バイエルン ミュンヘン スタメン。 バイエルン戦の予想スタメン

FCバイエルン・ミュンヘン

バイエルン ミュンヘン スタメン

ドイツ・スーパーカップが2日に開催される。 ドルトムントとバイエルン、シーズン最初の歓喜に酔いしれるのはどちらだろうか。 スーパーカップはここ3シーズン連続でバイエルンが制覇中。 昨季ブンデスリーガ2位のドルトムントが、国内2冠を達成したバイエルンを止めることができるのか注目が集まるところだ。 ドルトムントは今夏、トルガン・アザールやユリアン・ブラント、ニコ・シュルツなど積極的な補強を敢行。 さらに、バイエルン・ミュンヘンからマッツ・フンメルスが復帰し、公式戦初戦が古巣との一戦となる。 だが、トルガン・アザールとブラントは負傷によってスーパーカップ欠場が濃厚となっている。 編集部のおすすめ• 一方、バイエルンのニコ・コバチ監督は「ドルトムントは強くなっているし、激しい試合になるだろう」と警戒心を示す。 ハビ・マルティネスやセルジュ・ニャブリ、そして新戦力のリュカ・エルナンデスも欠場が決まっており、代役と目されるアルフォンソ・デイヴィスのパフォーマンスが勝負を分けるカギとなりそうだ。 また、直近のトッテナム戦で負傷したキングスレイ・コマンは出場が可能と伝えられている。 スーパーカップは日本時間4日3時30分キックオフ予定だ。 ドイツ紙『ビルト』による予想スタメンは以下の通り。

次の

バイエルンミュンヘン2016

バイエルン ミュンヘン スタメン

概要 [ ] FCバイエルン・ミュンヘンは1900年にに率いられた11名のサッカー選手によって創設された。 ブンデスリーガ発足の初年度から参加したクラブではないが、ブンデスリーガ参戦以降は一度も1部リーグから降格したことがない。 2013年12月時点では、ので2位 、のクラブワールドランキングで1位だった。 これまでにブンデスリーガを29回、を19回制しており、これらは共に最多優勝記録である。 また、UEFAチャンピオンズカップおよびにおいては、ドイツ国内では最多となる合計5度の優勝を果たしているほか、の時点で6クラブのみであるの永久保持が認められているクラブの1つでもある。 ごく最近では2013年のチャンピオンズリーグを制し、国内タイトルと合わせてを達成した。 を1回、を1回、を1回、を1回、を2回制している。 はとである(を参照)。 近年のライバルはであり、両者の対戦はDer Klassiker(The Classic)とも呼ばれている。 FCバイエルン・ミュンヘンのマークは、の旗に使用されているの白銀の(地)に青の(菱)を(斜め)に並べたを基にしている。 チームカラーは赤色と白色、チームクレストは白色と青色のの示している。 クラブ会員数は29万1, 000人 と世界首位 である。 部門が最も広く知られており、ドイツサッカーリーグ機構()に加盟するプロサッカークラブであるが、サッカー以外にも、、、、、、、シニアサッカー部門があり、1100名以上の活発な会員がいる。 現在のホームはであり、2005-06シーズンの開場時からホームゲームを開催している。 2004-05シーズンまでの33年間は、をホームスタジアムとしていた。 クラブは健全経営で知られており、創立以来借金をしたことがない。 2012-13シーズンのクラブ収入は4億3120万ユーロと算定されており、、に次ぐ世界第3位である。 2014年には世界有数の経済誌『』によるの格付けにおいて、18億5000万ドルと算出されており、ブンデスリーガで第1位、世界ではレアル・マドリード、FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドFCに次ぐ第4位と評価されている。 胸スポンサーは。 元会長の、現代表取締役の、前会長のをはじめ、、、、、など、ドイツサッカー史に残るビッグネームの多くが所属したクラブであり、創設からを務めたのはを除き全員がドイツ人選手である。 歴史 [ ] 1960年代まで [ ] 1900年、ミュンヘンのスポーツクラブに所属していたサッカーファンのメンバーによって作られたチームがクラブの起源である。 1926年に南ドイツ・チャンピオンシップで優勝し、1932年には全国タイトルであるで初優勝を果たした。 のブンデスリーガ発足時には参加クラブに選ばれなかった。 ブンデスリーガ発足時の初年度参加は逃したが、1965-66シーズンにはDFBポカール優勝、1966-67シーズンにはDFBポカール連覇と優勝を、1968-69シーズンはブンデスリーガ優勝とDFBポカール優勝をそれぞれ達成した。 1970年代 [ ] この頃から、、、といった選手たちが大活躍した。 1970-71シーズンにDFBポカール優勝、1971-72シーズンから1973-74シーズンにはブンデスリーガ3連覇を、1973-74シーズンから1975-76シーズンにかけてはを3連覇した。 1980年代 [ ] この頃は、1980年受賞の や 、、、といった若手の台頭もあり、1979-80シーズン、1980-81シーズンに2連覇を、1981-82シーズン、1983-84シーズン、1985-86シーズンにDFBポカール優勝、1984-85シーズンから1986-87シーズンにブンデスリーガ3連覇を達成。 さらに1988-89シーズン、1989-90シーズンにもブンデスリーガ2連覇を達成した。 1990年代 [ ] 1990-91シーズン、、らを獲得。 しかし、エッフェンベルクの問題行動に代表されるようにチームは険悪状態となり、ハインケスとの衝突なども日時茶飯事だった。 シーズン限りでが引退。 1991-92シーズン、アウゲンターラーが引退し、ロイターとコーラーをユベントスへ放出するなどして戦力が低下。 シーズン途中でハインケスは解任される。 1992-93シーズン、問題行動が多かったエッフェンベルクをラウドルップと一緒にフィオレンティーナへ放出、、を獲得がチームの険悪な環境は変わらず、3シーズン連続でリーグ優勝を逃す。 1993-94シーズンはベッケンバウアーが監督に就任し、マテウスらベテラン選手を軸に、、、ユースから昇格したら若手の活躍でチームを立て直してブンデスリーガ優勝。 1994-95シーズンは、が監督に就任。 夏の移籍市場では、らを獲得。 しかし、トラパットーニは監督としてスクデット7回獲得するなど実績豊富だが、海外クラブでの指揮経験は初めてで、ドイツ語の習得に苦戦したことに加えて、ドイツとイタリアとのサッカーの違いに戸惑ったことで、リーグでは中位に低迷した。 1995-96シーズン、前シーズンまでヴェルダー・ブレーメンを率いていたが監督に就任。 夏の移籍市場では、、、、らを獲得して大型補強を敢行。 しかし、マテウスとクリンスマンとの不仲などでチームは空中分解し、リーグ優勝を逃す。 レーハーゲルは解任され、ベッケンバウアーが監督就任してチームを立て直して優勝を達成。 1996-97シーズン、トラパットーニが監督に復帰。 、、らを獲得。 トラパットーニがドイツ語を習得するなど前回の反省点が生かされたことや、右ウイングだったハマンをボランチに起用し、新加入のバスラーを右ウイングに起用することで中盤を立て直した。 UEFAカップこそ初戦敗退したが、リーグでは安定した強さでブンデスリーガ優勝。 1997-98シーズン、クリンスマンとツィーゲを放出、穴埋めとして、らを獲得。 こそ優勝を達成したが、レーハーゲル率いるカイザースラウテルンとの優勝争いに敗れてリーグ2連覇を逃し、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でのドルトムント戦では2試合合計スコアで0-1で敗退するなど、試合内容も含めて後味の悪さを残したシーズンとなった。 この責任により、シーズン限りでトラパットーニは監督退任した。 1998-99シーズンはが監督に就任。 1998年夏の移籍市場では、、らを獲得。 ブンデスリーガ優勝を果たすも、では決勝でと対戦し、後半ロスタイムに逆転負けを喫して準優勝に終わった。 この敗戦はとも呼ばれる。 1999-00シーズンは、、パウロ・セルジオらを獲得。 リーグでは優勝争いを演じるものの、シーズン途中、不祥事によりバスラーを解雇し、終盤には長年主力選手として活躍したマテウスが退団したことでチームバランスが崩れて終盤にかけて失速し、最終節開始前の時点で首位のレヴァークーゼンとは勝ち点差3の2位につけていた。 最終節でバイエルンは勝利を収め、引き分け以上で優勝が決まるレヴァークーゼンはのオウンゴール等で敗れたため、最終節終了時点でレヴァークーゼンと勝ち点で並んだが、当時のリーグの規定によりブンデスリーガ2連覇を果たす。 また、DFBポカールでも優勝したため国内2冠を達成。 UEFAチャンピオンズリーグではレアル・マドリードとの準決勝で敗退。 バイエルンは2次リーグを含めてレアル・マドリードとは3勝1敗の戦績だったが、このシーズンからUEFAチャンピオンズリーグが拡大し、その煽りを受けることになってしまった。 2000年代 [ ] 2000-01シーズン、前シーズン途中で退団したマテウスの穴を埋めるためスフォルツァを獲得。 リーグでは苦戦するも、シャルケ04との優勝争いを制して3連覇。 では決勝戦でバレンシアと対戦。 PK戦ではカーンがPK戦で2本セーブするなどの活躍により4度目の優勝、3連覇以降では初の優勝であった。 2001-02シーズンは優勝を果たしたが、主力選手の怪我や高齢化が顕著になり、ドルトムントとレヴァークーゼンとの優勝争いから脱落してリーグ3位。 2002-03シーズンは、エッフェンベルグ、ヤンカー、リンケらベテラン選手を放出し、、、ゼ・ロベルトらを獲得して世代交代を図る。 UEFAチャンピオンズリーグでは1次リーグを最下位で敗退。 しかし、チャンピオンズリーグを早々と敗退したことで、過密スケジュールだったこれまでのスケジュールに余裕が出来たことや、新戦力がフィットしたことでブンデスリーガとにて優勝する。 2003-04シーズンはトビアス・ラウ、、を補強。 前シーズン同様独走での優勝が予想されたが、が5試合の出場に留まり、、、といった最終ラインのキーマンが離脱と復帰を繰り返し、も7ゴールと13アシストと結果こそ残すも疲労と慢性的な故障を抱えながらのプレーに終始。 も過度のストレスとガールフレンドのハイリスク妊娠による鬱病で入院する等、まさに野戦病院状態。 それは地元の試合に1-3で敗れ、優勝を攫われる屈辱を味わった相手には1分け1敗、3位のには1勝1分け、4位でを放出した、当時万年降格候補と呼ばれながら5位に大躍進したとはそれぞれ1勝1敗とここ一番の勝負強さには定評のあるチームが上位陣との直接対決で勝ち越せなかった事からも証明される様に本来の調子からほど遠いパフォーマンスに終始。 DFBカップでは当時2部だったに敗れベスト8敗退。 では対戦前は当時8勝4敗でと相性が良く、ホームアンドアウェーの公式戦では必ず1つはものにしていたに初めて2試合共勝てずに2戦合計1-2(第1レグ1-1)でベスト16敗退無冠。 そのシーズンの33節終了後、6シーズンの間チームを率いたヒッツフェルトが任を解かれた。 2004-05シーズン、が監督に就任。 ラウがチームにフィットしなかったことから、冬の移籍市場では夏の移籍市場で放出したにも関わらず、当時オリンピック・マルセイユの監督に途中就任したと対立していたリザラズを僅か半年で連れ戻した。 リザラズがすぐにチームにフィットしたことで左サイドバックの問題は解消し、ブンデスリーガとDFBポカールを制して2冠達成。 2005-06シーズンもブンデスリーガとDFBポカールを制し、2冠を連覇で達成。 シーズン限りでリザラズ、イェレミースが現役引退。 2006-07シーズン、、らを補強。 引退したリザラズ、に移籍したバラックの穴を埋められず、11シーズンぶりにシーズン途中で監督を交代してヒッツフェルトが監督に就任したものの3季ぶりの無冠に終わっただけでなく、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を12シーズンぶりに逃してしまった。 2007-08シーズン、夏の移籍市場では、らと共にをブンデスリーガ史上最高額の2500万ユーロで獲得するなど大型補強を敢行。 ヒッツフェルトが留任し、2列目から3列目の選手が次々と前線に飛び出す超攻撃的サッカーで開幕から8勝2分けとロケットスタートを切った事で勢いを増し尚且つリーグ史上最少の22失点と鉄壁の守備を武器にブンデスリーガは2位のブレーメンに勝ち点10の差をつけて3節残して2年ぶり21回目の優勝。 DFBポカールも6試合のうち3試合が延長戦に持ち込まれる接戦を演じるも2年ぶり14回目の優勝。 1995-96シーズンに優勝し12シーズンぶりに出場するとの3冠も期待されたが、UEFAカップの準決勝でで当時下位に沈んでいたに2戦合計1-5(特にサンクトペテルブルクで0-4で敗戦)と決勝進出は確実と思われた2試合で大敗を喫する失態を演じ、2年ぶりに達成した国内の2冠も後味の悪さを残すシーズンとなってしまった。 シーズン限りでヒッツフェルトが監督を退任し、が現役を引退した。 2008-09シーズン、が監督に就任。 前シーズンに大型補強を敢行したため、予算の都合でワールドカップドイツ代表の教え子で12年間ブレーメン一筋だった、そのワールドカップで優勝した代表の等の高い移籍金が発生しない選手の補強が目立った。 スピーディーでアグレッシブな攻撃サッカーを標榜するも、3バックと4バックを試していた最終ラインが前掛かりになるアンバランスなスタイルの皺寄せも受けて過去10シーズンで最低の42失点と伝統的な強みだった守備が崩壊。 また、クリンスマンは監督として地元開催のでを3位に導いたとはいえ、監督歴はドイツ代表を2年間率いただけで、クラブチームで指揮を執った経験はなく、監督としての経験不足を露呈した。 一度も首位に立つ事が無いという屈辱を味わいシーズン終了を待たずにクリンスマンは解任され、が監督に就任してチームを立て直すも無冠に終わった。 2009-10シーズン、が監督に就任。 2009年夏の移籍市場では、らと共にを、またもブンデスリーガ史上最高額を更新する3000万ユーロで獲得すると同時にや等を下部組織から昇格させる。 ブンデスリーガは攻撃的ミッドフィールダーのをボランチにした事が功を奏したのに加え、がブレイクしリーグ戦の9連勝(14節の戦から22節の戦)を含む公式戦19試合連続無敗(8節の戦から26節の戦)の快進撃でリーグ最多の72得点とと共にリーグ最少タイ31失点で2年ぶり22回目の優勝DFBポカールもトーナメントを通して僅か3失点で2年ぶり15回目の優勝。 自身9年ぶりとなる決勝ではイタリア王者・に敗れ準優勝に終わる。 なお、2009年にが会長職を退き、会長職にが、ゼネラルマネージャーにが就任した。 2010年代 [ ] 2012-13シーズンの欧州CL決勝、ドルトムント戦のスターティングメンバー。 2010-11シーズンは10季ぶりににて優勝。 2010年の夏の移籍市場では特に目立った獲得選手はなく、下部組織出身のを呼び戻した程度で2冠を達成した2009-10シーズンのメンバーをベースにシーズンに臨んだが、弱点とみなされていたディフェンス陣の補強を拒否したのに加え、2011年冬の移籍市場でクラブ史上初の外国人主将に就任し、での決勝進出に貢献したを放出するファン・ハールの独善的な方策とロッベンとリベリーが怪我でフル稼動出来なかったのが響き、28得点で得点王に輝いたマリオ・ゴメスの奮闘も実らずブンデスリーガは3位となった。 チャンピオンズリーグではインテル・ミラノにラウンド16で敗れた。 DFBポカールでは、シャルケに準決勝で敗れた。 2011-12シーズンはが監督に就任し、2011年夏の移籍市場では、、らを計4100万ユーロで獲得するも、同シーズンはやにホーム戦、アウェー戦共に敗れた事も含めて格下のチームに取りこぼしたブンデスリーガ、2年ぶりに決勝に進出したDFBポカール、いずれもドルトムントの後塵を拝した。 では決勝に進出し、地元ミュンヘンでと対戦した。 後半38分にミュラーのゴールで先制するも、5分後ににコーナーキックで決められて同点とされた。 延長前半5分にPKを獲得するもロッベンがに止められて、そのままPK戦に持ち込まれた。 チェルシーの1人目をノイアーがセーブするも4人目の、5人目の副主将・シュバインシュタイガーがチェフにセーブされ2人目以降全て成功したチェルシーに敗れ、全てのコンペティションで準優勝に終わった。 2012-13シーズンは、ネルリンガーを解任し、ドルトムントやシュツットガルトで監督を務めたを取締役に迎えてフロント陣の強化を図り、監督留任したハインケスをサポートする体制となった。 夏の移籍市場では、、らと合わせて、2011-12シーズンのファイナリストのからをブンデスリーガ史上最高額となる4000万ユーロの移籍金で獲得した。 こうした大型補強の他、ハインケスの指導で攻撃の中心である"ロベリー"を含めチーム全員の守備意識が向上。 でもアーセナル、ユベントスなどの強豪を次々と撃破し、準決勝ではバルセロナを2試合合計7-0と粉砕。 決勝でもリーグ2位となったドルトムントを2-1で下し、12年ぶり5度目の優勝を達成した。 さらにその約1週間後のDFBポカールも優勝し、ドイツ勢として史上初のを達成した。 シーズン限りでハインケスは監督を退任と監督業からの引退を宣言した。 2013-14シーズン、が監督に就任。 2013年夏の移籍市場ではライバルのから、からグアルディオラの教え子らを獲得。 同シーズンは、を制し、2013年を5冠(DFLスーパーカップ以外)で締めくくった。 ブンデスリーガでは2シーズンぶりの連敗を喫するも、史上最長の19連勝とリーグ無敗記録を53にまで伸ばしたことも含めて2年続けて史上最速で(27節終了時点)優勝した。 DFBポカールでは決勝でドルトムントを破り2年連続17回目の優勝を果たした。 しかし連覇のかかったでは、準決勝のレアル・マドリード戦で、グアルディオラが時代に全てのコンペティションで無敗だったでの1stレグ、2003-04シーズン以外は全勝しているホームでの2ndレグ共に落とし、対戦前の通算成績では11勝7敗と相性の良い相手に0-5と粉砕されて、一切得点を奪えなかっただけでなく、10年ぶりに2試合共勝てず、しかも過去レアル・マドリードとの公式戦では初めてとなる2連敗で大会を去った。 2014-15シーズン、2014年夏の移籍市場ではドルトムント在籍4年間で74ゴールを挙げ、ドルトムントのブンデスリーガ連覇などに貢献したを獲得したのを皮切りに、、らと共に、レアル・マドリードへ移籍したクロースとの事実上のトレードでも獲得。 マルティネスが開幕前に左足の断裂という大怪我を負った様に常時怪我人が出るも、ブンデスリーガでは開幕からその穴を感じさせない強さで首位を独走し、優勝争いを演じていたが4月26日のボルシア・メンヒェングラートバッハ戦に敗れたことで、ブンデスリーガで2013-14シーズン、2012-13シーズンに次ぐ史上3番目の早さで、1972-73シーズン、2002-03シーズン以来となる4試合を残してのリーグ優勝を決め、3連覇を達成した。 なお試合をせずにリーグ優勝を決めたのは1988-89シーズン以来25年ぶりである。 では準決勝でドルトムントと対戦。 2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝以降PKを蹴っていないのが祟り、ラーム、シャビ・アロンソ、ゲッツェ、ノイアーがいずれも失敗して敗れ、連覇を逃した。 では準決勝で監督の古巣であり、2012-13シーズンに7-0で大勝したと対戦。 リベリーだけでなく、アラバ、シュバインシュタイガー、前述のマルティネスやバトシュトゥバー等大量の怪我人が出て、1stレグで攻撃陣が機能せず、のMSNに翻弄されて0-3で敗れた。 2ndレグで3-2で勝利するものの2戦合計3-5で敗退しベスト4に終わった。 2010年以降、ハンブルガーSVを非常に得意としており、6-0(2010-11),5-0(2011-12),9-2(2012-13),3-1(2013-14),8-0(2014-15)と5年連続で圧勝している。 2015-16シーズン、2015年夏の移籍市場ではロッベンとリベリの穴を埋める、らウインガーを獲得。 また、シュバインシュタイガーがに移籍した中盤にはを獲得した。 第9節の戦に1-0で勝利して、ブンデスリーガ新記録となる開幕9連勝を飾った。 リーグ戦では10月4日のドルトムントとの直接対決で5-1と圧勝したのを皮切りに首位を独走して一時はドルトムントに勝ち点5差で接近されるも、第33節の戦でリーグ史上初の4連覇を2012-13シーズン、2014-15シーズンに打ち立てた18を上回るブンデスリーガ史上最少の17失点で達成した。 このシーズン、レバンドフスキは史上6人目の30ゴールを成し遂げ、ミュラーも自己最多の20ゴール、故障がちのロッベンとリベリーに代わってコスタとコマンが、ボアテングに代わってがそれぞれの穴を埋める活躍を披露した。 またDFBポカールでも、決勝に進出しドルトムントをPK戦で下して、2年ぶりに優勝を果たして国内2冠を達成した。 しかしチャンピオンズリーグでは準決勝で相手に2-2のアウェーゴール差で敗れ、ベスト4となった。 特にの王者であるとの準々決勝では効果的なハイプレスでビルドアップを分断される或いはボールロスト後のゲーゲンプレッシングが外されてカウンターを受けるなど、最終的にはそのアトレティコとの準決勝でグアルディオラの戦術特有の欠陥を露呈した形となった。 2016-17シーズン、を監督に招聘。 ブンデスリーガ史上初となる5連覇を達成した。 チャンピオンズリーグではラウンド16でアーセナルFCに2戦とも5-1で圧勝、準々決勝でレアル・マドリードと対戦。 ホームでの1stレグを落とすもアウェーでの2ndレグは逆のスコアで勝利し延長戦に持ち込むが、力及ばず3失点し2戦合計3-6で敗退した。 DFBポカールでは準決勝でドルトムントに敗れ、1冠のみに終わった。 シーズン終了後、フィリップ・ラームとシャビ・アロンソが引退。 2017-18シーズンは、ブンデスリーガ史上最高額となる4750万ユーロと報じられる移籍金でからを獲得した。 他にもの出場権獲得に貢献しにも出場し、優勝に貢献したドイツ代表DFのと、においてドイツ代表の準優勝に貢献したを獲得するなどドイツ国内から若手を積極的に補強した。 またユヴェントスへドウグラス・コスタを放出することになったが、レアル・マドリードからMFを獲得した。 しかし第2節で黒星を献上すると、チャンピオンズリーグでも9月27日の戦で0-3で惨敗するなど不振に陥った。 9月28日に監督のは解任され、一旦は監督業からの引退を表明していたが復帰し10月6日に新指揮官に就任した。 その後チームは復調し、2018年4月7日のFCアウクスブルク戦に勝利し、ブンデスリーガ6連覇を達成した。 チャンピオンズリーグは準決勝でレアル・マドリードに2戦合計3-4で屈し、5年連続でスペイン勢相手に敗れることとなった。 4月13日、で監督を務めるが2018-2019シーズンから新監督に就任することが決定した。 同クラブにおいてアシスタントコーチを担当する弟のを伴っての移籍となる。 2018-19シーズン、夏の移籍市場はシャルケからを獲得した他はレンタルバックのみと最小限の補強に留めた。 リーグ戦は5節でと引き分けると、翌節から連続完封負けを喫して6位に順位を下げた。 その後、第11節でドルトムントに2-3で逆転負け、第12節で昇格組のと3-3で引き分けるなど不振が続いた。 しかし、その後は調子を取り戻し、第28節のドルトムント戦で5-0と圧勝して首位に立つと、最終的にドルトムントを勝ち点2差で振り切り、リーグ7連覇を達成した。 チャンピオンズリーグはグループリーグを無敗で突破したが、ラウンド16でと対戦。 アウェーでの第1戦は0-0で引き分けたが、ホームで1-3と敗れ、8年ぶりにベスト16で敗退した。 DFBポカールは決勝でを3-0で下し、3年ぶりに優勝を果たした。 このシーズン終了後、ロッベンは現役引退し、リベリはに移籍。 10年にわたってクラブの黄金期を築き上げた「ロベリー」コンビに別れを告げることとなった。 2019-20シーズンは、夏の移籍市場はをドルトムントに放出、でフランス代表の優勝に貢献したとを獲得して守備陣の若返りに成功し、また、がレンタルバックした中盤にはを、「ロベリー」の抜けた前線はをそれぞれレンタルで獲得し頭数を揃えた。 さらにをに放出した。 しかし、開幕節ケルン戦を引き分けでシーズンをスタートさせるなど低調な結果が続く中でとリュカがシーズン早々に負傷離脱、バックアッパーとしてその守備の固さにフロントから絶対的信頼が置かれていたも微怪我が続くなどコンディションが安定せず、迎えた11月2日の第10節フランクフルト戦で試合開始早々のボアテング退場もあり1-5と大敗を喫するとニコ・コヴァチ監督は解任された。 後任にはアシスタントコーチのが暫定で就任したが、その後公式戦10戦で8勝2分と調子を大きく上げたため、そのままフリックが正式な監督となった。 4月3日、監督就任後21試合18勝のパフォーマンスが評価され、2023年6月30日までの契約延長が発表された。 そして、6月17日にに1-0で勝利し、8連覇を達成した。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• :29回• 1968-69, 1971-72, 1972-73, 1973-74, 1979-80, 1980-81, 1984-85, 1985-86, 1986-87, 1988-89, 1989-90, 1993-94, 1996-97, 1998-99, 1999-00, 2000-01, 2002-03, 2004-05, 2005-06, 2007-08, 2009-10, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18, 2018-19, 2019-20• :19回• 1956-57, 1965-66, 1966-67, 1968-69, 1970-71, 1981-82, 1983-84, 1985-86, 1997-98, 1999-00, 2002-03, 2004-05, 2005-06, 2007-08, 2009-10, 2012-13, 2013-14, 2015-16, 2018-19• :6回• 1997, 1998, 1999, 2000, 2004, 2007• :8回 公式では 7回• :1回• :2回• 1976, 2001• :5回• 1973-74, 1974-75, 1975-76, 2000-01, 2012-13• :1回• 1966-67• :1回• 1995-96• :1回• 2013 過去の成績 [ ] 出典 シーズン リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 DFBポカール 欧州カップ 結果 最多得点者 得点数 1965-66 ブンデスリーガ 34 20 7 7 71 38 47 3位 優勝 15 1966-67 ブンデスリーガ 34 16 5 13 62 47 37 6位 1位 優勝 28 1967-68 ブンデスリーガ 34 16 6 12 68 58 38 5位 準決勝敗退 ベスト4 20 1968-69 ブンデスリーガ 34 18 10 6 61 31 46 1位 優勝 30 1969-70 ブンデスリーガ 34 21 5 8 88 37 47 2位 準々決勝敗退 1回戦敗退 38 1970-71 ブンデスリーガ 34 19 10 5 74 36 48 2位 優勝 22 1971-72 ブンデスリーガ 34 24 7 3 101 38 55 1位 準々決勝敗退 ベスト4 40 1972-73 ブンデスリーガ 34 25 4 5 93 29 54 1位 準々決勝敗退 ベスト8 36 1973-74 ブンデスリーガ 34 20 9 5 95 53 49 1位 準決勝敗退 優勝 30 1974-75 ブンデスリーガ 34 14 6 14 57 63 34 10位 3回戦敗退 優勝 23 1975-76 ブンデスリーガ 34 15 10 9 72 50 40 3位 準決勝敗退 優勝 23 1976-77 ブンデスリーガ 34 14 9 11 74 65 37 7位 準々決勝敗退 ベスト8 28 1977-78 ブンデスリーガ 34 11 10 13 62 64 32 12位 3回戦敗退 3回戦敗退 24 1978-79 ブンデスリーガ 34 16 8 10 69 46 40 4位 2回戦敗退 14 1979-80 ブンデスリーガ 34 22 6 6 84 33 50 1位 3回戦敗退 ベスト4 26 1980-81 ブンデスリーガ 34 22 9 3 89 41 53 1位 3回戦敗退 ベスト4 29 1981-82 ブンデスリーガ 34 20 3 11 77 56 43 3位 優勝 準優勝 21 1982-83 ブンデスリーガ 34 17 10 7 74 33 44 4位 2回戦敗退 ベスト8 20 1983-84 ブンデスリーガ 34 20 7 7 84 41 47 4位 優勝 3回戦敗退 26 1984-85 ブンデスリーガ 34 21 8 5 79 38 50 1位 準優勝 ベスト4 16 1985-86 ブンデスリーガ 34 21 7 6 82 31 49 1位 優勝 ベスト8 15 1986-87 ブンデスリーガ 34 20 13 1 67 31 53 1位 ベスト16 準優勝 14 1987-88 ブンデスリーガ 34 22 4 8 83 45 48 2位 準々決勝敗退 ベスト8 17 1988-89 ブンデスリーガ 34 19 12 3 67 26 50 1位 ベスト16 ベスト4 17 1989-90 ブンデスリーガ 34 19 11 4 64 28 49 1位 ベスト16 ベスト4 13 1990-91 ブンデスリーガ 34 18 9 7 74 41 45 2位 1回戦敗退 ベスト4 21 1991-92 ブンデスリーガ 38 13 10 15 59 61 36 10位 1回戦敗退 2回戦敗退 17 1992-93 ブンデスリーガ 34 18 11 5 74 45 47 2位 2回戦敗退 11 1993-94 ブンデスリーガ 34 17 10 7 68 37 44 1位 ベスト16 2回戦敗退 11 1994-95 ブンデスリーガ 34 15 13 6 55 41 43 6位 1回戦敗退 ベスト4 12 1995-96 ブンデスリーガ 34 19 5 10 66 46 62 2位 2回戦敗退 優勝 16 1996-97 ブンデスリーガ 34 20 11 3 68 34 71 1位 準々決勝敗退 1回戦敗退 15 1997-98 ブンデスリーガ 34 19 9 6 69 37 66 2位 優勝 ベスト8 13 1998-99 ブンデスリーガ 34 24 6 4 76 28 78 1位 準優勝 準優勝 13 1999-00 ブンデスリーガ 34 22 7 5 73 28 73 1位 優勝 ベスト4 14 2000-01 ブンデスリーガ 34 19 6 9 62 37 63 1位 2回戦敗退 優勝 15 2001-02 ブンデスリーガ 34 20 8 6 62 25 68 3位 準決勝敗退 ベスト8 17 2002-03 ブンデスリーガ 34 23 6 5 70 25 75 1位 優勝 1次GL敗退 21 2003-04 ブンデスリーガ 34 20 8 6 70 39 68 2位 準々決勝敗退 ベスト16 23 2004-05 ブンデスリーガ 34 24 5 5 75 33 77 1位 優勝 ベスト8 22 2005-06 ブンデスリーガ 34 22 9 3 67 32 75 1位 優勝 ベスト16 17 2006-07 ブンデスリーガ 34 18 6 10 55 40 60 4位 ベスト16 ベスト8 16 2007-08 ブンデスリーガ 34 22 10 2 68 21 76 1位 優勝 ベスト4 24 2008-09 ブンデスリーガ 34 20 7 7 71 42 67 2位 準々決勝敗退 ベスト8 14 2009-10 ブンデスリーガ 34 20 10 4 72 31 70 1位 優勝 準優勝 16 2010-11 ブンデスリーガ 34 19 8 7 81 40 65 3位 準決勝敗退 ベスト16 28 2011-12 ブンデスリーガ 34 23 4 7 77 22 73 2位 準優勝 準優勝 26 2012-13 ブンデスリーガ 34 29 4 1 98 18 91 1位 優勝 優勝 15 2013-14 ブンデスリーガ 34 29 3 2 94 23 90 1位 優勝 ベスト4 18 2014-15 ブンデスリーガ 34 25 4 5 80 18 79 1位 準決勝敗退 ベスト4 17 2015-16 ブンデスリーガ 34 28 4 2 80 17 88 1位 優勝 ベスト4 30 2016-17 ブンデスリーガ 34 25 7 2 89 22 82 1位 準決勝敗退 ベスト8 30 2017-18 ブンデスリーガ 34 27 3 4 92 28 84 1位 準優勝 ベスト4 29 2018-19 ブンデスリーガ 34 24 6 4 88 32 78 1位 優勝 ベスト16 22 2019-20 ブンデスリーガ 34 1位 決勝 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 基本フォーメーション 詳細は「」を参照 No. Pos. 選手名 1 2 4 5 6 8 9 10 11 14 15 17 18 No. Pos. レンタル移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 2 10 No. Pos. 選手名 14 out No. Pos. 選手名 -- No. Pos. 選手名 -- 加入内定選手 [ ] No. Pos. 選手名 -- その他の部門 [ ] FCバイエルンII [ ] 詳細は「」を参照 リザーブチームは、有望な若手選手がトップチームに昇格する前の最終段階として主に機能している。 バイエルンIIのコーチは、アシスタントコーチはとである。 1978年からは、1994年のの発足からは(南)に所属していた。 2007-08シーズンに新設されたへの参加資格を得たが、2011年にレギオナルリーガに降格した。 これによって1973年以来続いていたプロサッカークラブのセカンドチームが所属できる最高位のリーグへの連続所属記録が途切れた。 ジュニアサッカー [ ] FCバイエルン・ミュンヘンのジュニアチームは、、、、、を含む欧州の一流サッカー選手を輩出してきた。 ジュニア部門は1902年に設立され、ヴェルナー・カーンおよびによって運営されている。 11チーム、170名を越える選手からなり、最年少は10歳以下である。 女子サッカー [ ] 詳細は「」を参照 1946年設立で、19チームに280名の選手が在籍する。 ドイツチャンピオン• 1954, 1955• ドイツカップ• 1968 ボウリング [ ] 1984年設立。 4チーム、46選手。 チェス [ ] 1908年設立。 8チーム、97選手。 1992• ドイツチャンピオン• 1983, 1985, 1986, 1989, 1990, 1991, 1992, 1993, 1995• ドイツ早指しチェスチャンピオン• 1984, 1985, 1987, 1988, 1989, 1990, 1991, 1992, 1993, 1994, 1995(最多記録) 体操 [ ] 1974年設立。 1チーム、35選手。 ドイツチャンピオン• 1983, 1986, 1987, 1988 ハンドボール [ ] 1945年設立。 10チーム、3000選手。 卓球 [ ] 1946年設立。 12チーム、160選手。 審判員 [ ] 1919年設立。 115名。 シニアサッカー [ ] 2001年設立。 5チーム、135選手。 IT活用の取り組み [ ] 2014年、FCバイエルン・ミュンヘンはドイツのソフトウェア大手社と提携し、ITを活用したチームのパフォーマンス向上に向けた取り組みを始めた。 FCバイエルン・ミュンヘンでは、SAPの持つビッグデータ処理技術「」を採用した「SPORTS ONE」とよばれるリアルタイム分析技術を利用し、選手一人一人の動きやパフォーマンスを分析して、人材強化を図っている。 同様の取り組みは2014年ワールドカップのドイツ代表チームにも活用されており、同チームの優勝にも貢献したことから注目を集めている。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 2018年12月1日• 2年以上前• Schulze-Marmeling, DietrichDie Geschichte des deutschen Rekordmeisters 2003 German. Die Werkstatt. 17—33. UEFA. 2014年1月25日閲覧。 2014年1月25日閲覧。 2012年5月10日閲覧。 Schulze-Marmeling, Dietrich 2003 German. Die Bayern. Die Geschichte des deutschen Rekordmeisters. Die Werkstatt. 581. Al otro lado del Banquillo 2014年8月19日(2015年4月17日閲覧)• FCバイエルン・ミュンヘンのクラブハウスに掲示されているMia san miaの詳細は以下の16か条。 Mia san ein Verein(我々はひとつのクラブである)• Mia san Botschafter(我々は外交使節である)• Mia san Vorbilder(我々は模範となる存在である)• Mia san Tradition(我々には伝統がある)• Mia san Innovation(我々は刷新の精神がある)• Mia san Selbstvertrauen(我々には自信がある)• Mia san grenzenlos(我々には限界はない)• Mia san Respekt(我々は他者への尊重の念がある)• Mia san Freude(我々には喜びがある)• Mia san Treue(我々は全てに忠実である)• Mia san Partner(我々は皆のパートナーである)• Mia san Heimat(我々は皆の故郷である)• Mia san Motor(我々は世界を変える原動力である)• Mia san Verantwortung(我々は社会に責任がある)• Mia san Familie (我々は家族である)• Mia san mia. (我々は我々である)• 2018年12月1日• 2019年8月25日• FC Bayern Munich Official Website 2007年. 2008年7月3日閲覧。 Deloitte 2014年9月2日閲覧。 Forbes 2014年8月現在。 FC Bayern Munich Official Website 2003年. 2008年8月11日閲覧。 Schulze-Marmeling, Dietrich 2003 German. Die Bayern. Die Geschichte des deutschen Rekordmeisters. Die Werkstatt. 134. www. goal. com. 2020年5月11日閲覧。 (FCバイエルン公式サイト日本語版 2014年5月17日 2014年5月18日閲覧)• 2015-2016 EUROPE SOCCER TODAY 完結編116、117頁• サッカーキング 2017年9月28日. 2017年12月4日閲覧。 Goal. com 2017年5月4日. 2017年12月4日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年5月21日. 2017年12月4日閲覧。 ゲキサカ 2017年6月15日• FootballTribe 2017年10月7日. 2017年10月7日閲覧。 2018年4月9日閲覧。 2018年4月18日閲覧。 2014年8月4日閲覧。 2014年8月4日閲覧。 2011年4月28日. 2014年4月3日閲覧。 FC Bayern Munich Official Web Site 2008年. 2008年8月11日閲覧。 FC Bayern Munich Official Website 2005年. 2008年7月7日閲覧。 2014年1月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - リザーブチーム• ドイツ版クラシコ• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ドイツ語)• (日本語)• (日本語)• 不明-1963• 1963-1968• 1968-1970• 1970-1975• 1975-1977• 1977-1979• 1979-1983• 1983• 1983-1987• 1987-1991• 1991-1992• 1992-1993• 1993-1994• 1994-1995• 1995-1996• 1996• 1996-1998• 1998-2004• 2004-2007• 2007-2008• 2008-2009• 2009• 2009-2011• 2011• 2011-2013• 2013-2016• 2016-2017• 2017• 2017-2018• 2018-2019• 2019-.

次の

FCバイエルン・ミュンヘンの選手一覧

バイエルン ミュンヘン スタメン

概要 [ ] FCバイエルン・ミュンヘンは1900年にに率いられた11名のサッカー選手によって創設された。 ブンデスリーガ発足の初年度から参加したクラブではないが、ブンデスリーガ参戦以降は一度も1部リーグから降格したことがない。 2013年12月時点では、ので2位 、のクラブワールドランキングで1位だった。 これまでにブンデスリーガを29回、を19回制しており、これらは共に最多優勝記録である。 また、UEFAチャンピオンズカップおよびにおいては、ドイツ国内では最多となる合計5度の優勝を果たしているほか、の時点で6クラブのみであるの永久保持が認められているクラブの1つでもある。 ごく最近では2013年のチャンピオンズリーグを制し、国内タイトルと合わせてを達成した。 を1回、を1回、を1回、を1回、を2回制している。 はとである(を参照)。 近年のライバルはであり、両者の対戦はDer Klassiker(The Classic)とも呼ばれている。 FCバイエルン・ミュンヘンのマークは、の旗に使用されているの白銀の(地)に青の(菱)を(斜め)に並べたを基にしている。 チームカラーは赤色と白色、チームクレストは白色と青色のの示している。 クラブ会員数は29万1, 000人 と世界首位 である。 部門が最も広く知られており、ドイツサッカーリーグ機構()に加盟するプロサッカークラブであるが、サッカー以外にも、、、、、、、シニアサッカー部門があり、1100名以上の活発な会員がいる。 現在のホームはであり、2005-06シーズンの開場時からホームゲームを開催している。 2004-05シーズンまでの33年間は、をホームスタジアムとしていた。 クラブは健全経営で知られており、創立以来借金をしたことがない。 2012-13シーズンのクラブ収入は4億3120万ユーロと算定されており、、に次ぐ世界第3位である。 2014年には世界有数の経済誌『』によるの格付けにおいて、18億5000万ドルと算出されており、ブンデスリーガで第1位、世界ではレアル・マドリード、FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドFCに次ぐ第4位と評価されている。 胸スポンサーは。 元会長の、現代表取締役の、前会長のをはじめ、、、、、など、ドイツサッカー史に残るビッグネームの多くが所属したクラブであり、創設からを務めたのはを除き全員がドイツ人選手である。 歴史 [ ] 1960年代まで [ ] 1900年、ミュンヘンのスポーツクラブに所属していたサッカーファンのメンバーによって作られたチームがクラブの起源である。 1926年に南ドイツ・チャンピオンシップで優勝し、1932年には全国タイトルであるで初優勝を果たした。 のブンデスリーガ発足時には参加クラブに選ばれなかった。 ブンデスリーガ発足時の初年度参加は逃したが、1965-66シーズンにはDFBポカール優勝、1966-67シーズンにはDFBポカール連覇と優勝を、1968-69シーズンはブンデスリーガ優勝とDFBポカール優勝をそれぞれ達成した。 1970年代 [ ] この頃から、、、といった選手たちが大活躍した。 1970-71シーズンにDFBポカール優勝、1971-72シーズンから1973-74シーズンにはブンデスリーガ3連覇を、1973-74シーズンから1975-76シーズンにかけてはを3連覇した。 1980年代 [ ] この頃は、1980年受賞の や 、、、といった若手の台頭もあり、1979-80シーズン、1980-81シーズンに2連覇を、1981-82シーズン、1983-84シーズン、1985-86シーズンにDFBポカール優勝、1984-85シーズンから1986-87シーズンにブンデスリーガ3連覇を達成。 さらに1988-89シーズン、1989-90シーズンにもブンデスリーガ2連覇を達成した。 1990年代 [ ] 1990-91シーズン、、らを獲得。 しかし、エッフェンベルクの問題行動に代表されるようにチームは険悪状態となり、ハインケスとの衝突なども日時茶飯事だった。 シーズン限りでが引退。 1991-92シーズン、アウゲンターラーが引退し、ロイターとコーラーをユベントスへ放出するなどして戦力が低下。 シーズン途中でハインケスは解任される。 1992-93シーズン、問題行動が多かったエッフェンベルクをラウドルップと一緒にフィオレンティーナへ放出、、を獲得がチームの険悪な環境は変わらず、3シーズン連続でリーグ優勝を逃す。 1993-94シーズンはベッケンバウアーが監督に就任し、マテウスらベテラン選手を軸に、、、ユースから昇格したら若手の活躍でチームを立て直してブンデスリーガ優勝。 1994-95シーズンは、が監督に就任。 夏の移籍市場では、らを獲得。 しかし、トラパットーニは監督としてスクデット7回獲得するなど実績豊富だが、海外クラブでの指揮経験は初めてで、ドイツ語の習得に苦戦したことに加えて、ドイツとイタリアとのサッカーの違いに戸惑ったことで、リーグでは中位に低迷した。 1995-96シーズン、前シーズンまでヴェルダー・ブレーメンを率いていたが監督に就任。 夏の移籍市場では、、、、らを獲得して大型補強を敢行。 しかし、マテウスとクリンスマンとの不仲などでチームは空中分解し、リーグ優勝を逃す。 レーハーゲルは解任され、ベッケンバウアーが監督就任してチームを立て直して優勝を達成。 1996-97シーズン、トラパットーニが監督に復帰。 、、らを獲得。 トラパットーニがドイツ語を習得するなど前回の反省点が生かされたことや、右ウイングだったハマンをボランチに起用し、新加入のバスラーを右ウイングに起用することで中盤を立て直した。 UEFAカップこそ初戦敗退したが、リーグでは安定した強さでブンデスリーガ優勝。 1997-98シーズン、クリンスマンとツィーゲを放出、穴埋めとして、らを獲得。 こそ優勝を達成したが、レーハーゲル率いるカイザースラウテルンとの優勝争いに敗れてリーグ2連覇を逃し、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でのドルトムント戦では2試合合計スコアで0-1で敗退するなど、試合内容も含めて後味の悪さを残したシーズンとなった。 この責任により、シーズン限りでトラパットーニは監督退任した。 1998-99シーズンはが監督に就任。 1998年夏の移籍市場では、、らを獲得。 ブンデスリーガ優勝を果たすも、では決勝でと対戦し、後半ロスタイムに逆転負けを喫して準優勝に終わった。 この敗戦はとも呼ばれる。 1999-00シーズンは、、パウロ・セルジオらを獲得。 リーグでは優勝争いを演じるものの、シーズン途中、不祥事によりバスラーを解雇し、終盤には長年主力選手として活躍したマテウスが退団したことでチームバランスが崩れて終盤にかけて失速し、最終節開始前の時点で首位のレヴァークーゼンとは勝ち点差3の2位につけていた。 最終節でバイエルンは勝利を収め、引き分け以上で優勝が決まるレヴァークーゼンはのオウンゴール等で敗れたため、最終節終了時点でレヴァークーゼンと勝ち点で並んだが、当時のリーグの規定によりブンデスリーガ2連覇を果たす。 また、DFBポカールでも優勝したため国内2冠を達成。 UEFAチャンピオンズリーグではレアル・マドリードとの準決勝で敗退。 バイエルンは2次リーグを含めてレアル・マドリードとは3勝1敗の戦績だったが、このシーズンからUEFAチャンピオンズリーグが拡大し、その煽りを受けることになってしまった。 2000年代 [ ] 2000-01シーズン、前シーズン途中で退団したマテウスの穴を埋めるためスフォルツァを獲得。 リーグでは苦戦するも、シャルケ04との優勝争いを制して3連覇。 では決勝戦でバレンシアと対戦。 PK戦ではカーンがPK戦で2本セーブするなどの活躍により4度目の優勝、3連覇以降では初の優勝であった。 2001-02シーズンは優勝を果たしたが、主力選手の怪我や高齢化が顕著になり、ドルトムントとレヴァークーゼンとの優勝争いから脱落してリーグ3位。 2002-03シーズンは、エッフェンベルグ、ヤンカー、リンケらベテラン選手を放出し、、、ゼ・ロベルトらを獲得して世代交代を図る。 UEFAチャンピオンズリーグでは1次リーグを最下位で敗退。 しかし、チャンピオンズリーグを早々と敗退したことで、過密スケジュールだったこれまでのスケジュールに余裕が出来たことや、新戦力がフィットしたことでブンデスリーガとにて優勝する。 2003-04シーズンはトビアス・ラウ、、を補強。 前シーズン同様独走での優勝が予想されたが、が5試合の出場に留まり、、、といった最終ラインのキーマンが離脱と復帰を繰り返し、も7ゴールと13アシストと結果こそ残すも疲労と慢性的な故障を抱えながらのプレーに終始。 も過度のストレスとガールフレンドのハイリスク妊娠による鬱病で入院する等、まさに野戦病院状態。 それは地元の試合に1-3で敗れ、優勝を攫われる屈辱を味わった相手には1分け1敗、3位のには1勝1分け、4位でを放出した、当時万年降格候補と呼ばれながら5位に大躍進したとはそれぞれ1勝1敗とここ一番の勝負強さには定評のあるチームが上位陣との直接対決で勝ち越せなかった事からも証明される様に本来の調子からほど遠いパフォーマンスに終始。 DFBカップでは当時2部だったに敗れベスト8敗退。 では対戦前は当時8勝4敗でと相性が良く、ホームアンドアウェーの公式戦では必ず1つはものにしていたに初めて2試合共勝てずに2戦合計1-2(第1レグ1-1)でベスト16敗退無冠。 そのシーズンの33節終了後、6シーズンの間チームを率いたヒッツフェルトが任を解かれた。 2004-05シーズン、が監督に就任。 ラウがチームにフィットしなかったことから、冬の移籍市場では夏の移籍市場で放出したにも関わらず、当時オリンピック・マルセイユの監督に途中就任したと対立していたリザラズを僅か半年で連れ戻した。 リザラズがすぐにチームにフィットしたことで左サイドバックの問題は解消し、ブンデスリーガとDFBポカールを制して2冠達成。 2005-06シーズンもブンデスリーガとDFBポカールを制し、2冠を連覇で達成。 シーズン限りでリザラズ、イェレミースが現役引退。 2006-07シーズン、、らを補強。 引退したリザラズ、に移籍したバラックの穴を埋められず、11シーズンぶりにシーズン途中で監督を交代してヒッツフェルトが監督に就任したものの3季ぶりの無冠に終わっただけでなく、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を12シーズンぶりに逃してしまった。 2007-08シーズン、夏の移籍市場では、らと共にをブンデスリーガ史上最高額の2500万ユーロで獲得するなど大型補強を敢行。 ヒッツフェルトが留任し、2列目から3列目の選手が次々と前線に飛び出す超攻撃的サッカーで開幕から8勝2分けとロケットスタートを切った事で勢いを増し尚且つリーグ史上最少の22失点と鉄壁の守備を武器にブンデスリーガは2位のブレーメンに勝ち点10の差をつけて3節残して2年ぶり21回目の優勝。 DFBポカールも6試合のうち3試合が延長戦に持ち込まれる接戦を演じるも2年ぶり14回目の優勝。 1995-96シーズンに優勝し12シーズンぶりに出場するとの3冠も期待されたが、UEFAカップの準決勝でで当時下位に沈んでいたに2戦合計1-5(特にサンクトペテルブルクで0-4で敗戦)と決勝進出は確実と思われた2試合で大敗を喫する失態を演じ、2年ぶりに達成した国内の2冠も後味の悪さを残すシーズンとなってしまった。 シーズン限りでヒッツフェルトが監督を退任し、が現役を引退した。 2008-09シーズン、が監督に就任。 前シーズンに大型補強を敢行したため、予算の都合でワールドカップドイツ代表の教え子で12年間ブレーメン一筋だった、そのワールドカップで優勝した代表の等の高い移籍金が発生しない選手の補強が目立った。 スピーディーでアグレッシブな攻撃サッカーを標榜するも、3バックと4バックを試していた最終ラインが前掛かりになるアンバランスなスタイルの皺寄せも受けて過去10シーズンで最低の42失点と伝統的な強みだった守備が崩壊。 また、クリンスマンは監督として地元開催のでを3位に導いたとはいえ、監督歴はドイツ代表を2年間率いただけで、クラブチームで指揮を執った経験はなく、監督としての経験不足を露呈した。 一度も首位に立つ事が無いという屈辱を味わいシーズン終了を待たずにクリンスマンは解任され、が監督に就任してチームを立て直すも無冠に終わった。 2009-10シーズン、が監督に就任。 2009年夏の移籍市場では、らと共にを、またもブンデスリーガ史上最高額を更新する3000万ユーロで獲得すると同時にや等を下部組織から昇格させる。 ブンデスリーガは攻撃的ミッドフィールダーのをボランチにした事が功を奏したのに加え、がブレイクしリーグ戦の9連勝(14節の戦から22節の戦)を含む公式戦19試合連続無敗(8節の戦から26節の戦)の快進撃でリーグ最多の72得点とと共にリーグ最少タイ31失点で2年ぶり22回目の優勝DFBポカールもトーナメントを通して僅か3失点で2年ぶり15回目の優勝。 自身9年ぶりとなる決勝ではイタリア王者・に敗れ準優勝に終わる。 なお、2009年にが会長職を退き、会長職にが、ゼネラルマネージャーにが就任した。 2010年代 [ ] 2012-13シーズンの欧州CL決勝、ドルトムント戦のスターティングメンバー。 2010-11シーズンは10季ぶりににて優勝。 2010年の夏の移籍市場では特に目立った獲得選手はなく、下部組織出身のを呼び戻した程度で2冠を達成した2009-10シーズンのメンバーをベースにシーズンに臨んだが、弱点とみなされていたディフェンス陣の補強を拒否したのに加え、2011年冬の移籍市場でクラブ史上初の外国人主将に就任し、での決勝進出に貢献したを放出するファン・ハールの独善的な方策とロッベンとリベリーが怪我でフル稼動出来なかったのが響き、28得点で得点王に輝いたマリオ・ゴメスの奮闘も実らずブンデスリーガは3位となった。 チャンピオンズリーグではインテル・ミラノにラウンド16で敗れた。 DFBポカールでは、シャルケに準決勝で敗れた。 2011-12シーズンはが監督に就任し、2011年夏の移籍市場では、、らを計4100万ユーロで獲得するも、同シーズンはやにホーム戦、アウェー戦共に敗れた事も含めて格下のチームに取りこぼしたブンデスリーガ、2年ぶりに決勝に進出したDFBポカール、いずれもドルトムントの後塵を拝した。 では決勝に進出し、地元ミュンヘンでと対戦した。 後半38分にミュラーのゴールで先制するも、5分後ににコーナーキックで決められて同点とされた。 延長前半5分にPKを獲得するもロッベンがに止められて、そのままPK戦に持ち込まれた。 チェルシーの1人目をノイアーがセーブするも4人目の、5人目の副主将・シュバインシュタイガーがチェフにセーブされ2人目以降全て成功したチェルシーに敗れ、全てのコンペティションで準優勝に終わった。 2012-13シーズンは、ネルリンガーを解任し、ドルトムントやシュツットガルトで監督を務めたを取締役に迎えてフロント陣の強化を図り、監督留任したハインケスをサポートする体制となった。 夏の移籍市場では、、らと合わせて、2011-12シーズンのファイナリストのからをブンデスリーガ史上最高額となる4000万ユーロの移籍金で獲得した。 こうした大型補強の他、ハインケスの指導で攻撃の中心である"ロベリー"を含めチーム全員の守備意識が向上。 でもアーセナル、ユベントスなどの強豪を次々と撃破し、準決勝ではバルセロナを2試合合計7-0と粉砕。 決勝でもリーグ2位となったドルトムントを2-1で下し、12年ぶり5度目の優勝を達成した。 さらにその約1週間後のDFBポカールも優勝し、ドイツ勢として史上初のを達成した。 シーズン限りでハインケスは監督を退任と監督業からの引退を宣言した。 2013-14シーズン、が監督に就任。 2013年夏の移籍市場ではライバルのから、からグアルディオラの教え子らを獲得。 同シーズンは、を制し、2013年を5冠(DFLスーパーカップ以外)で締めくくった。 ブンデスリーガでは2シーズンぶりの連敗を喫するも、史上最長の19連勝とリーグ無敗記録を53にまで伸ばしたことも含めて2年続けて史上最速で(27節終了時点)優勝した。 DFBポカールでは決勝でドルトムントを破り2年連続17回目の優勝を果たした。 しかし連覇のかかったでは、準決勝のレアル・マドリード戦で、グアルディオラが時代に全てのコンペティションで無敗だったでの1stレグ、2003-04シーズン以外は全勝しているホームでの2ndレグ共に落とし、対戦前の通算成績では11勝7敗と相性の良い相手に0-5と粉砕されて、一切得点を奪えなかっただけでなく、10年ぶりに2試合共勝てず、しかも過去レアル・マドリードとの公式戦では初めてとなる2連敗で大会を去った。 2014-15シーズン、2014年夏の移籍市場ではドルトムント在籍4年間で74ゴールを挙げ、ドルトムントのブンデスリーガ連覇などに貢献したを獲得したのを皮切りに、、らと共に、レアル・マドリードへ移籍したクロースとの事実上のトレードでも獲得。 マルティネスが開幕前に左足の断裂という大怪我を負った様に常時怪我人が出るも、ブンデスリーガでは開幕からその穴を感じさせない強さで首位を独走し、優勝争いを演じていたが4月26日のボルシア・メンヒェングラートバッハ戦に敗れたことで、ブンデスリーガで2013-14シーズン、2012-13シーズンに次ぐ史上3番目の早さで、1972-73シーズン、2002-03シーズン以来となる4試合を残してのリーグ優勝を決め、3連覇を達成した。 なお試合をせずにリーグ優勝を決めたのは1988-89シーズン以来25年ぶりである。 では準決勝でドルトムントと対戦。 2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝以降PKを蹴っていないのが祟り、ラーム、シャビ・アロンソ、ゲッツェ、ノイアーがいずれも失敗して敗れ、連覇を逃した。 では準決勝で監督の古巣であり、2012-13シーズンに7-0で大勝したと対戦。 リベリーだけでなく、アラバ、シュバインシュタイガー、前述のマルティネスやバトシュトゥバー等大量の怪我人が出て、1stレグで攻撃陣が機能せず、のMSNに翻弄されて0-3で敗れた。 2ndレグで3-2で勝利するものの2戦合計3-5で敗退しベスト4に終わった。 2010年以降、ハンブルガーSVを非常に得意としており、6-0(2010-11),5-0(2011-12),9-2(2012-13),3-1(2013-14),8-0(2014-15)と5年連続で圧勝している。 2015-16シーズン、2015年夏の移籍市場ではロッベンとリベリの穴を埋める、らウインガーを獲得。 また、シュバインシュタイガーがに移籍した中盤にはを獲得した。 第9節の戦に1-0で勝利して、ブンデスリーガ新記録となる開幕9連勝を飾った。 リーグ戦では10月4日のドルトムントとの直接対決で5-1と圧勝したのを皮切りに首位を独走して一時はドルトムントに勝ち点5差で接近されるも、第33節の戦でリーグ史上初の4連覇を2012-13シーズン、2014-15シーズンに打ち立てた18を上回るブンデスリーガ史上最少の17失点で達成した。 このシーズン、レバンドフスキは史上6人目の30ゴールを成し遂げ、ミュラーも自己最多の20ゴール、故障がちのロッベンとリベリーに代わってコスタとコマンが、ボアテングに代わってがそれぞれの穴を埋める活躍を披露した。 またDFBポカールでも、決勝に進出しドルトムントをPK戦で下して、2年ぶりに優勝を果たして国内2冠を達成した。 しかしチャンピオンズリーグでは準決勝で相手に2-2のアウェーゴール差で敗れ、ベスト4となった。 特にの王者であるとの準々決勝では効果的なハイプレスでビルドアップを分断される或いはボールロスト後のゲーゲンプレッシングが外されてカウンターを受けるなど、最終的にはそのアトレティコとの準決勝でグアルディオラの戦術特有の欠陥を露呈した形となった。 2016-17シーズン、を監督に招聘。 ブンデスリーガ史上初となる5連覇を達成した。 チャンピオンズリーグではラウンド16でアーセナルFCに2戦とも5-1で圧勝、準々決勝でレアル・マドリードと対戦。 ホームでの1stレグを落とすもアウェーでの2ndレグは逆のスコアで勝利し延長戦に持ち込むが、力及ばず3失点し2戦合計3-6で敗退した。 DFBポカールでは準決勝でドルトムントに敗れ、1冠のみに終わった。 シーズン終了後、フィリップ・ラームとシャビ・アロンソが引退。 2017-18シーズンは、ブンデスリーガ史上最高額となる4750万ユーロと報じられる移籍金でからを獲得した。 他にもの出場権獲得に貢献しにも出場し、優勝に貢献したドイツ代表DFのと、においてドイツ代表の準優勝に貢献したを獲得するなどドイツ国内から若手を積極的に補強した。 またユヴェントスへドウグラス・コスタを放出することになったが、レアル・マドリードからMFを獲得した。 しかし第2節で黒星を献上すると、チャンピオンズリーグでも9月27日の戦で0-3で惨敗するなど不振に陥った。 9月28日に監督のは解任され、一旦は監督業からの引退を表明していたが復帰し10月6日に新指揮官に就任した。 その後チームは復調し、2018年4月7日のFCアウクスブルク戦に勝利し、ブンデスリーガ6連覇を達成した。 チャンピオンズリーグは準決勝でレアル・マドリードに2戦合計3-4で屈し、5年連続でスペイン勢相手に敗れることとなった。 4月13日、で監督を務めるが2018-2019シーズンから新監督に就任することが決定した。 同クラブにおいてアシスタントコーチを担当する弟のを伴っての移籍となる。 2018-19シーズン、夏の移籍市場はシャルケからを獲得した他はレンタルバックのみと最小限の補強に留めた。 リーグ戦は5節でと引き分けると、翌節から連続完封負けを喫して6位に順位を下げた。 その後、第11節でドルトムントに2-3で逆転負け、第12節で昇格組のと3-3で引き分けるなど不振が続いた。 しかし、その後は調子を取り戻し、第28節のドルトムント戦で5-0と圧勝して首位に立つと、最終的にドルトムントを勝ち点2差で振り切り、リーグ7連覇を達成した。 チャンピオンズリーグはグループリーグを無敗で突破したが、ラウンド16でと対戦。 アウェーでの第1戦は0-0で引き分けたが、ホームで1-3と敗れ、8年ぶりにベスト16で敗退した。 DFBポカールは決勝でを3-0で下し、3年ぶりに優勝を果たした。 このシーズン終了後、ロッベンは現役引退し、リベリはに移籍。 10年にわたってクラブの黄金期を築き上げた「ロベリー」コンビに別れを告げることとなった。 2019-20シーズンは、夏の移籍市場はをドルトムントに放出、でフランス代表の優勝に貢献したとを獲得して守備陣の若返りに成功し、また、がレンタルバックした中盤にはを、「ロベリー」の抜けた前線はをそれぞれレンタルで獲得し頭数を揃えた。 さらにをに放出した。 しかし、開幕節ケルン戦を引き分けでシーズンをスタートさせるなど低調な結果が続く中でとリュカがシーズン早々に負傷離脱、バックアッパーとしてその守備の固さにフロントから絶対的信頼が置かれていたも微怪我が続くなどコンディションが安定せず、迎えた11月2日の第10節フランクフルト戦で試合開始早々のボアテング退場もあり1-5と大敗を喫するとニコ・コヴァチ監督は解任された。 後任にはアシスタントコーチのが暫定で就任したが、その後公式戦10戦で8勝2分と調子を大きく上げたため、そのままフリックが正式な監督となった。 4月3日、監督就任後21試合18勝のパフォーマンスが評価され、2023年6月30日までの契約延長が発表された。 そして、6月17日にに1-0で勝利し、8連覇を達成した。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• :29回• 1968-69, 1971-72, 1972-73, 1973-74, 1979-80, 1980-81, 1984-85, 1985-86, 1986-87, 1988-89, 1989-90, 1993-94, 1996-97, 1998-99, 1999-00, 2000-01, 2002-03, 2004-05, 2005-06, 2007-08, 2009-10, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18, 2018-19, 2019-20• :19回• 1956-57, 1965-66, 1966-67, 1968-69, 1970-71, 1981-82, 1983-84, 1985-86, 1997-98, 1999-00, 2002-03, 2004-05, 2005-06, 2007-08, 2009-10, 2012-13, 2013-14, 2015-16, 2018-19• :6回• 1997, 1998, 1999, 2000, 2004, 2007• :8回 公式では 7回• :1回• :2回• 1976, 2001• :5回• 1973-74, 1974-75, 1975-76, 2000-01, 2012-13• :1回• 1966-67• :1回• 1995-96• :1回• 2013 過去の成績 [ ] 出典 シーズン リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 DFBポカール 欧州カップ 結果 最多得点者 得点数 1965-66 ブンデスリーガ 34 20 7 7 71 38 47 3位 優勝 15 1966-67 ブンデスリーガ 34 16 5 13 62 47 37 6位 1位 優勝 28 1967-68 ブンデスリーガ 34 16 6 12 68 58 38 5位 準決勝敗退 ベスト4 20 1968-69 ブンデスリーガ 34 18 10 6 61 31 46 1位 優勝 30 1969-70 ブンデスリーガ 34 21 5 8 88 37 47 2位 準々決勝敗退 1回戦敗退 38 1970-71 ブンデスリーガ 34 19 10 5 74 36 48 2位 優勝 22 1971-72 ブンデスリーガ 34 24 7 3 101 38 55 1位 準々決勝敗退 ベスト4 40 1972-73 ブンデスリーガ 34 25 4 5 93 29 54 1位 準々決勝敗退 ベスト8 36 1973-74 ブンデスリーガ 34 20 9 5 95 53 49 1位 準決勝敗退 優勝 30 1974-75 ブンデスリーガ 34 14 6 14 57 63 34 10位 3回戦敗退 優勝 23 1975-76 ブンデスリーガ 34 15 10 9 72 50 40 3位 準決勝敗退 優勝 23 1976-77 ブンデスリーガ 34 14 9 11 74 65 37 7位 準々決勝敗退 ベスト8 28 1977-78 ブンデスリーガ 34 11 10 13 62 64 32 12位 3回戦敗退 3回戦敗退 24 1978-79 ブンデスリーガ 34 16 8 10 69 46 40 4位 2回戦敗退 14 1979-80 ブンデスリーガ 34 22 6 6 84 33 50 1位 3回戦敗退 ベスト4 26 1980-81 ブンデスリーガ 34 22 9 3 89 41 53 1位 3回戦敗退 ベスト4 29 1981-82 ブンデスリーガ 34 20 3 11 77 56 43 3位 優勝 準優勝 21 1982-83 ブンデスリーガ 34 17 10 7 74 33 44 4位 2回戦敗退 ベスト8 20 1983-84 ブンデスリーガ 34 20 7 7 84 41 47 4位 優勝 3回戦敗退 26 1984-85 ブンデスリーガ 34 21 8 5 79 38 50 1位 準優勝 ベスト4 16 1985-86 ブンデスリーガ 34 21 7 6 82 31 49 1位 優勝 ベスト8 15 1986-87 ブンデスリーガ 34 20 13 1 67 31 53 1位 ベスト16 準優勝 14 1987-88 ブンデスリーガ 34 22 4 8 83 45 48 2位 準々決勝敗退 ベスト8 17 1988-89 ブンデスリーガ 34 19 12 3 67 26 50 1位 ベスト16 ベスト4 17 1989-90 ブンデスリーガ 34 19 11 4 64 28 49 1位 ベスト16 ベスト4 13 1990-91 ブンデスリーガ 34 18 9 7 74 41 45 2位 1回戦敗退 ベスト4 21 1991-92 ブンデスリーガ 38 13 10 15 59 61 36 10位 1回戦敗退 2回戦敗退 17 1992-93 ブンデスリーガ 34 18 11 5 74 45 47 2位 2回戦敗退 11 1993-94 ブンデスリーガ 34 17 10 7 68 37 44 1位 ベスト16 2回戦敗退 11 1994-95 ブンデスリーガ 34 15 13 6 55 41 43 6位 1回戦敗退 ベスト4 12 1995-96 ブンデスリーガ 34 19 5 10 66 46 62 2位 2回戦敗退 優勝 16 1996-97 ブンデスリーガ 34 20 11 3 68 34 71 1位 準々決勝敗退 1回戦敗退 15 1997-98 ブンデスリーガ 34 19 9 6 69 37 66 2位 優勝 ベスト8 13 1998-99 ブンデスリーガ 34 24 6 4 76 28 78 1位 準優勝 準優勝 13 1999-00 ブンデスリーガ 34 22 7 5 73 28 73 1位 優勝 ベスト4 14 2000-01 ブンデスリーガ 34 19 6 9 62 37 63 1位 2回戦敗退 優勝 15 2001-02 ブンデスリーガ 34 20 8 6 62 25 68 3位 準決勝敗退 ベスト8 17 2002-03 ブンデスリーガ 34 23 6 5 70 25 75 1位 優勝 1次GL敗退 21 2003-04 ブンデスリーガ 34 20 8 6 70 39 68 2位 準々決勝敗退 ベスト16 23 2004-05 ブンデスリーガ 34 24 5 5 75 33 77 1位 優勝 ベスト8 22 2005-06 ブンデスリーガ 34 22 9 3 67 32 75 1位 優勝 ベスト16 17 2006-07 ブンデスリーガ 34 18 6 10 55 40 60 4位 ベスト16 ベスト8 16 2007-08 ブンデスリーガ 34 22 10 2 68 21 76 1位 優勝 ベスト4 24 2008-09 ブンデスリーガ 34 20 7 7 71 42 67 2位 準々決勝敗退 ベスト8 14 2009-10 ブンデスリーガ 34 20 10 4 72 31 70 1位 優勝 準優勝 16 2010-11 ブンデスリーガ 34 19 8 7 81 40 65 3位 準決勝敗退 ベスト16 28 2011-12 ブンデスリーガ 34 23 4 7 77 22 73 2位 準優勝 準優勝 26 2012-13 ブンデスリーガ 34 29 4 1 98 18 91 1位 優勝 優勝 15 2013-14 ブンデスリーガ 34 29 3 2 94 23 90 1位 優勝 ベスト4 18 2014-15 ブンデスリーガ 34 25 4 5 80 18 79 1位 準決勝敗退 ベスト4 17 2015-16 ブンデスリーガ 34 28 4 2 80 17 88 1位 優勝 ベスト4 30 2016-17 ブンデスリーガ 34 25 7 2 89 22 82 1位 準決勝敗退 ベスト8 30 2017-18 ブンデスリーガ 34 27 3 4 92 28 84 1位 準優勝 ベスト4 29 2018-19 ブンデスリーガ 34 24 6 4 88 32 78 1位 優勝 ベスト16 22 2019-20 ブンデスリーガ 34 1位 決勝 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 基本フォーメーション 詳細は「」を参照 No. Pos. 選手名 1 2 4 5 6 8 9 10 11 14 15 17 18 No. Pos. レンタル移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 2 10 No. Pos. 選手名 14 out No. Pos. 選手名 -- No. Pos. 選手名 -- 加入内定選手 [ ] No. Pos. 選手名 -- その他の部門 [ ] FCバイエルンII [ ] 詳細は「」を参照 リザーブチームは、有望な若手選手がトップチームに昇格する前の最終段階として主に機能している。 バイエルンIIのコーチは、アシスタントコーチはとである。 1978年からは、1994年のの発足からは(南)に所属していた。 2007-08シーズンに新設されたへの参加資格を得たが、2011年にレギオナルリーガに降格した。 これによって1973年以来続いていたプロサッカークラブのセカンドチームが所属できる最高位のリーグへの連続所属記録が途切れた。 ジュニアサッカー [ ] FCバイエルン・ミュンヘンのジュニアチームは、、、、、を含む欧州の一流サッカー選手を輩出してきた。 ジュニア部門は1902年に設立され、ヴェルナー・カーンおよびによって運営されている。 11チーム、170名を越える選手からなり、最年少は10歳以下である。 女子サッカー [ ] 詳細は「」を参照 1946年設立で、19チームに280名の選手が在籍する。 ドイツチャンピオン• 1954, 1955• ドイツカップ• 1968 ボウリング [ ] 1984年設立。 4チーム、46選手。 チェス [ ] 1908年設立。 8チーム、97選手。 1992• ドイツチャンピオン• 1983, 1985, 1986, 1989, 1990, 1991, 1992, 1993, 1995• ドイツ早指しチェスチャンピオン• 1984, 1985, 1987, 1988, 1989, 1990, 1991, 1992, 1993, 1994, 1995(最多記録) 体操 [ ] 1974年設立。 1チーム、35選手。 ドイツチャンピオン• 1983, 1986, 1987, 1988 ハンドボール [ ] 1945年設立。 10チーム、3000選手。 卓球 [ ] 1946年設立。 12チーム、160選手。 審判員 [ ] 1919年設立。 115名。 シニアサッカー [ ] 2001年設立。 5チーム、135選手。 IT活用の取り組み [ ] 2014年、FCバイエルン・ミュンヘンはドイツのソフトウェア大手社と提携し、ITを活用したチームのパフォーマンス向上に向けた取り組みを始めた。 FCバイエルン・ミュンヘンでは、SAPの持つビッグデータ処理技術「」を採用した「SPORTS ONE」とよばれるリアルタイム分析技術を利用し、選手一人一人の動きやパフォーマンスを分析して、人材強化を図っている。 同様の取り組みは2014年ワールドカップのドイツ代表チームにも活用されており、同チームの優勝にも貢献したことから注目を集めている。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 2018年12月1日• 2年以上前• Schulze-Marmeling, DietrichDie Geschichte des deutschen Rekordmeisters 2003 German. Die Werkstatt. 17—33. UEFA. 2014年1月25日閲覧。 2014年1月25日閲覧。 2012年5月10日閲覧。 Schulze-Marmeling, Dietrich 2003 German. Die Bayern. Die Geschichte des deutschen Rekordmeisters. Die Werkstatt. 581. Al otro lado del Banquillo 2014年8月19日(2015年4月17日閲覧)• FCバイエルン・ミュンヘンのクラブハウスに掲示されているMia san miaの詳細は以下の16か条。 Mia san ein Verein(我々はひとつのクラブである)• Mia san Botschafter(我々は外交使節である)• Mia san Vorbilder(我々は模範となる存在である)• Mia san Tradition(我々には伝統がある)• Mia san Innovation(我々は刷新の精神がある)• Mia san Selbstvertrauen(我々には自信がある)• Mia san grenzenlos(我々には限界はない)• Mia san Respekt(我々は他者への尊重の念がある)• Mia san Freude(我々には喜びがある)• Mia san Treue(我々は全てに忠実である)• Mia san Partner(我々は皆のパートナーである)• Mia san Heimat(我々は皆の故郷である)• Mia san Motor(我々は世界を変える原動力である)• Mia san Verantwortung(我々は社会に責任がある)• Mia san Familie (我々は家族である)• Mia san mia. (我々は我々である)• 2018年12月1日• 2019年8月25日• FC Bayern Munich Official Website 2007年. 2008年7月3日閲覧。 Deloitte 2014年9月2日閲覧。 Forbes 2014年8月現在。 FC Bayern Munich Official Website 2003年. 2008年8月11日閲覧。 Schulze-Marmeling, Dietrich 2003 German. Die Bayern. Die Geschichte des deutschen Rekordmeisters. Die Werkstatt. 134. www. goal. com. 2020年5月11日閲覧。 (FCバイエルン公式サイト日本語版 2014年5月17日 2014年5月18日閲覧)• 2015-2016 EUROPE SOCCER TODAY 完結編116、117頁• サッカーキング 2017年9月28日. 2017年12月4日閲覧。 Goal. com 2017年5月4日. 2017年12月4日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年5月21日. 2017年12月4日閲覧。 ゲキサカ 2017年6月15日• FootballTribe 2017年10月7日. 2017年10月7日閲覧。 2018年4月9日閲覧。 2018年4月18日閲覧。 2014年8月4日閲覧。 2014年8月4日閲覧。 2011年4月28日. 2014年4月3日閲覧。 FC Bayern Munich Official Web Site 2008年. 2008年8月11日閲覧。 FC Bayern Munich Official Website 2005年. 2008年7月7日閲覧。 2014年1月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - リザーブチーム• ドイツ版クラシコ• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ドイツ語)• (日本語)• (日本語)• 不明-1963• 1963-1968• 1968-1970• 1970-1975• 1975-1977• 1977-1979• 1979-1983• 1983• 1983-1987• 1987-1991• 1991-1992• 1992-1993• 1993-1994• 1994-1995• 1995-1996• 1996• 1996-1998• 1998-2004• 2004-2007• 2007-2008• 2008-2009• 2009• 2009-2011• 2011• 2011-2013• 2013-2016• 2016-2017• 2017• 2017-2018• 2018-2019• 2019-.

次の