンツの質はテキストで見られている可能性が高いです。 写真・旅・アート・デザイン・クリエイティヴ等ビジュアルに注力していきたい方達は、アドセンス審査通るまでは SEOを考慮したテキスト中心のコンテンツでオーガニックからのPV数を増やす方向で育てていくのが良いのかなぁと感じています。 目視ではなく、クローラーで行なっているなら画像の質は判別がつかない可能性は大いにあると思います。 そのうちクローラーの質が上がり画像のクオリティも「コンテンツの質」の判断基準としてウェイトが増えるかもしれません。 肖像権は名誉を傷つけなければセーフ? 私の旅の記事では、旅先の街の通行人の画像も時々掲載しています。 本来避けるべきですが、「その被写体になっている方の名誉を傷付ないであろう」と自己判断したもののみ、少し掲載してます。 もちろん本来は避けるべき内容です。 極力掲載しない方が良いでしょう。 アフィリエイトリンク アイテムレビューの記事にはアフィリエイトのリンクを設置していますが、これも 貼ったまま合格しました。 カエレバ、楽天アフィ、Amazonアフィと設置していますが、問題ありませんでした。 審査に落ちて再審査の時にリンクを外すとなると、影響範囲が結構広いので通って安心しました。 目的なしにサイトを作っている人はいないのはGoogle側も承知でしょうから、アフィリエイトリンクは問題ないのではないでしょうか。 クリック要素が近いなどは誤動作を生むのでCSSで調整するなり、リンクを外すなどの処置は必要かと思われます。 更新頻度 これに関しては私は 結構遅め。 審査中にも毎日投稿しましょう!という記事がありますが、私が2回目の審査をした時は最後の投稿は2日前、合格メール後に最新記事を投稿してました。 審査中に投稿する予定が結果が早すぎましたね。 私ぐらいの更新頻度でも受かる人は受かるようです。 PV数 正直これに尽きるんじゃないかな、と私は考えています。 有益なコンテンツかどうか、を判断する一番の材料だと思います。 1回目不合格時は記事数あってもPV数が全然少なかったので、価値があるコンテンツとは言えなかったのだと思います。 検索数のあるキーワードで上位表示させる有益なコンテンツを1つでも作れれば、多くの流入を獲得できます。 PV数とテキストベースで審査であれば、この記事数での合格も不可能ではないのかなと。 SEOのスキルは必須ですね。 プライバシーポリシー 1度目の不合格時もプライバシーポリシーはありましたが、プロフィールと同じページに記載していました。 2回目の合格時はプライバシーポリシーとプロフィールは別ページに分け、プライバシーポリシーも細かめに加筆しました。 プライバシーポリシー記載項目 ・著作権について ・Cookieの利用について ・アクセス解析ツールについて ・免責事項 情報の正確性について 免責事項はプライバシーポリシー内に記載してます。 この辺の 個人情報を扱う記載はなるべく明確に記載した方が良いでしょうね。 丸パクリは流石にNGですが項目は参考にして構いません。 お問い合わせフォーム 問い合わせフォームは設けてないです。 ただ連絡したい場合のメールアドレスとSNSアカウントはプロフィールに載せてあります。 いざという時の連絡手段があればOKなのではないでしょうか。 グーグルアドセンス審査のまとめ アフィリンクやコンテンツの質など不安な面もありましたが、おそらく 合格時には審査通過に十分なサイトだったのだと思います。 ですが考えるに、 ある程度サイトのガワを構築して綺麗に作っていても、テキストとPV数の少ないページは落とされるのかなと思います。 1回目落ちた時がまさにそうでした。

次の