ファックス 送り方。 【FAXの送り方】複合機(コピー機)での送信方法と最低限のマナー| コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

FAXの送り方とマナー・ルール

ファックス 送り方

セブンイレブンでFAXを送ることができる!カラーも送れる 今やメールで多くのやり取りをする時代ですが、場合によってはFAXでの送付を求められることがあります。 とはいえ、今は自宅にFAXを持っていない人も多く、どうすればいいか悩むことがあるかも。 そんな時は、 コンビニが強い味方になってくれるんですよ。 コンビニのコピー機は「マルチコピー機」として、写真の印刷やPDF印刷など、色々なサービスを提供しており、FAX送信もその1つです。 コピーだけに使うなんて勿体無いほど、様々な使い方が出来ますよ。 FAXもコピーと同様に、タッチパネルで操作も簡単。 料金の支払いも現金とnanacoから選ぶことが出来るので、わざわざレジに並ぶ必要がありません。 また、相手方の受信機が対応していれば、カラーでFAXを送ることも可能です。 ただし、カラー受信に対応しているFAXの機器は決して多くないので、白黒で送ることがほとんどだと思われます。 全国どこでも同じサービスが受けられるのが、コンビニの嬉しいポイント。 ホームページや店頭などで、お近くの店舗のサービス内容を確認してみてくださいね。 セブンイレブンFAXの使い方 それでは、セブンイレブンからFAXを送る方法を、順を追ってご紹介します。 送信する原稿の情報、送信先を入力する• コピー機に原稿をセットして読み込ませる• ここで間違えると正確に送信出来ないので、気をつけたいですね。 セブンイレブンでは、 A4、B4、A3で送ることが出来ます。 また、読み取り濃度なども設定することが可能です。 送り先の電話番号は間違えないよう、入力後にも見返すようにしましょう。 また、送信結果のレポート(追加料金不要)を持って帰りたい場合も、画面上で事前に選択しておく必要があります。 複数枚ある場合は、1枚ずつしっかり読み込ませていきましょう。 読み取った原稿は、持ち帰るのを忘れないように気をつけてくださいね。 支払い方法はコピーを取る時と同じなので、レジへ行く必要はありません。 セブンイレブンの場合は、 現金かnanacoで支払うことが出来ます。 領収証が必要な場合は、忘れずに出力して受け取りましょう。 以上で送信は完了です。 送った後は相手先にちゃんと届いているかどうか、電話などで確認しておくと安心ですよ。 セブンイレブンでFAXを受信できる? では、セブンイレブンでFAXを受け取ることは出来るのでしょうか。 実は セブンイレブンでは、FAXを受け取ることまでは出来ません。 外部からのFAXを受信したい場合は、それに対応している他のコンビニを使いましょう。 セブンイレブンはFAXに関して独自のシステムを使っているため、受信までは対応出来ていないそうです。 他のコンビニでは受信まで出来るようですので、利用手順を事前に確認しておくと安心ですね。 それぞれのコンビニでサービスに違いがありますので、自分が利用したいサービスを実施しているところを知っておきたいところです。 今はコンビニの統廃合でサービスの内容が変わっている可能性もありますので、店頭やホームページで確認しておきましょう。

次の

コンビニでのFAXの送り方》FAXの仕方のマナー

ファックス 送り方

送る方 1. 0570-05-1000に送信します。 番号通知に設定の上、再度送信を行ってください。 その場合は03-5633-5620へ送信してください。 送信後、そのFAX機に10桁の数字 文書番号 を記載した「文書番号通知レポート」が届きます。 送信した文書は、翌日の24時まで保存されます。 (翌日の24時を過ぎると自動消去されます。 送信元のFAX番号と発信番号が異なる場合は「文書番号通知レポート」をお届けできない場合があります。 FAX預け入れ送信に関するお問い合わせ : 0120-00-8010 受け取る方 3. コインベンダーに料金投入後、タッチパネルに文書番号を入力します。 タッチパネルに枚数と料金が表示されます。 FAXの受信が始まります。 2 コインベンダーに料金投入後、原稿をセットして、タッチパネルの「原稿読み込み」を押します。 4 送信後、タッチパネルに文書番号が表示されます。 5 送信した文書は、翌日の24時まで保存されます。 (翌日の24時を過ぎると自動消去されます。 6 コインベンダーに料金投入後、タッチパネルに文書番号を入力します。 7 タッチパネルに枚数と料金が表示されます。 8 FAXの受信が始まります。 ご利用上の注意• ・クロネコ@ファックスのご利用はできません。 ・クロネコFAX専用機タイプから0570-05-1000へ送信することはできません。 ・自宅 会社 FAX機から送信する場合、発信番号が通知されないと送信することができません。 ・IP電話からは0570-05-1000にかけられない場合があります。 その場合は、03-5633-5620へおかけください。 ・発信地域を指定したフリーダイヤルに送信することができない場合があります。 ・FAXの印刷は全て白黒となります。 ・クロネコFAX専用機タイプからクロネコFAXコピー複合機に送信ができません。 ・クロネコFAXから以下の番号で始まる宛先には送信できません。 00XX,020,030,040,060,0840,0990,0170,0180 から始まる番号• ・インターネットFAXから預け入れされた場合、文書番号が記載されている「文書番号通知レポート」を受け取れない場合がございます。 Question自宅 会社 FAX機から送信できない Answer・FAX番号がお間違いないかご確認ください。 番号:0570-05-1000 ・発信番号が通知する設定でないと送信できません。 非通知になっていないかご確認ください。 非通知設定になっている場合は、「186」をつけるか、通知設定にしてからFAX送信をしてください。 ・クロネコFAXから以下の番号には送信できませんので、相手先の番号をご確認ください。 00XX,020,030,040,060,0840,0990,0170,0180 から始まる番号 ・IP電話からは0570-05-1000にかけられない場合があります。 その場合は、03-5633-5620へおかけください。

次の

FAXの送り方》送付状例文/送信状/書き方/返信/テンプレート無料/エクセル/ビジネス

ファックス 送り方

コンビニエンスストアで利用できるFAXのサービス サービス 解説 1.FAXを送信する コンビニのマルチタイプのコピー機から文書をFAXで送信できる(全てのコンビニではありません)。 [メリット] ・外出先で文書をFAX送信できる。 ・コンビニの営業時間であればいつでも利用可能。 ・事前登録不要。 [デメリット] ・書類やプリントした文書でなければFAXができない。 ・一回に送信できる枚数に制限がある(ほとんどの場合は10枚。 プリントした文書であればFAX送信ができるが、ユーザー登録が必要。 (ここでいうネットプリントは写真ではなく文書をさす。 このサービスは、某コンビニチェーンが契約しているサービスを紹介しているものです。 操作はマルチタイプのコピー機の画面から行います。 [メリット] ・外出先(好きな場所)で FAXの送信と受け取りができる。 ・コンビニから送って別のコンビニで受け取ることもできる。 ・コンビニから会社や自宅に送ることもできる。 [デメリット] ・上記の「普通のFAX」の操作と同じマルチタイプコピー機の画面から操作をするため、最初に利用する人はわかりづらい。 ・コンビニによってはサービス対応していない店舗もある。 ・相手先からメール添付タイプのインターネットFAXでデータファイルを受信する場合に使えないことがある。 事前にコンビニエンスチェーンのサイトなどでFAXについて調べてから利用することをおすすめします。 コンビニのマルチコピー機からFAX送信する際の一般的な操作方法 下記の操作方法は、コンビニから書類をファックス送信をする場合の操作方法です。 文書を一旦預けたり、受け取りができるサービスの操作方法ではありません。 1.タッチパネルの画面からFAX、ファクスなどの表記のボタンを選ぶ 2.注意事項が表示されるので、確認・同意をする。 3.送信先(または宛先)のファックス番号を入力する。 4.画面の案内に従って、原稿のサイズや画質等を指定する。 5.原稿をセットし、「原稿を読み取る」などのボタンを押す。 6.読み取ったら、内容を確認し、決定ボタンを押す。 7.送信、ファクス送信などの名称のボタンを押す。 8.送信完了後、結果が表示されるので確認の上終了ボタンを押す。 画面の指示に従って下さい。 様々なFAX送信ツールやサービス 用語や種類 解説 インターネットFAX インターネットFAXとは ・従来のFAXが電話回線を使って通信するのに対し、インターネットFAXはインターネットを使って文書の送受信を行います。 〈メリット〉 ・電話の通信費はかかりません。 インターネット利用料金が必要になりますが、インターネット利用料が固定料金の場合は通信費が削減できます。 ・本当に必要な書類のみプリントすれば済むので、書類の量が減り、用紙やインクなどのコスト削減になります。 但しパソコンの端末で書類を見るための専用のビューワーが必要になります。 ・書類を電子データとして管理できるため、データの検索や分類、保存がしやすいだけでなく、保管スペースが不要となりオフィスの省スペースに役立ちます。 ・従来の電話回線を利用するFAXよりも文字や画質がクリアな状態で受信ができます。 ・パソコン上の操作で一斉送信ができるため、同報送信の手間が極めて楽。 ・通信結果がメールで届き、相手先にきちんと届いたのかチェックが容易にできます。 〈デメリット〉 につづく 様々なFAX送信ツールやサービス(つづき) 用語や種類 解説 インターネットFAX クラウドFAX クラウドFAXとは ・従来のインターネットFAXは、決められたパソコン端末でデータの送受信をするのに対し、クラウドFAXはクラウドサーバーで一旦データを預かるため、パソコンだけではなくスマートフォンや携帯電話、ノートパソコン、タブレット端末などで、どこにいても内容を確認できます。 ・クラウドFAXのサービスを提供している会社は複数あり、料金体系もサービス内容も様々です。 〈メリット〉 ・上述のインターネットFAXのメリットに加えて、情報端末があれば場所を問わず、どこにいてもFAXの送受信ができます。 ・インターネット回線に接続されていない、従来型の(電話回線につながった)FAX機とのデータ送受信も可能、というタイプのサービスもあります。 ・メールに添付する形でのデータ送信だけでなく、ファイルをアップロードし、相手先のFAX番号を入力すれば送信できる、というタイプのサービスもあります。 ・クラウドサーバー上にデータがあるため、社内、同じ部署、同じプロジェクト内で情報の共有や閲覧が可能です。 〈デメリット〉 ・携帯型情報端末や、パソコン等をあまり使わない職場には、今すぐには適さないサービスかもしれません。 ・提供されているサービスや利用者の環境にもによりますが、受信したFAX文書に対し、そのまますぐに自由に書き込みができないこともあります。 書き込み返信や、署名後返信などが必要となる職場では利用の仕方に一工夫を要すでしょう。

次の