アンイシュワルダ 徹甲ライト。 【アイスボーン】アンイシュワルダの弱点と攻略

[MHW アイスボーン][更新]徹甲榴弾速射のおすすめライトボウガン装備と立ち回り

アンイシュワルダ 徹甲ライト

剥ぎ取りからは装備の生産に必要になるレア素材「」が入手できます。 一段階破壊でも部位破壊報酬で入手可能ですがかなり低確率のため、二段階破壊を狙っていきましょう。 離れた場所から頭に貫通弾Lv3を撃ちつつ、攻撃が来そうな時にはシールドで防ぐことで、簡単に頭を破壊することができます。 装備は全てアンイシュワルダより前に作成可能なものに限定しています。 スキルに破壊王を付けよう スキル名 スキル説明 【最大Lv3】 大型モンスターの部位を破壊しやすくなる。 アンイシュワルダの頭はとても耐久が高いため、部位の蓄積ダメージを最大1. 3倍にする「破壊王」は頭破壊を狙う際には必須のスキルです。 ソロか意思疎通できるマルチがおすすめ 頭は耐久値がとても高く、マルチでは一人でも頭以外を攻撃していると、頭を破壊できずに倒してしまうため、完璧に意思疎通できるマルチか、ソロで頭を集中攻撃する必要があります。 近接はダウンを奪いながら頭を攻撃しよう 近接では頭に攻撃を当てるのはとても難しいため、まずダウンを狙いましょう。 ダウンさせる方法は、「脚の部位破壊」「落石」「乗り」「スタン」があります。 アンイシュワルダ|第一形態の攻略 うごきの遅いゴーレム 「アンイシュワルダ」戦は最初、岩を体にまとっている状態から始まります。 この状態のアンイシュワルダは動きが緩慢で、攻撃も予備動作が長くて避けやすいものばかりなので、 被弾しても落ち着いて回復するようにすれば、苦戦することはないでしょう。 柔らかい頭と胴体をひたすら攻撃 第一形態の「アンイシュワルダ」は頭と胴体が弱点なので、「クラッチクロー」で軟化させつつ、集中的に攻撃していきましょう。 また、腹下に潜り込んでいれば、敵の攻撃に当たりにくくなるので、被弾が多くなってしまう方は胴体だけを狙うのもおすすめです。 柔らかい砂の中には入らない 周りよりも色が白い砂の中に入ると、身動きが取れなくなり、敵の攻撃を正面からくらってしまうので、白い砂には近づかないようにしましょう。 落石を活用してダメージを稼ごう マップの上側 北 の方に周りと少し色の違う壁があり、そこにのぶっとばしでアンイシュワルダをぶつけると、落石を当てる事ができます。 2968ダメージを与え、かつ長時間のダウンも奪えるので、積極的に狙っていきましょう。 地面に潜ったら攻撃のチャンス アンイシュワルダが地面に潜航したら、脚の内側に潜り込み、頭を集中攻撃しましょう。 脚の内側にいれば「アンイシュワルダ」の攻撃は当たりにくいため、効率よくダメージを稼ぐことができます。 アンイシュワルダ|第二形態の攻略 ド迫力のブレスを使うように 「アンイシュワルダ」は第二形態から「アカムトルム」のソニックブラストのような、ド迫力なブレスを使うようになります。 ブレスは予備動作も長い分、威力も高くなっているので、当たらないように慎重に立ち回る必要があります。 正面は避けて、前脚を狙って立ち回る ブレスを回避するために正面に立つのを避け、弱点の前足をクラッチクローで軟化させながら狙っていきましょう。 「アンイシュワルダ」は隙が大きいモンスターなので、クラッチクローによる肉質軟化を途切れさせないことを目指しましょう。 地形を変えるほどの超大技 「アンイシュワルダ」としばらく戦っていると、いきなり土の中に潜ることがあり、マップの端に現れたと思ったらマップ全体の地形を変化させる特大ブレスを放ちます。 予備動作はとても長いので、 落ち着いてできる限り距離をとって回避するようにしましょう。 3箇所の落石を活用しよう 「アンイシュワルダ」が第二形態になると3箇所の落石が使えるようになります。 落石ポイントは右下のミニマップで確認できるため、積極的に狙っていきましょう。 なお、落石ポイントはアンイシュワルダの攻撃で壊れてしまうことがあるので、注意が必要です。 クエストが出現すると、2クエストの間出現し続けるのでチャンスを逃さず挑戦してみましょう。 攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

[新] アン・イシュワルダ

アンイシュワルダ 徹甲ライト

装備さえあればマジで誰でもできる対アン・イシュワルダ装備が出来上がりました。 麻痺や落石がなく、装備を妥協しても5分程度で倒すことが可能です。 装備は動画最後の方に載せています。 =====補足===== 今回は龍紋ラヴィーナ、シルバーソル、龍紋一式の3通りを検討していましたが、 検証の結果、属性ライトはシルバーソルよりも龍紋装備の方がダメージが出るという結論に至りました。 そのため龍紋一式を使用しています。 また、動画でも書いていますが ムフェトライトのカスタムは反動抑制が必要ない可能性があります。 その場合、近接強化パーツを反動パーツに変更し、攻撃4装填数1のカスタムにすることで代用が可能です。 youtube. youtube. ありがとうございました。 youtube. youtube. youtube. よろしくお願いいたします。 アイスボーン アンイシュワルダ ライトボウガン.

次の

MHW:IB攻略・ライトボウガン:盛者必衰

アンイシュワルダ 徹甲ライト

攻撃力が高く、ブレなしで、なにより見た目がライフルっぽくてかっこいい。 速射対応弾は無いが、単発自動装填対応の弾が非常に多い。 単発自動装填は、弾を撃った後のリロードは固定。 残弾0になってから弾補給したりすると、通常のリロードをすることになる。 これを防ぐために、残弾がある内に調合して残弾0にならないようにすれば通常のリロードはほぼ使うことはなくなる。 そのため、単発自動装填メインでの運用ならリロード補助パーツは付けなくてもよさげ。 盛者必衰-散華-はLv2徹甲榴弾運用で活躍できる。 速射ではないためのLv2徹甲速射に比べると火力面やスタン狙いの面でも落ちるが、単発自動装填なので立ち回り面では圧倒的に優れている。 徹甲榴弾は弾数が少ないので、ダウン中の相手には別の弾を使ったほうがいい。 Lv2徹甲榴弾を頭に当ててスタンを取って、ダウン中にLv3散弾を撃ち込むというような使い分けをしたいところ。 Lv3徹甲は反動大で撃つことになるが、単発自動装填のLv2徹甲よりも高い火力を出せる上に、単発でのスタン値も高いため気絶も狙いやすい。 また、Lv1睡眠を反動小、Lv2睡眠を反動中で扱え、睡眠で怒りを解除できるため、壁にぶっ飛ばしを狙いやすいといったメリットがある。 294• 413• 813• 141• 133• 978• 120• 208• 819• 128• 1382• 253• 179• 102• 115• 102• 180• 104• 1375• 189• 155• 109• 162• 170• 120• 1345• 271• 218• 193• 138• 137• 110• 128•

次の