ヤムチャ 戦闘 力。 ヤムチャの名言集・セリフまとめ!戦闘力は地球人の中でどのくらいか考察!声優は有名なあの人

ドラゴンボールのヤムチャは本当に最弱?戦闘力と戦歴を分析してみた

ヤムチャ 戦闘 力

CPU とは CPU とはパソコンにおける頭脳「中央処理装置」のことで、PC におけるデータのやりとりや情報の処理などを行う「人間でいう脳」にあたる重要なものです。 当然この性能がよければ PC はおりこうさんで「PC が速い(処理速度)」ということになります。 そしてこの CPU の性能が良いほどPCの価格も高くなります。 PC を購入する時は、「自分が何をしたいか」を CPU 基準で考えればコストを抑えることもできます。 CPU 性能表について 今回は Intel の「core i シリーズ」を新旧おりまぜながら、CPU 性能をわかりやすくベンチマーク数値で掲載します。 数値は を参考にしました。 core i シリーズは世代が進めば当然高性能になっていくと考えてください。 また、数値を一覧にすることによって、旧世代でも「ものによってはまだまだ現役で戦えるんだぞっ!」ということも言いたいです。 パソコンでやりたいことによっては中古で旧世代の PC を購入すれば十分幸せなんだ・・・ということも数値を読み取って判断していただけると幸いです。 例:core i3-3250 なら -3250 と表示 同じくらいの戦闘力でも、コア数が多いほうが有利です。 core i3 と core i5 で同じくらいの戦闘力のものがあるとするならば、core i5 を選ぶほうがコア数の分性能は上です。 同じような戦闘力の場合はコア数が多いものか、またはGHzの数字が大きいものを選びましょう。 (戦闘力の前後100くらいは誤差) 是非これからパソコンを購入するときや自分のパソコンの性能を計るときに参考にしていただけらたと思います。 CPU 型番のアルファベットの意味 たまに「2500K」のように型番の末尾にアルファベットがふってあるものがあります。 CPU リストの前にそれの説明を少々・・・• 「X」・・・ウルトラハイエンド向け。 超すごいってことです。 「K」・・・オーバークロックができます。 ロックが外れているモデル。 「S」・・・省電力モデル。 性能もやや抑え気味。 「T」・・・超省電力モデル。 性能も抑え気味。 「M」・・・モバイル専用(今回は非掲載)• 「U」・・・ウルトラブック用(今回は非掲載)• 「P」・・・CPUに内蔵のGPU(グラフィック)がないので、これを選ぶと必ず別途グラフィックボードをPCに装着しなければ画面が映らない。 「R」・・・CPU単体では販売されないモデル。 PC本体とセットです。 「C」・・・Kと同じでオーバークロックができます。 ロックが外れているモデル。 「F」・・・第9世代で登場。 iGPU が無効のグラボ利用が前提モデル(intel グラフィックが無い)。 KF はオーバークロックができる F モデル。 まあ、core 2 Quad パソコンは中古だと安いですし、クアッドコアなので気になる気持ちはわからないでもありません。 というわけで core 2 シリーズの一部を戦闘力のみで追加します。 core 2 duo(2コア)• E6550・・・戦闘力:1502• E6850・・・戦闘力:1955• E7200・・・戦闘力:1638• E7500・・・戦闘力:1879• E8200・・・戦闘力:1888• E8500・・・戦闘力:2299• E8600・・・戦闘力:2471 core 2 Quad(4コア)• Q6700・・・戦闘力:3325• Q6600・・・戦闘力:2978• Q8200・・・戦闘力:2829• Q8400・・・戦闘力:3209• Q9400・・・戦闘力:3394• Q9550・・・戦闘力:4021• Q9650・・・戦闘力:4251 このように core 2 Quad 最終世代の一番最高モデル Q9650 でさえ戦闘力はたった 4251 です。 core 2 duo に至っては現行のモバイルパソコン以下の性能・・・。 今から買うメリットは毛ほどもありませんね。 因みに、これらは Windows 10 非対応 CPU となります。 それでは以下から core i シリーズです。 Core i3 シリーズ 第1世代• -560・・・(2コア4スレッド)3. 33GHz:戦闘力:3028• -550・・・(2コア4スレッド)3. 20GHz:戦闘力:2856• -540・・・(2コア4スレッド)3. 07GHz:戦闘力:2694• -530・・・(2コア4スレッド)2. 93GHz:戦闘力:2581 第2世代• -2130・・・(2コア4スレッド)3. 40GHz:戦闘力:4058• -2125・・・(2コア4スレッド)3. 30GHz:戦闘力:4005• -2120・・・(2コア4スレッド)3. 30GHz:戦闘力:3867• -2105・・・(2コア4スレッド)3. 10GHz:戦闘力:3745• -2100・・・(2コア4スレッド)3. 10GHz:戦闘力:3622• -2120T・・・(2コア4スレッド)2. 60GHz:戦闘力:3211• -2100T・・・(2コア4スレッド)2. 50GHz:戦闘力:2770 第1・2世代は Windows 10 非対応です(2020年1月時点) 第3世代• -3250・・・(2コア4スレッド)3. 50GHz:戦闘力:4517• -3245・・・(2コア4スレッド)3. 40GHz:戦闘力:4334• -3240・・・(2コア4スレッド)3. 40GHz:戦闘力:4322• -3225・・・(2コア4スレッド)3. 30GHz:戦闘力:4366• -3220・・・(2コア4スレッド)3. 30GHz:戦闘力:4209• -3210・・・(2コア4スレッド)3. 20GHz:戦闘力:3904• -3240T・・・(2コア4スレッド)2. 90GHz:戦闘力:3665• -3220T・・・(2コア4スレッド)2. 80GHz:戦闘力:3694 この第3世代からが Windows 10 に対応している CPUです(2020年1月時点) 第4世代• -4370・・・(2コア4スレッド)3. 80GHz:戦闘力:5555• -4360・・・(2コア4スレッド)3. 70GHz:戦闘力:5477• -4350・・・(2コア4スレッド)3. 60GHz:戦闘力:5264• -4340・・・(2コア4スレッド)3. 60GHz:戦闘力:5205• -4330・・・(2コア4スレッド)3. 50GHz:戦闘力:5067• -4170・・・(2コア4スレッド)3. 70GHz:戦闘力:5422• -4160・・・(2コア4スレッド)3. 60GHz:戦闘力:5050• -4150・・・(2コア4スレッド)3. 50GHz:戦闘力:4918• -4130・・・(2コア4スレッド)3. 40GHz:戦闘力:4794• -4360T・・・(2コア4スレッド)3. 20GHz:戦闘力:4874• -4330T・・・(2コア4スレッド)3. 00GHz:戦闘力:4546• -4160T・・・(2コア4スレッド)3. 10GHz:戦闘力:4470• -4150T・・・(2コア4スレッド)3. 00GHz:戦闘力:4089• -4130・・・(2コア4スレッド)2. 90GHz:戦闘力:4126 第5世代 デスクトップ用は無し。 第6世代• -6320・・・(2コア4スレッド)3. 90GHz:戦闘力:6031• -6300・・・(2コア4スレッド)3. 80GHz:戦闘力:5827• -6300T・・・(2コア4スレッド)3. 30GHz:戦闘力:5217• -6100・・・(2コア4スレッド)3. 70GHz:戦闘力:5478• -6100T・・・(2コア4スレッド)3. 20GHz:戦闘力:4837 第7世代• -7350K・・・(2コア4スレッド)4. 20GHz:戦闘力:6773• -7320・・・(2コア4スレッド)4. 10GHz:戦闘力:6634• -7300・・・(2コア4スレッド)4. 00GHz:戦闘力:6484• -7300T・・・(2コア4スレッド)3. 50GHz:戦闘力:5667• -7100・・・(2コア4スレッド)3. 90GHz:戦闘力:5909• -7100T・・・(2コア4スレッド)3. 40GHz:戦闘力:4928 第8世代• -8350K・・・(4コア4スレッド)4. 0GHz:戦闘力:9188• -8300・・・(4コア4スレッド)3. 7GHz:戦闘力:8675• -8300T・・・(4コア4スレッド)3. 2GHz:戦闘力:7650• -8100・・・(4コア4スレッド)3. 6GHz:戦闘力:8104• -8100T・・・(4コア4スレッド)3. 1GHz:戦闘力:7431 Core i5シリーズ 第1世代• -760・・・(4コア)2. 80GHz:戦闘力:3922• -750・・・(4コア)2. 67GHz:戦闘力:3732• -680・・・(2コア4スレッド)3. 60GHz:戦闘力:3508• -670・・・(2コア4スレッド)3. 47GHz:戦闘力:3263• -661・・・(2コア4スレッド)3. 33GHz:戦闘力:3194• -660・・・(2コア4スレッド)3. 33GHz:戦闘力:3269• -650・・・(2コア4スレッド)3. 20GHz:戦闘力:3141 第2世代• -2550K・・・(4コア)3. 40GHz:戦闘力:6809• -2450P・・・(4コア)3. 20GHz:戦闘力:5710• -2380P・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:5710• -2500K・・・(4コア)3. 30GHz:戦闘力:6469• -2500・・・(4コア)3. 30GHz:戦闘力:6212• -2400・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:5822• -2320・・・(4コア)3. 00GHz:戦闘力:5676• -2310・・・(4コア)2. 90GHz:戦闘力:5463• -2300・・・(4コア)2. 80GHz:戦闘力:5290• -2500S・・・(4コア)2. 70GHz:戦闘力:5156• -2405S・・・(4コア)2. 50GHz:戦闘力:4746• -2500T・・・(4コア)2. 30GHz:戦闘力:4709• -2390T・・・(2コア4スレッド)2. 70GHz:戦闘力:3945 第1・2世代は Windows 10 非対応の CPU です(2020年時点での情報) 第3世代• -3350P・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:6094• -3570K・・・(4コア)3. 40GHz:戦闘力:7159• -3570・・・(4コア)3. 30GHz:戦闘力:6980• -3550・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:6823• -3470・・・(4コア)3. 20GHz:戦闘力:6566• -3450・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:6455• -3340・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:5958• -3330・・・(4コア)3. 00GHz:戦闘力:5871• -3570S・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:6522• -3475S・・・(4コア)2. 90GHz:戦闘力:6144• -3470S・・・(4コア)2. 90GHz:戦闘力:6222• -3450S・・・(4コア)2. 80GHz:戦闘力:6001• -3340S・・・(4コア)2. 80GHz:戦闘力:5660• -3330S・・・(4コア)2. 70GHz:戦闘力:5609• -3570T・・・(4コア)2. 30GHz:戦闘力:5860• -3470T・・・(2コア4スレッド)2. 90GHz:戦闘力:4546 この第3世代からが Windows 10 に対応している CPUです(2020年1月時点) 第4世代• -4670K・・・(4コア)3. 40GHz:戦闘力:7653• -4670・・・(4コア)3. 40GHz:戦闘力:7407• -4570・・・(4コア)3. 20GHz:戦闘力:7042• -4440・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:6436• -4430・・・(4コア)3. 00GHz:戦闘力:6295• -4670S・・・(4コア)3. 10GHz:戦闘力:6436• -4570S・・・(4コア)2. 90GHz:戦闘力:6675• -4440S・・・(4コア)2. 80GHz:戦闘力:6100• -4430S・・・(4コア)2. 70GHz:戦闘力:5930• -4670T・・・(4コア)2. 30GHz:戦闘力:6419• -4570T・・・(2コア4スレッド)2. 90GHz:戦闘力:4835• -4690K・・・(4コア)3. 50GHz:戦闘力:7768• -4690・・・(4コア)3. 50GHz:戦闘力:7628• -4590・・・(4コア)3. 30GHz:戦闘力:7249• -4460・・・(4コア)3. 20GHz:戦闘力:6670• -4690S・・・(4コア)3. 20GHz:戦闘力:7351• -4590S・・・(4コア)3. 00GHz:戦闘力:7030• -4460S・・・(4コア)2. 90GHz:戦闘力:6376• -4690T・・・(4コア)2. 50GHz:戦闘力:6775• -4590T・・・(4コア)2. 00GHz:戦闘力:5473• -4460T・・・(2コア4スレッド)1. 90GHz:戦闘力:4988 第5世代• -5675C・・・(4コア)3. 1GHz:戦闘力:8033• -5675R・・・(4コア)3. 1GHz:戦闘力:7687• -5575R・・・(4コア)2. 8GHz:戦闘力:6836 第6世代• -6600K・・・(4コア)3. 50GHz:戦闘力:8014• -6600T・・・(4コア)2. 70GHz:戦闘力:7278• -6600・・・(4コア)3. 30GHz:戦闘力:7834• -6500・・・(4コア)3. 20GHz:戦闘力:7217• -6600T・・・(4コア)2. 50GHz:戦闘力:6175• -6402P・・・(4コア)2. 80GHz:戦闘力:7711• -6400・・・(4コア)2. 70GHz:戦闘力:6727• -6600T・・・(4コア)2. 20GHz:戦闘力:5567 第7世代• -7600K・・・(4コア)3. 80GHz:戦闘力:9294• -7600・・・(4コア)3. 50GHz:戦闘力:8856• -7600T・・・(4コア)2. 80GHz:戦闘力:8434• -7500・・・(4コア)3. 40GHz:戦闘力:8023• -7500T・・・(4コア)2. 70GHz:戦闘力:7135• -7400・・・(4コア)3. 00GHz:戦闘力:7449• -7600T・・・(4コア)2. 40GHz:戦闘力:6529 第8世代• -8600K・・・(6コア6スレッド)3. 6GHz:戦闘力:12793• -8600・・・(6コア6スレッド)3. 1GHz:戦闘力:12612• -8600T・・・(6コア6スレッド)2. 3GHz:戦闘力:10913• -8500・・・(6コア6スレッド)3. 0GHz:戦闘力:11940• -8500T・・・(6コア6スレッド)2. 1GHz:戦闘力:10026• -8400・・・(6コア6スレッド)2. 8GHz:戦闘力:11771• -8400T・・・(6コア6スレッド)1. 7GHz:戦闘力:9667 第9世代• -9600K・・・(6コア6スレッド)3. 7GHz:戦闘力:13474• -9600KF・・・(6コア6スレッド)3. 7GHz:戦闘力:13601• -9400・・・(6コア6スレッド)2. 9GHz:戦闘力:11975• -9400F・・・(6コア6スレッド)2. 9GHz:戦闘力:12118 Core i7シリーズ 第1世代• -980・・・(6コア12スレッド)3. 33GHz:戦闘力:8830• -970・・・(6コア12スレッド)3. 20GHz:戦闘力:8558• -960・・・(4コア8スレッド)3. 20GHz:戦闘力:5936• -950・・・(4コア8スレッド)3. 07GHz:戦闘力:5638• -940・・・(4コア8スレッド)2. 93GHz:戦闘力:5443• -930・・・(4コア8スレッド)2. 80GHz:戦闘力:5223• -920・・・(4コア8スレッド)2. 67GHz:戦闘力:4988• -880・・・(4コア8スレッド)3. 07GHz:戦闘力:5727• -870・・・(4コア8スレッド)2. 93GHz:戦闘力:5496• -860・・・(4コア8スレッド)2. 80GHz:戦闘力:5098 第2世代• -3970X・・・(6コア12スレッド)3. 50GHz:戦闘力:12743• -3960X・・・(6コア12スレッド)3. 30GHz:戦闘力:12736• -3820・・・(4コア8スレッド)3. 60GHz:戦闘力:9009• -2700K・・・(4コア8スレッド)3. 50GHz:戦闘力:8896• -2600K・・・(4コア8スレッド)3. 40GHz:戦闘力:8551• -2600・・・(4コア8スレッド)3. 40GHz:戦闘力:8269• -2600S・・・(4コア8スレッド)2. 80GHz:戦闘力:7117 第1・2世代は Windows 10 非対応 CPU となります(2020年時点での情報) 第3世代• -4960X・・・(6コア12スレッド)3. 60GHz:戦闘力:13967• -4820K・・・(4コア8スレッド)3. 70GHz:戦闘力:9833• -3770K・・・(4コア8スレッド)3. 50GHz:戦闘力:9606• -3770・・・(4コア8スレッド)3. 40GHz:戦闘力:9369• -3770S・・・(4コア8スレッド)3. 10GHz:戦闘力:8931• -3770T・・・(4コア8スレッド)2. 50GHz:戦闘力:8281 この第3世代からが Windows 10 に対応している CPUです(2020年1月時点) 第4世代• -5960X・・・(8コア16スレッド)3. 00GHz:戦闘力:15998• -5930K・・・(6コア12スレッド)3. 50GHz:戦闘力:13664• -4771・・・(4コア8スレッド)3. 50GHz:戦闘力:9940• -4770K・・・(4コア8スレッド)3. 50GHz:戦闘力:10201• -4770・・・(4コア8スレッド)3. 40GHz:戦闘力:9865• -4770S・・・(4コア8スレッド)3. 10GHz:戦闘力:9370• -4770T・・・(4コア8スレッド)2. 50GHz:戦闘力:8794• -4765T・・・(4コア8スレッド)2. 00GHz:戦闘力:7201• -4790K・・・(4コア8スレッド)4. 00GHz:戦闘力:11237• -4790・・・(4コア8スレッド)3. 60GHz:戦闘力:10074• -4790S・・・(4コア8スレッド)3. 20GHz:戦闘力:9612• -4790T・・・(4コア8スレッド)2. 70GHz:戦闘力:9002 第5世代• -6950X・・・(10コア20スレッド)3. 0GHz:戦闘力:19959• -6900K・・・(8コア16スレッド)3. 2GHz:戦闘力:17719• -6850K・・・(6コア12スレッド)3. 6GHz:戦闘力:14514• -6800K・・・(6コア12スレッド)3. 4GHz:戦闘力:13574• -5775C・・・(4コア8スレッド)3. 3GHz:戦闘力:11035• -5775R・・・(4コア8スレッド)3. 3GHz:戦闘力:10868 第6世代• -6700K・・・(4コア8スレッド)4. 4GHz:戦闘力:11112• -6700T・・・(4コア8スレッド)2. 8GHz:戦闘力:9035• -6700・・・(4コア8スレッド)3. 4GHz:戦闘力:10006 第7世代• -7700K・・・(4コア8スレッド)4. 2GHz:戦闘力:12040• -7700・・・(4コア8スレッド)3. 6GHz:戦闘力:10754• -7700T・・・(4コア8スレッド)2. 9GHz:戦闘力:9176 第8世代• -8700K・・・(6コア12スレッド)3. 7GHz:戦闘力:16066• -8700・・・(6コア12スレッド)3. 2GHz:戦闘力:15243• -8700T・・・(6コア12スレッド)2. 4GHz:戦闘力:12512 第9世代• -9700K・・・(8コア8スレッド)3. 6GHz:戦闘力:17201• -9700F・・・(8コア8スレッド)3. 0GHz:戦闘力:16486• -9700・・・(8コア8スレッド)3. 0GHz:戦闘力:15922• -9700T・・・(8コア8スレッド)2. 0GHz:戦闘力:13296 i9 シリーズ 2017年5月から販売開始された Intel の最上位 CPU モデル。 数値もコア数スレッド数もエグいです。 そして超高額。 使い手を選ぶモンスター性能ばかり。 世代がよくわからないので、ラインナップとしてひとまとめにします。 ラインナップ• -7900X・・・(10コア20スレッド)3. 3GHz:戦闘力:22617• -7920X・・・(12コア24スレッド)2. 9GHz:戦闘力:23662• -7940X・・・(14コア28スレッド)3. 1GHz:戦闘力:25502• -7960X・・・(16コア32スレッド)2. 8GHz:戦闘力:26346• -7980XE・・・(18コア36スレッド)2. 6GHz:戦闘力:27958• -9980XE・・・(18コア36スレッド)3. 0GHz:戦闘力:29544• -9960X・・・(16コア32スレッド)3. 1GHz:戦闘力:28129• -9940X・・・(14コア28スレッド)3. 3GHz:戦闘力:27124• -9920X・・・(12コア24スレッド)3. 5GHz:戦闘力:25173• -9900X・・・(10コア20スレッド)3. 5GHz:戦闘力:23019• -9820X・・・(10コア20スレッド)3. 3GHz:戦闘力:21630• -9900K・・・(8コア16スレッド)3. 6GHz:戦闘力:20191• -9900KF・・・(8コア16スレッド)3. 6GHz:戦闘力:20447• -9900・・・(8コア16スレッド)3. 1GHz:戦闘力:18633• -9900KS・・・(8コア16スレッド)4. 0GHz:戦闘力:20040 Ryzen シリーズ 最近 AMD の Ryzen シリーズも気になっているのでざっと載せておきます。 性能数値は Intel CPU と正しく比較できるように同じく を参考にしています。 種類ごとにひとまとめにします。 Ryzen 3• -1200・・・(4コア4スレッド)3. 1GHz:戦闘力:7069• -1300X・・・(4コア4スレッド)3. 5GHz:戦闘力:7514• -2300X・・・(4コア4スレッド)3. 5GHz:戦闘力:8397 Ryzen 5• -1400・・・(4コア8スレッド)3. 2GHz:戦闘力:8412• -1500X・・・(4コア8スレッド)3. 5GHz:戦闘力:10100• -1600・・・(6コア12スレッド)3. 2GHz:戦闘力:12213• -1600X・・・(6コア12スレッド)3. 6GHz:戦闘力:13224• -2600・・・(6コア12スレッド)3. 4GHz:戦闘力:13502• -2600X・・・(6コア12スレッド)3. 6GHz:戦闘力:14348• -3600・・・(6コア12スレッド)3. 6GHz:戦闘力:19953• -3600X・・・(6コア12スレッド)3. 8GHz:戦闘力:20472 Ryzen 7• -1700・・・(8コア16スレッド)3. 0GHz:戦闘力:13745• -1700X・・・(8コア16スレッド)3. 4GHz:戦闘力:14627• -1800X・・・(8コア16スレッド)3. 6GHz:戦闘力:15397• -2700・・・(8コア16スレッド)3. 2GHz:戦闘力:15069• -2700X・・・(8コア16スレッド)3. 7GHz:戦闘力:16967• -3700X・・・(8コア16スレッド)3. 6GHz:戦闘力:23898• -3800X・・・(8コア16スレッド)3. 9GHz:戦闘力:24571 Ryzen 9• -3900X・・・(12コア24スレッド)3. 8GHz:戦闘力:31914 まとめ 以上 core i シリーズ(Ryzen シリーズ)の CPU スコアを戦闘力として紹介しました。 型落ちの CPU でも数値的には新しい方と同じくらいの CPU 性能をもったものもあるので、中古で PC を買うときなどは特に性能を見比べて、得するほうを選んでくださいね!! というわけで今回は「新品・中古でパソコンを買うときに、CPU をよく選ぶべし!」をお送りしました。

次の

ドラゴンボールのヤムチャは本当に最弱?戦闘力と戦歴を分析してみた

ヤムチャ 戦闘 力

ドラゴンボールZ HG ヤムチャ 約102mm PVC製 フィギュアの通販ならアマゾン。 フィギュア・ドールの人気ランキング、レビューも充実。 最短当日配送! こんなフィギュアは、ザコとしての地位を確立していない人間には絶対に出せない。 いちばんみじめな姿を商品化されること。 そこにカネを取れるだけの需要まで生まれていること。 これはザコキャラにとっての「あがり」である。 中途半端なザコには、とても真似できない。 ということで本題に入る。 ヤムチャはどのようにしてザコとしての地位を確立したのか? どうすれば、ザコとして名を上げることができるのか? ザコであるための条件は何なのか? 戦闘力が低ければ無条件でザコになれるのか? それとも別の素質が必要なのか? この問いに答えるために、われわれは、ドラゴンボールにおいて「ザコ」とはどのような存在なのかを知らねばならない。 ザコとは何か? ザコは単なる「戦闘力の低い人間」ではない。 自分の強さを客観的に考えることのできない存在である。 だからこそ、ザコは相手をナメたあげく、あっさりとやられる。 ドラゴンボールに登場するザコは、どいつもこいつも見事にみずからの力を過信している。 自己評価の狂いこそ、ザコがザコであるための条件なのである。 典型的なザコキャラを三人紹介してみたい。 まずは、ナメック星到着直後に登場するフリーザの配下である。 この二人組はクリリンと悟飯を見て、相手はガキだと油断する。 もちろん、クリリンと悟飯は「ただのガキ」ではない。 よって、一発のパンチとキックでサクッとやられ、物語から退場する。 まさにザコの典型である。 次に、コルド大王というザコである。 この男は、「強敵フリーザの父親」という設定を与えられておきながら、良いところがひとつもないまま死んだザコである。 当然、この男も相手の力を読みちがえている。 改造フリーザを一刀両断したトランクスを見て、トランクスが強いのは「持ってる剣がすごいから」だと勘違いするのである。 もちろん、トランクスは「剣なんかなくても強い」のである。 よって、エネルギー弾で身体をつらぬかれ、わずか数コマで白目をむいて死ぬ。 三人目は、最終回直前の天下一武道会に登場するザコである。 バンダナを巻いた長髪の男で、「ノック」と名づけられている。 この男は、初戦の相手に决まったベジータをオッサン呼ばわりし、さんざん挑発したあげく、「死ね!」と言ってのけるのである。 当然、ベジータに裏拳でブッ飛ばされ、壁に叩きつけられると、折れた前歯もそのままに気絶する。 このマンガでは「見る目」が問われている 並べてみれば分かるように、ザコはみな似たようなふるまいをする。 「油断」と「慢心」と「読みちがい」である。 ザコ特有の笑い方がある。 「へっへっへ」である。 この笑い方は「相手をナメている」ことの象徴である。 では、「強いヤツ」はどのように振る舞うのか? たとえば、全盛期のベジータはクリリンの気円斬を身体で受け止めようとしたナッパを叱り飛ばした。 「バカめ、どういう技か見抜けんのか!」。 ナッパは強い。 しかし、「見る目」ではベジータに圧倒的に劣っているのだ。 ドラゴンボールというマンガでは、戦闘力と同時に「見る目」が問われている。 自分と相手の強さを計り違えた者は確実に負ける。 スカウターに頼ることも二流の証だ。 ドラゴンボールにおける一流のキャラクターは、スカウターを参考にしつつも、それに囚われない。 ここにベジータとナッパの違いがあり、フリーザと配下たちの違いがあった。 ボスの「格」は、その洞察力によって描写されるのである。 ヤムチャにはまったく見る目がない ようやくヤムチャの話になる。 ヤムチャには、まったく「見る目」がないのである。 ヤムチャがザコとしての地位を確立できたことは、この要因が大きい。 ヤムチャには、敵の背格好で油断する姿がたびたび描き込まれているのだ。 たとえばコミックス15巻、天下一武道会の初戦でヤムチャはシェンという男と対戦する。 シェンは普通のオッサンに見えるが、実際は「神様」が人間の身体を借りているのである。 よって、見た目に反して、戦闘力は高い。 しかし、ヤムチャは素直に見た目で判断し、「ただのオッサン」だと考えるのである。 結果、ヤムチャはシェンにボコボコにされ、説教までされる。 あなたはわたしのことをふんいきやしぐさだけで判断してしまいましたね。 そしてそのせいで中身や微妙な動きをとらえることを怠ってしまった。 それではいけません。 真の武道家にはなれない… この瞬間、ヤムチャはザコとして第二の人生を生きることになった。 いわば、これはザコとしての「デビュー作」である。 この日を境に、ヤムチャは「真の武道家」ではなく「真のザコ」への道を歩むことになったのだ。 そしてコミックス18巻、問題のサイバイマン戦がやってくる。 フィギュアになったことからも分かるように、これはヤムチャのザコとしての「代表作」である。 ここでヤムチャは、倒したと思ったサイバイマンに抱きつかれ、自爆されて死ぬ。 「油断」の結果である。 シェンの時と同じである。 ザコは一夜にしてザコにはならない。 日常のふるまいの蓄積としてザコになるのだ。 一気に時間を進める。 コミックス29巻、人造人間編の序盤において、ヤムチャはひさしぶりに戦闘に参加する。 この段階では、まだ誰も人造人間の見た目を知らない。 そんな状況で、何者かによって街が破壊されはじめる。 一行は現場に向かう。 もう一度言っておく。 まだ「人造人間がどのような見た目かは分からない」のである。 なのに街に降り立ったヤムチャは、ただの通行人だと勘違いして、人造人間にあっさり話しかけてしまう。 結果、手刀で胸を突き抜かれ、「ピクッピク…」という情けない擬音まで書き込まれるはめになる。 シェンの説教、サイバイマンの自爆をへても、やはりヤムチャは同じあやまちを繰り返しているのだ。 これがザコとしての「決定打」である。 立派なザコになるために まとめて終わる。 ヤムチャは、天下一武道会のシェンとの戦いでザコ界に衝撃のデビューを果たした。 この段階では「ザコ界にイキのいい若手が入ってきた」という感じである。 そしてサイバイマン戦で自爆されることで、ザコとしての評判を不動のものとした。 「ただの一発屋じゃない」ということである。 そして、人造人間をただの通行人だとかんちがいしたことで、ザコ史にその名を残す存在となった。 「あれは本物の才能だ」ということである。 ザコとしての地位を確立し、敗北後のすがたをフィギュア化されたいならば、とりあえず、これくらいのことはしなくてはいけない。 ザコは一日にして成らず。 精進あるのみ。 ザコになりたいなら、どんどん油断していきましょう。

次の

人造人間編のクリリン、ヤムチャ、天津飯の戦闘力って1000万を越えてるのか?(ドラゴンボール)

ヤムチャ 戦闘 力

ドラゴンボールZ HG ヤムチャ 約102mm PVC製 フィギュアの通販ならアマゾン。 フィギュア・ドールの人気ランキング、レビューも充実。 最短当日配送! こんなフィギュアは、ザコとしての地位を確立していない人間には絶対に出せない。 いちばんみじめな姿を商品化されること。 そこにカネを取れるだけの需要まで生まれていること。 これはザコキャラにとっての「あがり」である。 中途半端なザコには、とても真似できない。 ということで本題に入る。 ヤムチャはどのようにしてザコとしての地位を確立したのか? どうすれば、ザコとして名を上げることができるのか? ザコであるための条件は何なのか? 戦闘力が低ければ無条件でザコになれるのか? それとも別の素質が必要なのか? この問いに答えるために、われわれは、ドラゴンボールにおいて「ザコ」とはどのような存在なのかを知らねばならない。 ザコとは何か? ザコは単なる「戦闘力の低い人間」ではない。 自分の強さを客観的に考えることのできない存在である。 だからこそ、ザコは相手をナメたあげく、あっさりとやられる。 ドラゴンボールに登場するザコは、どいつもこいつも見事にみずからの力を過信している。 自己評価の狂いこそ、ザコがザコであるための条件なのである。 典型的なザコキャラを三人紹介してみたい。 まずは、ナメック星到着直後に登場するフリーザの配下である。 この二人組はクリリンと悟飯を見て、相手はガキだと油断する。 もちろん、クリリンと悟飯は「ただのガキ」ではない。 よって、一発のパンチとキックでサクッとやられ、物語から退場する。 まさにザコの典型である。 次に、コルド大王というザコである。 この男は、「強敵フリーザの父親」という設定を与えられておきながら、良いところがひとつもないまま死んだザコである。 当然、この男も相手の力を読みちがえている。 改造フリーザを一刀両断したトランクスを見て、トランクスが強いのは「持ってる剣がすごいから」だと勘違いするのである。 もちろん、トランクスは「剣なんかなくても強い」のである。 よって、エネルギー弾で身体をつらぬかれ、わずか数コマで白目をむいて死ぬ。 三人目は、最終回直前の天下一武道会に登場するザコである。 バンダナを巻いた長髪の男で、「ノック」と名づけられている。 この男は、初戦の相手に决まったベジータをオッサン呼ばわりし、さんざん挑発したあげく、「死ね!」と言ってのけるのである。 当然、ベジータに裏拳でブッ飛ばされ、壁に叩きつけられると、折れた前歯もそのままに気絶する。 このマンガでは「見る目」が問われている 並べてみれば分かるように、ザコはみな似たようなふるまいをする。 「油断」と「慢心」と「読みちがい」である。 ザコ特有の笑い方がある。 「へっへっへ」である。 この笑い方は「相手をナメている」ことの象徴である。 では、「強いヤツ」はどのように振る舞うのか? たとえば、全盛期のベジータはクリリンの気円斬を身体で受け止めようとしたナッパを叱り飛ばした。 「バカめ、どういう技か見抜けんのか!」。 ナッパは強い。 しかし、「見る目」ではベジータに圧倒的に劣っているのだ。 ドラゴンボールというマンガでは、戦闘力と同時に「見る目」が問われている。 自分と相手の強さを計り違えた者は確実に負ける。 スカウターに頼ることも二流の証だ。 ドラゴンボールにおける一流のキャラクターは、スカウターを参考にしつつも、それに囚われない。 ここにベジータとナッパの違いがあり、フリーザと配下たちの違いがあった。 ボスの「格」は、その洞察力によって描写されるのである。 ヤムチャにはまったく見る目がない ようやくヤムチャの話になる。 ヤムチャには、まったく「見る目」がないのである。 ヤムチャがザコとしての地位を確立できたことは、この要因が大きい。 ヤムチャには、敵の背格好で油断する姿がたびたび描き込まれているのだ。 たとえばコミックス15巻、天下一武道会の初戦でヤムチャはシェンという男と対戦する。 シェンは普通のオッサンに見えるが、実際は「神様」が人間の身体を借りているのである。 よって、見た目に反して、戦闘力は高い。 しかし、ヤムチャは素直に見た目で判断し、「ただのオッサン」だと考えるのである。 結果、ヤムチャはシェンにボコボコにされ、説教までされる。 あなたはわたしのことをふんいきやしぐさだけで判断してしまいましたね。 そしてそのせいで中身や微妙な動きをとらえることを怠ってしまった。 それではいけません。 真の武道家にはなれない… この瞬間、ヤムチャはザコとして第二の人生を生きることになった。 いわば、これはザコとしての「デビュー作」である。 この日を境に、ヤムチャは「真の武道家」ではなく「真のザコ」への道を歩むことになったのだ。 そしてコミックス18巻、問題のサイバイマン戦がやってくる。 フィギュアになったことからも分かるように、これはヤムチャのザコとしての「代表作」である。 ここでヤムチャは、倒したと思ったサイバイマンに抱きつかれ、自爆されて死ぬ。 「油断」の結果である。 シェンの時と同じである。 ザコは一夜にしてザコにはならない。 日常のふるまいの蓄積としてザコになるのだ。 一気に時間を進める。 コミックス29巻、人造人間編の序盤において、ヤムチャはひさしぶりに戦闘に参加する。 この段階では、まだ誰も人造人間の見た目を知らない。 そんな状況で、何者かによって街が破壊されはじめる。 一行は現場に向かう。 もう一度言っておく。 まだ「人造人間がどのような見た目かは分からない」のである。 なのに街に降り立ったヤムチャは、ただの通行人だと勘違いして、人造人間にあっさり話しかけてしまう。 結果、手刀で胸を突き抜かれ、「ピクッピク…」という情けない擬音まで書き込まれるはめになる。 シェンの説教、サイバイマンの自爆をへても、やはりヤムチャは同じあやまちを繰り返しているのだ。 これがザコとしての「決定打」である。 立派なザコになるために まとめて終わる。 ヤムチャは、天下一武道会のシェンとの戦いでザコ界に衝撃のデビューを果たした。 この段階では「ザコ界にイキのいい若手が入ってきた」という感じである。 そしてサイバイマン戦で自爆されることで、ザコとしての評判を不動のものとした。 「ただの一発屋じゃない」ということである。 そして、人造人間をただの通行人だとかんちがいしたことで、ザコ史にその名を残す存在となった。 「あれは本物の才能だ」ということである。 ザコとしての地位を確立し、敗北後のすがたをフィギュア化されたいならば、とりあえず、これくらいのことはしなくてはいけない。 ザコは一日にして成らず。 精進あるのみ。 ザコになりたいなら、どんどん油断していきましょう。

次の